「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑ バナーをクリック・プリ~ズ


↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

調査原票が倉庫に32箱見つか..
at 2018-02-24 08:27
消えたデータ原票を発見&11..
at 2018-02-23 06:20
麻生、市民の集会を「立民党主..
at 2018-02-22 05:02
米が不測事態の準備を促す+青..
at 2018-02-21 02:41
厚労相もデータのデタラメ(捏..
at 2018-02-20 09:05
墜落ヘリに中古部品&ミサイル..
at 2018-02-19 05:45
森友と財務局の交渉の録音テー..
at 2018-02-18 07:07
佐川長官の国税庁前で抗議集会..
at 2018-02-17 05:40
安倍がデータの問題を認め、裁..
at 2018-02-16 05:15
安倍が朝日攻撃で大暴走~森友..
at 2018-02-15 04:07

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

火器の取得が許されていな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界海最大規模のマヤ文明..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
30歳過ぎた小平奈緒選手..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民は怒っている・佐川長..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本は大量の牛肉を輸入し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平昌五輪でに2月15日現..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
経済変調時期到来か?世界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
高齢者ドライバーは軽乗用..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本では次々と新手の詐欺..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
2018年1~2月冬は云..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、2月19日6..
by xtc4241 at 06:14
mewさん2月18日7:..
by xtc4241 at 07:54
名護市長選挙残念の一言で..
by ラ・ポスト at 02:09
沖縄 名護市長選をめぐる..
by xtc 4241 at 10:01
mewさん、15:50ご..
by xtc4241 at 15:52
mewさん、1月16日1..
by xtc4241 at 14:05
mewさん、1月12日4..
by xtc 4241 at 04:53
mewさん1月3日8:4..
by xtc 4241 at 08:51
mewさん12月3:15..
by xtc4241 at 17:02
mewさん 12月18日..
by xtc4241 at 16:47

ブログパーツ

タグ

(1278)
(767)
(648)
(463)
(276)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(161)
(159)
(156)
(152)
(149)
(148)
(146)
(141)
(126)
(125)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

維新の会の捏造リスト問題に思うこと~橋下の開き直り+応援者の利用&密告社会への懸念

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



この記事では、橋下徹氏&大阪維新の会の話を書きたい。

橋下維新の会が、捏造リストで組合を追及&姑息な言い逃れと責任回避に終始』の続報を・・・。

 26~27日に維新の会の市議が問題のあるものだとして公表&市議会で追及した大阪市交通局(大公)の労組職員が作ったというリストが捏造されただと判明。
 さらに、後述するように捏造リスト&告発者は、維新の会の応援者で、政治塾に応募しており、これまでにも杉村市議に複数の情報を提供していたことがわかった。(@@)

 26日の会見では『杉村市議は「リストに加工された部分があるという議論は当初、市議団内でもあった」と認めつつ、「質疑をするという我々の責務を遂行した。市議団の指示で、個人で勝手にやったことではない」と釈明した』とのことで。(読売新聞大阪3月28日)

 杉村市議は、1月末から2月初め頃にリストの原文を受け取り、橋下氏や維新の会の市議団は、このリストが真正なものではないおそれがあることを認識していたにもかかわらず、2月6日にリストを公表。<同日、橋下氏もツイッターで大交を批判。>
 また、杉村市議に指示して、10日に市議会で追及したことになるわけで。橋下氏や市議団がこのような形で関与している以上、全く責任がないとは言い難いように思うのだが・・・。

 しかし、リンクした記事にも書いたように、維新の会会長の橋下市長や杉村市議は、維新の会の行為には「何の問題もない」「謝罪する必要はない」と主張。却って「維新が指摘したから、ぬれぎぬが晴れた」とまで言い放ったため、ぬれぎぬを着せられた大公からは怒りの声が上がっている。(-"-)

<ちなみに、橋下氏と杉村氏はツイッターやブログでも大交を批判していたのだが。捏造が発覚した後は、杉村市議はツイッターもブログも更新せず。橋下氏は、ツイッターで、消費税増税に関する持論やお得意の新聞社批判を長々と繰り広げたものの、この件については一言も触れていなかった。^^;> 

 さらに、さすがにこの2人のあまりにヒドイ対応の仕方には業を煮やしたのか、維新の会の内部や市議会の他党の議員からも疑問や批判が呈されているとのこと。
 そこで、どうやら、今日30日に維新の市議団などが会見を行なうことになったようだ。(・・)

* * * * *

『大阪市交通局の元嘱託職員が労組名義の職員リストを捏造(ねつぞう)していた問題で、大阪維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事は28日、リストを基に議会で労使関係をただした維新市議団の対応を「勇み足だった」と認めた。

 市議会他会派から謝罪を求める声が強まる中、維新市議団は30日に経過説明の記者会見を開く。

 リストは、昨秋の大阪市長選での前市長への支援を求める職員労組名義で作成されていたが、同局の元嘱託職員(32)が捏造し、維新の杉村幸太郎市議に提供したとされる。杉村市議は2月の市議会委員会でリストを示し、労使の癒着関係を追及した。労組側は「偽造だ」と、関与を否定してきた。

 維新代表の橋下徹市長は、「維新の指摘を受けて市が調査し、組合のぬれぎぬを晴らした。何の問題もない」と市議団を擁護してきたが、松井幹事長はこの日の記者会見で「リストが本物か、偽物かというところまでの調査能力がなかったということ。議員が勇み足で走ってしまった」とした。(読売新聞3月28日)』

『大阪市の元非常勤職員が職員リストを捏造(ねつぞう)したとされる問題で、大阪維新の会市議団は28日、元職員から入手した資料を市議会の委員会質疑で取り上げた経緯について、幹部らが30日に記者会見して説明すると決めた。市議会内では、虚偽の資料をもとに職員労働組合を攻撃した維新の姿勢に批判が高まり、強硬姿勢を貫いていた維新も対応せざるを得なくなった。

 記者会見に応じるのは、市議団幹部のほか、2月の委員会で質問した杉村幸太郎市議。維新市議団は、リストのでっち上げが浮上した26日以降も「捏造に一切関与していない」「(労組に)謝罪する気持ちはない」などと主張してきた。

 これに対し、自民市議団は28日の会派間協議で、杉村市議が説明する場を設け、維新の会代表の橋下徹大阪市長による記者会見も要求。民主系会派のOSAKAみらいも橋下氏の会見を求め、共産も議会内に説明の場を設けるよう主張した。公明幹部も、取材に「(杉村氏は)一連の経緯について謝罪すべきだ」と述べた。(朝日新聞3月29日)』

* * * * * 

 でも、橋下氏は、松井知事の指摘には耳を貸す気はないようで、29日に改めて、維新の会の市議団には問題がなかったと強調していたとのこと。

『大阪市交通局の職員リスト捏造問題で、大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は29日、捏造した非常勤職員から情報提供を受けた同会市議を重ねて擁護した。市議が入手経路などを確認した点を強調し「すべきことはしている。何ら問題のない一連の作業だった」と市役所で記者団に述べた。

 一方、同会幹事長の松井一郎大阪府知事が市議団の調査能力を問題視したことに関し「市議がした確認以上に、裏付けをとることは不可能だ」と指摘、松井氏と異なる認識を示した。(スポニチ3月29日)』

 橋下氏は府知事時代は、チョット風向きが悪くなると、コロッと態度を変えて、急に自分の非を認めて謝罪を行なったり、もう少しかわいげのある弁明を行なったりしていたものなのだけど。 
 
 果たして30日には、どのような姿勢で会見に応じるのか見ものだ。(@@)

<まさか市議団にだけ会見させて、橋下氏は「我関せず」で、この件について会見も発言もしないなんてことはやらないでしょうね~。(~_~;)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 mew&周辺では、このリストの捏造に関して、「どうせ橋下シンパがやったんじゃねぇのか~」という話が出ていたのだが。
<実は、先月の「第2の永田メール事件か?」と邪推ごっこをしていた時点で、そのような見解が出ていた。^^;>

 実際、このリストを捏造して杉村市議に提供した職員は、本当に橋下氏&維新の会の応援者だったということも判明したため、呆れるのを通り越して、思わず笑いたくなってしまうところがあった。(・・)

 この職員は、昨年から維新の会が主催する区民会議に参加したことから、杉村市議と面識があり、これまでにも組合に関する情報を内部告発していたとのこと。また、維新の会の政治塾にも応募していたというのだ。
 
『昨秋の大阪市長選を巡り、市交通局の非常勤嘱託職員が平松邦夫前市長の推薦人紹介カードの配布リストを捏造(ねつぞう)した問題で、この職員が大阪維新の会(代表・橋下徹市長)の「維新政治塾」に応募していたことが分かった。リストを内部通報した維新市議とは市長選前に開かれた維新の集会がきっかけで知り合ったことも判明。橋下市長らの歓心を買うことが、捏造の動機となった可能性が出てきた。

 職員は32歳の男性で、27日付で解雇された。維新関係者によると、次期衆院選に向けて候補者を養成する維新政治塾に応募したが、市職員だったため、書類選考で落とされ、受講生になれなかった。

 職員は27日午前、交通局本庁舎(同市西区)であった聞き取り調査で捏造を認めた。終始無表情で淡々と質問に答え、解雇を告げられると黙ってうなずいた。「とんでもないことをした」と、戸惑いを見せたものの、最後まで謝罪の言葉はなかったという。

 職員は昨年5月、1年契約で交通局鉄道事業本部に採用され、パソコンを使った経理処理などを担当。てきぱきとした仕事ぶりが評価されていた。一方、無口で同僚とはあまり話さず、昼食も1人で取ることが多かったという。

 リストを持ち込んだ維新の杉村幸太郎市議(33)とは昨年、維新が市内全24区で開いた区民会議で知り合った。以来、メールや電話で連絡を取り合い、組合が市長選期間中に配布した違法な選挙ビラなど複数の内部情報を提供していた。杉村市議は「維新を応援していると言っていた。細くていかにも真面目そうな青年。捏造なんてしそうにもない」と印象を語る。

 リスト捏造について、杉村市議は「彼を疑う蓋然(がいぜん)性に乏しかった。詰められるところはすべて詰めてやった」と強調した。橋下市長も「議会の指摘があったからこそ捏造問題が明らかになったという意味で、議会としては健全だ」とし、問題はないとの姿勢だ。

 しかし、告発者の「自作自演」を見抜けず、偽のリストを基に組合を追及した維新に対し、他会派から批判の声が上がっている。ある市議は「杉村市議はまず謝罪すべきだ。このままでは民主党の偽メール事件の二の舞いになる」とくぎを刺す。組合幹部も、維新の対応に「議会人としてはあるまじきことで、見識を疑う。問題なしと言っていることが理解できない」と憤った。
(毎日新聞3月28日)』

* * * * * 

『交通局によると、職員は昨年9月、職場で組合員から平松邦夫前市長の支援団体の「知人・友人紹介カード」への記入を求められたことについて「公然とこういうことが行われているのはおかしいと感じたのが、そもそものきっかけ」と証言。「正義感から誤った手法を取ってしまった。大変なことをした」とリストの捏造を認めたという。(産経新聞3月28日)』

『杉村市議によると、大交の選挙活動に憤りを感じていた点も同じ。昨秋から接触し、大交が市長選期間中に配布した違法な選挙ビラを含め、数件の情報提供を受けた。リストは「組合支部長が職場のリサイクルコーナーに置いた資料を持ってきた」と説明。(同上)』

『2月の委員会で、杉村市議はリストを示し、「交通局と組合が組織ぐるみで市長選に関与していたことを裏付けるものだ」と追及。内部告発者が実名を名乗って持ち込んできたことから、「信ぴょう性が非常に高い」とも主張していた。(読売新聞・関西版3月28日)』

* * * * * 

 もちろん最も問題性が大きいのは、リストを捏造した職員なのであることは言うまでもないし。この職員を擁護する気はさらさらないのだけど。
<大阪地検が告訴&告発を受けて捜査するのではないかと思うけど。これは違法性のある行為だしね。(-"-)>

 また、この職員の場合は、実際に橋下氏や維新の会の主張に共感し、自分でも組合の活動の仕方に疑問を覚え、正義感にかられてやっていたかも知れないし。<あくまでも、橋下氏サイドから見た「正義感」だけどね。>
 純粋に橋下氏や維新の会の役に立ちたいという気持ちもあって、自分が市役所内で知り得た情報を、いわば内部告発の形で提供していたのかも知れないのだけど。

 でも、毎日新聞が書いていたように、橋下市長らの歓心を買うことが、捏造の動機となった可能性も決して否定できないように思われる。(-"-)

* * * * *

 ここからは、あくまでも推測の話だけど・・・。
 この職員は、過去に組合の選挙活動のビラに関する有力情報を提供していたとのこと。
 おそらく維新の会の市議に有力な情報を提供すると、きっと感謝されて喜んでもらえるのだろうし。もし「また何かあったら頼むよ」なんて言われたら、何だか頼りにされているようで嬉しくなって、もっと情報を提供したい、もっとよき協力者になりたいという気持ちになる人もいるかも知れない。

 さらに、もし彼らが、決定打となりそうな具体的な証拠を欲しがっているように見えれば、何とかそういう証拠を提供したいという意欲を持つ可能性があるし。しかも、多数の有力な情報や決定打となる証拠を提供すれば、自分の存在や力を評価したりを重んじたりして、何らかの形で重用してもらえるかもという期待も抱く人もいるかも知れないのである。^^;

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 実際、その職員は、維新の会の政治塾に応募していたところを見ると、維新の会に少しでも近づいたり、その中にはいったりしたいという思いがあったのだろうし。
 もし維新の会に評価されれば、同党の候補として選挙に出馬して、一緒に政治活動をできるかも知れないと夢見るようになっていた可能性も否定できないだろう。(~_~;)

 ちなみに、維新の会の政治塾は確か1月から塾生の募集を開始していたのだが。(締め切りは2月10日)
 この職員の捏造リストの作成&提供は、ちょうど塾生募集の時期と重なっているのである。(・・)
『市交通局や維新市議団によると、職員は今年1月23日の勤務時間中、業務用パソコンで人事データを基に偽のリストを作成。同28日に印刷したリストをスキャナーで読み取り、杉村市議にメール送信した。同31日には杉村市議の要望を受けて原本を郵送。杉村市議は2月6日にリストを公表した。』(毎日新聞3月27日)

 維新の会の募集要項には、職業などの条件、資格は一切記されていなかったので、この市役所職員は、自分が応募しても構わないと思ったとのこと。
 また、同会は当初、応募者に対して、1次&2次選考を行ない数百人の入塾者を決めると言っていったので、その職員がそれを意識した可能性も否定できないだろう。(~_~;)
 
<尚、維新の会は、募集の締め切り後に、現職の議員や公務員の入塾は好ましくないと判断したため、この市役所職員は、書類選考の段階で不合格になったとのこと。また、当初は1・2次選考を行なって数百名の塾生を決めると言っていたのだが、締め切り後、職業などで問題のない応募者は全て合格させることにしたので、結局2千人以上が入塾することになった。(~_~;)>

* * * * *

 維新の会や各議員が、このような情報提供者を、スパイのような協力者として抱えて、おいしく利用する意図を持っていたとまでは思わないけれど。

 ただ、杉村氏がこの職員からリストがあるとの情報を得て、それに飛びついたのは事実ではないかと思うし。<自分の手柄にもなるかも知れないからね。^^;>
 また、橋下氏や市議団はリストの真正さに疑問を抱いていながら<橋下氏は7日にリストの信憑性を調査するように指示している>、きちんと調査をしないままに、6日にリストを公表し、10日に市議会で追及したのも事実である。

 そして、彼らは本来であれば、リストの真正さに疑いを抱いた以上、たとえ時間はかかっても調査を行なってから、公表や市議会での質問をすべきだったのではないかと思うのだけど。
 もしかしたら彼らの中には、「仮にリストの全部or一部が加工、偽造されていたとしても、それは偽造した者が悪いのであって、自分たちが悪いわけではないし。ともかく格好の攻撃材料が手にはいったのだから、アレコレ問題になる前に、早く活用した方がいい」と考える人がいたかも知れず・・・。^^;

 しかも、実際に捏造したものだと判明した途端、自分たちは被害者のようにふるまい、謝罪一つせず。すぐにその職員に全て責任を押し付けて解雇し、いわばトカゲの尻尾切り<&ご用が済んだらポイッ>をしてコトを終わらせようとしていたわけで。
 ある意味では、この職員も維新の会の犠牲者だと言える部分があるかもな~と思ってしまうところもあるのだ。(-"-)

* * * * *

 さらに言えば、mewはこの件にかかわらず、橋下氏が大阪市長に就任してから(府知事の時も告発メールの話をしていたけどね>、橋下氏自身も維新市議団も、特に市役所&組合の問題に関して、内部告発を募って<ある意味で誘引して>いるように見える部分があって、イヤ~なものを感じていたのだ。
 何だか、密告社会のようなものが作られているように思えたからだ。^^;

 このような社会は、ナチス・ドイツなどの独裁政権でも見られたし。戦時中の日本にもあったし。また、橋下氏らが好まない社会主義国にも多く見られたのだが。<要は、左右を問わず、国民を完全にコントロールしたがる「国家主義」的なところに多いのよね。(ーー)>

 密告社会では、権力のある者の考えに合うような社会を作るために、同じ地域や組織の中にいる人間が、権力者の考えに沿わない者をどんどん告発して、排除して行く手助けをする。
 有力な情報を多数提供した者は「協力者」として評価され、重用されたり高収入を得たりすることもあるため、多くの者がそれも目当てにして、さらに密告を行なうようになるし。その中には、評価や重用をされたい余りに、歪曲or捏造した情報を提供する人が出る危険性もある。_(__)_

 逆に、同じ地域や組織にいる者は、いつ誰にどんな形で密告されるかわからないので、疑心暗鬼になりながら日々の生活や仕事をすることになるわけで。
 近隣の者も仲間も、下手すれば家族さえ信用できないような恐怖の監視社会が作られることにもなりかねない。(-"-)

 そして、橋下市長は、大阪市役所や組合の職員の思想調査やメール調査まで行なっていたので、市役所内は、そんな雰囲気になりつつあるのではないかと憂慮してしまうところがあったのだが。

 先日『橋下維新の会と安倍、超保守団体のつながり&維新「民意」に委ねると、日本の教育がアブナイ』にも書いたように、維新の会が提案して作った「君が代条例」に基づく卒業式の国旗斉唱の起立やクチもとチェックもしかりだし。教員の言動チェックが厳しくなる「教育基本条例」+αもしかりだろう。^^;

 それこそ万一、維新の会が国政でも実権を得ることになったら、そのうち全国の至るところで、国民がお互いに監視し合ったり、密告し合ったりするような社会が作られる可能性があるし。
 維新の会に限らず、いわゆる「国家主義」「国粋主義」を重視してピラミッド型の国家体制を築こうとしている超保守派が勢力が実権を握った場合も、同じようなことが起こり得るわけで。
 早く一般国民の多くがそのことに気づいてくれないと、日本は本当にアブナイ国になってしまうかもと、危惧感が募るばかりのmewなのだった。(@@)

           THANKS
【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2012-03-30 06:37 | 政治・社会一般 | Trackback(1)
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/17639190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2012-03-30 16:08
タイトル : 原子炉は割れるか?NHKは公平・正確な情報を
 原発のシステムも判らず原子炉爆発を唱えた?金属材料学が専門の教授、原発悪のレッテルを貼ろうとしているNHK  昨夜のNHKで「原子炉が壊れる?老朽原発に忍び寄るリスク」と言うおどろおどろしいキャツチコピーのような放送がありました。  その内容の一部は...... more