日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

橋下&維新は、労組に謝罪せず、ひたすら自己を正当化&会見当日にも批判チラシを配布。

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 残念ながら、昨夜からPCが完全におかしくなっているです。<しかも、チョット乱暴に扱ったため、キーボードを壊してしまったかも。(-_-)>

 これはもう週末に競馬で頑張って、新しい子を買うしかないかと・・・。<でも、今日は午後から打ち合わせがはいってるし。午前中に予想&馬券購入しておいて、帰って来たら10万円増えているというパターンを狙ってみるかな?(‥)>

 急きょ、VISTAくんを借りて来たものの、mewはXPっ子ゆえ、朝から使い四苦八苦で。これに慣れたり、自分の使い勝手のいいように変えたりするには時間がかかってしまうかも。^_^;

 で、昨日は、消費税増税法案の閣議決定&国新党の連立離脱騒動&小沢Gの政務3役等の辞任という大きな出来事があったので、本当はそのことを書きたかったのだけど。
 
 とりあえず、この記事には、『維新の会の捏造リスト問題に思うこと~橋下の開き直り+応援者の利用&密告社会への懸念』の続報として、昨日、行われた橋下維新の会の会見に関する報道記事+αをアップすることにしたいと思うです。(**)

* * * * *

 今回の件は、あくまでも維新の会の大阪市議団の問題だという形をとることにしたようで、橋下会長は同席せず。市議団の団長、幹事長と杉村幸太郎市議の3名だけで会見を行なったとのこと。<橋下くんもツイッターで批判していたのにな~。>

 しかも、さすが、大阪では完全にブイブイ・モードになっているらしい維新の会さまさまだけあって、市議会で質問した際の「表現は反省」&「市民にはおわび」するけど。捏造リストに関しては「責任はない」し、「労組には謝罪しない」とおっしゃっておられたそうだ。

『反省はするが、お詫びはしない――。大阪市の元嘱託職員が捏造(ねつぞう)した労組名義の職員リストを基に、市議会で労使癒着を追及した大阪維新の会市議団の30日の記者会見。議会で質問に立った杉村幸太郎議員は、会見開始から約1時間後、ようやく「お騒がせしてしまい、市民に申し訳ない」と謝罪の言葉を口にしたが、組合に対しては最後まで、「謝罪するつもりはない」と強硬姿勢を貫いた。

 市役所で会見に臨んだのは杉村議員のほか、市議団の坂井良和団長、美延映夫幹事長。

 嘱託職員から提供を受けたリストについて、杉村議員は「元々、捏造の可能性があると思ったが、(気づかなかったのは)私の不徳の致すところ」と釈明。ただ、「(議会での質問は)独断でやっているのではなく、団の指示に従ったまでだ。私個人の責任は発生しない」と強調した。

 杉村議員から質問内容の相談を受けた美延幹事長は「大体の流れは把握していたが、質問の細かい部分までは把握していなかった」。坂井団長は「先輩として指導すべきだった。杉村議員が(労使の組織ぐるみの選挙関与を)断定調で質問した部分は、我々だったらしない」と述べ、労使癒着を断定した質問を反省した。

 一方で、坂井団長は、「組合を犯人扱いしたことは一度もない」とし、組合への謝罪は拒否。組合側には真偽を確かめないままリストを公表したが、杉村議員は「組合に聞いたら誠実な答えが返ってくるのか」と語った。(読売新聞3月31日)』

『杉村市議は「疑惑を追及する中で、言いすぎた部分があった。市民の皆様に申し訳ないことをした」と陳謝した。(日刊スポーツ3月30日)』

『大阪維新の会市議団は、30日、記者会見を開き、「市議会で『交通局と組合が組織ぐるみで市長選挙に関与していたことを裏付けるものだと考える』と、一部断定的な表現をしたことは反省している」としましたが、「組合がリストを作成したとまでは言っていない」として、組合への謝罪は必要ないという認識を示しました。
質問した議員は「リストが本物かどうか見抜くのは至難の業だが、市民を混乱させた点はおわびする」と話しています。(NHK3月30日)』

* * * * *

 しかも、この会見で知ってア然とさせられたことに、維新の会は30日に新聞の折り込みで、労組批判を行なう維新の会のチラシを47万部も配布していたとのこと。(+o+)

『維新市議団は30日に大阪市内で配られた新聞折り込みチラシ47万部で、リスト作成への関与があったことを前提とするような組合への抗議文をそのまま掲載。捏造発覚前の16日付で、回収が間に合わなかったといい、美延幹事長は会見で「おわびします」と陳謝した。(産経新聞3月30日)』

『同日朝配布された新聞の折込チラシには、ねつ造リストをもとに労働組合抗議する内容がか書かれていたため「本日配布の維新ジャーナルで抗議文をそのまま転用したことはお詫び致します」とした。ねつ造が発覚する前の文章が載ったチラシが回収が間に合わず、47万枚が配られてしまったという。(日本テレビ3月30日)

 そのチラシはコチラにあるのだが。 ここに記載された抗議文は、維新の会が2月16日付けで発表したもので、今も維新の会のHPに掲載されている。<コチラ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 この辺りの経緯は、『橋下維新の会が、捏造リストで組合を追及&姑息な言い逃れと責任回避に終始』に書いたのだが。
 
 大阪市交通局&労組は、維新の会がリストを公表した当初から、労組が使うフォントなどの違いを指摘した上で、労組が作ったものではない可能性が高いと主張。
 その後、内部調査を行なった結果、「何者かが偽造した疑いが強い」として、3月1日に有印私文書偽造・同行使容疑などで大阪地検に告訴する方針を決めていた。

 これを受け、維新の会は、あくまで市役所&労組がリスト作成に関与していたということを前提にして、「市職員が内部の人事情報を漏らした」として、被疑者不詳のまま地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで大阪地検に告発状を提出。
 この告発に対して、大阪市労働組合連合会の幹部が、「『新の会はリストの真偽も確かめずに市議会で質問し、労組が犯人扱いされた。その説明を市民にすべき」とコメントしたことが新聞に掲載されたことを受けて、維新市議団は、「議会活動を封殺しようとする今回の言動には断固抗議します』と労組側が反論したことを批判する形で抗議文を16日に発表したのだ。

 そして、この抗議文を乗せた「維新の会ジャーナル」というチラシを、30日になって新聞の折り込みで47万部も配布したのだ。(@@)

* * * * *

 そもそも、大阪市役所はこのリストは「偽造の疑いがある」として内部調査を行なっていて、3月初めには大阪地検に告発することを検討していた<すでに告発したのかどうかは不明>のだから、維新の会側も、偽造の可能性があることを少しは頭に置いて言動してもいいと思うのだけど。彼らは、まったく配慮せず。

 しかも、リストが捏造されたものだという報道が出たのは3月26日だったので、新聞のチラシが配布された30日までは、中3日あるにもかかわらず、彼らは「間に合わない」として、そのチラシを回収するとか、折り込みにストップをかけるとかもしなかったのである。
<「別にリストが捏造だとしても自分たちが悪いわけじゃないし。もともと労組に問題があるのだから、労組批判を広めるためにも、そのまま配ってもいいんじゃないか」みたいな感じで、本気で回収の努力をせず、ほぼ意図的に放置したと思われても仕方ないように思うけどね。(-_-)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~  

 話を戻すと、杉村市議が捏造リストの提供を受けた後、市議団側はろくに真正なものかどうか確認や調査をしないまま、杉村市議に公表や市議会での質問をするように指示していたことも明らかになった。

『杉村市議は2月10日の市議会市政改革特別委員会で「交通局と組合が組織ぐるみで市長選に関与していたことを裏付けるものだ」と、リストの存在を指摘した。リストには前市長の推薦人紹介カードの配布・回収状況が記され、「市労連」(市労働組合連合会)の文字があった。ところが、労組には「調査に応じるわけがない」としてリストが本物かどうか確認を取らず、市議会では「信ぴょう性が非常に高い」「(リストを提供した元職員は)捏造しようがない立場だ」と強調した。

 杉村市議によると、元職員は初めて会った昨年11月以後、労組の違法選挙ビラなど次々に告発し、労組追及の情報提供者として信頼していたという。リストのデータが渡ったのは公表9日前の1月28日。市議団の坂井良和団長(66)=5期目=は「一連の流れの中で一つだけ偽物が混じっていたら、気付くのは至難の業」とかばう。

 会派内のチェックも機能しなかった。議会で取り上げることは美延映夫(みのべ・てるお)幹事長(50)=3期目=がゴーサインを出し、他の市議団幹部は知らされていなかった。会派内は「偽物では」と懸念する意見も強かったといい、坂井団長は「疑問を持っていた。相談してくれていれば」と不備を認める。(毎日新聞3月30日)』

『会見で杉村市議は「提供された時点で捏造の可能性を疑ってはいたが、組合と連絡が付かなかった」と弁明。委員会で取り上げる際には「幹事長に相談し、市議団としての決定に従った」と述べた。

 杉村市議は「疑惑を追及する中で、断定的に言いすぎた部分があった。市民の皆さまに申し訳ないことをした」と陳謝。組合への謝罪の意思を記者団に問われても「市民への謝罪だ」などと繰り返した。

 会見に出席した坂井良和さかい・よしかず団長は「私なら断定的な質問はしない。先輩として指導すべきだった」と自らや市議団の落ち度を認める一方、杉村市議の結果責任は問わないと断言した。

 杉村市議は2月10日の委員会で、リストを根拠に「交通局と組合が組織ぐるみで(昨年の)市長選に関与していたことを裏付けるものだ」と指摘。その後、市議団は広報紙でリスト問題に対する職員組合の幹部の対応に抗議していた。(中国新聞3月30日)』

 何だかきちんとリストの真正さも確認せず、しかも「捏造ではない、信頼できる」と決めつけて、一部の幹部とだけ相談してコトを決めてしまったのも、民主党の永田メール事件の状況と似ているような感じがあるのだけど。

 坂井団長の「疑問を持っていた。相談してくれていれば」「私なら断定的な質問はしない。先輩として指導すべきだった」という言い方を見て、いかにも「自分は直接、関与していない」ということをアピールしているかのようで、無責任な感じを受けててしまうのはmewだけだろうか?(@@) 

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ただ、維新の会のこの会見の態度には、大阪市交通局&労組だけでなく、維新の会と<重要な条例や政策で>協力体制にある自民党や公明党をはじめとして、他の市議からも疑問や批判が呈されているという。

『捏造(ねつぞう)された大阪市交通局の職員リスト問題で開いた大阪維新の会市議団の記者会見に関し、市議会の他会派から30日、「誠意が感じられない」などと批判的な意見が相次いだ。幕引きを急ぐ維新の会に対し、各会派は議会で追及する構えだ。

 「一番迷惑が掛かったのは労働組合だ」と憤るのは、組合の支援を受ける民主系幹部。維新の会がリストを根拠に組合追及したことを受け「ぬれぎぬを着せられた労組にも謝罪するべきだ」と強調した。

 会見を傍聴した自民幹部は組合への謝罪を拒む維新の会の姿勢に「人として普通の感覚ではない」と酷評。地方自治法に基づく調査特別委員会(百条委員会)の設置を検討する考えだ。共産幹部も「単なる開き直りだ」と批判した。

 公明幹部も「きちんと謝らなければ、こちらも守りようがない」と突き放した。会見に出席した弁護士出身の維新の会幹部を念頭に「訴訟のように考えて、謝罪できなかったのでは。裏目に出たな」とつぶやいた。

 不満の声は身内からも漏れる。会見の様子を聞いた維新の会幹部は「撃沈や。謝り方や説明の仕方が下手すぎる」。同会ベテラン市議は「最初に謝っておけば、ここまで尾を引かなかった」と悔やんだ。(共同通信3月30日)』

『「どんな方でも(捏造を)見抜くのは至難の業だった」。杉村幸太郎市議は、市議会での質疑の表現については反省の意を示したものの、“疑惑”としてリストを公表したこと自体については問題なかったとの認識を改めて強調し、坂井団長らも組合への謝罪は不要だと繰り返した。一方、他会派からは「開き直りだ」と反発の声が上がった。

 杉村市議は、リストの信憑(しんぴょう)性が高いと判断した理由について「(元職員は)いろんな資料を提供してくれ、リスト以外は全て真性だった」と説明。一方で、元職員にリストの不自然な点を指摘した際、元職員が「ガセネタをつかませてしまったかもしれない」と述べた事実を明かした。

 杉村市議は、リストの真偽については交通局に照会したものの、証拠隠滅の恐れなどを考慮して、返答を得ないまま質疑に踏み切ったという。

 これに対し、他会派は疑問を投げかける。民主系会派の松崎孔幹事長は「組合に尋ねれば、おかしいリストだと分かったのではないか」と調査手法を批判した。(産経新聞3月30日)』

『内部通報を調査する大阪市公正職務審査委員長を務めた辻公雄弁護士の話 内部通報には「ガセネタ」がつきもの。ぬれぎぬを着せる可能性もあり、非公開の場で組合に突き付けるなどして事前に確認を取るべきだった。民主党の偽メール事件と同様、パソコンなら本物に似せたものを作れる。今回は慎重さが足りず、間違った以上は責任を取るべきだ。
(産経新聞3月30日)』

* * * * *

 ・・・とここまで書いたところで、維新の会の橋下徹会長の、この件に関する発言が載っている報道記事を見つけた。

『維新代表の橋下徹大阪市長は30日夕、「お騒がせしたので、市民にはおわびを申し上げないといけない」と陳謝した。だが、市議会で取り上げたことについては「情報提供者の話を聞いて質疑するのは当然」とし、「組合がぬれぎぬを着せられたのは、報道したメディアの責任だ」と述べた。(産経新聞3月30日)』

『阪市交通局の元嘱託職員(解雇)が、昨秋の市長選を巡り、前市長の支援を求める労組名義の職員リストを捏造(ねつぞう)していた問題で、

 大阪維新の会代表の橋下徹市長は30日、市役所で報道陣に、「市民をお騒がせしたことをおわびしたい」と陳謝した。ただ、労組への謝罪は「杉村議員は元職員からじっくり話を聞き、不自然なところがなかった。議会活動(の自由)は最大限保障しないと議会は機能しない」として拒否した。

 「誤解を与えたのは報道したメディアだ」と責任転嫁する一幕もあったが、報道陣が「組合が事実無根と主張していることも併せて報道している」と指摘すると、「両論で報道しているのであれば(メディアに)何も問題はない」と語った。(読売新聞3月30日)』

<尚、『維新市議団が30日、46万枚配布した新聞折り込みチラシで、労組がリスト作成に関与したと誤解させる文章を掲載したことについては、「議会活動ではないので、組合におわびしなければならない」と謝罪した』らしい。(同上)>

* * * * *

 そうか~。橋下くん的な発想だとは、労組にぬれぎぬを着せたのは、メディアが報道したせいだということになるのね~。(゚Д゚)
<ちなみに、そのメディアにリストを公表したのは、誰だったのかな~?^_^;>

 けど、橋下氏や維新の会のこういう態度を見れば、きっとそのうち橋下&維新ファンも、彼らが期待するには値しない人たちだということに気付くはずだ。
 ・・・と思いたいのだけど。もしそれに気付く人が少なかったとすれば、このような発言内容をきちんと伝えていないメディア(特にTV)の責任も大きいかも、と言いたくなったりしているmewなのだった。(@@)
             THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"

 
 
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/17648884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2012-03-31 16:00
タイトル : 野田さんと小沢さんへ・消費税増税
・野田さん、小沢さん、谷垣さん、みんな国民に話しすべき・民主党地方支部は党本部に何故抗議しないのか 消費税増税関連法案が閣議決定されたことで大手新聞社がそれぞれ消費税推進の社説を出しています。 私も各関係者が抱えている問題点を纏めてみました。 [野...... more
Tracked from 名無しのデムパ論 at 2012-04-05 18:13
タイトル : 大阪維新の会は捏造リスト問題について責任逃れせず謝罪すべき
ε³Ǥޤ Ը̶ɤθʲۡˤ ϫ̾οꥹȤ¤(ͤĤ)Ƥǡ ΥꥹȤԵIJǼ夲ݿβԵĤϣ ꥹȺ˴Ϳ줿ȤƼպ׵᤹ոλϫƯȹϢʻϫϢˤФ պ˱ʤˤ᤿ ϫϢϡְݿԵĤȹȸ̶ɤ˼Ƥꡢ̾»()ˤפȤơ պȡꥹηаޤ˴ؤФˡ ФΰݿԵĤβǤϡ ּǤϡ̾ؤȹ˵ȤޤǤϸäƤ餺ӤɬפϤʤפȳǧ ؤβˤϱȤ (¤ꥹꡢϫϢ˼պ᤻İݿԵ ) ݿβεİĤϼպ׵˱ʤȤ᤿褦Ǥ ...... more
by mew-run7 | 2012-03-31 10:36 | 政治・社会一般 | Trackback(2)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7