日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

橋下が小沢擁護のツイート+国新党が「亀井切り」クーデター+原発再稼働の強行はアブナイ

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 
 まず、橋下維新の会が、大阪市交通局労組の捏造リストに関して謝罪せず、横柄な対応をとっていることに関して、「とりあえず書いてみようか」のiiyumeさんがmew以上にかなりお怒りのご様子。(@@)
 何と半年ぶりにブログの記事を更新して、『大阪市交通局職員リスト捏造問題の対応からみえてくる橋下&新党維新の体質』をアップしていたので、ここにご紹介しておくです。(・・)
<関連記事『橋下&維新は、労組に謝罪せず、ひたすら自己を正当化&会見当日にも批判チラシを配布

* * * * *

 ところで、その橋下徹大阪市長が、ツイッターで小沢一郎氏を擁護する発言をしていたという報道記事が出ていた。

『橋下徹大阪市長が、石原慎太郎東京都知事と会談した直後の4日夜、自身のツイッターで消費税増税について言及。「選挙なくして増税法案はありえない」と野田佳彦首相の手法を批判する一方、「小沢先生の行動の方が民主党の議員としては筋が通っている」と、民主党の小沢一郎元代表を持ち上げた。

 橋下市長は、消費税を地方税として地方の責任で増税し、地方交付税は廃止すべきとの持論について「このような統治機構の変革を小沢先生は考えていらっしゃる」と小沢氏と考えが一致していることを強調。「僕は消費税増税を否定しない。ただ今の民主党の増税には反対」とし、増税前に国会議員の歳費と定員の削減、公務員給与の削減、年金の抜本改正を行うべきとの考えを改めて示した。(産経新聞4月5日)』

『橋下徹大阪市長が自身のツイッターで、消費税増税問題について小沢一郎元代表の対応を「民主党の議員としては筋が通っている」などと評価したことを受け、小沢グループ内からは5日、喜びの声があがった。小沢氏側近の一人は、ツイッターのコピーをばらまくなど大はしゃぎ。小沢氏も自身が会長を務める勉強会の常任幹事会で「そうか」と満面の笑みを浮かべた。

 一方、自民党の小泉進次郎青年局長は国会内で記者団に対し、橋下氏のツイッターの内容について「政治は生き物だ。冷静に見た方がいい」。父である小泉純一郎元首相を橋下氏が称賛していることにも「知らなかった。感想は特にない」と冷ややかだった。(産経新聞4月5日)』

* * * * *

 橋下氏は、しばしばツイッターなどで朝日or毎日新聞+αの批判を書いているのだが。
 今回は、朝日新聞の4月4日付けの社説「小沢流民主主義が泣いている」(*1)に対して疑問や反論を呈するツイートを行なったようだ。(4月4日22時25~)
 とりあえず、小沢氏に関する部分をアップしておくなら・・・。(全文は、橋下氏のツイッター(コチラ)に)

『1、府議会で最後は多数決で決したが、朝日はもっと議論を尽くせ!と批判。維新の会は十分議論を尽くしたと判断して多数決を行った。朝日は消費税では多数決に従えと言う。どっちなんだ?2、そして決定されたことに不満だからと言って反対することは民主主義が泣くと小沢先生を批判する。は~~~っ?」

「大阪府、市教育委員会が君が代の起立斉唱を決定し、さらに大阪府、市の条例で起立斉唱が決定された。そして教育委員会は教員に起立斉唱を具体的に命令した。それにもかかわらず不起立教員は自らの思想良心を盾に決定・命令に従わない。そんなことが許されるなら、小沢先生の行動は当然許されるはず。」

「消費税は地方税にすべき。その代わり地方が国からもらっている地方交付税を廃止。地方の財源不足は地方の責任で消費税を上げる。その他道路特定財源などを仕事とともに地方に移譲。このような統治機構の変革を小沢先生は考えていらっしゃる。不起立教員の思想良心よりもはるかに重い政治的信条だ。」

「党内手続きの代表選と国民との約束の総選挙を朝日新聞はごっちゃにしている。民主党の代表選はマニフェストに縛られる。そのマニフェストがダメなら面倒でも選挙と言う手続きを踏まえなくてはならない。小沢先生が民主党の決定に従わなければならないという朝日新聞は狂っている。」

「だからマニフェストの書き方は気を付けなければならない。行政でしかできないような政策の羅列は厳禁。政治家が行政を動かすための方針。これがマニフェスト記載事項。いずれにせよ、政治家としては小沢先生に理があるのは明らかだ。増税が必要なら選挙を踏まえるべき。」

「統治機構も年金制度も抜本的な変革はなにもない。そんな中でカネが足りないから消費税を上げるって、そんなの通るわけがない。小沢先生の行動の方が民主党の議員としては筋が通っている。そもそも野田首相が消費税増税を掲げて代表選に出たことが間違い。これは国民との約束違反だ。」

* * * * *

 橋下氏は、日ごろの会見もそうだけど、特にツイッターでは、かなりざっくばらんで軽めの表現を用いることが多いので、何か「小沢先生は考えていらっしゃる」なんて敬語を使ってヨイショしたりしているのを見ると、却って気持ち悪いor薄気味が悪いような感じがしてしまう部分もあるのだが。^_^;

 4日に、橋下氏と石原都知事が会談して、ますます橋下維新の会と石原新党が連携するのか否かに注目されるようになっている今日この頃。
 石原新党結成に関わっている国民新党の亀井静香氏が、最近、繰り返し、小沢一郎氏が石原新党と連携する可能性を示唆しているだけに、この橋下氏のツイートもそれを意識したものなのか、それとも単にその場で思いついたことを書きこんだものなのか、チョット気になるところだ。(・・)

『国民新党の亀井静香代表は2日のフジテレビ「知りたがり!」で、石原慎太郎東京都知事を代表とする新党構想に関し、民主党の小沢一郎元代表が連携する可能性について「国家のために働こうという気持ちは2人ともまったく同じ。互いに手を結ぶ場合も起きてくる」と述べた。

 自らと小沢氏の関係については「今は良好だ」、石原氏とも「一心同体だ」とそれぞれ強調。「私は(与野党をまとめて)自社さ政権をつくった男だ」とも述べ、政敵関係とされる小沢氏と石原氏を接近させることに意欲を示した。

 亀井氏は放送終了後、都内で記者団に対し、大阪維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事が亀井氏との連携に現時点で否定的な考えを示したことに対し「そう言うに決まっているじゃないの。政治家が腹を割って話したら、いろいろな新しい状況が生まれてくるものだ」と語った。(産経新聞4月2日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そして、これは前記事の『小沢G、国新党の分断をはかる野田陣営・自民・・・』の続報になるのだが・・・。

 mewは、この記事に『野田陣営としては、衆参で消費税増税法案に賛成してくれる議員は、ひとりでも多く確保しておきたいという考えがあるだけに、国民新党の分党に協力して、「小沢切り」の前に「亀井切り」を行なう可能性がある。(-_-)』と書いたのだけど。

 何と昨日5日、国民新党で、まさに「亀井切り」のクーデターが起きたとのこと。
 民主党との連立政権を維持することを望んでいる自見金融大臣や下地幹事長ら6人が中心になって党総会を開き、連立離脱を主張する亀井静香代表と亀井亜希子国対委員長を解任したというのである。(・o・)

* * * * *

『国民新党の自見庄三郎金融・郵政改革担当相、下地幹郎幹事長ら民主党との連立維持派6人は5日夜、党本部で議員総会を開き、連立離脱を主張している亀井静香代表と亀井亜紀子政調会長の「解任」を決議した。新代表には自見氏が就くとしている。ただ、亀井代表らは無効だと強く反発。党則の不備も絡み、国民新党の混乱は続く可能性がある。

 自民党など野党は与党の迷走を批判。法案審議に影響しかねず、消費増税関連法案の成立に向けて野党に協力を呼び掛けている野田佳彦首相にとっても痛手だ。

 5日の国民新党の総会では、先に6人で決定した連立維持方針を「独断で握りつぶした」として、亀井代表と代表に同調した亀井政調会長の解任を議決。下地氏が代表代行を兼務することや、政調会長を浜田和幸外務政務官とすることも決めた。同党規約5条は、党役員について「所属する国会議員の総会において選出する」と定めており、これに沿った対応とみられる。 

 自見、下地両氏は総会後、国会内に民主党の輿石東幹事長を訪ね、連立継続を伝えるとともに、代表交代を6日に総務省に届け出ると説明した。会談に同席した民主党の樽床伸二幹事長代行は、記者団に「正式な手続きで人事が行われたと認識している」と述べるとともに、連立について「これまで通りだ」と語った。
 一方、亀井代表は「解任」について都内で記者団に「有効なわけがない」と批判。代表周辺は「党規約に解任の規定はないし、代表不在の議員総会は無効だ」と語った。

 下地氏は総会後に記者会見し、亀井代表らについて「除名も離脱もしていない」と述べ、党として引き続き8人で活動していきたいとの考えを示した。ただ、党の亀裂は決定的に深まり、亀井政調会長は会見で「いつ代表が(6人を)除名するかということであり、みんな仲良くというのは無理だ」と語った。亀井代表が進めている石原慎太郎都知事を党首とする新党構想にも影響しそうだ。

 自民党の谷垣禎一総裁は5日の記者会見で、国民新党の混乱を「論評に値しない迷走ぶりだ」と批判。自民党は、混乱が続く限り6日以降、全ての委員会を欠席する構えを示していた。(時事通信4月5日)』

* * * * *

 この自見大臣らの行動に、亀井代表と亜希子幹事長は反発。
 
『国民新党の亀井亜紀子政調会長は5日夜、同党の連立維持派が自らと亀井静香代表の解任を決めたことを受け、参院議員会館で記者会見し、一連の党の手続きについて「代表解任は党則にもなく、成立しない」と述べ、無効だと強調した。また、亀井代表と電話で対応を協議した際、亀井代表が「放っておけ」と語ったことを明らかにした。(時事通信4月5日)』 

『下地幹事長ら連立の維持を訴える議員6人は5日夜、連立離脱を主張する亀井代表と亀井亜紀子政調会長の2人を解任したと発表した。後任の代表には自見金融相が就任するとしている。これに対し、緊急会議を欠席した亀井代表らは強く反発している。

 亀井代表「(Q代表を解任したと下地幹事長が言っているが?)ああ、そう。俺は聞いていないけど。(Q有効でしょうか?)そんなの聞くまでもないでしょう。有効なわけない」
 亀井政調会長「(6人が)クーデターを起こしているような状況なので、みんな仲良くは無理だと思う」(日本テレビ4月5日)』

<注・2人はたまたま同じ名字だけど、親子でも親戚でもない。
 ちなみに、亜希子氏は、国民新党顧問(09年に衆院落選)の亀井久興氏の長女&岩倉具視氏の来孫。父親は日本会議系の超保守なのだけど(でも、理論派)、亜希子氏は9条護憲派の平和・リベラル志向で、市民目線をもって、理論的にわかりやすく語ることができるタイプなので、mew的には好きな政治家のひとりだ。>

* * * * *

 mewは、昨日の朝の時点では、もしかしたら国民新党は2つに分かれることになるのかな~と思っていたのだけど。(自見大臣らが新党を結成し、連立を維持するのではないかと。)

 まあ、政党は代表個人のものではないとはいえ、国民新党は亀井静香氏が、05年に小泉元首相が強行した郵政民営化法案に造反し、自民党を離党した後に、綿貫民夫氏らと結成して、同氏が先頭に立つ形で、ここまで率いて来たた政党であるだけに、亀井氏の存在は大きいものがあったし。(ちなみに自見大臣らの6人は、結成メンバーではなく、あとからはいった議員)
 まさか自見大臣らが、亀井代表を解任する形で「亀井切り」を行ない、自分たちが国民新党をいわば乗っ取るような形をとるとは、思いもしなかったので、彼らの行動には、かなりビックラ驚いてしまったところがあった。(@@)

 自見大臣(郵政見直しも担当)らにしてみれば、国民新党の最大の目標であった郵政民営化の見直し法案が審議入りする直前に、他の政策に反対して連立政権を離脱することは、納得しがたいものがあっただろうし。折角、政権与党の一員として政治活動を行なえる立場を得たのに、それを手放すのもイヤだっただろうし。
 また、衆院選が近いことを考えると、ここで離党して、国民新党の組織や資金を失うのも困ると考えたのではないかと察したりもするのだが・・・。
 何か「人としての道」という面から考えると、礼や情に欠けるような、ある種の裏切り行為のように感じてしまうところがあった。(-_-)

 野田首相は5日の参院予算委員会で、「友党の意思決定を私がとやかく解釈する段階にない。事態を注視している」と答弁。民主党側は、あくまでも国民新党の問題として、距離を置いてみているところがあるようなのだけど。

 野田内閣は、3月30日に消費税増税法案などを閣議決定&自見大臣が署名するとの決意を発表した時から、亀井代表の主張を無視して、他の議員と連携しながらコトを進めようとしている感じがあるだけに、暗に「亀井切り」を容認しているのではないかと思いたくなってしまうところもあるmewなのだった。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 話は変わって、こちらは『菅叩きをして原発再稼動を目指す推進派にぞっとする… 』『斑目も認める原発再稼動、安全確認のまやかし…』のつづきになるのだが。

 野田政権が、福井県にある関西電力の大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を何とか決めようと躍起になっている。(ーー)
 
 昨年3月の福島原発事故が起きてから、菅前首相が検査のために停止した原発の再稼働に慎重な姿勢を示し、新たに安全性のテストを課すことに決めたため、その後は、一基も再稼働を実現できず。
 ついには、全国に54基ある原発のうち、北海道電力の泊原発3号機以外は稼働していない状況になっている。その泊原発も5月5日から定期検査のため停止することから、この日までに大飯原発が再稼働しなければ全原発停止の事態に陥ることになるからだ。(・・)

 野田首相は、もともと原発政策を維持すべきだと考えの持ち主であるものの、オモテ向きは慎重な姿勢を示しており、今月2日の国会でも『「あくまで安全性のチェックが最優先だ」と強調。その上で「地元の理解などが得られているかどうかを関係閣僚で総合的に政治判断する」と述べ、地元の意向を尊重する考えを重ねて示した』と発言。
 また、枝野経産大臣も『「経済に与える影響は大変重要だが、それ以上に原発事故が起こった場合の影響の方が、より大きい」と指摘。大飯原発の再稼働については「専門家による検討が済んだが、今の段階で私がその内容に納得しているわけではない」と述べ、さらなる検証が必要との認識を示した』りしていたのだが。(産経新聞4月2日)

 しかし、各地の電力会社はもちろん、原発推進派の政治家、識者、財界などなどは、全原発停止の事態が起きることは、何とか阻止をしたいところゆえ、野田政権に対する要請(圧力がけ?)をかなり強めている様子。^_^;

<ちなみに、原発推進政策をとる自民党の谷垣総裁も以前から、早く再稼働を行なうように提言しており、5日の会見でも『定期検査のため停止中の原子力発電所の再稼働に
ついて「安全性をきちんと確認し、地域の理解を得ることが前提だが、再稼働すべきだ」と述べ、 安全性の確認を条件に再稼働に賛成する考えを表明した。その上で「(原発が)全部動かせないことになれば、日本のエネルギー構造としては全く身動きも取れない」と述べた』という。(毎日新聞4月5日)』

 とはいえ、大飯原発のある地元や周辺の地域の理解は容易に得られそうにないため、野田首相らはかなり焦り始めており、強引に再稼働を決めようとしている。(ーー)

* * * * *
 
 5日には、藤村官房長官が何と「地元の同意は不要」だと発言。さらに、夜には関係閣僚や執行部が集まり、何やら「新しい安全基準」を設定。それをクリアすれば、政府が主導する形で再稼働を要請し、決定を促す方針をとることにしたという。
 
『関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働が焦点になっている中、藤村修官房長官は5日午前の記者会見で、定期検査で停止中の原発の再稼働について「何らかの法律などの枠組みで同意などが義務づけられているわけではない」とし、法的には自治体の同意は不要との見解を示した。
 また、「『地元理解』など、いろいろな言い方があるが、仮に再稼働の説明を行う段階になった場合、自治体の要請に基づいて政府の立場をしっかり説明するのが政府の姿勢だ」と述べるにとどめ、地元同意が必ずしも再稼働の前提条件とならないとの認識を示した。(京都新聞4月5日)』

『野田首相は5日、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を巡る枝野経済産業相ら関係閣僚との2回目の会合を開き、安全性を確認する新たな判断基準を大筋で了承した。

 政府は6日に3回目の関係閣僚会合を開き、判断基準を最終決定する。その後、大飯原発が基準を満たしているか判断し、枝野経産相が来週にも福井県を訪問して再稼働を要請する方針だ。

 判断基準は〈1〉地震や津波による全電源喪失を防ぐ対策を実施済みであること〈2〉炉心の冷却継続機能を国が確認していること――を盛り込んだ。また、電力会社に対しては原発の安全性、信頼性をさらに高める計画の策定を求める。経済産業省原子力安全・保安院がとりまとめた30項目の安全対策を2段階で実施することになる。(読売新聞4月5日)』

* * * * *

 野田政権がこのように「何が何でも、再稼働ありき」の強硬策をとろうとしていることには、周辺地域の首長が次々と疑問の声を上げている。

『野田佳彦首相と関係閣僚が大飯原発再稼働に向けた安全基準案について議論した5日、地元福井県は説明を受けていないとして静観の構え。周辺自治体からは拙速対応への批判が相次いだ。

 福井県の西川一誠知事は同日、報道陣の問いかけや記者会見の申し入れに応じず、沈黙を貫いた。県幹部も暫定的な安全基準について「公式には何も聞いていない」と語り、政府から正式な報告や説明があるまで静観する構えを示した。おおい町の原発担当者も「どのような安全基準が示されるか明らかにならない限り、判断のしようがない」と話した。

 一方、滋賀県の嘉田由紀子知事は「なぜそんなに焦るのか。手立てできていない対策を先送りして見切り発車をしないといけない理由を国民に示してほしい」と批判した。また、同県と京都府は同日、政府に福井県と同様の説明を申し入れたといい、「国民の命運をかけた判断。福井に説明に行くなら、滋賀、京都にも説明に来てもらいたい」と話した。

 大阪市の橋下徹市長も5日、「基準を慌てて作って、安全性の判断を1週間や2週間でできっこない。こんなことで安全性を認めたら日本は崩壊ですよ。半年はかかる。それぐらいのプロセスを踏んでほしい」と拙速な対応を批判した。(毎日新聞4月5日)』

* * * * *

 各地の電力会社や原発推進派の政治家などは、全ての原発が停止するという状態を一瞬でも作ることは、国民の間に脱原発の機運を高め、今後の原発政策の停滞をもたらすと危惧。ともかく一基でも再稼働が実現できれば、あとは次々と再稼働できるはずだと考えているようなのだけど。
 今こそ、国民が自分たちの国の原発政策のあり方を決めるべき大事な時期だと思うし。 少なくとも、野田政権が、周辺住民や国民の声を軽視して原発再稼働を強行することには、はっきりと「NO!」と言わなければならないと思うmewなのだった。 
       
        THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"

 
 




『 小沢流―民主主義が泣いている 西郷隆盛が好きで、大久保利通を尊敬する小沢一郎・民主党元代表は、リーダーシップのあり方を論じるのも好きだ。

 みずからの政治塾での講義内容をまとめた06年の著書「小沢主義」に、こう書いている。「危機や難局に直面したとき、何よりも必要とされるのはスピーディな決断だ。ぐずぐずと合議に時間をかけ、日本的な『根回し』をやっているうちに危機はさらに深刻なものになる」

 その10年前の著書「語る」ではこう述べている。「自分たちで選んだ総理なら、少なくとも任期中は総理のやりたいことをやらせるように協力するのが、民主主義のルールだと思う」

 一貫しているのは、国民を率いる強いリーダーシップの確立をめざす姿勢だ。選ばれたリーダーがすべての白紙委任状を得るかのような主張に、私たちは与(くみ)しないが、小沢氏なりの思いは伝わる。

 小沢氏は「そもそもの理念、公約に反するような行動をすれば別」との留保もつけるが、その発言からは「リーダーをいったん選んだ以上は、その人物の考える通りに任せる」という考え方が色濃くにじむ。

 それが「小沢流」なのだとすると、消費増税に反発する現在の言動は、どうにも解せない。

 小沢グループの約30人が政務三役や民主党の役職の辞表を出している。小沢氏らにすれば、政権交代した総選挙で訴えていなかった消費増税は公約違反なのだから、阻止に動いても「民主主義のルール」に反しないと言いたいのかもしれない。

 確かに有権者や野党なら、なぜ増税が必要になったのかの説明を求めたり、批判したりするのは当然だ。

 しかし、民主党議員は違う。

 昨夏の代表選で、消費増税を訴えた野田氏が勝ち、首相に就いた。そして暮れの民主党案、3月末の政府案づくりでも、長時間にわたる論議をへて、手続きを踏んで、党として「消費増税」路線を明確にしたのだ。

 結論を出したからには「首相のやりたい消費増税に協力する」ことこそが、政党として守るべき党内民主主義の最低限のルールである。

 結論が不満だからといって、あえて党内に混乱を持ち込むやり方は、筋が通らない。これでは民主主義が泣く。

 それに、広く国民にリーダーへの協力を求める小沢氏が、いわば身内の国会議員にリーダーへの同調を呼びかけないのは、どうしたことか。

 小沢氏には、わかりやすい説明をしてほしい。
(朝日新聞4月4日付け社説)』
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/17696132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2012-04-06 22:15
タイトル : 大飯原発の再稼働報道の不思議
素人の閣僚が原発の安全基準を作れるのか?福井第一の事故の直接原因が判らぬのに安全基準を作れるのか?マスコミは批判ばかりで良いのか?大飯原発に想定水位以上の津波が来るのか? ・素人の閣僚が原発の安全基準を作れるのか?  野田首相は5日、大飯原子力発電所...... more
Tracked from 【豆β】ニュース速報+ at 2012-04-22 00:03
タイトル : 【自民党】 小泉進次郎氏「国民は自民党に建設的な野党の姿..
1 :◆PENGUINqqM @お元気で!φ ★:2012/04/21(土) 21:20:22.54 ID:???0参院で問責決議が可決された前田国土交通相と田中防衛相をめぐり、自民、公明両党からは21日も野田首相に早期更迭を求める声が相次い...... more
by mew-run7 | 2012-04-06 06:02 | 政治・社会一般 | Trackback(2)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7