野田が小沢の処分解除を容認か?but野田陣営もバラバラで、崩壊モード

 頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

(接触不良(?)のことがあるようなので、お手数ですが、人気ブログRのクリックはできるだけ下の方を押してくださいませ。m(__)m>



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。





 お昼にPCでニュース・サイトを開いた時に、真っ先に目に飛び込んで来たのが、『首相、小沢氏処分解除を容認』(中日新聞)というタイトルだった。
 「お~っ」と思って開いてみたら・・・。

『【ワシントン共同】訪米中の野田佳彦首相は4月30日夜(日本時間5月1日午前)、同行記者団と懇談し、無罪判決を受けた小沢一郎民主党元代表の党員資格停止処分を解除する執行部方針について容認する考えを表明した。同時に、小沢氏に消費税増税関連法案の衆院採決時に造反せず賛成票を投じるよう要請。参院で問責決議された田中直紀防衛相、前田武志国土交通相の続投方針を重ねて示した。

 首相は、民主党が大型連休明けに小沢氏処分を解除する方針であることを踏まえ「役員会、常任幹事会で議論して方向性を出す」と述べた。消費税増税に反対する小沢氏には「一緒に行動してほしい」と求めた。(中日新聞5月1日)』

* * * * *

 ただ、他の新聞社の記事を見ると・・・

『ワシントン高塚保】野田佳彦首相は4月30日夜(日本時間5月1日午前)、民主党の小沢一郎元代表らが消費増税法案に反対する意向を示していることについて「一昨年秋から議論しており、何人たりとも党員なら方針に従ってもらいたい。(賛成が)当然と思っている」とけん制した。ワシントン市内のホテルで同行記者団に語った。

 政治資金規正法違反で強制起訴され、東京地裁から無罪判決を受けた小沢元代表の党員資格停止処分の取り扱いに関しては「役員会、常任幹事会で議論し、決めることに尽きる」と述べるにとどめた。(毎日新聞5月1日)』

『東京地裁で無罪判決を受けた小沢一郎元代表の党員資格停止処分の早期解除に関しては「党の常任幹事会で議論して決めることに尽きる」と述べるにとどめた。消費増税への賛成を処分解除の条件にすることは「(賛成は)当然のことだ。条件にするまでもない」と語った。元代表との会談の可能性は「まず党員資格停止の問題があり、それを飛び越えてという話ではない」と語った。(日経新聞5月1日)』

『【小沢一郎元代表の党員資格停止処分の解除】

 民主党前執行部が議論し決めたことだ。今回もこういう事態を踏まえ、役員会や常任幹事会で議論し、決めるということに尽きる。(消費税増税法案への賛成を処分解除の)条件にするつもりはない。

 【消費税法案に反対する小沢氏への対応】

 (小沢氏は)法案に反対なのか? (法案について)今まで長い議論をしてきたが、明確に反対という人はいない。党員であるならば党の方針に従っていただきたい。(法案賛成は)当然のことだ。(産経新聞5月1日)』

* * * * *

 先月26日に小沢一郎氏の無罪判決が出てすぐに、輿石幹事長が党員資格停止処分の解除の手続きをとると明言。
 早ければ、連休明けの7日にある党役員会と8日の常任幹事会で協議される可能性がある。

 野田首相は、先週の段階から、輿石幹事長の意思を尊重して、処分解除を容認する意向だと報じられており、解除はほぼ決定的だという見方が出ていた。

 野田首相としては、もちろん小沢氏が法案に賛成してくれればベストなのだろうけど、それよりも、まずは、輿石幹事長に消費税増税法案の国会運営や党内のとりまとめに協力してもらい、今国会での法案成立をはかりたいという思いが強い。それゆえ、ここで輿石氏の機嫌を損ねて、同氏が完全に小沢氏側につくようなことがあっては困るという考えもあるのではないかと察するのだが・・・。

 ただ野田陣営の閣僚や役員の中には、処分解除に慎重な意見の人や、処分を解除する場合は消費税増税に賛成すべきだなどと条件をつけるような発言をする人が少なからずいる
のが実情だ。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 早期の処分解除に最も抵抗を示しているのは、前原政調会長かもしれない。
 前原氏は、判決が出た翌日、判決確定前の処分解除に難色を示す発言を行なっていたため、小沢Gの議員から反発を受けていたのだが・・・。

『民主党の小沢一郎元代表に近い米長晴信参院議員は27日の党参院議員総会で、無罪判決を受けた小沢氏の党員資格停止処分解除に前原誠司政調会長が慎重論を唱えたことについて「要職に就いている人間に挙党一致とは思えない発言が目立つ」と批判した。
 執行部は小沢氏の処分を5月の連休明けにも解く方針。しかし、昨年2月に処分を決めた際の期限が「判決確定まで」だったことから、前原氏は26日の記者会見で「(検察官役の)指定弁護人が控訴するか、推移を見守ることが大事だ」と指摘した。これについて、米長氏は「さも二審、三審を望んでいるような発言だ」と不快感を示した。(時事通信4月27日)』

 昨日も、訪問先のモスクワで、慎重な姿勢を示したという。

『民主党の前原政調会長は30日午前(日本時間同日午後)、モスクワ市内で同行記者団と懇談し、陸山会事件で無罪判決を受けた小沢一郎元代表の党員資格停止処分の解除について「(処分の)前提は裁判が確定するまでであり、3審制を踏まえて判断することになる。議論になれば私自身の考えを述べたい」と語り、判決確定前の処分解除に慎重な考えを改めて示した。(読売新聞4月30日)』

* * * * * 

 また、小沢Gの議員の中からは、昨年2月に処分を決めた際に幹事長を務めていた岡田副総理の責任を追及すべきだという声も上がっていたのだが。
 岡田副総理は、昨年の処分に関しては妥当だったという見解を示したもののと語り、連休明けの役員会で処分解除の協議を行なうことには前向きな姿勢を示していた。

『民主党の小沢元代表に26日、無罪判決が出たことで、民主党は、小沢氏の党員資格停止処分について、5月8日にも解除の手続きを行う見通し。
これに対して、幹事長として処分を決めた岡田副総理は、処分は妥当だったとの認識を示した。
 岡田副総理は「もちろん同じ民主党の人間として、無罪ということはうれしくは思っています。(党員資格停止処分は)党のルールに基づいて、党が運営されるという観点から、いい処分の内容であったと。あれ以上でも以下でも駄目だと思っている。それを変えるいうことであれば、なぜそうなのか、きちんと議論していただき、丁寧にやっていただければいいと思う」と述べた。(FNN4月27日)』

『岡田克也副総理は27日の記者会見で、無罪判決を受けた民主党の小沢一郎元代表の党員資格停止処分解除を決める党常任幹事会に出席し、処分決定時の幹事長として経緯を説明する意向を明らかにした。また「党の新たな対応が決まれば、いつでも小沢氏と話をするつもりはある」と、同氏に消費税増税関連法案への協力を求める考えも示した。(産経新聞4月27日)』

<一部報道では、岡田副総理が27日の閣議で、小沢氏の判決についてコメントしないように要請したという話が出ていたのだけど。(それで、大部分の閣僚は、司法判断のことだとしてコメントしなかったとか?(まあ、中には、本当に面白くない人もいたかも知れないけど。^^;)岡田氏本人は、「同じ民主党の人間として、無罪ということはうれしい」と語っているんじゃん。(・・)>

* * * * *

 まあ、前原氏の場合は、もともと消費税増税法案の成立に積極的な立場だし。しかも、今秋の代表選に出馬して党代表&首相の座を狙っているだけに、小沢氏が党員資格を取り戻し、法案反対や代表選出馬(or影響力行使)することになると、「ジャマだな~、面倒だな~」という思いが強いのではないかと察するのだが。

 でも、mewは『前原が「小沢の処分解除に異論」に反論・・・』にも書いたように、公務員の起訴休職制度の判例に準じて考えれば、<たとえ、控訴されたとしても>1審で無罪判決を受けた場合には、処分を解除するのが妥当ではないかと思っている。(・・)

 また、党員処分の解除を消費税法案の賛成or反対とリンクさせるのも、おかしなことだろう。(**)

* * * * *

 ちなみに、前田国交大臣は「解除されてしかるべきだ」と発言していたそうで。「へ~」と思ってしまったのだが・・・。

『前田武志国土交通相は27日の閣議後の記者会見で、強制起訴された民主党の小沢一郎元代表に対する無罪判決を受け、党員資格停止処分について「解除されてしかるべきだ。民主党政権の実現に大きな功労を果たしてきた方なので、一体となってがんばっていきたい」と語った。前田氏は参院で問責決議が可決され、自民、公明両党は辞任を要求している。(産経新聞4月27日)』

 前田氏の場合は、もともと自民党で小沢氏と共に活動していたし。<新進党まで一緒にやっていた。>今は、参院で輿石幹事長のバックアップを受けているため、輿石氏に配慮した部分もあるかも知れないのだけど。

 mewは、前田氏が言うように「民主党政権の実現に大きな功労を果たしてきた」という点は、他の議員も、もう少し率直に評価すべきではないかと思っている。(・・)
 
 小沢氏の公判の控訴期限が5月10日なので、7日か8日辺りには、検察役の指定弁護士が、控訴をするか否かの方針を発表する可能性がある。
 ここで控訴断念が発表されて、無罪判決が実質的に確定していれば、問題はないのだけど。でも、もし控訴されることになった場合、役員会の協議がもめるかも知れないな~と。また暗に処分解除と引き換えに消費税増税法案に賛成することを条件にする人が出るのではないかな~と懸念してしまうところがある。(-_-)

<小沢氏が、そのような引き換え条件に乗るべきでないことは、言うまでもない。(・・)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 もう一人、小沢氏と党内で敵対しそうなのが。小沢氏と自民党~自由党までずっと一緒に活動していて、何年か前までは、小沢氏の右腕とまで言われていた藤井裕久氏(党税制調査会長)だ。

 野党側は、小沢氏に無罪判決が確定したとしても、道義的、政治的責任は残ると主張しており、自公幹部は小沢氏の証人喚問を求めることで合意。
 自民党あたりは、連休が明けたら、今度は、小沢氏が証人喚問に応じないと、他の審議もできないとか言い出す可能性もあるのだけど・・・。
 
 藤井氏は、ある意味では野田首相以上に、何としてでも今国会中に消費税増税法案を成立させたいという思いが強く、法案成立にジャマなものは全て排除する「とげ抜き地蔵」ならぬ「とげ抜きじいさま」になっている様子。

『民主党の藤井裕久税制調査会長は27日、都内で記者団に対し、野党が同党の小沢一郎元代表の証人喚問を求めていることについて、「早期に解決して、本来の政策議論をすべきだ。かつて『トゲを抜く』と言ったが、あらゆる問題(について)だ」と述べた。

 消費税率引き上げ関連法案の審議の障害になりかねないとして、早期に応じるべきだとする考えを示したものだ。

「トゲを抜く」との言い回しは、藤井氏が先週、参院で問責決議を受けた前田国土交通相、田中防衛相の交代を求めた際に用いた。藤井氏はこれに先立ち、BS日テレの番組で、小沢元代表の無罪判決後に野田首相に電話して「このようなことでぶれてはいけない」と伝え、首相が「分かっています」と応じたことを明らかにした。(読売新聞4月27日)』

<前原くんも、昨日、問責閣僚は辞任させた方がいいという趣旨の発言をしていたんだよね。『参院で問責決議が可決された前田国土交通相、田中防衛相の進退について、「野田首相は社会保障・税一体改革に『政治生命をかけて』と言っているので、常にベストな判断をすると確信している」と述べた。野党の協力を得て消費税率引き上げ関連法案の成立を目指すには、2閣僚の交代もやむを得ないとの考えを示したものだ。(読売1日)』>

* * * * *  
  
 ただ、世間では、「小沢派vs.非小沢派」だけの争いに見えているかも知れないのだけど。
 実は、いわゆる非小沢派も一枚岩ではなく、団結が崩れつつあるのが実情なのだ。^^;

 野田首相と前原・仙谷コンビの間の溝が、だんだん広がりつつあるようだし。<それは、前原氏と仙谷氏が公の場で、どんどん勝手な発言をしていることにもあらわれている。>

 また、野田首相は、財務大臣時代から、元・大蔵官僚&財務大臣で、現財務省の幹部ともパイプが太い藤井氏と連携して、消費税増税法案作りを行なって来たのだけど。
 藤井氏は、自分の官僚&政治家生活の集大成として、ともかく消費税増税法案を成立させたいという一心で言動したり<民主党政権や日本の国政がその後どうなるのかとかいうことは、もうほとんどアタマにないような感じに見える時も?>、ひたすら野田首相のお尻を叩いたりしているようなところがあるのに対して、野田首相は藤井氏のあまりの前のめりさについていけなくなっているように思える部分もある。

<野田Gの議員の中にも、消費税法案には基本的に賛成ながらも、早期の解散総選挙や自民党との連立には反対の立場で、強引に法案成立を急ぐことに疑問を呈している人もいるため、野田首相は、尚更に困っている様子。>

 さらに、これまで野田政権をサポートしていた菅グループ+αも、早期の原発再稼働に反対すると共に、次期衆院選の民主党公約に「脱原発政策」を明記する活動を行なっており、その点で野田陣営との対立が始まっているなど、非小沢派もバラバラになっており、かなり政権基盤が弱くなっているのというが実情だ。^^;

 しかも、前記事にも書いたが、野田陣営と谷垣陣営の消費税法案協力&打ち合わせ解散&小沢抜き連立の計画も暗礁に乗り上げているだけに、小沢サイドは、ともかく一致団結だけは守って、あまり焦らずにジワジワと追い詰めて行けば、野田政権は足元から崩れて行くのではないかと思ったりもしているmewなのだった。(@@)

                   THANKS

 【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"

 



【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"

 


 

 
[PR]

by mew-run7 | 2012-05-01 17:07 | 民主党、民進党に関して