「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑ バナーをクリック・プリ~ズ


↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

安倍、ない記録を「確認した」..
at 2018-05-23 11:56
政界もアメフト界も、皆で事実..
at 2018-05-22 11:51
安倍、加計と事前に獣医学部に..
at 2018-05-22 00:19
内閣支持率が早くも底打ち~国..
at 2018-05-21 12:18
財務省、黒塗りが間に合わず、..
at 2018-05-20 15:32
若者の自民党支持率が高くなっ..
at 2018-05-20 11:11
国も沖縄も、あきらめない&忘..
at 2018-05-19 16:47
内閣府次長、加計の車を使うも..
at 2018-05-19 00:30
麻生暴言、拉致問題や北朝外交..
at 2018-05-18 03:21
追悼・岸井成格さん~権力に臆..
at 2018-05-17 00:28

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

インターネット関連事業は..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
超高齢者社会到来、204..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
多くの年寄さえ西暦しか使..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
 当局もようやく腰を上げ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
東南海大地震は近いのか・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
働き方改革法案は時期尚早..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界で日本だけが高速増殖..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トランプ大統領のイスラエ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国の高い要求・核開発技..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
過労死ラインの働き方改革..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん5月22日5:..
by xtc4241 at 17:31
mewさん5月12日pm..
by xtc4241 at 14:43
CONSAMAさん、コメ..
by mew-run7 at 02:33
ずっと疑問に思ってた事だ..
by i at 07:36
mewさん5月3日7:0..
by xtc 4241 at 06:47
mewさん4月26日5:..
by xtc4241 at 05:42
ミュウさん大変お久しぶり..
by CONSAMA at 08:38
mewさん 4月22日8..
by xtc 4241 at 08:58
mewさん、4月5日5:..
by xtc 4241 at 05:48
mewさん3月26日⒎:..
by xtc4241 at 07:44

ブログパーツ

タグ

(1296)
(769)
(649)
(463)
(293)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(163)
(159)
(156)
(154)
(149)
(149)
(146)
(141)
(128)
(126)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

特捜部の幹部が、検審提出の報告書を書き替えか?&検察上層部による調査開始か?

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

<接触不良(?)のことがあるようなので、お手数ですが、人気ブログRのクリックはできるだけ下の方を押してくださいませ。m(__)m>



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 昨日4日、東京地検特捜部で石川知裕氏の取り調べを担当していた田代政弘検事が作成した虚偽の捜査報告書に関して、一部、内容にくい違いのある記事が報じられていた。

 先に出たのは、朝日新聞の記事なのだが。同紙は、検察当局の調べに対して、佐久間元部長をはじめ当時の特捜部幹部特捜部が「事実と異なる内容の捜査報告書だとは知らなかった」と説明していると。また、田代検事は「自分の報告書が検察審査会に提出されるとは思わなかった」と述べていると伝えていた。

 mewは、上司の説明も信じがたいし。それに、田代検事は、小沢氏の公判に出廷した際に、自分が作った捜査報告書が検察審査会に提出されると思っていたと証言していたので、何かマユツバ物っぽい記事だな~と思いながら読んでいたのだけど。(~_~;)

 その後、共同通信や時事通信が出した記事には、田代検事の上司は内容が虚偽だと知らなかったと言っているものの、小沢氏の起訴に積極的だった特捜部の幹部のひとりが、検察審査会に提出するために、自らの手で事実と異なる報告書を作出していた可能性があることを指摘している。(**)

* * * * *

 まずは、朝日新聞の記事から・・・。

 先週、東京地検が田代検事に起訴を見送る方針だという報道が出たのだが。何だかその結論をバックアップするために出された検察リークをそのまま記した記事のようにも見える。(-"-)
 
『石川知裕衆院議員を取り調べた東京地検特捜部の検事が虚偽の捜査報告書を作成した問題で、佐久間達哉・元特捜部長(55)ら当時の特捜部の幹部が検察当局の調べに対し、「事実と異なる内容が記載されているとは知らないまま、検察審査会に提出した」と説明していることがわかった。

 審査会にこの報告書を提出した理由については、「特捜部の捜査結果をわかりやすく説明するためだった」という趣旨の説明をしているという。

 捜査報告書を作成したのは、田代政弘検事(45)=現・法務総合研究所教官。民主党の小沢一郎元代表について検察審査会が「起訴相当」と議決したのを受けた再捜査で、小沢氏の秘書だった石川議員を2010年5月17日に取り調べた。

 田代検事は、「検事から『11万人の選挙民の支持で議員になったのに、うそをつけば選挙民を裏切ることになる』と言われたのが効いた」と石川議員が語った――などの実際にはなかったやりとりを記載した佐久間元部長あての捜査報告書を作成。報告書は、検察審査会による2度目の審査に提出され、小沢氏の強制起訴を決める材料になった。

 関係者によると、佐久間元部長をはじめ当時の特捜部幹部は検察当局の調べに対し、いずれも「事実と異なる内容の捜査報告書だとは知らなかった」と説明。審査会に報告書を提出したのは、審査員を務める市民に対してわかりやすく説明するためだった、などと話しているという。

 田代検事は検察当局に対し、「10年1~2月の逮捕時に石川議員が話したことなどと、記憶が混同した」との説明を変えていない一方、「報告書が実際に審査会に提出されるとは思わなかった」とも述べているという。捜査報告書の扱いをめぐって、佐久間元部長らと田代検事との間に認識のずれがある格好だ。

 小沢氏を無罪とした4月26日の東京地裁判決は、小沢氏の強制起訴を決めた手続きの有効性は認めたものの、「事実に反する捜査報告書で検察審査会の判断を誤らせることは許されない」として検察当局に十分な調査をするよう求めた。

 田代検事については虚偽有印公文書作成・同行使や偽証、佐久間元部長ら上司については審査会の業務を妨害したとする偽計業務妨害の容疑で、市民団体から告発されている。法務・検察当局は、いずれも不起訴処分としたうえで、人事上の処分をする方向で検討しているが、小沢氏の判決の指摘も踏まえ、最終的な処分を決めるとみられる。
<朝日新聞5月4日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 他方、共同通信と時事通信は、このような記事を掲載していた。

『小沢一郎民主党元代表をめぐる政治資金規正法違反事件に絡み、元東京地検特捜部の田代政弘検事(45)が捜査報告書に虚偽の内容を記載した問題で、虚偽内容が引用され、検察審査会に提出された別の捜査報告書を作ったのは、作成者として署名した副部長ではなく、小沢元代表の起訴に積極的だった別の上司だったことが4日、関係者の話で分かった。

 この報告書は元代表の関与を強調する内容で、検察審による起訴議決の根拠の一つとされた。検察当局などは、当時の「積極派」の上司が議決に影響を与える狙いで作成した可能性があるとみて、人事上の処分を検討している。
 上司は事情聴取に、「議決を誘導する意図はなく、引用部分が虚偽だとも知らなかった」と供述しているという。

 田代検事は石川知裕衆院議員を事情聴取した直後に作成した捜査報告書に、同議員が勾留時の供述を維持した理由などについて虚偽の記載をした。

 関係者によると、虚偽内容が引用された副部長名義の報告書は、小沢元代表を石川議員らとの共謀に問えるかについて総合評価する内容で、田代検事作成の報告書などとともに検察審に提出された。共謀成立に否定的な要素も書かれていたが、虚偽内容部分にアンダーラインを引くなど、肯定的な要素が強調されていた。

 検察幹部はこの報告書について、「不起訴の理由を説明するのが本来で、通常とは違う」と指摘している。(時事通信5月4日)』

* * * * *

『小沢一郎民主党元代表(69)の捜査をめぐり、元東京地検特捜部の田代政弘検事(45=現法務総合研究所)が虚偽の捜査報告書を作成した問題で、当時の特捜部副部長が作成した別の報告書を元代表の立件に積極的だった幹部が添削し、検察審査会に提出していたことが4日、関係者への取材で分かった。

 副部長の報告書でも、元代表の関与を強調した田代検事の報告書が引用された。幹部がどのように手を入れたかははっきりしないが、検察当局は議決に影響を与える狙いがあった可能性もあるとみて慎重に調べている。

 関係者によると、この幹部は、検察当局の調べに「引用部分が虚偽とも知らず、議決に影響を与えるつもりもなかった」と説明しているという。

 田代検事は、検察審査会が元代表に対する起訴相当議決をした後の2010年5月、元秘書石川知裕衆院議員(38)を再聴取して報告書を作成。

 元代表の関与を認める供述をした理由などに虚偽が含まれていた。副部長が作成した報告書も実際にはなかった、このやりとりを引用。これらの報告書はその後、起訴議決をした検審の審査に提出されていた。(共同通信5月5日)』

 読売新聞も、5日にこの件を伝えていた。

『副部長が作成した報告書は、元特捜部の田代政弘検事(45)が2010年5月17日に元代表の秘書だった石川知裕衆院議員(38)(1審有罪、控訴)を任意で事情聴取した後に作成した虚偽記載のある報告書のほか、石川被告や元代表らの供述調書などの証拠を再評価したもの。

 関係者によると、報告書は全部で約20ページあり、政治資金収支報告書の虚偽記入について、元代表と石川被告らの共謀を肯定する要素と否定する要素の両論が併記されている。当時の副部長が特捜部長だった佐久間検事宛てに作成したが、佐久間検事は自ら、田代検事が作成した報告書の虚偽記載部分にアンダーラインを引いたり、供述内容を書き加えたりしたという。(読売新聞5月5日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 このブログでも何回か書いたことがあるのだけど。検察審査会は、検察が不起訴処分にしたことが妥当かどうかを審査するところだ。それゆえ、検察側は審査会に対して、いかに自分たちが不起訴処分を下したことが妥当であったかをアピールするような内容の資料を出すのが通例だと考えられている。
 

 検察側にとっては、自分たちが嫌疑不十分だとして不起訴処分に下した事件を、検察審査会に起訴相当議決を出されるのは、好ましく&望ましくないことだからだ。

<時事通信の記事に『検察幹部はこの報告書について、「不起訴の理由を説明するのが本来で、通常とは違う」と指摘している』とあるのも、そのことを示している。>

 でも、今回の場合は、検察側は、共謀を認めた石川氏の供述調書の信用性を強化するために事実と異なる内容の報告書を提出。
 さらに、小沢氏が共謀を否定した供述調書の信用性がないことを訴える報告書を提出したり、問題となる部分にわざわざアンダーラインを引いたりして、まるで小沢氏が起訴されるように仕向けているかのようなところがあり、異例な状態が起きているのである。(-_-)

 このようなことが起きた理由として、特捜部の幹部が、小沢氏の起訴を強く望んでいたのに、検察上層部が起訴するには証拠が不十分&公判が維持できないとして、起訴を認めなかったことがあるのではないかと考えられているのだが。
 ただ、もしかしたら、幹部の中にも検察上層部の判断はやむを得ないとして、ある程度、納得をした人たちと、最後まで納得がいかず、起訴に固執した人がいたであろうことは想像し得る。

 そして、検察審査会への資料提出に関しても、特捜部の幹部が全員、関わっているわけではなく、どうしても小沢氏を起訴したい、検察審査会が起訴相当議決を出すように誘導したいと思っている1人またはごく少数の幹部が主導的、積極的に動いており、他の幹部が知らないうちに、他者の名前を使って捜査報告書を作ったり、他者の捜査報告書の修正や加筆(アンダーラインも含む)を行なった可能性も十分にあり得ることなのではないかと察する。

* * * * *

 尚、記事の中では「検察当局」と記されているのだが。特捜部の幹部ら6人が告発を受けていること、小沢氏の公判の判決の中で、東京地裁が検察庁などによる調査を求めたことから、検察上層部がこの問題に関して調べ始めた可能性がある。

 また、小沢氏に無罪判決が下されたこと、東京地裁が、特捜部が検察審査会の議決を誘導するために虚偽の捜査報告書を提出した可能性を示唆したことから、田代検事の起訴見送りについて、検事総長や法務大臣の指示によって、検察上層部が再検討を行なうように指示する可能性も否定できないようにも思う。<or田代氏の起訴を見送る場合には、他の検事を起訴することを考えるとか?>

 いずれにせよ、もしこれらの記事が事実なら、検察当局は特捜部幹部ひとりひとりに事情聴取を行なうなど、真相の究明に乗り出している可能性があるわけで。どうか本気になって、この件の真相を調べ、国民に対して明らかにして欲しいと切に願っているmewなのだった。(@@)

                  THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"

 
   、
[PR]
by mew-run7 | 2012-05-05 15:04 | 小沢&秘書の裁判 | Trackback(1)
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/17921768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from shimarnyのブログ at 2012-05-05 16:05
タイトル : 陸山会事件の虚偽捜査報告書が流出、検察審査会に提出した特..
陸山会事件の虚偽捜査報告書が流出したことにより新たな意実が明らかになった。当時特捜部長だった佐久間検事も関わっていたことにより、東京地検特捜部による組織ぐるみのでっち上げ事件の真相解明に役立つだろう。 [4日 時事通信]虚偽引用の報告書、別の上司作成=検察... more