日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

橋下が、住民に負担か再稼働かを迫る&企業寄りの施策+シゲルスダチ、高知競馬

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

<接触不良(?)のことがあるようなので、お手数ですが、人気ブログRのクリックはできるだけ下の方を押してくださいませ。m(__)m>



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 久々に競馬の話を、チョット長めに。(関心のない方は、すっ飛ばして下さいませ。m(__)m>

 ます、今日7日、高知競馬場で今年3回目を迎える「福永洋一記念」が行われる。(・・)
 福永祐一のほか、武豊、川田将雅のJRA3騎手が来て、レース騎乗やトークショーなどを行なうとのこと。また、福永洋一氏本人も来場するほか、同期(花の15期生)の伊藤正徳氏、岡部幸雄氏、柴田政人氏が杉本清氏の司会で、トークショーを行なうとのこと。
 高知競馬のお近くにお住まいの競馬ファンの方々は、是非、競馬場に足を運んで下さいませ。m(__)m <詳細は高知競馬のHP(コチラ)で。>

 また、地方競馬の史上最年長騎乗記録を持つ金沢競馬の山中利夫騎手が6日に行われた金沢競馬第1レースで1着に入り、地方競馬史上最年長61歳8カ月を更新する62歳9カ月で勝ったという。(*^^)v祝
 60代で騎手を続けること自体、スゴ過ぎることなのだけど。(゚д゚) 
 山中騎手には、体に気をつけて、1日も長く現役騎手として頑張って欲しいと思うと同時に、是非、大井の鉄人・的場☆さまにも、この記録を破るぐらい長く騎乗を続けて欲しいと思うです。(^^)

* * * * *

 そして、昨日JRAでは3歳マイルGIのNHKマイルCが行なわれ、デビューからマイル3連勝をしていたカレンブラックヒルwith秋山が、最初からハナに立ち、直線後半で後続馬を突き放す強~い勝ち方で優勝を果たした。(*^^)v祝
 何と秋山は、GI55回目の挑戦で、初めてのGI制覇だったとのこと。(^^)v yokattane 
<王子様と呼ばれていた秋山もいつの間にか33歳に。実は、とっくに牝馬GIか何かをとっていると思い込んでいたです。尚、06年開業の平田調教師もGI初勝利だった。(祝)>

でも、昨日、mewの心に残ったのは、直線で他の馬に前に割り込まれた上に馬体をぶつけれて転倒したクロフネっ仔で、パパに似たグレ~ブチのシゲルスダチ(牡3歳)。
 馬は完全に横向きに倒れて、そのまま雨のため濡れていた芝の上を滑ったものの、それが功を奏したのか、怪我一つなく、少しして立ち上がったのだけど。(最初、倒れた姿を見た時には、正直、ダメかも~と思ってしまったです。)でも、転倒した際に馬上から吹っ飛ばされた後藤騎手は、横向きに倒れたまま全く動かず。
 で、一般に、競走馬は芝の上で自由になったら、他の馬の走っている方向に行こうとするか、勝手に走り回ろうとするものだけど。(昨日は、コースの前に多数の観客が詰めかけて来て、たぶんワ~ワ~言っていたので、尚更にじっとしていない可能性が大きい。)

 けど、シゲルスダチは、芝の上で倒れたままの後藤のとこに行って、あたかも「大丈夫?」「早く誰か助けに来て」とでも言っているかのように、後藤の回りをくるくると回っていたのである。<mewは、この映像を見て、じ~んとしてしまったです。誰かyoutubeにアップしてくれないかな~?(・・)>

 そして、目撃情報によれば、ようやく救護班がタンカーを持って、後藤のところまで来ると、チョット距離を置いてじっと見守るように立っていたという。、後藤が救護されるのを見守っていたというのだ。<その時の写真がコチラに。>

 さらに、ネット情報によれば、そのあとでシゲルスダチは、自ら横になって、もう一度、芝の上を滑ってみたとか。(@@)
<手綱が前脚に絡んでいたから、取りたかったのかも? それとも、砂遊び気分だったのか、さっき滑った時に楽しかったから、またやってみたのかな?^^;>

 ・・・というわけで、すっかりシゲルスダチ・ファンになってしまったmewなのだった。(^^♪

<尚、後藤騎手は頸椎捻挫の診断を受けたとのこと。レース後、記者の取材に答え、歩いていた&自力で帰ったとのことなので、とりあえず重篤な状態ではなかったことがわかりほっとしたのだけど。頸椎捻挫(いわゆる「ムチ打ち症」)は、後遺症が出ることがあるので、無理せずに、きちんとケアして下さいね~。(・・)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 さて、前記事『原発ゼロの日を迎えて、改めて菅の思いと「脱原発政策」の実現を願う』の関連記事を・・・。

 mewは、前記事で、国民の期待を集めている橋下徹氏&大阪維新の会は、オモテ向きは脱原発政策を掲げているものの、周辺に原発推進派が多く、コロコロと言うことが変わりつつあるので、正直なところ、信用し難いところがあると書いたのだけど。(~_~;)

 少し前の報道記事になるのだが。橋下徹氏の原発再稼働に関する発言に関して、mewがかなり引っかかったものがあった。

『大阪市の橋下市長は26日朝、記者団に対し、関西電力大飯原子力発電所の運転を再開しなくても大規模な停電が発生しないようにするための、各家庭での具体的な節電の負担案を関西広域連合で示したうえで、快適な生活を求めて運転再開を認めるのか、安全性の確立を求めて不便な生活を受け入れるのか、関西の府県民がどう判断するかを見極めたいという考えを示しました。

 この中で、橋下市長は「具体的にこれから府県民に負担を示したい。去年のような節電の呼びかけではなく、ここまでやらないと無理だという負担案を示して、あとは政治感覚を研ぎ澄ませて、府県民がどう思うか、感じるしかない。産業には影響を与えないようにするので、家庭に負担をお願いしようと思ってる」と述べ、大飯原発の運転を再開しなくても大規模な停電が発生しないようようにするための、各家庭での具体的な節電の負担案を関西広域連合で示す考えを明らかにしました。

 そのうえで「快適な生活を求めて、そこそこの安全でいくのか。しっかりと安全性を確認するために不便な生活を受け入れるのか、二つに一つだ。不便な生活が無理なら再稼働するしかない」と述べ、関西の府県民がどう判断するかを政治家として見極めたうえで、府県民が負担の受け入れに否定的な場合には、政府に申し入れた原発の安全性に関する8項目の提案が満たされなくても原発の運転再開もやむをえないという考えを示しました。(NHK4月26日)』

『関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に反対している大阪市の橋下市長は26日、市役所で報道陣に、「原発を再稼働させなくても(今夏の電力需要を)乗り切れるかどうかは関西府県民の努力次第。相当厳しいライフスタイルの変更をお願いすることになる。その負担が受け入れられないなら、再稼働は仕方がない」と述べ、節電策に住民の支持が得られない場合、再稼働を容認する意向を示した。

 関西電力は今夏の電力需給について、ピーク時の7月に供給力が需要に比べて19・3%不足するとしたデータを発表している。
 橋下市長は関電のデータの検証を求めているが、「検証を待っていたら対策が遅れる。今(関電が)出している数字を基に、今夏の節電策を考えざるを得ない」と述べ、再稼働しない場合を想定した今夏の節電策をまとめるよう関西広域連合に要請する考えだ。(読売新聞4月26日)』

* * * * *

 橋下大阪市長は、これまで脱原発政策を進めるべきだと強く主張しており、大阪市が筆頭株主である関西電力に速やかな原発廃止などを要求すると宣言。
 また、関西電力が夏の電力不足を訴えても、「電力会社のデータは信用できない。本当にどれぐらい不足するのか検証する必要がある」として、関電と真っ向から対峙して行く姿勢を見せていたのである。(・・)

 また、政府が関西電力の大飯原発(福井県)の再稼働を、拙速に決めたと激しく批判。安易な再稼働は許容できないとして、首相官邸に再稼働に関する8提言を提出し、民主党政権と戦うとも宣言していた。(~_~;)

 ところが、近時になって、だんだんとその勇ましさは影をひそめ、発言内容にも大きな変化が見られるようになって来た。
<しかも、特に4月20日に関西電力の会長や関西財界の長らとに会談を行なってから、かなりトーンダウンしている感じが。^^;いや、トーンダウンしているというより、ほとんど関電&企業側についているという感じさえするです。(>_<)
(関連記事・『脱原発で、橋下にだまされるな+橋下がついに安倍と会談・・・』)>

* * * * * 

 橋下氏は先月26日に、大飯原発の再稼働をしない場合には、住民に増税や新たな負担を課す必要があると発言していた。<関連記事・『小沢は当面休養+枝野は停電、橋下は増税で再稼動促す・・・』> 

 何故、増税が必要なのかと言えば・・・
『停電を防ぐため自家発電で電力供給量を増やした企業に燃料費補助などの優遇措置を講じる原資を、法定外税の導入などで賄うことを想定。住民が安全性を重視し再稼働に反対した場合、応分の負担が生じることをあらかじめ示す狙いがある。(共同通信4月26日)
 
 つまりは、電力が不足した場合、企業のコストが増加するので、その補助をするための原資を住民に負担させることを考えているのである。(-_-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 しかも、『橋下市長は関電のデータの検証を求めているが、「検証を待っていたら対策が遅れる。今(関電が)出している数字を基に、今夏の節電策を考えざるを得ない」と述べ』、結局は関西電力の言い分を受け入れることに。

 さらに、上の記事にもあるように、「産業には影響を与えないようにするので、家庭に負担をお願いしようと思ってる」として、産業に支障が生じないようにするために、各家庭での具体的な節電の負担案を示す考えを明らかにしたという。

 そして、極めつけに、住民に対して、もし節電や増税がイヤなら再稼働をするしかないと迫った(脅しをかけた?)のである。(゚д゚)

「快適な生活を求めて、そこそこの安全でいくのか。しっかりと安全性を確認するために不便な生活を受け入れるのか、二つに一つだ。不便な生活が無理なら再稼働するしかない」
「原発を再稼働させなくても(今夏の電力需要を)乗り切れるかどうかは関西府県民の努力次第。その負担が受け入れられないなら、再稼働は仕方がない」

* * * * *

 それも、府県民が負担の受け入れに否定的な場合には、政府に申し入れた原発の安全性に関する8項目の提案が満たされなくても原発の運転再開もやむをえないという考えを示したとのこと。^^;

 政府に対して、再稼働の安全性を軽視するのは無責任だと、カメラの前で、あんなに怒ってみせて。わざわざ首相官邸まで乗り込んで、8つの提言を記した書面を提出したのに・・・。
 たとえ市民が負担に否定的だとしても、8項目の提案が満たされなくても再稼働を認めるのは、安全性を軽視する無責任な判断にはならないのだろうか?(@@)

* * * * *

 まあ、橋下氏に言わせれば、あくまでも、全てを大阪市民の「民意」に委ねているのであって、自分はそれに従おうとしているに過ぎないということになるのかも知れないのだけど。^^;

 仮にそうであるとして、mewが疑問に感じるのは、何故、住民が全ての負担を負わなければならないかということだ。(**)

 確かに、原発の再稼働をしなければ、それなりに電力の不足やそれに伴う負担が生じる可能性はあるのだけど。もしそうなった場合、一般的に考えれば、同じ大阪市の企業と住民は、共にその負担を分け合うというのが、自然な形だし、理にかなっているのではないかと思うのだ。(・・)

 でも、橋下氏は、独断的に「企業に負担をかけないように、住民がその負担を負うべきだ」と決めつけているわけで。
 まずは、全ての前提として、その考え方が、大阪市民の「民意」に沿うものなのか、市民の意思を問うべきなのではないだろうか?(@@)

<もし橋下氏が、企業は再稼働に賛成しているのに、住民が反対しているから、住民が負担すべきなのだと考えているのだとしたら、それは橋下氏がこれまで主張して来た「賛否両論が生じた時は、多数派の「民意」に従うべきだ」という論理とは矛盾が生じるのではないかと思うです。(-_-)>

* * * * *

 いずれにせよ、大飯原発再稼働の件一つとっても、橋下氏の発言や姿勢がどんどん変わって来ている&企業寄りになっていることは事実だし。<もともと新自由主義者で&経済重視&競争原理が好きな人だし。府知事時代から大企業と結託してアレコレと大きなことをやるのが好きな人なんだから。(~_~;)>

 この記事を書きながら、mewは、ついつい司法修習の同期生が「橋下はポーンと観測気球を上げて相手の反応をみてから折衷案を出してくる。難しいとみたら引っ込める」と語っていたのを思い出してしまったのだが。<関連記事・『橋下に、騙されるのは「お人よしや」と言われないために。司法修習同期の証言』>

 mewから見れば、橋下氏の政治に関する発言の7~8割がたは、この観測気球のパターンにはまっているわけで。
 そろそろ大阪の人たちも、橋下氏に期待する国民も、この橋下氏の毎度のパターンに気づいて、引っかからないようにすべきではないかと思うし。<お人よしだって片付けられるのがオチなのだから。^^;> 

 そして、そのような橋下氏&維新の会が国政に関与するようになれば、今度は、国民全体がその発言に右往左往させられかねないだけに、やはり彼らが国政レベルで勢力を持つようになることは、何とか阻止しなければならないと、改めて強く誓ったmewなのだった。(@@)

                 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/17933823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mew-run7 | 2012-05-07 05:27 | 政治・社会一般 | Trackback

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7