日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

小沢が愛知の大村、河村との連携アピール&橋下維新の会との連携は?

 これは、5月15日、2本めの(短めの?)記事です。 

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)
o 





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 最初に、少しだけ競馬の話を・・・。

 今開催から、帯広ばんえいでナイター競馬が始まった。(**)

 土日のJRAが終わった後、もう少し競馬を楽しみたいと思ったり、最後に負けてチョット取り戻したいと思ったりした時には、是非、ばんえいや高知競馬のナイターに参加して下さいませ。m(__)m
<SPAT4でも、ばんえいの馬券が買える日が増えるらしいっす。(・・)>

 ちなみに、今開催では、mewの溺愛馬コマクインが半年ぶりに勝ったので、今週はチョットご機嫌かも。(^^♪

* * * * *

 JRAの牝馬GI・ヴィクトリアマイルは、こちらも応援馬のホエールキャプチャwith横山ノリが優勝。(*^^)v祝

 ただ、ホエールキャプチャに注目したきっかけは、元・大洋ホエールズ・ファンゆえ、その名前に反応したからであって。☆ファンをお休み宣言をしたmewは、何だか複雑な心境になってしまったとこもあるのだけど。^^;
 この子は、古馬になったら、重賞の一つや二つをとるに違いないと思って目をつけて応援していたものの、まさか、こんなに早くGIをとってしまうとは思わなかったですぅ。(@@)

<1番人気に押された三冠馬のアパパネは、昨年のような鋭い目つきが消えて、何だかすっかり女の子っぽい顔になってしまったようにも見えたのだけど。秋になったら、また闘争心に火がつくかな~!?(・・)>

* * * * *
 
 そして、政治の話を・・・。(チョット時間ができたので、書いてみたです。)

小沢一郎氏が、愛知県の大村秀章知事のパーティーに出席。名古屋の河村たかし市長も出席し、3人で連携して行くことをアピールしたという。

『愛知県の大村秀章知事は14日、名古屋市内のホテルで政治資金パーティーを開き、次期衆院選で連携を模索する小沢一郎民主党元代表を来賓に招いた。小沢元代表は「日本を変えるために力を合わせて頑張ろう」と呼びかけ、今後も意見交換していく意向を示した。パーティーに先立ち、名古屋市の河村たかし市長も小沢元代表と会談し、脱原発の方針と消費増税反対で合意。2人と小沢元代表との連携が現実味を帯びてきた。

 小沢元代表はパーティーのあいさつで「日本の行政、国家の統治の仕組みを根本から変えるため、改革に取り組もうという話をしている」と述べ、大村知事と河村市長が“同志”であることを強調した。小沢元代表は政治資金規正法違反事件で東京高裁に控訴され、被告の立場。だが大村知事は記者団に「いろんな声があるだろうが、私は影響ないと考えている」と話した。

 一方、河村市長は小沢元代表と市役所で約20分間会談。河村市長によると、小沢元代表は「原発は過渡的なエネルギーで、新エネルギーに転換しないといけない。原発はいち早くなくそうじゃないか」と述べ、脱原発で一致。また「反増税で一緒に力を合わせてやろう」と話したという。(毎日新聞5月15日)』

 小沢氏は、大村氏、河村氏に関して『「知事も、市長も東京においでの時には、必ず私のところに寄って、意見交換している」と述べ、連携ぶりを強調』。(毎日新聞5月15日)

『「皆さんの中には、知事のパーティーになぜ小沢一郎が来るのか不思議に思う方もいると思う。今日の難しい状況を克服して、明るい希望の持てる日本を築き上げるためにはどうしたらいいか、そのことを(知事と)会うたびに議論している」と訴えた』という。(読売新聞5月15日)


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 小沢氏と大村氏、河村氏との関係は、当ブログで何度も取り上げているので、今回は省くが。2人が愛知県知事、名古屋市長になるに当たっては、小沢氏の支援の力がかなり大きかったので、2人ともそれには恩義を感じているし(10年にW当選した時も、翌日、すぐに2人で小沢氏のとこに挨拶に来たしね)、その後も、東京に来るたびに、小沢氏のもとを訪れ、意見交換(情報提供?)をしているのも事実だ。(・・)

 ちなみに、読売新聞は、小沢氏が大村氏との連携をアピールしたことに関して、『元代表の発言は、「離党・新党」カードをちらつかせることで、局面の打開を図ろうとする狙いがあると受け止められている』と記していたのだが。
 mewは、その見方はチョット違うのではないかと思うし。実際、今回のことを離党・新党結成と結びつけて報じているところは、他にはなかったように思う。(・・)

<大体、小沢氏が離党カードをちらつかせたりしたら、小沢Gに党を出て行ってもらい、小沢切り連立をしたいと思っている前原陣営や自民党の一部は、却って喜んじゃうじゃん。(@@)>

 まあ、小沢Gが消費税増税法案に造反して、党を除名されるようなことになれば、話は別かも知れないが。
 小沢氏は、昨年来、あくまでも自分は民主党に残り、党の立て直しを目指すと強調しているし。大村氏も、先月、小沢氏が無罪判決を受けた時には、記者会見でわざわざ「民主党最大の実力者である小沢さんが党を引っ張っていくことになればいい」と小沢氏の党内での復権に期待を寄せる発言を行なっていたのである。
 
 小沢氏としてはむしろ、自分が党内で実権を握ることを想定し、次の衆院選で大注目を浴びそうな地域政党連合で、大村氏や河村氏とパイプが強いことをアピールする意図で、両者との連携を強調したのではないかと察する。(**)
<要は、自分が実権を握れば、選挙になっても、また政権運営においても、地域連合の協力が得られる可能性が大きいぞということを示しておきたかったのよね。^^;>

* * * * * ☆

 大村氏との連携をアピールすることは、もちろん、大村氏の先にいる橋下氏との連携を示唆する意味もあるだろう。

 大阪市長の橋下氏は、大阪ー東京ー愛知(名古屋)の三大都市が中心になって、地域主権策に取り組むことを明言しているのだが。橋下氏は、とりわけ大村氏に信頼を寄せており、早くから同氏と共闘することを宣言。選挙協力を行なうことや、それぞれの政治塾で講師を務めることなども約束している仲だ。(・・)
<ちなみに、大村氏は石原都知事ともよく会っており、石原氏も大村氏との協力を念頭に置いて、三大都市が協力&主導して国の体制改革を目指すと主張している。>

* * * * *  

 橋下氏は、個人的に小沢一郎なる政治家やその手腕(特に選挙手腕?)に、惹かれる部分があるようなのだが・・・。

 橋下氏が連携を考えている石原都知事やみんなの党などは、もともと小沢氏との連携を好ましく思っていない上、今回、小沢氏が控訴されたことで、橋下氏や地域連合全体との連携は難しくなったのではないかという見方も強い。  
 
『民主、自民以外の「第3極」形成を目指すグループにとって、元代表との連携には慎重論が根強い。東京都の石原慎太郎都知事は4月27日の記者会見で「ちょっとでも小沢の影が差してくる話には乗らない」と明言。消費増税反対では近いみんなの党の江田憲司幹事長も4月24日の記者会見で「国民的には終わった政治家だ」と切り捨てた。

 大村氏は次期衆院選をにらみ、元代表と知名度の高い橋下徹大阪市長とのパイプ役を自任してきた。しかし、大村氏は元代表の控訴後、親しい与党幹部から「『大村は小沢と近い』と言われたら、橋下と組めなくなる」と忠告された。(毎日新聞5月14日)』

 また、維新の会の中では、松井一郎大阪府知事などの超保守派は、国政進出後は、同じ日本会議系超保守派である自民党の安倍晋三氏や、「た」党の平沼赳夫氏らと連携したい意向があるだけに、果たして、今後、小沢氏が橋下維新の会や地域連合全体と連携することになるのかどうかは、ビミョ~なところがある。(@@)

<松井氏は、先月、小沢氏の無罪判決について質問され、『小沢氏への無罪判決を受けた小沢氏グループとの今後の連携について「一切ない。国会議員の定数や報酬も(府議会並みの削減に)手を付けていない状態で、政策面で一致しない」と強調した』とのこと。
 他方、橋下氏は『判決に先立ち市役所で記者団に「司法判断がすべてだ」と強調。さらに「無罪ならば、報道の自由や権力チェックの在り方を見直さないといけない」と述べた』とのことで、2人の間の温度差が伺える。(『』内は、産経新聞4月26日)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ただ、前記事の『橋下が「総理はやんない」宣言+大阪で「つくる会」助言の近現代史博物館を新設』でもチラッと触れたのだが。大阪維新の会は、国政進出を行なう前に、国会内に政党を作っておくことを計画しているとのこと。

 先に政党要件(5人の現役国会議員+α)を満たす政党を作っておかないと、衆院選で比例選に立候補する条件も厳しいし、重複立候補もできないし。政党資金や国政進出後の活動基盤を確保する狙いもあると見られている。^^;

『地域政党・大阪維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事は11日、次期衆院選の候補者擁立について、報道陣に「(候補者養成を目指す)維新政治塾の塾生をイコール候補者として決定するのではなく、公募も考えて決定する。(現職の国会議員でも)排除の論理はない」と述べ、他党の国会議員が離党して合流するなら、擁立も検討する考えを示した。現職国会議員を引き込むことで、政党交付金の助成対象となる「国会議員5人以上」などの政党要件を満たす狙いもあるとみられる。

 松井知事は、他党の現職国会議員が離党しなかった場合の擁立については「あり得ない」と否定したが、国会議員を維新に引き込むことについては「政策に賛同いただけるなら、こだわりは持たない」と述べ、可能性を示唆した。
 地域政党である維新が政党要件を満たしていないことについては、衆院選では小選挙区と比例選の重複立候補が認められないなど、他党と比べて不利な点があり、弱点とされていた。
 一方、維新代表の橋下徹大阪市長は同日、他党の国会議員が離党して合流することについては、「決定していないが、政党に入っている人がその政党をやめて維新の政治活動に賛同してくれれば、維新の議員になるわけだ」と述べ、あり得るとの見通しを示した。(読売新聞5月11日)』

* * * * *

 維新の会の橋下会長や松井幹事長は、既成政党から離党した議員で、維新八策に理解を示す人なら、維新の会の議員として扱うことも可能だとしているのだが。
 一部報道では、その候補として、先月、小沢Gを離党した2名の議員の名や、さらには昨年末、小沢G+αを離党&新党きづなを作った9人の名が挙がっていたという。

 実は、亀井静香氏が、石原新党を結成する準備を行なっている際に、同党を「日本維新の会」と名づけ、大阪維新の会を含めた地域連合の拠点となる政党を国会に作るプランを考えていたことがあった。<国民新党や「た」党の現役議員を集めれば、政党要件を満たす政党を先に作っておくことができるしね。>

 そして、新党きづなのメンバーも、亀井静香氏に誘われ、将来は石原新党に合流することも考えて、離党を決意したのだが。先月になって、石原都知事が、新党白紙宣言をしたため、その立場が宙に浮いたような状況になっているのである。^^;

 さらに、新党きづなは、野田民主党と一線を画すとして、野党側の会派や協議に参加しようとしたのだが。離党後も小沢氏の勉強会に出ていることから、野党側に仲間はずれにされてしまった上、野田民主党とも連携できない状況にある。、
 次の衆院選までに、小沢氏が党の主導権をとれば、復党や選挙協力をする可能性が大きいと思うのだが。もし少数政党のままで衆参院選を迎えたら、おそらく全員落選する可能性が大きいわけで。もともと石原新党と連携するはずだった橋下維新の会にはいることを前向きに考えても不思議はないのである。^_^;

* * * * *

 ただ、松井幹事長は、先月、上京した際に、鳩山側近の松野頼久氏を含め、自民党、民主党の議員10名と会談。<超保守派の議員が多かったかも?^^;>
 さらに最近になって、安倍元首相やその側近の菅義偉氏と何回も会談を行なっている。
 また、大村氏も、1月に上京した際に、旧知の国会議員が開いた「知事を囲む会」に参加。ここには、自民党の菅義偉氏や民主党の松野頼久氏、公明党の荒木清寛氏、無所属の鳩山邦夫氏ら約20人が出席していたとのこと。
 松野頼久氏は小沢氏とも近い立場であるのだが。維新の会&地域連合としては、このような議員たちとの連携したり、事前の政党作りを委ねたりすることを考えている可能性もある。(**)

 ただし、大阪維新の会は地域政党を結成する時に、大阪自民党の議員をかなり引き抜いてしまったことから(しかも、地方選では、維新の会の候補者(元自民党も含む)が自民党候補者を次々と落選させたり、大阪府知事、市長選でも自民党の押す候補に勝っているため)、今度は、国政レベルでも、自民党などを引き抜くつもりなのかと警戒する人たちもいる。
 自民党本部は、橋下維新の会と対立することは避けたいようだが。もし維新の会が、現職の国会議員を引き抜くようであれば、対立モードにはいるおそれもある。>

 ともかく今は、政局が混沌としていて、かなり流動的なので、どこがどことくっついたり離れたりするのか、なかなか先が読めないような状態にあるのだが。

<解散総選挙の時期が遅くなれば、それこそ民主党の輿石幹事長が目指す「来年7月に衆参W選」構想が実現しちゃったりすれば、衆院選が1年以上後に行なわれることになるし、参院選対策も絡んで来るので、政局の展開も、各党の戦略も全く変わって来る可能性があるし。その間に、民主党も自民党も代表が変わっちゃうかも知れないしね~。^_^;>

 けど、もし小沢Gを離党した議員が、国会で、大阪維新の会の受け皿となる政党を作ったorそこに参加した場合には、小沢氏と橋下維新の会が、こちらの方でつながることになる可能性もあるだけに、この辺りにも注目をしておきたいと思うmewなのであった。(@@)
 
       THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"

 
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/17990944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 話題の2ちゃんねるニュース at 2012-05-30 16:02
タイトル : 【政治】野田首相と小沢氏の会談終了 小沢氏、消費増税反対..
1 :帰社倶楽部φ ★:2012/05/30(水) 12:56:07.56 ID:???0 首相と小沢氏の会談終了野田佳彦首相と小沢一郎民主党元代表の会談が終了。2012/05/30 12:38 【共同通信】小沢氏、消費増税反対を伝達民主党の小沢元...... more
by mew-run7 | 2012-05-15 20:59 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7