「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑ バナーをクリック・プリ~ズ


↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

安倍夫妻は、森友案件に関与~..
at 2018-05-25 01:56
籠池夫妻、保釈決定するか?今..
at 2018-05-24 18:52
昭恵も登場、財務省が「ない」..
at 2018-05-24 13:36
安倍、ない記録を「確認した」..
at 2018-05-23 11:56
政界もアメフト界も、皆で事実..
at 2018-05-22 11:51
安倍、加計と事前に獣医学部に..
at 2018-05-22 00:19
内閣支持率が早くも底打ち~国..
at 2018-05-21 12:18
財務省、黒塗りが間に合わず、..
at 2018-05-20 15:32
若者の自民党支持率が高くなっ..
at 2018-05-20 11:11
国も沖縄も、あきらめない&忘..
at 2018-05-19 16:47

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

働かせかた改革法案は働き..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
原発の換気用ダクトに腐食..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
インターネット関連事業は..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
超高齢者社会到来、204..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
多くの年寄さえ西暦しか使..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
 当局もようやく腰を上げ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
東南海大地震は近いのか・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
働き方改革法案は時期尚早..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界で日本だけが高速増殖..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トランプ大統領のイスラエ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん5月22日5:..
by xtc4241 at 17:31
mewさん5月12日pm..
by xtc4241 at 14:43
CONSAMAさん、コメ..
by mew-run7 at 02:33
ずっと疑問に思ってた事だ..
by i at 07:36
mewさん5月3日7:0..
by xtc 4241 at 06:47
mewさん4月26日5:..
by xtc4241 at 05:42
ミュウさん大変お久しぶり..
by CONSAMA at 08:38
mewさん 4月22日8..
by xtc 4241 at 08:58
mewさん、4月5日5:..
by xtc 4241 at 05:48
mewさん3月26日⒎:..
by xtc4241 at 07:44

ブログパーツ

タグ

(1296)
(769)
(649)
(463)
(293)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(163)
(159)
(156)
(154)
(149)
(149)
(146)
(141)
(128)
(126)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

民自が修正協議入りbut暴言・前原が党内反発に苦慮&輿石戦略+森本防相など

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

*印がついた報道記事は、記事の最後のMore部分にあるです。


 最初に、ちょっとだけ男子バレーの話を。

男子バレー全日本が中国に敗戦。サーブミス20本に絶句。サーブがはいんないと、勝ちようがないでしょ~。(`´)
 第一セッターの宇佐美が試合前の練習で中国のスパイクを目に受けて負傷し、急遽、第2セッターの近藤が出場。近藤は頑張ったと思うけど、トスがなかなか合わず、苦戦。
<女子バレーもそうだけど。だから2番目のセッターもしっかり育てて、チーム練習しておかないといけないんだって。>ただ、清水の復活、松本の活躍は収穫だったかも。
 崖っぷちになって、ここから厳しい戦いが続くけどガンバです。o(^-^)o 

* * * * *

 そして政治関連で、mew的にほっとさせられた話を一つ。"^_^"
森本を防相に起用、最悪の内閣改造~」の関連記事になるのだけど。

 昨日、アチコチのTVに出ていたコメンテーターっ子の森本新防衛大臣が、その中で「集団的自衛権の解釈は変えない」とTVで発言したらしい。

『森本敏防衛相は6日、読売テレビの番組に出演し、野田佳彦首相と5日に首相官邸で会った際、首相から「野田政権の下では、集団的自衛権の(行使を禁じた)憲法解釈は変えない」と伝えられたことを明らかにした。集団的自衛権の行使容認が森本氏の持論だが、番組で森本氏は「閣僚の一員として日本の政治を担うわけだから、今の野田政権の枠の中で対応していく」と、首相の方針を尊重する考えを強調した。(時事通信6月6日)』

 この点は、野田首相の指示を評価したい!(**) <だから、アチコチで集団的自衛権の話をしている渡辺周副大臣を昇格させなかったのかな?>

 ちなみに夕刊フジによれば、野田首相は、まず元防衛大学校長ながら、平和&リベラル志向で知られる五百籏頭真(いおきべ・まこと)氏に防相就任を打診したものの断られ、超親米保守タカ派の森本氏に電話をしたとか。
 そもそも民間人を防相にすること自体、問題になるのに。何で民間人にこだわったのか不思議ではあるのだけど。どうせなら五百籏頭氏に防相を引き受けて欲しかったな~。(・・)

* * * * *

 そして、「はあ? な~に言ってんのよ!」と、極めて不愉快に思った話を。(゚Д゚)

『民主党の前原誠司政調会長は6日、BS朝日の番組に出演し、衆院解散・総選挙について「(参院との)ダブル選挙になったらたまったマグマが爆発して、民主党は衆参ともに壊滅的なことになる。やるべきことをやり、まず衆院で信を問うことが大事だ」と述べ、来年夏の参院選との同日選は避けるべきだとの考えを示した。輿石東幹事長は先に同日選になるとの見通しを語っている。 
 前原氏はまた、小沢一郎元代表を支持するグループの動きに関し、「民主党は何もできなかったと言っているが、天につばする話だ。やれることは十分ではないがやっている、と言わなければいけない。極めて不愉快だ」と批判した。(時事通信6月6日)』

『民主党の前原誠司政調会長は6日、BS朝日の番組で、小沢一郎元代表に近い党内の議員がマニフェスト(政権公約)違反を理由に野田佳彦首相を批判していることに対し「天につばする話だ。政務三役をやった人まで言うのは『自分は無能でした』と言うようなものであり、極めて不愉快だ」と強く反論した。(産経新聞6月6日)』

 今、衆院選を行なったら、もっと壊滅的な打撃を受けるということがわからないのかな~?(@@)<衆参Wの方が、建て直しの時間がある分、まだ浮上の目があるけど>
 そんなに自民、公明の意向を汲んで、早く解散総選挙をしたいわけ?(@@)

 あと小沢氏は、野田首相に、努力はしているけど、足りないって言ってるんですけど~。(・o・)
 大体、今の政務三役(政調会長)が無能で、消費税増税だけでなく、社会保障や原発、安保軍事政策に関して、小沢Gだけでなく、他の議員も含めて党内の大多数が納得行くような形で意見を集約できず。自民党や党の外の方ばかり見て、自分勝手に&強引に突っ走ろうとしているから、こういう事態が起きているんでしょうが。(`´)

 ただ、前原くんがこんなことを言ってしまうのも、きっと追い詰められているからなのよね。(~_~;)

<前原くん。悪いこと言わないから、もう自民党に移った方がいいよ。きっと毎日、自分の理念に合う政治活動ができて、楽しいと思うよ。小泉くんにスカウトされた時に移っていればよかったのにね。(>_<)>

* * * * *

 あと気になったニュースが2つあったので、More部分にアップしておくです。

 一つは、関西電力の美浜原発2号機(福井県)について、経産省原子力安全・保安院が40年を超えて運転しても安全性を確保できるとした関電の評価を妥当とする方針を決めたという話。(・o・) <原発の寿命は40年とする政府の方針は、どこへ行ったの?(-"-)>

 もう一つは、防衛省の「防衛生産・技術基盤研究会」が6日に、政府の武器輸出三原則緩和で可能になった欧米諸国との国際共同開発を重視&防衛生産を維持・育成する武器や装備品の国内生産基盤を絞り込み、資源を集中投資するよう求めたという話。
<日本を、どんどん武器商人に仕立てあげようとしているのね。(ーー)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 さて、昨日6日、自民党が、一転して民主党と消費税増税法案などに関する修正協議を行なうことに決定。
 消費税政局が大きな局面を迎えることになった。(@@)

 5日、民自公の幹事長会談が行なわれたのだが。自民党の石原幹事長が、「21日までに採決するという日程を示さないと、修正協議には応じない」と主張するのに対し、民主党の輿石幹事長が「修正協議が調うかどうかわからないのに、先に採決日程を示すことはできない」と反論したため、この日の会談はもの別れで終わり、6日に再会談を行なうことになった。

 自民党は6日午前、臨時の党役員会を開き、谷垣総裁に当面の対応を一任。輿石幹事長が自ら採決日程を示さない限り、修正協議にははいらない方針を決めたという。
『自民党の石原幹事長は役員会後の記者会見で、「民主党執行部の言動を見ると、まとめようとしているのか、採決をしないようにしているのか、分からない」と述べた。同法案の衆院採決をいつ行うかについて輿石氏が明確に示すことが必要だとの考えを重ねて示したものだ。(読売新聞6月6日)』

 もはや後がない状況の野田首相は、『6日昼、首相官邸で民主党の城島光力(こうりき)国会対策委員長と会談し、消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革関連法案について、「一日も早く修正協議に入れるように努力してほしい」と述べ、自民党などとの調整を加速するよう指示した。(読売新聞6月6日)』
 おそらく輿石幹事長にも、電話でor城島氏を通じて、何とか修正協議を開始できるようにと指示を出したのではないかと察する。

 そして迎えた6日夕方の民自公幹事長の再会談で、石原氏改めて、輿石氏の考えを示すように迫ったとのこと。

『6日の会談では、自民党の石原伸晃幹事長が「野田佳彦首相は『21日の会期末までの採決が政府・与党の務めだ』と言っている。首相の思いと一致しているのか」とただし、輿石氏が「15日までに修正合意したいという首相の思いは自分と一致している」と答えた。(毎日新聞6月6日)』

<実際には、石原氏が「15日までに修正合意をしたいという首相の思いとは一致しているのか」と問うたのに対して、輿石氏が「私と首相の思いは同じです。いつも連絡を取り合っています」と答えたらしい。>

『自民党は6日の幹事長会談では回答せず、党内に持ち帰って谷垣禎一総裁や石原氏ら幹部が対応を協議。7日に臨時役員会を開き、修正協議入りを正式決定することにした。石原氏は輿石氏の発言について「15日までに結論を得ると理解した」と記者団に語った。(同上)』

 自民党は、会期末の21日までに衆院で法案採決を行なうのでなければ、消費税法案には協力しないと断言している。しかし、野田首相は、メキシコで行なわれるG20首脳会議に出席するため、17日~20日まで日本にいない。<16日は土曜日なので国会は開けないらしい?^^;>
 それゆえ、15日までに修正合意ができるかどうかが大きな鍵になるのである。(・・)

<ただ、衆院特別委員会は6日、採決の前提となる中央公聴会を12、13日に開くことを議決し、14日以降に採決できる環境を整えたと報じられていたのだけど。
 12日までに修正法案がまとまっていなければ、一体、どの法案に関する公聴会を行なうのか大きな疑問。(~_~;)> 

* * * * *

 輿石幹事長は意地を通して、修正協議にはいる前に、採決日程を示すことだけは最後まで行なわなかったのだけど。ただ、修正協議にはいれない状態が続いた場合、野田首相が妙な形で暴走すると困るので、「首相と思いは同じだ」という自分としてはギリギリの表現を用いて、交渉の再決裂を防ごうとしたのかな~と思うとこがあったのだが・・・。

 でも、たぶん輿石氏は、仮に修正協議にはいっても、15日までの約1週間で修正合意できる可能性は乏しいと考えているのではないかと<またそのように運びたいと考えているのではないかと>察したりもする。(・・)

 実際、この修正協議が合意に至るまでには、いくつもの厄介な問題をクリアしなければならないのである。(@@)

* * * * *

 この辺りのことは、『民主党丸争奪は最終決戦へ~崖っぷちの野田、小沢&輿石は抵抗勢力集めが鍵(トロイカ復活も?)』などにも記したので、今回はざっくりとだけ書くことにしたいのだが。
 
 自民党は、消費税増税に関する法案も、社会保障に関する法案も政府&民主党が(ほぼ)丸呑みすれば、手っ取り早くコトが決まると考えている様子。(-_-)

 しかも、昨年から自民党との連立を画策しており、結果のためなら手段を選ばない(陰のTOPの?)仙谷政調会長代行は、大同小異を主張して、丸呑みすることにも前向きな姿勢を示しているのだけど・・・。

『民主党の仙谷由人政調会長代行は1日のBS朝日の番組収録で、税と社会保障の一体改革関連法案に関し「中身をどう実現するか道筋がつけば『丸のみ』と言われようと、持続可能な社会保障のための財政規律を確立する点で(自民党と)同じ立場に立てる可能性は少なくない」と述べ、妥協をためらわずに法案成立を図るべきだとの認識を示した。また、消費増税と原子力政策に関し「次の衆院選の争点にならないよう、今の段階で決めておこう、という空気がある。その決め方は連立が一番素直だ」と、自民党との連立に言及した。(毎日新聞6月1日)』

<仙谷くんは、自民党側にもそういう話を持ちかけているのかも。 谷垣総裁も4日に修正協議の申し入れに関して「自民党の対案を丸のみすれば、受けなければならない」とか言っていたらしいし。(産経4日)^^;
 こういう人がいるから、日本の政党政治や議会制民主主義がおかしくなって、国民からの不信感が増大しちゃうのよね。(ーー゛)>

* * * * *

 でも、民主党内には、消費税増税には基本的に賛成でも、自民党の対案には異論がある人が少なからずいるし。
 しかも、社会保障に関する諸政策、法案に関しては、真っ向から対立しているものが多く、簡単に譲歩する気がない議員が多いのが実情で。もし民主党の政策を全て撤回して、自民党の対案を丸呑みしろと言ったら、造反者が続出しかねないのが実情だ。(~_~;)

 さすがに前原政調会長も、そのことはかなり憂慮しているようで、ここに来て「丸呑みはあり得ない」と発言を繰り返している。

 前原氏は5日の記者会見で『「お尻を決めなければ、採決日程を決めなければ修正協議に応じないというのは、わたしからすれば、少し逆立ちをした議論だなと思っています」と述べた。
さらに、前原政調会長は、「社会保障について、われわれの考え方を葬り去って、自民党案を丸のみすることは、党の政策責任者としてあり得ないと申し上げておきたい」と強調した。
そのうえで、前原政調会長は、自民・公明両党に速やかに法案の修正協議に応じるよう、強く求めた。(FNN6月5日)』

『「マニフェストを撤回すれば、野党はマニフェスト違反という。白紙に戻すことはしない。政権交代のたびに社会保障の姿がころころ変わるのはよくない」。民主党の前原誠司政調会長は6日のBS朝日の番組で、社会保障に関する自民党案の「丸のみ」を否定した。
(毎日新聞6月6日)』

* * * * *

 民主党内には、政権をとったら社会政策に力を入れたいと考えて来た中道左派リベラル系の議員が、半数近くいる。

 彼らは、野党時代からそのような政策、法案の準備を行ない、09年衆院選のマニフェストにも公約として掲げていたのだが。<09年公約は、小沢氏の意向を反映したものばかりではないのだ。^^;>
 ところが、昨年6月に菅政権がレームダック化した際に、岡田幹事長+前原Gが、自公との間で協議をして、子ども手当てをはじめとする諸政策をどんどんと転換。<たとえば、子供手当てに関しては、財政的にキツかったので、減額には賛同している議員が多かったのだが。野田政権は、自民党の要求を呑み、「子ども手当て」の名称、システムを全面的に破棄してしまった。^^;>
 
 しかも、今度は昔から(それこそ、小沢氏が代表になる以前から)民主党が力を入れて来た社会保障(特に年金、医療制度)に関する政策や法案まで白紙に戻せということになれば、野田&前原陣営への反発はますます強まることになる。(@@)

* * * * *

 前原政調会長は、自民党側と交渉し、消費税増税と社会保障政策を切り離すことを検討。
 自民党が、今年6月には消費税に関する法案を成立させ、社会保障の方は「社会保障制度改革国民会議」なるものを創設して、1年かけて白紙から議論するという提案したのに対して、賛同する意向を示した。

 また、岡田副総理も5月末に「与野党を超えて議論する場をつくるべきだというのは私の従来の主張だ」と国民会議構想に賛意を表明していたのだが。

 しかし、この案には、消費税増税だけを先に決めるのでは「社会保障と税の一体改革にはならない」という批判の声が上がっているし。
 もし自民党と連立を組んだ場合には、結局、民主党の政策は潰される可能性が高いのではないかと疑心暗鬼になっている議員も少なくない。(-"-)

* * * * *

 それゆえ、樽床幹事長代行など民主党の執行部や幹部クラスの議員にも、この分離案に慎重な意見を唱える人が増えており、野田&前原陣営も方向を修正せざるを得ない状況に追い込まれつつある。

『前原氏の念頭にあるのは、マニフェストに沿って後期高齢者医療制度の廃止法案をまとめた長妻昭元厚生労働相ら厚労関係議員だ。「社会保障改革をやるから増税を認めた」ともらす厚労関係議員にとって、自民党との協議に前のめりな首相の姿勢は増税先行に映る。中間派の若手議員は「増税先行」に反対する署名集めを5日から始めた。

 城島光力国対委員長は6日に首相官邸で首相と会った際、中間派の動向を伝え、「総理はもっと(社会保障が税と)一体ということを前面に出してほしい」と訴えた。(毎日新聞6月6日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ただ、民主党内には、今回の件に限らず、自民党が次々と民主党の政策、公約をなきものにしようとすることに反発を覚えたり、結局、最後は解散をゴリ押しするのではないか<or実は野田&前原陣営が解散の密約をしているのではないか>という疑念や不信感を抱いたりする議員が増えているし。
 小沢Gと距離を置く議員の中にも、民主党に愛着を持ちor自分の立場も考え、今でも民主党の党分裂や、自民党との連立を阻止したいと願う人も少なからずいるのである。^^;

<中道左派系の議員は、自民党とは政治理念や政策が合わないので、連立政権を組んで一緒にやるのは困難だし。若手・中堅議員は、自民党と連立を組んだ場合、自民党のやり方やペースで全てが進められ、(民主党の若手などはペーペー扱いでないがしろにされて?)、自分たちの思うように政治的な言動、活動ができなくなることを恐れている。>

 このような背景もあって、前記事にも書いたように、小沢Gだけでなく、菅Gも長妻氏らも、さらには鹿野Gも、野田&前原陣営への反発を強めているわけで。この件は改めて書きたいが、一つ間違えると、野田&前原Gの方が少数派になってしまうおそれもあるのだ。^^;

 時間とスペースがなくなったので、この記事はここで終わりにしたいと思うのだが。

 上述のような状況を見ると、あと1週間のうちに修正合意がまとめるのは極めて困難なのではないかな~と思うし。
 おそらく輿石幹事長は、小沢Gや中間派が、現状に不満を抱く議員を集めて野田陣営の強攻策に抵抗することを期待しつつ、野田陣営や自民党の要求をのらりくらりと交わしながら「時間切れ破局」に持ち込むことをを考えているのではないかな~と思ったりもするmewなのだった。(@@)

                    THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに&WC出場を願って。(・・)


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"

   

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに&WC出場を願って。(・・)


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"

 









*1

『 7月に運転開始から40年を迎える関西電力美浜原発2号機について、経済産業省原子力安全・保安院は6日、10年間の運転延長は妥当とする審査結果を専門家の会合で示した。東京電力福島第一原発の事故後、原発の運転を40年までとする法案が今国会で審議されている。法改正前の現行法による判断だが、政府の方針に反すると批判の声が出ている。

 関電は昨年7月に運転延長を申請。保安院は11月から専門家会合を開いて審査してきた。保安院は運転延長を認める条件となる、耐震安全性や、関電が示した今後10年間の保守管理計画は妥当と判断した。

 現行法では、申請があり要件を満たしていれば、運転が40年を超える前に延長を認めざるを得ない。新しい規制の枠組みができていないため、保安院は運転延長を認めることにした。

 こうした保安院の方針に対し、専門家会合の委員の井野博満・東京大名誉教授は「保安院が妥当と判断するのは適切ではない。結論は保留し、新しい規制庁ができてから結論を出すべきだ」と批判する。(朝日新聞6月6日)』


*2

『国内生産基盤絞り込みを=防衛省研究会が最終報告
 防衛省の「防衛生産・技術基盤研究会」(座長・白石隆政策研究大学院大学長)は6日、防衛装備品調達の在り方に関する最終報告を公表した。厳しい財政事情を踏まえ、維持・育成する武器や装備品の国内生産基盤を絞り込み、資源を集中投資するよう求めている。
 また、政府の武器輸出三原則緩和で可能になった欧米諸国との国際共同開発についても、政府として重点分野を示すことが必要と指摘した。
 報告書を受け、森本敏防衛相は「日本の安全保障と防衛は産業力と切り離して考えることはできない」と述べ、生産基盤強化に引き続き努める考えを示した。(時事通信2012/06/06)』
[PR]
by mew-run7 | 2012-06-07 10:43 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/18131143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2012-06-12 15:18
タイトル : 亡国の「戦犯」?小泉さん・小沢さん 
・マスコミからぼろくその小沢さんに就いて行く人達・小泉さんの丸呑みの米国形自由主義経済と、経営者の丸呑みの米国型経営方法・改革も当事者の意識改革が先決、そのための教育改革が必要  文芸春秋の今月号に「徹底追及 平成政治24年 亡国の「戦犯」」何も決断で...... more