小沢公判~検察役が控訴趣意書を提出&元秘書が聴取拒否&小沢が控訴審出廷

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

*印がついた報道記事は、記事の最後のMore部分にあるです。

この記事では、小沢一郎氏の公判に関することを・・・。

 『小沢控訴審の裁判長が決まる&控訴審の手続きが思ったより早く進むかも?』の続報になるのだが・・・。

 小沢氏の控訴審の手続きや準備が着々と進んでいるようだ。(・・)

 東京高裁は検察役の指定弁護士(以下、検察役)に対して、控訴趣意書の提出期限を6月20日に指定していたのだが。
 昨日20日、検察役が控訴趣意書を提出したという報道が複数のメディアに出ていた。

 また、先週、1・検察役が補充捜査で小沢氏の元秘書の樋高剛衆院議員に聴取を要請したものの断られていたこと、2・小沢氏本人が控訴審に出席する意向を有していることを報じた記事が出ていたので、それも合わせてアップしたい。

* * * * *

 まずは、控訴趣意書(控訴の理由や控訴審で主張したいことなどを書いた書面)が提出されたことに関する報道記事を。

『資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡り、政治資金規正法違反(虚偽記載)に問われた民主党元代表、小沢一郎被告(70)=1審無罪=の控訴審で、検察官役の指定弁護士は20日、「(1審判決は)元代表と元秘書らとの共謀が認められないとした点において事実誤認がある」などとする控訴趣意書を提出した。今後、弁護側が答弁書を作成することから、控訴審の開始は今秋以降とみられる。

 1審判決は、陸山会の04、05年分政治資金収支報告書の虚偽記載を認定。元秘書で衆院議員、石川知裕被告(39)=1審有罪、控訴中=らから元代表が報告を受け、了承していたとも指摘した。

 一方で、元代表が04年10月の土地売買契約後は交渉過程に関心を払わず、石川議員も土地所有権の移転時期を先送りしようとした不動産会社との交渉失敗を報告せずに、元代表が移転時期を正確に認識していなかった可能性があると言及。「元代表が収支報告書の記載内容の違法性を認識していなかったことがあり得る」などとして、石川議員らとの共謀の成立を否定した。

 これに対し控訴趣意書は、元代表が04年10月に自ら4億円の融資関係書類に署名押印して取引に関わったことを重視。また、「石川議員が元代表の政治生命の存亡に直結するような重大な問題について、不正確で虚偽の報告をすることはない」と指摘。元代表は04年10月時点で土地所有権が移転したことを認識しながら、05年1月に登記をずらして記載した収支報告書の違法性を認識していたことは明らかだと反論した。

 主任格の指定弁護士、大室俊三弁護士は「控訴趣意書を作成しているうち、1審判決のおかしさがより分かってきた」と話した。(毎日新聞6月20日)』

『控訴趣意書は(1)元秘書が元代表に不正確な報告をする必然性が乏しい(2)土地購入直後の銀行融資の書類に元代表自らが署名していた――点などを提示。「元代表が違法行為の実行に深い利害と関心があったと認められる」として、一審判決の破棄を求めている。(日経6月20日)』

* * * * *

 尚、小沢弁護側の対応に関しては、『これを受け弁護側は、7月後半をめどに答弁書を提出する方針。(時事通信6月20日)』『弁護側は今後、控訴棄却を求める答弁書を提出する。(共同通信6月20日)』ぐらいしか報じられていなかった。^_^;

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そして、先週、出ていた小沢氏の控訴審に関する記事もアップしておくです。

『政治資金規正法違反に問われ1審で無罪判決を受けた民主党元代表、小沢一郎被告(70)が、東京高裁の控訴審にも出廷する意向であることが関係者への取材で分かった。
 刑事訴訟法上、出廷義務はないが、主任弁護人の弘中惇一郎弁護士は控訴後の記者会見で「裁判である以上(元代表は)出席されたほうがいい」と話していた。

 一方、控訴審に向け補充捜査を進めている検察官役の指定弁護士が、元秘書の樋高剛衆院議員(46)に聴取を要請し断られていたことも判明した。1審では元秘書で衆院議員の石川知裕被告(38)が樋高議員から資金管理団体「陸山会」の会計処理についてアド
バイスされたと証言していた。(毎日新聞6月16日)』  

* * * * * 

 上にリンクした記事にも書いたのだが、控訴審の流れというのは、こんな感じになる。

 控訴審の流れというのは、おおむね、こんな感じになる。

控訴申し立て

高裁に記録到達、高裁が弁護人選任照会を行なう。検察側に控訴趣意書の期限を指定

控訴趣意書提出期限 (弁護人は趣意書を見て、答弁書を作成)

控訴棄却の決定、または公判期日の指定

第1回公判期日

判決 (一般に第一回公判で審理を行ない、第2回公判で判決が言い渡されるケースが多い。) 

* * * * *

 検察役が、東京高裁に控訴の申し立てをしたのが5月9日か10日。

 そして、高裁が控訴審の裁判長が決め、検察役に控訴趣意書の提出期限を指定したのが、たぶん5月21日。
 
 で、昨日6月20日に控訴趣意書が提出されたわけで、非常に順調に控訴の手続きが進んでいるように見える。

 mewがきいた&調べたところでは、控訴趣意書の提出期限から1~2ヶ月のうちに、第1回公判が開かれるケースが多いとのこと。
<もちろん事件の内容や控訴審で立証する証拠の数など諸条件によって違うようだけど。>

 それでmew的には、早ければ7~8月にも公判が行なわれるのではないかと期待していたのだけど。ほとんどの報道記事では、「早ければ秋にも開始」と記されているので、「何でそんなに時間がかかるのかな~」と疑問&不満に思う部分もあったりして。(~_~;)
<弁護側が7月後半に答弁書を出すとしても、もう少し早く始まったりしないのかな~?>

 まあ、こればかりはmewがアレコレ考えてもどうにもならないことなので、今後の報道を待ちたいところだ。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 控訴審の争点などに関しては、またの機会に書きたいと思うのだけど・・・。

 実際、控訴趣意書を読んだわけではないので、あくまでも上の報道記事を見る限りにおいての感想を書くなら・・・。

、検察役が主張していることは、一審で強調していたことと同じなので、おそらく、弁護側にとっては、ほぼ想定通りの内容だったのではないかと思われる。

 東京地裁は、小沢氏と秘書の間での共謀の事実を認めたものの、小沢氏に違法性の認識がなかった可能性があると判断して、無罪判決を下したわけだが。

 検察役は、地裁の公判で、共謀の事実の立証に力を注いだものの、共謀共同正犯成立の主観的な要件に関して、特に意識して立証をしなかったことが敗因につながったと考えている様子。
 そこで、今回は同じ事実(証拠)をもとにして、小沢氏の認識という部分に主眼を置いて、立証する方針を立てているのではないかな~と察する。(・・)

 でも、もし特に新たな証拠もなく、同じ証拠を出して来て、切り口(見方)を変えて主張するだけなのであれば、いわば「蒸し返し」みたいなことになってしまう可能性もあるので、専門家の中には「控訴棄却すべきケースだ」という見方をする人が出るかも知れない。^_^;

* * * * *

 検察役としては、控訴審で決め手となる新しい証拠をゲットすべく、既に補充捜査も行なっているとのこと。

<強制起訴制度に関する検討、見直しを行なうに当たっては、検察役の指定弁護士の補充捜査を行なえる範囲や権限、方法なども、今後の大きな課題or問題点になりそうだ。>

 ちなみに、検察役が樋高剛氏に聴取を行なおうとしたのは、小沢氏の地裁公判の中で、石川知裕氏が、先輩秘書だった樋高氏に世田谷の土地の登記に関する相談をして、登記を先送りするようアドバイスを受けたと証言したからだ。
 今回の件で樋高氏の名が出たのは、この公判での証言が初めてだったようで。<mewの知る限り、樋高氏は、これまで検察に調書をとられたこともないかも?>

 そこで、検察役は樋高氏に聴取を行なって、石川氏が他の秘書とも協議して意図的に登記をずらした<ある意味では、事務所ぐるみで会計操作を行なおうとした?>ということを立証するために新証拠として用いたかったのではないかと察する。^^;
<でも、任意の聴取は、断わることができるんだよね。(・・)>

* * * * *

 本当は、あまり公判のことと政治日程のことはリンクさせたくないのだけど・・・。

 何分にも今、民主党は分裂&存亡の危機にあるし、小沢氏も今後の政治家としての活動を左右するような大きな岐路にあるだけに、ついつい公判日程のことも気になってしまうところ。<公判がズルズル長引くのが、一番困るです。>

 とりあえず、順調に手続きが進んでいるのがわかり、その点では、少しほっとさせられた部分もあったものの、とっとと控訴棄却か無罪判決が出て、小沢氏本人はもちろん、周辺の人たちもスッキリできるといいな~と願わずにいられないmewなのだった。(@@)
 

             THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに&WC出場を願って。(・・)


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
↑このクリックが、毎日アップアップ(更新)を続けるエネルギー源に"^_^"

 
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/18221157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mew-run7 | 2012-06-21 03:21 | 小沢&秘書の裁判 | Trackback