「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑ バナーをクリック・プリ~ズ


↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

安倍夫妻は、森友案件に関与~..
at 2018-05-25 01:56
籠池夫妻、保釈決定するか?今..
at 2018-05-24 18:52
昭恵も登場、財務省が「ない」..
at 2018-05-24 13:36
安倍、ない記録を「確認した」..
at 2018-05-23 11:56
政界もアメフト界も、皆で事実..
at 2018-05-22 11:51
安倍、加計と事前に獣医学部に..
at 2018-05-22 00:19
内閣支持率が早くも底打ち~国..
at 2018-05-21 12:18
財務省、黒塗りが間に合わず、..
at 2018-05-20 15:32
若者の自民党支持率が高くなっ..
at 2018-05-20 11:11
国も沖縄も、あきらめない&忘..
at 2018-05-19 16:47

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

働かせかた改革法案は働き..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
原発の換気用ダクトに腐食..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
インターネット関連事業は..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
超高齢者社会到来、204..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
多くの年寄さえ西暦しか使..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
 当局もようやく腰を上げ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
東南海大地震は近いのか・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
働き方改革法案は時期尚早..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界で日本だけが高速増殖..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トランプ大統領のイスラエ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん5月22日5:..
by xtc4241 at 17:31
mewさん5月12日pm..
by xtc4241 at 14:43
CONSAMAさん、コメ..
by mew-run7 at 02:33
ずっと疑問に思ってた事だ..
by i at 07:36
mewさん5月3日7:0..
by xtc 4241 at 06:47
mewさん4月26日5:..
by xtc4241 at 05:42
ミュウさん大変お久しぶり..
by CONSAMA at 08:38
mewさん 4月22日8..
by xtc 4241 at 08:58
mewさん、4月5日5:..
by xtc 4241 at 05:48
mewさん3月26日⒎:..
by xtc4241 at 07:44

ブログパーツ

タグ

(1296)
(769)
(649)
(463)
(293)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(163)
(159)
(156)
(154)
(149)
(149)
(146)
(141)
(128)
(126)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

小沢Gに中間派の援護も、解体派の抵抗で攻防激化+アブナイ森本防相&オスプレイ

これは今日2本めの記事です。


頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

*印がついた報道記事は、記事の最後のMore部分にあるです。


 今日23日は、沖縄戦没者を悼む「慰霊の日」だ。

 糸満市の平和祈念公園で開かれた沖縄全戦没者追悼式には野田首相も出席。正午から参列者全員が1分間黙とうし、戦没者の冥福を祈った。

『野田首相は「美しい沖縄の大地に刻まれた悲惨な歴史を決して忘れてはならない。戦争の惨禍を二度と繰り返さないために、国の安全保障に万全を期すことは国政を預かる者の務めだ」とあいさつ。(東京新聞6月23日)』
<ここで、安全保障(=軍事)に万全を期すという話を出してしまうとは。(-"-)>

『仲井真知事は「恒久平和の実現を目指し全力でまい進する」と宣言。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題については、昨年に続き「一日も早い県外移設」を要求した。(同上)』

* * * * *

 しかし、平和や安全を願う沖縄県民や多くの国民の思いとは逆行するような感じで、野田首相が今月4日に任命した森本防衛大臣が、早くも暴走の兆しを見せている。(`´)

 森本氏は超親米保守タカ派として知られており、自民党のタカ派議員たちのブレーンにもなっていたような人であるだけに、mewは野田内閣がアブナイ方向に走るのではないかと、大きな危惧感を抱いているのだけど。
<関連記事・『森本を防相に起用、最悪の内閣改造・・・』など。>

 この森本大臣が、案の定、就任早々にアブナイ言動を連発しているのである。(-"-)

 今、日本の保守タカ派が一番実現したいことは「集団的自衛権の解釈の変更」だ。^_^;

 日本政府は、これまでずっと「集団的自衛権は憲法9条で禁止されている」という解釈を貫いているのだが。自衛隊が米軍と一緒に、日本の防衛だけでなく、海外のアチコチでも軍事活動を行なえるようにしたいと考えている保守タカ派は、何とか早くこの解釈を変更しようと懸命になっていて。
 民主党内では前原誠司氏らが、解釈変更を検討。また、自民党では石破茂氏らが、集団的自衛権を認める新たな法案を作って、政権をとったらすぐに法案を成立させようと待ち構えているような状況だ。<自民党は、次の衆院選公約にも、集団的自衛権の行使容認を掲げる予定。>

 ただ、野田氏は首相就任時に「これまでの政府解釈を守る」と明言。また、今は消費税増税の方に力を傾けたいこともあってか、森本氏を大臣に任命した際に、「集団的自衛権の解釈は変えない方針だ」と指示していたので、mewもチョット安心&油断していたところがあったのだが。

 しかし、森本大臣は、早くも13日には国会答弁で解釈変更を進言する意向を示したとのこと。

『森本敏防衛相は13日午前の参院予算委員会で、政府の憲法解釈で行使が禁じられている集団的自衛権について、解釈変更に慎重な姿勢を示した。その上で「同盟関係を拡充する観点から、この問題をどう扱うのが正しいか、野田佳彦首相に率直に意見を申し上げようと考えている」と述べた。(時事通信6月13日)』

 さらに19日の国会では、何と日本の防衛の大原則である「専守防衛」を破り、「敵基地攻撃」策の検討が必要だとまで答弁したという。(゚Д゚)

『森本敏防衛相は19日の参院外交防衛委員会で、他国の弾道ミサイルなどの攻撃を防ぐための敵基地攻撃能力の保有について、「従来の専守防衛だけで全ての国家の防衛ができるのか、常に見極めながら防衛政策を進めるのは国家の責務だ」と述べ、検討が必要との考えを示した。山本香苗氏(公明)への答弁。(時事通信6月19日)』

* * * * *

 沖縄では、今、米海兵隊が、普天間飛行場に安全性に問題がある垂直離機「MV22オスプレイ」を配備しようとしていることが問題になっている。

 昨日の平和式典でも『県議会の高嶺善伸(たかみねぜんしん)議長は式辞で、普天間飛行場に配備予定の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイに触れ「配備は断じて許されない。政府には国民全体で安全保障を考えていただくことを強く望む」と訴えた。(東京新聞6月23日)』

 オスプレイは以前から事故率が高いと言われており、今年も4月にモロッコで、6月にはフロリダで墜落事故が起きたばかりだ。(・・)

<森本防衛大臣が、就任当初からオスプレイの安全性に問題はないとして、普天間への配備を行なおうとしたため、民主党の沖縄県連が罷免を要求。
 そして、12日には、防衛省の職員が、沖縄県庁にオスプレイ導入について説明に行ったのだが。その翌日の13日に、フロリダで墜落事故が起きたのよね。(-"-)>

 しかし、米軍側は昨日も防衛省側にオスプレイの安全性には問題がないと説明して、7月には本州の米軍基地で飛行試験を行なった後、8月に普天間基地への配備を強行しようとしており、森本大臣もその計画を受け入れる予定だと言われている。

 このまま、野田&前原政権が続いたり、自民党が政権を取り戻すことになったりしたら、日本は本当にアブナイ国になってしまうおそれが大きい。

 そのことを考えると尚更に、小沢Gには、中間派の後押しを得る形で、民主党に残ってもらい、野田&前原陣営+自民党との戦いに勝って欲しいと願っているmewなのである。(-"-) 
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 週末を迎えて、民主党内の攻防はますます激化しそうな感じがある。(@@)

 民主党は、一体化法案の採決前に改めて党内議論ができるよう25日に臨時代議士会を開くことを決めたという。
 野田首相は、ここで改めて、党の議員たちに法案可決への協力を求めるつもりでいるようなのだが。どちらの陣営も、この代議士会までに、態勢を決しておきたいと考えていることだろう。

 小沢一郎氏は、22日もホテルにこもって、グループの議員との会合を行なったり、自らも一部の議員に電話をして意思確認を行なったりするなど、積極的に動いていたとのこと。
<近しい議員たちとウナギを食べて、「われわれが主張してきたことは正しいから、貫いていこう」と話したという。>

 報道によって情報がかなり異なるのだが。多くのメディアでは、小沢陣営は、既に50人の反対者を確保し、54人以上まで人数を集められる可能性が出て来たと伝えている。

 小沢G内には、「新党を作った方が選挙でも有利になる」という声も出ているようだし。「裁決前に離党するのではないか?」という憶測も流れているのだが、小沢氏は、党残留と離党の両構えで色々と準備をして、党内の状況を見ながら対応を決めるのではないかと思われる。(・・)

* * * * *

 野田陣営の中には、当初、「反対者は40人程度しか出ないのではないか」という楽観論が優勢だったとのこと。特に「小沢切り」に意欲を燃やす議員は、「40人程度なら、除名すればいい」という強気の姿勢を見せていたようなのだが。
<欠席・棄権者は処分を軽くすることを考えていたようだが、その数も2~30人までぐらいだとタカをくくっていたようだ。^^;>

 ところが、ここに来て、思ったよりも小沢陣営が反対者を集めている上、中間派議員からも反対者が出たり、予想以上の欠席・棄権者が出るという情報が流れていることから、やや焦りが生じている様子。
 さらに、幹事長チームや鳩山由紀夫氏、鹿野道彦氏らから「党内融和」を行なうようにというプレッシャーが強くなっていることから、やや押し込まれている感がある。

 小沢氏の盟友だった石井一氏が、TVの取材に対して、「野田首相の側近が、色々動いて、対立を激化させている」と指摘して、不快感を示していたのだが。
<mewのアタマには、真っ先にSくんやMくんが浮かんでしまったです。^^;>

 別に野田首相を擁護する気はないけど。このような記事を見ると、周辺の議員がいかに首相を懸命にけしかけているかが伝わって来るような感じがある。

『「処分問題でひよっては、さらに造反が増えてしまう」(首相周辺)との懸念から、首相側は強気な姿勢を崩していない。(毎日新聞6月22日)』

『野田首相周辺からは「(法案に)反対したら、絶対に除名にしないと駄目。小沢さん、鳩山さん、どうぞ出ていってくださいだよ」といった声が聞かれた。(FNN6月22日)』

 野田陣営では、小沢Gや中間派の切り崩しや説得をするために、野田首相や岡田副総理が自ら電話をかけるほか、あの手この手を使って<ポストその他のエサもバラまいて?>、激しい議員争奪活動を繰り広げているようだ。(~_~;)
<民主党の衆院議員ほぼ全員に、小沢氏の離婚スキャンダルの雑誌コピーの記事が郵送されて来たんだって。(-_-;)>

* * * * *
 
 mew期待の(?)幹事長チームや鳩山氏、中間派も頑張っている。(**)

 鳩山由紀夫氏と同Gの議員は、何とか党分裂を回避すべく動いている。

『民主党の鳩山元首相グループで22日、消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革関連法案の26日の衆院採決で造反する動きが表面化した。

 新党を視野に入れる小沢一郎元代表グループ以外にも、造反が広がる可能性がある。野田首相や党執行部は、態度未定の議員の説得に全力を挙げている。

 鳩山グループの松野頼久、初鹿明博両衆院議員は22日、読売新聞の取材に対し、法案採決で反対票を投じる考えを明らかにした。初鹿氏は「格差を是正すると訴えて政権交代したのに、法案が修正され、富裕層の負担が減り、低所得者層の負担が増える内容になった。認められない」と語った。松野氏も「反対する」と明言した。

 初鹿氏は鳩山グループ幹部にも、こうした考えを伝えた。鳩山氏は22日の鳩山グループの会合後、記者団に「『党を割らない』と言ったのに割れたら、代表(首相)と幹事長の責任は重い」と指摘した。(毎日新聞6月232日)』

 鳩山氏は、21日に「新党に同調することはない」と語っていたのだが。
 同氏は、何分にも民主党の創業者ゆえ、党への愛着も人一倍強いものがあるだけに、今はともかく党の分裂を阻止することを第一に考えているようで。26日に小沢氏らが反対票を投じても、離党(除名処分含む)しないで済むように、中間派に協力を求め、野田陣営への働きかけ&圧力がけを強めて行く方針のようだ。(・・)

<松野氏らはもともと小沢Gとも交流があるし、いざとなれば、新党に参加してもいいという気持ちがあるかも知れないのだが。鳩山氏に近い議員が反対票を投じることによって、野田陣営が反対者を除名処分にすることを回避しようとする狙いもあるように思われる。>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 輿石幹事長も、22日昼には、首相官邸を訪れ、直談判を行なったという。

『民主党の輿石東幹事長は22日昼、首相と会談後、同党議員に「(首相に)党内分裂を避けろと言いに行ったが、話がかみ合わなかった。あなたも説得に行ってくれ」と語った。軽い処分を模索する輿石氏に対し、首相は依然として首を縦に振らなかった。(毎日新聞6月22日)』

『輿石氏は同日の首相との会談で、テレビに出演して反対派を批判する首相側近らを念頭に「国民に悪いイメージを与え、党内の対立感情をあおる」と苦言を呈した。』という記事も出ていた。(毎日新聞6月22日)』 
<先週からチラホラTVに出ている首相側近のTくんのことかしらん?^^;>

 ただ、輿石幹事長は、首相の反応がイマイチだったこともあってか、かなり不機嫌な表情を見せていて。取材陣がマイクを突き出した時も、「コメントはない!」と声を荒げるような場面の映像も流れていた。(~_~;)

また、樽床幹事長代行は、会見の場で、党内融和を訴えていたとのこと。

『処分をめぐって22日、樽床幹事長代行は「過去の事例をしっかりふまえ、総理と幹事長の思いも受け止めて対応をしていくべきだ」と述べた。(FNN6月22日)』

 樽床氏が「過去の事例」のことを持ち出したのは、「民主党では、過去に法案の採決で造反しても除名になった例はない」からのようだ。(同上)

<昨年6月に松木謙公氏が内閣不信任案に賛成して除名されたのだけど、法案採決では除名されたケースがないということなのだろう。>

* * * * *

 中間派のリーダー格である鹿野道彦氏も首相官邸を訪ね、野田首相に党分裂を回避するように求めたという。

『鹿野道彦前農相は22日、首相官邸を訪れ、首相に「今こそ党内融和だ。党が割れるということがあってはならない」と求めた。鹿野氏によると、首相はうなずきながら聞いていたという。

 官邸関係者は「小沢元代表は自ら離党したいとは思っていない。除籍にする必要はないのではないか」と語った。(毎日新聞6月22日)』

『造反議員による不信任案提出→可決といった不測の事態を避けるためにも、分裂回避を優先して法案採決前に慎重な手続きを踏むよう求める声も中間派を中心に強まっている。(同上)』

* * * * *

 この土日に選挙区に帰った議員たちが、地元の後援者と会って、どのような影響を受けるかというのもビミョ~なところ。

『政府筋からは「最終的には反対票は30ぐらいなんじゃないか。この土日で増えることはないだろう。むしろ減ると思う」といった声も聞かれた。
この週末、造反を検討している議員が、地元の支援者らから思いとどまるよう説得される展開を期待している野田首相周辺。
 一方、小沢陣営の山岡副代表は「ここで(地元に)お帰りになったとしますと、迷っていらっしゃる方については、やっぱり民意は、このへんにあるんだなというご認識はされるんじゃないですかね」と述べた。(FNN6月22日)』

* * * * *

 先日も少し書いたのだが。マスコミは、どうしてもこれを「小沢派vs.非小沢派」の戦いであるかのようにして、扱いたいようなのだが。mewは、今回は「民主党を守りたい人vs,民主党を壊してもいい人」の戦いではないかと思っている。(・・)

 もし小沢派が単に自分たちだけで勝手な主張をして、党を混乱させているだけなら、非小沢派に分類されていた人もいる中間派は、ここまで党分裂回避には動くまい。

 今、野田陣営を主導している人たちは、民主党が結党以来、小沢氏が合流する前から長年をかけて築いて来た党のあり方、基本理念&政策(憲法精神&国民生活の重視、官僚主導の仕組みの改変)を変えてしまいたいと。そして、自分たちにジャマな勢力は切って、党を解体し、自民党とともに歩めばいいと考えているわけで。
 中間派の議員は、それに問題を覚え、反発し、小沢G切り&党分裂を阻止しようとしているのである。(**)

 どうか25日の代議士会に向けて、98年結党メンバーが大半を占める鳩山G&中間派が、自分たちの築いて来た民主党を守るために、小沢Gをサポートする形で、頑張って欲しいと切に願っているmewなのだった。(@@)
                 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに&WC出場を願って。(・・)


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
↑このクリックが、毎日更新を続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]
by mew-run7 | 2012-06-23 16:26 | 民主党、民進党に関して | Trackback(2)
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/18238134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 青山繁晴氏のファンサイト.. at 2012-06-23 22:38
タイトル : 青山繁晴「たかじんNOマネー」6月23日 マネーにまつわ..
本日放送「たかじんNOマネー」の動画を見つけました。 下記サイトより転載致します。   ↓ 「たかじんNOマネー」 マネーにまつわるコワ〜イ話 2012年6月23日放送 バラエティ動画 http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-category-211.html 番組内容:あの話は本当だった!?封印されていた世にも恐ろしいお金の話SP!マネーにまつわるコワ〜イ話。 出演:眞鍋かをり、水道橋博士、青山繁晴、須田慎一郎、岸博幸、大谷昭宏、フィフィ、山口敏...... more
Tracked from 士業の種類と役割──プロ.. at 2012-06-23 23:40
タイトル : 代議士とは
◇代議士の由来◇大日本帝国憲法のころ、国会議員には衆議院と貴族院議員がありました。衆議院議員は民選議員といって、国民から選出されるのに対し、貴族院議員は旧公家、旧大名、元官僚、大学教授、あるいは高額納税者から選ばれ、非民選議員と呼ばれました。前者の衆議院議員が国民の代表であることから、衆議院議員を代議士、つまり国民の代表と呼ぶようになったのです。◇国会議員としての地位◇国会議員は国政に当たるために、主権者である国民を代表しているという立場にあります。この職責を負うことで、法律..... more