「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑ バナーをクリック・プリ~ズ


↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

昭恵も登場、財務省が「ない」..
at 2018-05-24 13:36
安倍、ない記録を「確認した」..
at 2018-05-23 11:56
政界もアメフト界も、皆で事実..
at 2018-05-22 11:51
安倍、加計と事前に獣医学部に..
at 2018-05-22 00:19
内閣支持率が早くも底打ち~国..
at 2018-05-21 12:18
財務省、黒塗りが間に合わず、..
at 2018-05-20 15:32
若者の自民党支持率が高くなっ..
at 2018-05-20 11:11
国も沖縄も、あきらめない&忘..
at 2018-05-19 16:47
内閣府次長、加計の車を使うも..
at 2018-05-19 00:30
麻生暴言、拉致問題や北朝外交..
at 2018-05-18 03:21

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

原発の換気用ダクトに腐食..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
インターネット関連事業は..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
超高齢者社会到来、204..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
多くの年寄さえ西暦しか使..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
 当局もようやく腰を上げ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
東南海大地震は近いのか・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
働き方改革法案は時期尚早..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界で日本だけが高速増殖..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トランプ大統領のイスラエ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国の高い要求・核開発技..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん5月22日5:..
by xtc4241 at 17:31
mewさん5月12日pm..
by xtc4241 at 14:43
CONSAMAさん、コメ..
by mew-run7 at 02:33
ずっと疑問に思ってた事だ..
by i at 07:36
mewさん5月3日7:0..
by xtc 4241 at 06:47
mewさん4月26日5:..
by xtc4241 at 05:42
ミュウさん大変お久しぶり..
by CONSAMA at 08:38
mewさん 4月22日8..
by xtc 4241 at 08:58
mewさん、4月5日5:..
by xtc 4241 at 05:48
mewさん3月26日⒎:..
by xtc4241 at 07:44

ブログパーツ

タグ

(1296)
(769)
(649)
(463)
(293)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(163)
(159)
(156)
(154)
(149)
(149)
(146)
(141)
(128)
(126)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

小沢新党の略称+「米自公が第一」の野田民主党から、また4人離党+国民新党もアブナイ綱領

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

*印がついた報道記事は、記事の最後のMore部分にあるです。

 最初に、mewが気になっていた小沢新党「国民の生活が第一」の略称が「生活」に決まったという。(・・)atatta ne!

『小沢一郎元民主党代表が結成した新党「国民の生活が第一」は17日、次期衆院選の比例代表で使用する同党の略称を「生活」にすると中央選挙管理会に届け出た。
 これにより、仮に投票用紙に「国民」との表記があれば略称を「国民」と届け出ている国民新党の票として扱われ、案分はされない。(共同通信7月17日)』

 ちなみに、新党の英語表記を「People's Life First」(略称LF)になったとのこと。まさに「国民生活」を前面に出す形の政党活動になりそうだ。(**)

他方、先日、鳩山元首相が野田政権のことを「自民党野田派」と揶揄していたのだが。
 昨日は、何と自民党の大島副総裁が、こんなことを言っていた。

「『(国民の)生活第一』は小沢さんのほうに移っちゃって、(民主党は)『自・公第一』になったでしょ。(野田総理は)その立ち位置を分かっていない」
(ANN7月18日)

 mewに言わせれば、今の野田民主党は、「米・自・公との政治が第一」というところだろうか?(@@)

* * * * *

 昨日、そんな民主党に嫌気がさして、また新たな離党者が4人出た。(・・)

 参院では、谷岡郁子氏(58・愛知)と行田邦子(46・埼玉)、舟山康江(46・山形)の3人の議員が離党届を提出。
 先に国民新党を離党していた亀井亜紀子氏(47・島根)と4人で、参院新会派「みどりの風」を結成すると発表した。

 行田氏は、会見の場で「(野田政権の政策決定は)残念ながら自民党のそれと違いが分からなくなってきてしまった」と語っていたという。(~_~;)

『将来的には脱原発などを政策の柱とする新党結成も視野に入れて活動する考えを明らかにした。
 当面の政策課題として(1)原発ゼロ社会の実現(2)環太平洋連携協定(TPP)反対と脱新自由主義(3)消費税増税関連法案に反対―の3点を掲げた。新会派は4人が共同代表を務める。

 小沢一郎代表らによる新党「国民の生活が第一」との関係では、合流を考えていないと明言した。(中日新聞7月17日)』

 これで参院での民主党会派の議席数は、88に。あと3人離党すれば、第2会派の自民党会派(86議席)に逆転され、第一会派から転落することになる。

 輿石幹事長は、相次ぐ離党の動きについて、「崖っぷちに立っている。危機的状況だ」と述べたとのこと。(FNN7月17日)
 同氏は幹事長であると同時に、参院会長でもあるため、かなりショックを受けているとの報道も出ていた。(~_~;)

* * * * *

 また、衆院では、中津川博郷氏(比例代表東京)が、今日18日に離党届を出す意向を示したという。

 中津川氏は消費増税法案の採決で反対票を投じ、党員資格停止2カ月の処分を受けている。また、菅政権以来、民主党政権の尖閣問題への対応に批判的で、今回も尖閣諸島の国有化を巡って、丹羽中国大使を罷免しない政府の対応を離党の理由に挙げているという。

『中津川氏は5月、次期衆院選は新党から立候補する意向を示していた。石原慎太郎東京都知事を党首とする新党構想が念頭にあるとみられる。
 また、先に民主党を離れて無所属となった議員らと衆院で新会派を結成することも模索する考えだ。会派を結成すれば、1人当たり月額65万円の立法事務費が支給される。(時事通信7月18日)』

 中津川氏の場合は、超保守系ゆえ、また別の意味で野田政権に嫌気がさしたのだろう。
『5月には、次期衆院選は新党から立候補する意向を示していた。石原慎太郎東京都知事を党首とする新党構想が念頭にあるとみられる。(時事通信7月17日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 超保守と言えば、民主党と連立政権を組んでいる国民新党が、亀井静香代表、亜希子議員が離党した後、新たな綱領を作ったのだが。これが、ほとんど「た」党と変わらないスゴイものだった。(゚Д゚) 
 このような政党と連立政権を組んでいたら、民主党政権はますますアブナイものになってしまいそうな感じがする。
 
『国民新党は17日、東京・永田町の憲政記念館で「教育立国による日本再起動」を柱とする新たな党綱領の発表会を開いた。「国民の規範意識や愛国心の覚醒」のための教育改革を掲げ、次期衆院選に向けて保守層への支持拡大を図る。
 同党は郵政民営化見直しを結党の原点としてきたが、4月の亀井静香前代表の離党と改正郵政民営化法の成立を受け、新たな「旗印」を探していた。

 新綱領は、自主憲法制定▽日本の伝統文化と歴史の継承▽格差是正▽次世代に責任ある政治▽東日本大震災からの復興-を党の5原則として明示。高等教育までの義務教育化をはじめ、一院制導入や「国防軍」創設、集団的自衛権行使のための憲法解釈変更などを明記した。消費税増税については、デフレ脱却を優先させ「名目2%、実質3%」の経済成長率が達成した時点で「議論に入る」とした。

 発表会の懇親会では、自見庄三郎代表が「政権与党は民主党と国民新党だ。今後も山あり谷ありだが、支え合いながら乗り越えたい」と表明すると、野田佳彦首相は「切磋琢磨(せつさたくま)しながら、がっちり手を握って国難を乗り越えたい」と応じた。(産経新聞7月17日)』

* * * * *

 前原くんも「米自公が第一」路線を爆走中だ。

 今、民主党の前原政調会長が韓国に訪問中なのだが。

『金外交通商相は会談で、日本政府の国家戦略会議分科会が集団的自衛権の憲法解釈見直しを提言したことなどが対日感情の悪化につながっていると指摘。前原氏は「例えば、北朝鮮で何かあった場合、米韓両国とどう協力するかという文脈の話だ」などと述べ、理解を求めた』とのこと。(日本経済新聞7月16日)

 前原氏は、とりあえず「政府決定ではない」と説明したようなのだが。前原氏自身が、先週『10日の記者会見で、集団的自衛権について「日本が攻撃されるのを未然に防止するため米軍が動いていても、共同行動が取れないことは、従来おかしいと思ってきた」と述べ、行使を禁じた憲法解釈の見直しが必要だとの認識を示した』ことは、韓国政府も知っていることだろう。(ーー)

 韓国政府にまで理解を求めようとしたということは、野田&前原陣営は、かなり本気で、早期に集団的自衛権の解釈変更に取り組むつもりでいるのではないかと察する。(`´)

<野田陣営が今国会中にPKO法を改正し、内閣法制局が憲法9条違反だと解釈している「駆けつけ警護」を実現することを目指しているのもアブナイ!(*1)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ただ、前原氏はオスプレイの件では、米国に抵抗を続けている。(@@)

 とはいえ、『前原がオスプレイ配備に反対? 』に書いたように、前原氏が最も危惧しているのは、事故が起きたら、国民が「日米同盟」に不信感を抱いて、日米軍一体化が進められなくなることだ。
 それゆえ、mewから見れば、結局は「米自公が第一」の精神に基づく言動であることに変わりはない。(-_-)

 オスプレイ12機を載せた米軍艦船は、中継地グアムを出発。ついに7月24日頃には、山口県の岩国基地に到着する予定なのだが。
 米国は、日本側の度重なる要請にもかかわらず、予定通り、岩国基地に同機を搬入すると宣言したという。(関連記事*2)

 野田首相は、もはやあきらめモードにはいっているような感じで・・・。

『野田佳彦首相は16日のフジテレビの報道番組で、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)配備計画について「配備自体は米国政府の方針だ。どうしろ、こうしろという話ではない」と述べ、日本政府として拒否できないとの認識を示した。
 首相は「事故を起こしたので心配している人がたくさんいる。安全性の再確認ができなければ飛行運用することはない」とも述べ、米側の事故調査報告書が出るのを待ち、安全性を確認する意向を表明した。(産経新聞7月16日)』

 森本防衛大臣も、「米国が予定を変更しない意向であることを確認した」と受身の姿勢。^^;
 森本大臣は、7月中にも訪米し、米国側と協議をしたいと語っていたのだが。米国側に日程がつかないと言われ、結局、8月にはいってから訪米することになったとのこと。それでは、岩国基地のオスプレイが搬入された後になってしまう。(~_~;)  

* * * * *

 この野田内閣の姿勢に対して、前原氏が痛烈に批判したというのだ。 

『民主党の前原誠司政調会長は17日の記者会見で、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)への配備計画について、「首相も官房長官も沖縄、山口の皆さんの民意を軽く考えているのではないか。今の配備計画をそのまま押し付けて沖縄の理解を得られるのか。見通しは甘いと言わざるを得ない」と述べ、配備延期を米側に求めない政府の対応を批判した。

 オスプレイの墜落事故が相次いだことに関し、前原氏は「安全性が確保されないものを、米国が言ってきただけで導入し、万が一事故が起きたとき、日米同盟は極めて大きく傷つく」と懸念を表明。「日米安保を堅持、強化すべきだからこそ、責任を持って米国と話をしてほしい」と述べ、現行の配備計画の見直しに向け米国と再交渉するよう政府に求めた。(時事通信7月17日)』

* * * * *

 前原氏が、このような言動を続ける背景には、山口県知事選や、岩国基地の(沖縄&厚木部隊&空母などの)移駐計画への影響を懸念していることもあるようなのだが。

『「せめて29日の知事選投開票日以降に搬入を延期させたい」というのが政府の本音。だが、米側はほかの積み荷の積み降ろしにも影響するとして1日たりとも日程変更に応じぬ構えだ。
 政府は、オスプレイ搬入問題で地元との対立が深まれば、米空母艦載機の岩国基地への移駐計画にも影響が広がりかねないと危惧している。(産経新聞7月17日)』

 このブログでも何回か扱ったことがあるのだが。沖縄県はもちろん、山口県、特に岩国市の住人も、これまでさんざん米国や日本政府&防衛省に騙されて来た(ハメられて来た)のだし。
 何度も書くように、オスプレイの飛行訓練(低空・夜間飛行もあり)は、全国各地で行なわれることになっているわけで。
 沖縄、山口県だけでなく、全国の国民の生活の安全が脅かされるおそれが大きい問題であるだけに、原発問題と同様、国民全体で政府にプレッシャーをかけて行く必要があるのではないかと思うmewなのだった。(@@)

                    THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、大きな励みに。全競技の五輪での活躍を願って。(・・)


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
↑もう1クリックが、毎日更新を続けるエネルギー源に"^_^"

 



*1

『政府は国連平和維持活動(PKO)に参加している自衛隊が、活動している現場から離れた場所で武装集団などに襲われた民間人らを助ける「駆けつけ警護」ができるようにするため、PKO協力法改正を検討する。受け入れ国の同意など一定の条件のもとで武器使用を認める。今国会中の法案提出をめざす。(日本経済新聞7月16日)』

『政府が今国会に提出を検討している国連平和維持活動(PKO)協力法改正案の概要が12日分かった。自衛隊の活動地域から離れた場所で政府職員や非政府組織(NGO)の文民がゲリラなどに襲われた際、自衛隊が救助に行く「駆けつけ警護」を、自衛隊が受け入れ国の行政警察権を支援する行為として初めて容認。武器使用基準を緩和する。野田佳彦首相は12日の衆院予算委員会で、「駆けつけ警護も含めPKO法の議論を最終調整している」と近く法案をまとめる考えを表明した。

 現行法は、自衛官が武器を使用して守る対象を自らと同僚隊員、「自己の管理下に入った者」に限定。内閣法制局は、政府軍や反政府組織など「国または国に準ずる組織」への武器使用は、憲法9条が禁じる海外での武力の行使に当たる恐れがあるとしている。

 このため、現行法では危険にさらされていない自衛隊が別の場所にいる他国部隊や文民の救援のため移動し、武器を使用する駆けつけ警護はできない。

 改正案は、駆けつけ警護ができる条件として、(1)国連が受け入れ国と交わす権限委任の取り決めで、文民の保護を規定(2)日本政府が受け入れ国と事前に合意--を前提に、駆けつけ警護を再建途上の受け入れ国が実施できない行政警察権を補完する範囲で容認する。

 武器使用基準を一部緩和し、保護対象を文民に限った上で、自衛隊の管理下に入るまで襲撃を抑止する武器使用を認める。

 日本のPKO参加5原則は紛争当事者の停戦合意が前提。政府は、国または国に準じる組織の襲撃は想定されず、ゲリラや盗賊などの襲撃に対する武器使用が「武力行使に当たることはあり得ない」(政府高官)と判断。憲法解釈を変更せずに駆けつけ警護が可能だとした。ただ、内閣法制局は駆けつけ警護をめぐる見直しに慎重だ。(毎日新聞7月13日)』





*2

『政府は垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米軍岩国基地(山口県岩国市)への搬入延期を米政府に要請するが、米側に応じる気配はない。安易な譲歩は反対派を勢いづかせると判断しているからだ。だが、沖縄から山口に「反基地」が飛び火すれば、米軍再編計画全体がドミノ倒しのように瓦解(がかい)しかねない。(半沢尚久、峯匡孝)

 「絶対に認めない!」

 7月上旬、米国防総省担当者は、岩国への搬入延期を打診する防衛省幹部の言葉を一蹴した。オスプレイ12機を載せた民間輸送船はすでに、7月1日に米西海岸を出港している。グアムなどに寄港後、24日にも岩国基地に到着予定だ。

 「せめて29日の知事選投開票日以降に搬入を延期させたい」というのが政府の本音。だが、米側はほかの積み荷の積み降ろしにも影響するとして1日たりとも日程変更に応じぬ構えだ。

 政府は、オスプレイ搬入問題で地元との対立が深まれば、米空母艦載機の岩国基地への移駐計画にも影響が広がりかねないと危惧している。岩国市の福田良彦市長は平成20年の市長選で「計画撤回」を訴えた前市長を破った「移駐容認派」だが、政府との溝が広がれば反対派に転じかねないからだ。

 移駐計画は、26年までに空母入港時の艦載機59機の拠点を厚木基地(神奈川県大和市など)から岩国に移駐するのに併せて、(1)普天間のKC130空中給油機12機を岩国に移駐(2)KC130の訓練を海自鹿屋(かのや)基地(鹿児島県鹿屋市)とグアムに分散(3)岩国の海兵隊輸送ヘリCH53D8機をグアムに移駐-という内容。

 だが、艦載機移駐が実現しない限りパッケージである他の岩国再編案は頓挫する。そうなれば「タッチアンドゴー」と呼ばれる空母艦載機「陸上離着陸訓練(FCLP)」の馬毛(まげ)島(鹿児島県西之表(にしのおもて)市)移転計画も宙に浮き、日米両政府の溝がますます広がるのは必至だ。
(産経新聞7月17日)』
[PR]
by mew-run7 | 2012-07-18 04:15 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/18390330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 青山繁晴氏のファンサイト.. at 2012-07-18 19:40
タイトル : 青山繁晴「アンカー」7月18日 緊急企画 青山繁晴が天安..
本日放送の「アンカー」の動画を見つけました。 番組サイトより 2012年7月18日のアンカーは… ▽緊急企画 青山繁晴が天安門事件 元リーダーを直撃取材 中国民主化&尖閣問題背景と その思いに迫る ▽女性アスリート強化に 子育て支援は必須の時代… 産後2カ月で復帰した 有力ランナーに密着 ▽大津いじめ続報 直ぐに削除されますので、お早めにご覧下さい。 ・ 「スーパーニュースアンカー」 (KTV)  http://www.ktv.co.jp/anchor/ ヤマ...... more