前原が竹島に「実力行使」発言+谷垣&自民党の攻勢に野田は?+ばんえい

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログRのクリック反映率が超不調になっています(下の金魚のバナーの方が確実のようだとのご意見あり。)もしお時間のある方は、複数バナーをクリックしていただけると幸いです。
ぶろぐ村の政治・社会問題の方は、どのバナーでもOKです。




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

*印がついた報道記事は、記事の最後のMore部分にあるです。

 まずは、地方競馬広報係のお仕事(?)を。"^_^"
 
  明日20日には、帯広のばんえい競馬で、JRAジョッキー・デ~のイベントが開催される。(**)
<詳細は、ばんえいHP(コチラ)&オッズ・パーク特設サイト(コチラ・ネット中継ありで。>
 今年は、初回からイベントに積極的に協力してくれている藤田(北海道出身)やアンカツ、勝浦のほか荻野、小林徹、武英、藤岡佑、松岡、村田、和田が模擬レースや様々なイベントに参加する。
 お近くの方は是非、帯広競馬場で、忙しい方はネット中継で、お楽しみ下さい。"<できれば、ばんえいの馬券も買って下さいね~。"^_^">

 先週は、大井競馬場にばん馬(広報馬のミルキーと現役のドオーダッシュ)が来てくれて、オトナも子供も、嬉しそうに馬に乗って写真を撮っていたです。(^^♪
<何でいつも東京に来るのは、ドオーダッシュなんだろう?トシタカが命名して有名だから?輸送に強いから?それとも、おとなしいからかな?>
 当日は、現地ではばんえいグランプリ(宝塚記念みたいなもの)が行なわれたのだけど。伏兵5番人気のギンガリュウセイが勝ったのにはビツクリ。<ちょっとごヒイキなので、尚更に。(@@)>
 
 JRAも、10月から地方競馬の重賞をI-PATで売ってくれることになったし。<詳細はコチラ。ただ、ばんえいがはいっていないのと、A-PATは制限があるのが不満だけど。>
 是非、地方競馬の応援をよろしくお願いいたしますです。m(__)m

p.s. あと先月には、福島の相馬野馬追いが行なわれて。昨年は一部の行事しかできなかったのだけど、今年は完全復活したのも嬉しかったです。(^^)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 先週から、TVでは竹島&尖閣諸島の問題が、かなり取り上げられるようになっているのだけど。

 今朝、たまたまTVのチャンネル移動中に、前原くんがとんでもアブナイ発言をしていたシーンと遭遇して、ギク~ッとさせられてしまった。(@@)

 それは、民主党の前原政調会長が、読売TV系の「ウェークアップぷらす」に出演中のこと。<この番組は、やや保守系モードなので、その手の議員がやや勇ましい発言をしがちなとこがあるのだけど。>
 司会の辛坊治郎氏に、韓国による竹島の実効支配ををやめさせるにはどうしたらいいのかと問われた前原くんが、何とこんな一言をクチにしたのだ。

「もしそのようなことをやるのであれば実力をもって奪還するしかないと思う。」(゚Д゚)

 スタジオは、この言葉をスル~しようとした感じがあったのだが。中継出演していた東京の猪瀬副知事が、「前原さん、『実力で』ってどういうことですか?」と前原氏の発言をツッツいて来たので、「あらら~」という雰囲気に。

 前原氏は「部隊等を駆使してってことですよ」と答えたものの、自分の発言のアブナさに気付いて、明らかに動揺し、目がオロオロとキョドって、しどろもどろ状態になってしまい・・・。
 自分の発言について質問されているのに、何故だか、猪瀬副知事に「何をおっしゃっているんですか」「よく分からない。武力行使ってことですか?」と逆質問して、何とかごまかそうと必死に。(~_~;)

 さすがに、保守系で有名な辛坊氏も、このままじゃマズイと思ったのか「横で聞いていてそういう意味ではないと思いますよ」とフォローしたのだが。気まず~い雰囲気が残った。^_^;

 mewは、この件をメディアがどう伝えるのか、興味深く思っていたのだけど。 ネットで見る限り、どのメディアも、この「実力」発言はスル~して、一切取り上げていない様子。
<このあと、前原氏が尖閣諸島上陸事件のビデオ公開すべきだと語った件は、しっかりと報じられていたんだけどね。(名誉挽回?^^;) (関連記事*1に)>

 前原くんと言えば、何かにつけて、つい口先(だけ)でアレコレ言ってしまうことから、「言うだけ番長」「口先番長」などととして知られるようになっているのだが。<あと米国の講演とか保守系の会合などタカ派ムードの場所だと、ついつい勇ましい話をしてしまうことがある人なのよね~。(-"-)>

 これが首相や閣僚だったら、簡単にスル~してはもらえないものがあるわけで。

「やっぱ前原くんは、あまりにもアブナっかしいので、絶対に日本の首相にはできないな~」と改めて認識させられたmewなのだった。(@@)

<もしかしたら、youtube とかに、TVの映像が残っているかもです。>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 また、昨日はこんな動きもあった。

 超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」<最高顧問・平沼赳夫(「た」党)、会長・山谷えり子(自民)>の国会議員など150人が、慰霊祭を行なうために尖閣諸島に向けて出航したという。
【追記・このうち9人が、魚釣島に強行上陸したとのニュースが。(・o・)】

『超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」会長の山谷えり子参院議員(自民党)ら国会議員8人は18日夜、沖縄県・尖閣諸島の魚釣島に向け、同県石垣市の石垣漁港を出発。政府の上陸許可が得られなかったため、19日に魚釣島周辺の洋上で先の大戦末期に起きた疎開船遭難事件の慰霊祭を行う予定。

 出港に先立ち、山谷氏らは石垣市新川の遭難死没者慰霊碑で行われた慰霊祭に出席した。

 魚釣島方面に向かった国会議員は山谷氏のほか、民主党の長尾敬、自民党の新藤義孝両衆院議員ら。地方議員や地元漁師ら約150人とともに21隻の船に分乗し、19日未明に魚釣島近海に到着する見通し。

 尖閣諸島上陸には地権者と賃貸借契約を結ぶ政府の許可が必要。同議連は3日に上陸を申請したが、政府は13日、「(尖閣を)平穏かつ安定的に維持・管理するためという政府の賃借の目的を踏まえると上陸は認められない」と回答した。(産経新聞8月18日)』
<あの田母神俊雄氏(元航空幕僚長)も、同行したんだって。(・・)>

 中国政府は、反政府的な主張も行なっている香港の政治活動家の上陸に関しては、やや静観するような構えを見せていたのだが。
 この慰霊祭に関して、中国国内で強い批判が出ていることから、政府も巻き込んで、日中関係の悪化を招くおそれがあるという。(-"-)

* * * * *

 野田政権にとっても、今回の竹島、尖閣諸島に関する問題は痛いところ。
 もしかしたら、この件で、野田首相が早期の解散または退陣に追い込まれる可能性があるかも知れない。(~_~;)

<10年9月、菅直人氏が代表&首相に再選した時、一時的に支持率が上がったのだが。代表選中に起きた尖閣沖の衝突事件の対応&ビデオ公開の件で、自民党や一部メディアが大攻撃を行なったことや海保の映像流出事件が起きたことで、一気に支持率が急落。それ以降、国会が紛糾&参院問責決議も次々と可決され、お手上げ状態になった。^^;>

 野田首相は、17日に韓国の李大統領に親書を出して、大統領の竹島上陸や日韓関係をめぐる最近の発言に遺憾の意を伝えるとともに、竹島問題を解決するため国際司法裁判所(ICJ)への提訴するという日本政府の方針を伝えたとのこと。
 また15日に尖閣諸島に上陸した香港の活動家らを含む14人に関しては、身柄拘束をしたものの、刑法犯に当たらないとのことで、17日に不法入国者として強制送還(国外退去)を行なったのだが。
 これらの対応に関して、自民党を中心に保守系の政治家や識者、メディアなどから大きな批判が出ている。(@@)

 自民党は、消費税増税法案が成立したことから、もともとお盆明けの国会では「近いうち解散」を目指して、野田政権と対峙して行く方針だったのだが。
 今回の件は、ある意味で、保守政党・自民党にとっては、野田&民主党政権の「弱腰外交」を攻撃する「絶好のチャンス」になる。(・・)
 同党は、お盆休み中であるにもかかわらず、16日には外交部会などを招集して、官邸に抗議声明を提出。また、その後も毎日、この件で野田政権の批判を続けている。^^;

* * * * *
  
『自民党の外交部会・領土特命委員会合同会議は16日、香港の活動家らが尖閣諸島(沖縄県)に上陸した事件について「一連の政府対応は、わが国の国家主権も守れない愚行だ」とする声明をまとめ、首相官邸で藤村修官房長官に提出した。

 声明は政府に対し海保が撮影した香港船のビデオを早急に公開するよう要求。党本部で開かれた合同会議では、事件当日に警察と海保を所管する松原仁国家公安委員長と羽田雄一郎国土交通相がそれぞれ登庁していなかったことが明らかになり、同党は国会審議で追及する構えだ。(毎日新聞8月16日)』

『自民党の谷垣禎一総裁は16日午後の党外交部会・領土に関する特命委員会合同会議で、香港の活動家が沖縄県・尖閣諸島に上陸したことについて「毅然(きぜん)たる態度で中国政府に抗議する必要がある。政府の対応に極めて問題があったのではないか」と政府の対応を批判した。(産経新聞8月16日)』

『香港の活動家らによる尖閣諸島への上陸事件など、領土をめぐる問題が相次いでいることについて、自民党の谷垣総裁は、「民主党政権で外交を立て直すのは不可能だ」と厳しく批判した。

 谷垣総裁は「これだけ北方領土だ、尖閣だ、そして竹島だと続くのは、甘く見られているというところがあるだろうと、私は思います。これもですね、もはや、民主党政権では立て直すことは不可能だろう」と述べた。
 また、谷垣総裁は「民主党政権の外交の基本線がしっかりしていないから、こういう事態を招いた」と批判するとともに、9月8日までの国会会期内に「内閣不信任案や問責決議案をどう使うかも念頭に考えていく」と述べた。(FNN8月19日)』

* * * * *

 野田首相は、9月8日の会期末までに、何とか特例公債法案と衆院定数是正法案の重要2法案を成立させたいところなのだが。
 自民党は、20日から始まるお盆明け国会の最初に、竹島、尖閣諸島に関する審議を行なう日程をとるように要求。尖閣上陸の際の海保の映像の公開なども求めて行く方針だという。

 また、参院では、森本防衛大臣、松原国家公安委員長と羽田国交大臣などの閣僚や野田首相の問責決議を可決して、審議をストップすることも計画しているとのこと。野田政権は、苦しい国会運営を迫られそうだ。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 今回、韓国の李大統領が、竹島上陸を敢行した最大の理由は、支持率低下を挽回するために党内や国民の保守層にアピールする狙いがあったからだと言われているのだが。

<韓国も深刻な経済・雇用低迷期を迎えているので、その不満&批判をかわすために、領土問題に目を向けさせ、ナショナリズムを煽る意図もあるという見方もある。>
 
 実は、自民党&谷垣総裁も、党内外の支持率が低下しており、mewには、ある意味では同じような立場にあるように見えるところがある。(~_~;)

* * * * *

 自民党は、09年の衆院選で大敗したのを受けて綱領を改定し、民主党との対抗軸を鮮明にするために、より保守的な方針をとることに決めた。そして、次の衆院選でも、憲法改正や集団的自衛権、領土保全、国防力の強化などを公約に掲げ、それを前面に押し出して戦うつもりでいる。(-"-)
 
<mewは、一般国民は、もっと生活に密着した分野の施策を求めているのではないかと察するのだが。自民党は、まずは固定支持層である保守派の人たちの支持を、しっかりと得たいと考えている様子。また脱原発がメインの争点になるのをかわす意図もありそうだ。^^;>

 そして「近いうち解散」を目前にして、この領土問題を契機に、党全体として強気の姿勢をアピールしたいという思いがあるのだ。(・・)

<そもそも、自民党政権だった時代、04年の中国の活動家が尖閣諸島に上陸した時に、小泉政権が強制送還したことや、竹島が韓国にどんどんと実効支配されて行った状況を何十年も放置して来たことになどに関して、自民党はどのように説明するのだろうか?誰か、正面からきいてみて欲しいものだ。(`´)>

* * * * *

 さらに、谷垣総裁の場合は、もっと強気の言動をしなければならない事情がある。
 このブログでは以前から、谷垣総裁が、消費税増税法案で野田首相に協力したことや、早期解散の確約を得ていないことなので、党内の強硬派から批判を受けているという話を書いているのだが。
 その強硬派の大半は、中朝韓を敵視している(超)保守タカ派の議員が占めており、谷垣総裁がここで紳士的な言動を見せでもしたら、すぐにでも「谷垣おろし」の動きが起きそうな状況にあるからだ。^^;

 しかも、次の総裁選には、国防族TOPの石破茂氏(元防衛大臣)や、超保守派のリーダーである安倍元首相が出馬に意欲を示していることを考えると、谷垣総裁は、彼らの批判を受けないためにも、尚更にどんどんと強気の姿勢をオモテに示す必要があるわけで。
 本来なら、冷静かつ理論的な演説こそが谷垣総裁の持ち味なのだが。<そこが谷垣くんのいいとこだったのにな~。^_^;>
 おそらく、ここからは、ある意味では政治生命を賭けるような感じで、こめかみに青筋を立て、口角泡を飛ばすような感じで、民主党批判を繰り広げるのではないかと、また、そうせざるを得なくなるのではないかと察する。(@@)

* * * * * 

 そして、困ったことに、自民党がそのような方針をとり、保守系のメディア党内の一部の勢力が、野田首相の「弱腰外交」を批判するようになると、今度は野田首相自身やその周辺も、強気の姿勢をとらざるを得なくなる可能性が出て来る。

<藤村官房長官は、海保の映像公開は控える方針を示しているのに、前原くんは18日のTVで「尖閣諸島への上陸事件で海上保安庁が撮影したビデオ映像について、「国民にしっかり事実を知らしめるためには、公開すべきだ」と、野田首相をたきつけるようなことを発言をしているし。先述した「日本の領土を守る~議員連盟」にも、民主党の議員が何人も参加しているしね~。^^;
 <ついでに言えば、ここには、民自連立を考える野田ー谷垣陣営(ふつ~の保守派?)と、自民党中心の保守結集(維新の会も含む?)をもくろむ超保守派との争いも関わっているわけで。かなり複雑な構図があるように思える。>

 mewは、実のところ、一般国民の大部分は、領土問題にはさして強い関心は持っていないと思うし。あまり他国にナメられるのはイヤだと思う人は少なからずいるだろうけど、中国や韓国との関係が悪化して、経済、貿易、文化交流などに支障を来たすようなことは避けて欲しいと望んでいる人の方がず~っと多いのではないかと察するのである。(・・)

<たぶん韓国や中国でも、経済的な面で影響が出るのは困ると思う人は結構いるのではないだろうか?(@@)>

 でも、そのような国民の思いをよそに、特定の思想を持った人の批判にをかわすために谷垣総裁が強気で勇ましい言動&批判を行ない、その批判をかわすために、今度は野田首相が中韓に対して強気の対応、言動を行なわざるを得なくなって。そうなると中韓もさらに強気の対応をして来て・・・。
 ・・・という感じで。それぞれの自己保身のために、強気の相乗作用が生じて、言動がエスカレートして行くと、一般国民の感覚や考えとどんどん離れて行くおそれがあるだけに、その点を憂慮してしまうところがある。(~_~;)

<これが講じると、誰かみたいに(過って?)「実力行使」がどうのなんて言葉を発することになってしまうからね。(-"-)>

* * * * *

 mewは、日本政府は、各問題に毅然に対応すべきだと思うし。竹島の件を国際司法裁判所に提訴することや、尖閣諸島への不法上陸を予防するために海上保安庁の支援や権限強化などを行なうことは重要だと考えている。<海上自衛隊ではなく、海上保安庁ね。(・・)>

 ただ、玄葉外務大臣は15日に、韓国大統領の発言に関して『「冷静に対応しなければならない難しい問題で、あえてナショナリズムをあおるような言動は韓国のためにならない」と指摘した』そうなのだが。(毎日新聞8月15日)
 mewは、全く同じことを日本の政治家たちにも言いたいと思う。(**)

 そして、どうか一般国民も、妙なナショナリズムを煽るような言動や報道に惑わされることなく、冷静に政府や各党議員の発言や行動をウォッチして、今後の国政を委ねるべき政党や政治家を判断をして欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

                   THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 
↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

 
[PR]
by mew-run7 | 2012-08-19 09:11 | 政治・社会一般