日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

維新の会、議員採用の公開オーディション&その新自由主義的な政党づくり

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

*印がついた報道記事は、記事の最後のMore部分にあるです。

今日から、9月だ~~~。(・o・)

 幸い(?)、9月に解散総選挙の可能性はなくなったと見ていいのではないかと思うのだけど。

 政治の世界では、ここ20年で、<いや、もしかしたら戦後60年余りの中で?>、最も激しい政局が展開されることになるかも知れない。(**)

 民主党、自民党の党首選(城主争い?)も、候補者の名が次々と出て、何だか戦国の動乱のような状況になりつつあるのだけど。^^;
 政界全体では、大阪維新の会の出現によって、まさに戦国時代の下克上の国盗り合戦のような様相を呈しているような感じもある。(~_~;)

 この民主党、自民党の党首選の結果、そして維新の会、国民連合などの第三極の勢力形成の動向は、日本の将来を大きく左右することになるだろう。(・・)

 実は、今月で、05年にこのブログを始めて丸7年を迎えるのだけど。
 mewがこのブログを立ち上げるきっかけになったのは、05年9月の小泉総選挙&それに至る過程を見ていて、「このままじゃ、日本がアブナイ!」と大きな危機感、危惧感を覚えたことにあった。

 それから7年。一時はかなり危機的な状況にあったものの(05~7年の小泉ー安倍政権の時にね)、何とか最悪の事態はまぬがれて、引き戻して来たのだけど。
 でも、あれからわずか何年しか立っていないのに、日本はまた、トンデモないアブナイ方向に進もうとしているわけで・・・。(ノ_-。)

 本当に泣きたくなってしまうぐらい超ブル~な気分になっているものの、何とかここで、日本がアブナイ道に突入することを阻止したいと、強く願っているmewなのである。_(。。)_
 
<今後も、しつこく書き続けるのではないかと思うけど。具体的に言えば、(あえて3つにしぼるなら)戦後憲法の精神を守り、集団的自衛権の行使容認などの平和主義の破壊や戦前復古主義的な国政を阻止、2・過度な新自由主義の経済、社会政策を阻止して、3・早期の脱原発を実現できるようにしたいと。
 そのためには、ともかく、1・自民党の超保守タカ派&大阪維新の会の連立政権や、2・自民党&民主党+αの(新)保守タカ派政権ができることは阻止しなければって思うのよね。(・・)>

* * * * *

 さて、今、政界で台風の目玉になりつつある大阪維新の会が、昨日、維新八策をまとめたとのこと。(維新八策の全文はコチラの倉庫に)
 そして、その維新八策をベースにして、9月9日に現職の国会議員やら首長経験者やらを集めて、公開討論会を行なうことになった。(・・)

 先日の記事で、mewは、知人が「芸能プロダクションのオーディションみたい」「就職試験の討論会(グループ・ディスカッション?)みたい」だと言っているという話を書いたのだが。

 ちょっとビックラしたことに、どうやら審査員の先生方を招いて、本当に維新の会の候補者の採用試験orオーディションのような感じの討論会を行なうつもりのようなのだ。(・o・)

『地域政党・大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)は、衆院選公約となる「維新八策」に関する9月の公開討論会の審査員に、維新ブレーンで八策策定でも助言を行っている竹中平蔵元総務相や堺屋太一元経済企画庁長官らを充てる方向で調整に入った。

 維新関係者によると、他に橋下氏と幹事長の松井一郎大阪府知事、政調会長の浅田均府議会議長の維新3役や、経済界から更家悠介・サラヤ社長らが候補に挙がっている。

 公開討論会で維新は、次期衆院選に向けて合流する国会議員を選考。八策で掲げる道州制や消費税の地方税化、環太平洋経済連携協定(TPP)参加などに賛同できるかどうか審査する。(読売新聞8月31日)』
(関連の報道記事・『橋下新党”早くも永田町の駆け込み寺に!?』を*1に)

* * * * *

 まあ、近時は、既成政党でも、国政選挙の立候補者を決める際に、党本部や県連レベルで公募形式をとっていて。とりあえず、論文提出やら面接やらを行なって、審査が行なわれるケースもあるようなのだが。

 でも、他の政党に所属する現役の国会議員が、しかも何回も当選経験のあるような人までが、まだ海のものとも山のものともつかないような(国政政党にもなっていないような)維新の会から出馬したいがために公開オーディションに参加して、審査を受けるなんて。知人男性は、「あいつらは政治家としての矜持はないのか。情けないと思わないのか」と、かなり嘆いていたりして。(~_~;)

 mewは、「よくも悪くもアメリカン&新自由主義的だな~」と思ってしまったとこがあった。(@@)

<米国では、大物俳優でも、映画や舞台の役を得るためにオーディションを受けたりするケースもあるしね。(~_~;)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そもそも、小泉元首相とコンビを組んで、米国式の過度な新自由主義を日本に取り入れ、米国的な格差拡大を日本にももたらしてくれた竹中平蔵氏が、維新の会のブレーンに加わり、審査員にもなっていることからして、大阪維新の会の目指す方向性がよ~くわかるのではないかと思うのだけど。^^;

 竹中氏は、昨日、大手証券会社の投資家セミナーで講演を行なった際に、橋下氏
の人気を「革命の一環だ」と絶賛していたとか。(@@)

『橋下徹大阪市長率いる大阪維新の会についても持論を展開。「大阪の政治は重要で、橋下さんの人気というのは革命の一環だ。公人はこれまで批判に対抗してこなかったが、彼はツイッターで大勢の注目を集めている」と交流サイトなどを利用した政治の変革に期待を寄せた。(産経新聞8月31日)』

 竹中氏は、小泉政権同様、また政治家の人気&キャラをうまく利用して、日本の米国化、新自由主義化を進めようとしているのではないかと、危惧感を覚えてしまうところがある。(-"-)

<ちなみに、堺屋太一氏は、大阪都構想の生みの親で、橋下氏を大阪府知事に担ぎ出した人。維新塾の名誉塾長で、維新の会の大ブレ~ンなのだが。こちらも、小さな政府論者として有名な人だ。^^;>

* * * * *

 国政進出をするための政党の作り方も、新自由主義の下でベンチャー企業が新会社を作って拡大して行くやり方とよく似ている。(~_~;)

 彼らは、1から積み上げて、自分たちで色々研究したりスタッフを育てたりしながら、徐々に会社を大きくするのではなくて。ある程度ベースを作ったら、今度は他の会社を買収したり、経験や技術のある他社のスタッフをどんどん引き抜いたりして、会社の規模、分野を拡大して行くのである。(・・)

<ホリエモンのライブドアや楽天がいい例かも。いまや大企業も含め、多くの企業が同じような手法をどんどん使うようになっているけど。^^;>、

 1から全てを作るなんて、時間と手間がかかって遠回りになるので、バカらしいと。それよりも、うまく利用できそうな会社(店舗や工場など含む)を買収して、自分の会社の一部にしたり、既に専門的な能力を身につけたスタッフを引き抜いて来た方が、効率がいいし確実性も高い、コスト的にもおいしいと考えるからだ。(-_-)

* * * * *

 そもそも「大阪維新の会」なる地域政党も、もともと松井幹事長が自民党府議時代に作っていた「自由民主党・維新の会」なるグループがベースになっていて。そこに超保守系の勉強会に参加していた若手議員なども加わる形で始まったもので。
 当初は、橋下知事と同じ志の議員が集まって、府議団を結成。自民党に在籍したまま活動していたのだが。結局、地域政党化する際に、自民党を離党することになって、いわば自民党から議員を引き抜くような形になったのだ。(-"-)
<だから、大阪自民党とは険悪な関係になっているのよね。^^;>

 そして、大阪維新の会は、橋下人気をうまく利用して、地方選+αで議員数を増やし、わずか23年で、大阪府でも大阪市でも第一党の与党勢力を築き、今度は、国政進出を狙うことになったのだけど。
 1から各選挙区で地盤作りをしたり、経験や実績を築いたりするのでは、効率が悪い。^^;

 維新の会は、とりあえず政治塾を作ったものの、出馬を希望する塾生には、既に地盤を持っている&他党所属の地方議員などが少なからず含まれていた様子。
<以前も書いたけど、結局、それなりの地盤や実績や資金力がある人しか、出馬候補にはなれないのだ。>

 でも、それだけでは一気に多数の当選者を出して、政権を担う政党になるのも難しいし。1回生ばかりでは、議員経験が不足して思うように国会活動もできないということで、今度は、アチコチの政党から、それなりに国会議員として実績や経験のある人を引き抜くことを考え、今回のオーディションを行なうことにしたのである。^^;
 
 その過程では、自分たちにとって利益になると思う政党や政治家は、その時々でうまく利用するし。自分たちの思い通りに使えなくなったり、不要になったりすれば、さっさと切ってしまい・・・。
 近時の企業の経営と同じで、と~ってもビジネスライクな感じで、党運営を行ない、政党の規模&権力を拡大して行くのである。(@@)

* * * * *  

 もちろん、世の中には、会社にせよ、政党にせよ、昔ながらの1からコツコツ、情を大切になんていう古~いやり方は、この時代にはもう通用しないのだと考えている人も少なくないのではないかと思うし。別にそのようなやり方に抵抗感を覚えない人&本当に維新の会の政策に賛同する人は、維新の会に参加したり、支持したりすればいいのではないかとも思うのだけど。

 ただ、mewがイヤ~な感じがしているのは、おそらく維新の会に参加する議員の中には、政策よりも維新人気を重視している人が少なからずいるような感じがあることだ。(-"-)
<あと国政進出後に、自分が党内で幹部になって、党や国政の主導権をとれるのではないかと期待して参加する中堅議員もいるかも。^^;>

 また、mewが最も危惧感を覚えるのは、そこに超保守派の勢力拡大が絡んでいることや、多くの一般国民がそれを意識していないことにある。(-_-;)

 国会&地方議員たちは選挙目当て、権力目当てで維新の会に群がり、国民は閉塞感を打破したいがためにor橋下氏の言動が興味深い(面白い?)がために維新の会に期待をし・・・その結果、維新の会が政権のいったんを担うことになったら、そこに待っているのは、戦後体制を破壊して、戦前のような教育や社会作りを行なう政策だなんて。きっと想像もしていない人が多いのではないかと思うのだけど。

 たぶん、よほどマスコミ(特にTV)がその点を積極的に報じない限り、国民の間にその認識が広がることはないだろう。(ーー)

 それを考えると、尚更にブル~な&めっちゃ重~い気分になってしまうmewなのだった。_(。。)_

<中途半端で申し訳ないのだが。時間がなくなったので、ここでこの記事は終わらせてアップすることにしたい。>

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 
↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

 

 



橋下新党”早くも永田町の駆け込み寺に!?

ZAKZAK8月31日

『橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」が9月中旬以降の結成を目指している新党が早くも永田町の「駆け込み寺」と化している。大阪維新は9月9日から始まる公開討論会で現職国会議員を選別する考えだが、このままだと勢力争いも勃発しそうな気配で、選別方法の見直しを迫られる可能性も出ている。

 「私なりの政策、思いをぶつけて議論し、合流に向け前向きな行動をしていきたい」。横粂(よこくめ)勝仁衆院議員は30日、国会内で記者会見し、維新新党への参加を目指して、公開討論会に出席する意向を表明した。

 横粂氏は民主党を離党した議員4人からなる衆院会派「改革無所属の会」に所属。当初「無所属の会」の全員が新党に参加する方針だったが、同氏周辺によると大阪市特別顧問の中田宏前横浜市長から個別に誘われて討論会に参加することにしたという。

 「中京維新の会」を結成した大村秀章愛知県知事も、維新から公開討論会への参加要請を受けて、民主党の今井雅人、国民新党の会派に所属する平山泰朗の両衆院議員らに「一緒に出よう」と呼びかけたことが判明。新党参加が予定されている民主党の松野頼久元官房副長官や自民党の松浪健太衆院議員らに討論会参加の橋渡しを依頼する国会議員も続出している。

 一方で、民主党の小沢鋭仁元環境相や原口一博元総務相、自民党の塩崎恭久元官房長官、国民新党の下地幹郎幹事長らは29日、松野氏とともに「国家統治機構研究会」(仮称)を創設する方針で一致した。

 多くの国会議員は、維新の新党に参加するか、少なくとも維新との関係を持ちたいとの思いがある。こうした思惑を踏まえ、さまざまな立場に立つ政治家が主導権を握ろうとしている。

 維新関係者は、中田氏や大村氏の動きについて「議員心理を利用した派閥づくりや勢力争いとみられてしまう」と危惧する。松野氏の動きも「空手形を切っている」と批判するとともに、新党結成そのものが難しくなると懸念する。

 大阪維新幹事長の松井一郎大阪府知事は29日の記者会見で、1回目の公開討論会について統治機構改革をテーマに5時間行う計画を示した。ただ、「5時間では足りないんじゃないかとも思っている。当日はどういう結果になるのか、僕ら自身が予測不可能な状態だ」とも漏らした』
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/18764327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 一人でお茶を at 2012-09-01 19:21
タイトル : 橋下メモ
秋ごろには選挙? そんなニュースが聞こえてくる中、政治ブログを見て回っていたのだけれども、このところ週刊誌の見出しを独占しているウワサの橋下維新の会関連の記事をふたつ、メモしておくことに。 維新の会、議員採用の公開オーディション&その新自由主義的な政党づ... more
by mew-run7 | 2012-09-01 11:22 | 政治・社会一般 | Trackback(1)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7