小沢の素顔、友近(議員)が語る+小沢、沖縄でオスプレイ批判

 これは9月29日、2本めの記事です。


頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 昨日、野田首相が、民主党の代表に再選した挨拶に各党を回った際、「国民の生活が第一」では小沢代表が不在で、「沖縄に行っております」とのこと。

 沖縄選出の玉城デニー氏が小沢氏と共に民主党を離党して「生活」に参加し、衆院選に備えて沖縄支部を作る予定。この日は、沖縄でその玉城氏の集会があり、小沢氏はそのゲストとして参加したようだ。

 奇しくも沖縄では、28日に米軍が岩国基地からオスプレイを移動して来るのを何とか阻止しようという反対運動が行なわれている最中。<結局、今週末は台風が近づいているので延期になったのだけど。>
 小沢氏は沖縄で記者団に対して、早速、オスプレイの強行配備を批判する発言を行なっていたという。 

『国民の生活が第一の小沢代表は28日夜、沖縄市で記者団に対し、アメリカ軍の新型輸送機「オスプレイ」について、地元の沖縄県民が安全性に不安を抱いているなかで、配備を強行すべきではないという考えを示しました。

山口県の岩国基地に一時的に駐機している「オスプレイ」について、アメリカ軍は、早ければ28日から、沖縄の普天間基地に順次配備していく計画でしたが、台風の接近で沖縄の天候が悪化したため、来週以降に延期することになりました。

これについて、国民の生活が第一の小沢代表は、沖縄市で記者団に対し、「沖縄の皆さんはもちろん、国民もオスプレイの安全性がしっかりと確認されていないことを非常に心配している。これを無視して、きちんとした納得のできる説明もないまま、配備を強行することには疑問を感じる」と述べ、沖縄県民が安全性に不安を抱いているなかで、配備を強行すべきではないという考えを示しました。
また、小沢氏は「沖縄や国民の声がしっかりと政府からアメリカ政府に伝わっていないことが一番の問題だ」と述べ、政府の対応を批判しました。(NHK9月28日)』

 また、普天間基地の辺野古移設に関しても「生活が米軍普天間飛行場の分散移転を主張していることにも触れ、「名護市辺野古への移設は賛成できない。沖縄のきれいな海を埋め立てる必要はない」と強調した』という。<朝日新聞9月28日)』

 何分にも、沖縄のオスプレイ&基地移設の問題に関しては、野田民主党は期待ができないし。野党の中でも自民党は、民主党以上に期待ができない状態なので、ここは何とか「生活」&「社民党」の国民連合タッグにガンバって欲しいと願っているmewなのである。(・・)

* * * * * 

 その小沢氏に関して、チョット、興味深い記事が出ていたので、ここにアップしておきたい。

 産経新聞9月23日)[水内茂幸の夜の政論]の『小沢氏は何をしている?側近友近氏が語る素顔』という記事だ。

<これは水内記者が、政治家とお酒を飲みながらインタビューするという連載もの。
 ちなみに、この友近聡朗氏(37)というのは、南宇和高から早稲田大に進んだ後、ドイツの下部リーグに。その後、JFLの愛媛FCに入団し、J2昇格を果たした。 もともと祖父も父親も松山市議だったこともあってか、07年の参院選で、無所属で出馬&当選。その後、小沢氏に誘われて民主党に入党。今年、共に「生活」結党に参加した人だ。>


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『民主党は野田佳彦首相が再選され、自民党も愛憎むき出しの総裁選が花盛りだが、皆さん少々うんざりしていませんか?こんな永田町の争乱を冷めた目でみつめるのが、新党「国民の生活が第一」だ。小沢一郎代表とともに離党した面々は、今の政局にどう向き合おうとしているのか。元Jリーガー、友近聡朗参院議員は小沢一郎代表の意外な素顔にも触れながら、民主党の病巣や次の選挙の戦い方を語り尽くした。

 友近さんと待ち合わせたのは東京・東麻布の和食料理店「旬彩 本多」。板長の本多裕一さんは、愛媛県立南宇和高サッカー部イレブンとして、友近さんと同じピッチに立った仲だ。

 「僕はフォワード、本多君はディフェンダーやミッドフィルダーとして暴れ回った。思いだすのは冬の全国大会。前年度優勝の帝京高から僕が2ゴールを決めて勝ったんですよね。まさかその時、僕が政治家になり、板前になった本多さんの店に来るなんて想像だにできなかった」

 この店の売りは、2人の故郷・愛媛県から空輸される旬の魚。本多さんの実家は水産業を営んでおり、毎日お父さんが県内の市場で買い付け、東京まで送るそうだ。

 早速、前菜の「はもと丹波しめじの三杯酢」が運ばれてきた。はもも今朝愛媛から届いた逸品。軽く油を通した肉には甘みが生まれ、さっと口の中で溶ける。党首選の取材からしばし離れ、のどを潤すビールも格別だ。

 僕が友近さんと初めて出会ったのは、参院選に初出馬した平成19年夏。当時は自民党の安倍政権が「消えた年金」などで火の車となり、盤石だった地方の「自民王国」にほころびが見え始めていた。僕は選挙区ルポ取材として、朝の松山市内で、通りかかる市電に必死で手を振る友近さんを追いかけていた。前年まで現役Jリーガーだった友近さんが、政治の常識に挑戦していく様は実に野心的だった。

 当時の民主党代表が小沢さんでしたよね。

 「思いだすのは僕が現役だった18年の11月15日。小沢さんに突然呼ばれ、父と妻と3人で東京・赤坂のマンションで30分面会した。小沢さんは参院選の候補者を探していたようですね。高揚した父が25分近くしゃべるなか、僕はじっと黙っているだけだった。小沢さんは突然『んで、君なんかあるか』と一言。僕は思わず『今日はくしくも坂本龍馬の誕生日。同じ四国の血を引く人間として、龍馬のような気概を持ちたい』と答え、出馬が決まった。正直にいえば、それまで国会議事堂に足を入れたことなどなかったし、政治ニュースにも疎かったから、なんとも不思議な気持ちだった」

 あの時の幹事長は鳩山由紀夫元首相、代表代行は菅直人前首相。小沢さんのもとに民主党が一枚岩になっていました。

 「よく誤解されるけど、初当選以来、僕は小沢さんに『ああしなさい』『こうしなさい』といわれたことは一度もない。小沢さんとは暗黙の了解で『自分で考え、来たければ来ればいい』というスタイルだ。彼がよく口にするのは『自立と共生』というキーワード。くる人拒まず、去る人追わずという考えだと思います」

 ここで「岩ガキとマツタケの茶碗蒸し」が登場した。マツタケの香りがしっとりと卵に絡みつく。

 「去年の秋くらいから、小沢さんを若手議員が取り囲むと、話題はいつも党内政局になった。こっちが『一緒にやれない人たちもいますよね。』と水を向けるが、小沢さんは『小さな話ばかりするな。申し訳ないけど君たちより僕の方が民主党に思い入れがあるぞ』と繰り返すのみ。『政局は政策からしか生まれない。あいつが嫌いこいつが嫌いという次元で語っちゃいけない』とたしなめるんだよね」

 うーん。僕の印象とかなりかけ離れていますが…。どうも小沢さんといえば、「こわもて」「剛腕」「軍隊」「独善的」という負のイメージしか浮かびません。

 「それは小沢さん自身も酔った勢いで言ってます。『こんな顔に生まれたばっかりになあ』とね。みかけによらず繊細で、おちゃめな面もある。『小沢神話』っていわれるけど、僕らからみると、単に親しみやすいお父さん。この前も飲み会で一時間だけ政策の話をした後『仕事の話はおしまい!』と宣言し、あとは無礼講で何でもあり。・・1年生議員ながらこんなこと言っていいのか」

 ますます分からない。

 「小沢さんは必要以上のことを説明しようとしないし、決して雄弁でもない。どこぞの『言うだけ番長』と違い説明が上手だとも言えない。だが口に出さない行動力はピカ一だ。民主党には『政策を語ることだけが政治』と思っている輩が多いけど、彼は真逆だ。サッカーに例えれば、民主党議員はみんな点取り屋のフォワードばかりやりたがるが、本来ディフェンダーもいなければ試合は組み立てられない。政治には泥かぶり役も必要だよ」

(下につづく)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 刺し身は愛媛沖で採れた秋さば、アオリイカ、クエ。友近さんは「秋さばは、大分の豊後水道で採れる『関さば』と同じ品種。大分はブランド化に成功しているが、愛媛はちょっと損をしている」といいながらはしを伸ばす。適度な脂が舌触りをなめらかにする。

 小沢さんの人間味は分かったが、世論は決していいイメージに受け取っていない。「生活」の支持率も低迷している。来年改選ですが、本当に大丈夫ですか。

 「僕は消費税の引き上げには賛成だし、僕ら30代にとって、社会保障の財源を確保するための増税は理解できる。いわゆる『団塊の世代』の逃げ切りは見過ごしたくはないよね。先細る若者世代だけが、豊かな団塊の社会保障費を出すのはどうみても不公平だ。けどどうしても許せないのは、前の選挙で約束しなかったことを永田町の都合だけでやること。ちゃんと選挙で国民の信を受け、堂々とその後やればいいじゃないか。どうしてもここが我慢ならなくて離党を決断したんです」

 友近さんが焼酎の水割りに切り替える。

 「もう一つ。不信感をぬぐえなかったのは、今の民主党執行部だ。どこか『自分たちだけ当選すればいい』と思う風潮がなかっただろうか。身内を大切にせず、野党など外野で過半数になればいいと考え、政権交代の原動力になったはずの多くの仲間が野たれ死んでもいいという体質だ。別の見方からいうと、民主党は野党時代、自民党政権の利権構造を追及したが、与党になった今では、批判したはずの『甘い汁』をすすっている。単に自民党から利権を移したかっただけではないのか。官僚が取り込むのも簡単だった。こうなると、自民党でも民主党でも何でもいいとなっちゃうよね」

 確かに民主党への不信感はあちこちで聞く。だが、党を飛び出した小沢さんへの批判もあるはずだ。

 「仰る通り、次の選挙は非常に厳しい。前回の選挙を仕切ってくれた連合愛媛は、今回の離党劇で『今後友近を応援しない』と決議した。離党を踏みとどまり、消費税政局の嵐が過ぎ去るまで待てばいいという思いが脳裏をよぎったこともある。どことも不義理にならずに次の選挙を戦う態勢ができるからね。だが、自分の政治信条として、政治家であることを目的化するなら、政治家なんか辞めた方がいいと思う。離党に伴い、小沢批判は自分が真正面から受けることになるし、組織も失う。そりゃ人気の高い『大阪維新の会』にでも行けば楽だ。でも政治って何かを成し遂げる大義がなければ意味がない。自分が思った道を掲げて戦い、必要とされれば勝てる。負けたらスポーツマンらしく、潔く退場するだけですよ」

 小沢さんについていかない選択肢はなかったのか。

 「当初は小沢さんに『しばらく無所属でいようと思う』と伝え、『自分で決めたならそれでいい』と認めてくれた。ただ党議拘束の撤廃など、斬新な党運営にひかれたんですよね。僕は原発の即時撤廃に反対だけど、そういう思いもくんでくれる。離党劇で迷惑をかけた人におわび行脚を続けているが、真意を話すと『組織としては無理だが、君を応援する』と言ってくださる方が多い。政局がどうなろうと、今は僕を信じて支援して下さる人をコツコツつくっていくしかないですよね」

 ここで名物料理の「真鯛の塩がま焼き」が登場した。愛媛沖の大きな鯛一匹を塩と卵白で覆い隠し、ガスオーブンでふっくら焼き上げた逸品だ。本多さんは「愛媛沖の鯛はエビなど甲殻類をふんだんに食べるから身が締まって甘い」と説明しながら、木づちで塩をガンガン砕く。

 同行の酒巻カメラマンが「過去十数人取材した中で、一番写真映えする料理だ」と喜びながらシャッターを切る。口に含むと、経験したことのないジューシーな食感が!本多さんが「塩の壁の内側には、大根の薄皮向きを挟んであります。これが保湿と適度な塩の染み込みを生むんですよ」と得意げに語る。

 「小沢さんが離党するとき…」

 友近さんのはしが止まる。

 「『次の総選挙ではどこも過半数を取れないかもしれない。参院もねじれたままだから、日本の政治はもっと混乱し、各党が細かな法案1本ずつ談合を繰り返さなければならなくなる。政治が不安定になると、極端なナショナリズムが台頭する』と言ったんですよ。今度の沖縄県・尖閣諸島の問題にもつながりますよね。小沢さんは古くて不器用な政治家かもしれないけど、経験に基づき先を見る目は確かだ。今は若い僕たちが小沢さんの政治哲学を学び、引き継ぐ必要があると思う。5年間永田町にいて、『理屈だけでものは動かない』ということがよく分かったから」

 友近さんの当座の目標は、来年の参院選で再選を果たすことだ。「前は『Jリーガー友近』として支持をもらったが、次に勝ってようやく『政治家友近』になれる」と意気込む。

 「政治家よりサッカーやっていた方が楽だったと思いますね。プロ選手の練習時間は、キャンプを除いて2~3時間。政治家は土日もなく街頭に立ち、暴言を浴びせた相手に『ありがとうございます』と答えなければならないでしょ。ただ、政治家でなくなることの恐怖感はない。『きれい事言うな。議員じゃなきゃ何もできない。ただの人になってしまう』と怒る人もいるが、『ただの人』も立派じゃないですか。枝葉と幹だけは間違いたくないんですよ」

 民主党の政権交代劇は負の面が否めないが、友近さんのような政治家を育てた功もあっただろう。愛媛で帰りを待つ3歳と0歳のお子さんは、父の背を大きく思う日が来るに違いない。』

    以上
                 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 
↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/18952425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2012-09-30 11:02
タイトル : 自公懐柔に動く野田民主、「ハザードマップ」より原発を廃止..
 民主は早くも自公に揉み手哀願で減額補正成立を目指している、橋下維新の人気は失速の模様、国民は全国の原子力発電所「ハザードマップ」より廃止を望んでいる、シロアリ政策継続の弊害が表面化、例えば東日本大震災の復旧・復興予算が防災の名目で被災地以外の道路整備や税務署の耐震化工事に流用されるだけでなく、「日本原子力研究開発機構」の核融合発電研究に42億円が計上されている。消費増税で騒いでいたが、10月1日より「地球温暖化対策税(環境税)」が導入されガソリン等が値上がり、良い政策は経済活性化の証拠:...... more
Tracked from トラブル解決無料相談センター at 2012-10-01 13:39
タイトル : ハッピーランド詐欺 返金ならTCA総合探偵事務所
ハッピーランド/返金・解決お任せ下さい!出会い系詐欺 サクラ被害 詐欺返金 被害返金 詐欺被害 無料相談 TCA総合探偵事務所... more
by mew-run7 | 2012-09-29 17:51 | 未来の党・生活・自由 | Trackback(2)