人気ブログランキング |

安倍のふざけた&下劣な仙谷へのFB投稿に怒+公明党への疑問

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 これは、先週、アップした『安倍の中道批判に怒&公明党も怒るべき』の続報になるのだが・・・。

 民主党の執行部は、次期衆院選の公約や新綱領で「中道」路線の方針をとることを検討しているのだが。
 先週、自民党の安倍総裁が、それに関して、このような批判を行なった。

『自民党の安倍晋三総裁は7日午前、都内で講演し、政府・民主党が強調している「中道」路線について「自分の信念も哲学も政策もない人たちを中道の政治家という。堕落した精神、ひたすら大衆に迎合しようとする醜い姿がそこにある。つまり自分たちの考え方がない」と厳しく批判した。(産経新聞11月7日)』
<安倍氏はメルマガでも、同様の中道批判を展開していたらしい。>

 この安倍氏の発言に、民主党の細野政調会長がは、「大変驚いた。右翼と左翼以外は政治家、政党として認めないなら、極めて偏った考え方だ」と反論。さらに、公明党も綱領に「中道主義」を掲げていることを念頭に「民主党以外にも『中道』と言っている政党があるが、そこを含め一体どういう考えなのか聞かせてほしい」と疑問を投げかけていたのだが・・・。

 仙谷由人副会長は、安倍総裁の発言に反発を示し、討論を申し込む内容証明の文書を送ったとのこと。
 それに対して、何と安倍氏が自らのfacebookを通して、とても元首相&現総裁とは思えないような、あまりにもふざけた&下劣な文面の返信を行なっていたことがわかった。(-"-)

『民主党執行部は自民党や第三極との対立軸として「中道」を打ち出そうとしているが、安倍氏が7日、それを「堕落した精神、ひたすら大衆に迎合しようとする醜い姿」と批判。これに憤った仙谷氏は、公開討論を求める申入書を内容証明で安倍氏に郵送した。

 仙谷氏は記者団に「信念、哲学がどちらにあるかを決めるのは国民だ」「(安倍氏は)3代目の家業としての政治家。限界はおありになるだろう」と挑発。(朝日新聞11月8日)』

 ただ、『安倍氏は8日、仙谷氏の申し入れについて、記者団に「野田首相とは討論するが、民主党すべての議員を相手にする時間はない」と応じない考えを示した』という。(読売新聞11月8日)

* * * * *

 確かに、安倍氏は自民党の総裁としてお忙しくされていらっしゃるであろうことは理解できるし。他党の全ての議員を相手にする時間がないのであれば、その旨を伝えて討論の申し出を断ればそれでいいのではないかと思うのだけど。

 何と安倍氏は、9日に自らのFacebook(コチラ)に仙谷氏の内容証明郵便の写真をアップした上で、顔文字も使いながら、時に品のない&イヤミたっぷりの表現を用いて、仙谷氏に返答を行なっていたという。(@@)

* * * * *

『先般、フェイスブックに載せた私の「政治家としての『中道』とは何か」という考えに対して、仙谷由人議員から内容証明郵便で申し入れ書が届きました。
内容証明郵便での厳重な配達だったので最初は、またどこかの左翼弁護士からかな(笑)?と思いましたが、いまや中道の仙谷大先生でありました。

手紙の内容を要約すると
『安倍総裁は「中道」に関してのスタンスを批判したけれども、信念、哲学、政策がどの位置にあるのかを決めるのは本人の独りよがりの評価ではなく国民の皆様であり、アカデミズム・オピニオンでしょう。そこで私(仙谷議員)と公開の場で討論される事を申し入れます。早急にご日程の調整をいただきたい。』

とのことでした。

お申し込み頂いたのに、大変申し訳ないのですが、私は自由民主党総裁として民主党の党首である野田総理と来週党首討論を行いますが、パフォーマンス目当ての議員(仙谷さんは違うと思いますが(^O^) 因みに野田総理、安住幹事長代理、細野政調会長、岡田副総理の名前を挙げましたが、仙谷議員の事にはまったく触れていません。その事が淋しかったのでしょうか(^_^;))達から注目を集めたいと申込まれた場合、いちいち公開討論を行う余裕は有りません。

近いうちに解散総選挙の陣頭指揮を執らなければならない私といたしましては、残念ながらその為に時間を費やすことはできません。

しかし、このフェイスブックの場は公開されていますし、国民の皆さんが「コメント」として様々な意見を申し入れています。

仙谷さん、ここに意見を是非書き入れてください。
そして、それを評価するのはこのフェイスブックを利用している国民の皆さんです。もちろん私もコメントを書き込みます。

お待ちしてます。皆さんも是非ご意見をお寄せ下さい。』
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 
 以前からブログを読んで下さっている方はご存知だとは思うのだが。mewは、個人的には仙谷由人氏なる議員は、あまり好きではない。

 ただ、これが仙谷氏であろうと、他のどこかの党の1年生議員であろうと、または一般人であろうと、安倍氏に対してわざわざ内容証明の書面まで送って、マジメに討論を申し出た人に、facebook を使って、このような文面の返信を行なうこと自体、まず、ひとりの社会人として、かなり非常識なことではないかと思われる。

 ましてや、仙谷氏は66歳で、もう20年近く衆院議員(当選6期)を務めており、内閣の官房長官や法務大臣などの職を歴任し、今は民主党の副会長の立場にあるわけで。58歳の安倍氏よりも年長だし、国会議員として当選回数&経験年数が変わらない立場にある政治家なのだ。

 そのような相手に対して、facebookという公の場で、
『またどこかの左翼弁護士からかな(笑)?と思いましたが、いまや中道の仙谷大先生でありました』
『パフォーマンス目当ての議員(仙谷さんは違うと思いますが(^O^) 因みに野田総理、安住幹事長代理、細野政調会長、岡田副総理の名前を挙げましたが、仙谷議員の事にはまったく触れていません。その事が淋しかったのでしょうか(^_^;))達から注目を集めたいと申込まれた場合、いちいち公開討論を行う余裕は有りません。』
という表現を用いて(しかも、小バカにするような顔文字まで用いて)返信をすることは、mewには、あまりにも礼を失する、ふざけた&下劣な行為なのではないかと感じずにはいられなかった。(-"-)

 しかも、「公開」で討論をしたいなら、facebook が公開されていて国民も意見を書き込んでいるので、仙谷氏にも意見を投稿するようにと提案するとは・・・。
<ふつ~に解釈するなら、「何か意見があるなら、one of the 国民として、ここに書き込め」と。「そうしたら、意見を読んでやって、コメントもしてやるよ」ってことだよね。^^;>

 mewは、このような対応や書き込みをすることは、いやしくも日本の元首相、現自民党総裁としてふさわしいことだと思えないし。ましてや、こんな人が、近い将来、日本の首相になるかと思うと、あまりにも哀しく、情けなく、またぞ~っとするぐらいおぞましくさえ感じてしまうところがある。(-"-)

<安倍氏は、以前に首相を務めていた頃には、もう少し品格のあるもの言いをしていたように思うし。その点は評価していたとこもあったのだけど。今回の投稿は、誰かに書かせたとしても問題だけど。もし安倍氏本人が全文を書いたのだとしたら、チョット人格を疑っちゃうです。(~_~;)>

* * * * *

 また、安倍氏がこのような対応を行なった理由の一つには、仙谷氏がもともと社民党に所属しており、安倍氏らの超保守派が忌み嫌う「サヨク」出身の議員(元弁護士)だということがあるのではないかと察する。<だから、わざわざ「サヨクの弁護士」かと思ったと書いたのよね。>

 安倍氏らは、仙谷氏のように中韓との外交を重視し、中韓の文化や歴史認識を尊重する姿勢を示す政治家を敵視&蔑視していて。まるで子供みたいに、相手をとっちめるような言動をしては「わ~い、言ってやったぜ~」という感じで得意げな顔になって喜ぶようなことが少なからずああるのだ。(~_~;) 

 案の定、この書き込みには、いわゆるネトウヨから「いいね!」や評価するコメントが多くついているようなので、本人は、また、もしかしたら「してやったり」とご満悦になっているかも知れないのだけど。<だから、彼らはますます勘違いしちゃうのよね。>
 mewは、TVなどの大手メディアにも是非、このfacebookの書き込みを取り上げてもらって、一般国民にも、このような対応や表現が、一国の首相としてふさわしいものなのかどうか判断する機会を提供して欲しいと願っている。(・・)

* * * * *

 そして、何と公明党の井上幹事長も、民主党の中道路線を批判していたとのこと。(・o・)

『公明党の井上義久幹事長は9日の記者会見で、民主党が次期衆院選で打ち出そうとしている「中道路線」を批判した。公明党は綱領に「中道主義」を掲げており、民主党が同じような中道路線を打ち出すことに不快感を示した形だ。

 民主党の動きに関し「石原慎太郎前東京都知事が新党結成を表明したのをきっかけに右傾化路線との違いを出すため突然言い始めた」と指摘。「選挙対策の意味合いが強く、ご都合主義だ」とした。

 一方、自民党の安倍晋三総裁が7日の講演で民主党の「中道路線」を「信念も哲学も政策もない人が中道だ」と批判したことには「安倍氏が言っていることが正しいかどうかは今の段階では判断できない」と述べるにとどめた。(産経新聞11月9日)』

 いや、決して、突然じゃないんですよ~。
 民主党も98年に党の綱領の代わりに作った基本理念には、『「民主中道」の新しい道を創造します』って記されているのである。(・・)
<ただ、何故か野田&前原Gが、その理念を守ろうとせず、どんどん保守タカ派化しているだけで。(~_~;)>

 それに、mewは以前から不思議なのだけど。公明党は中道主義の「平和と福祉の党」でありながら、何で自民党の中でも(超)保守タカ派&新自由主義度の強い小泉、安倍政権の間、ずっと連立政権を組み続けていたのか。そして、またまた、憲法改正、集団的自衛権、自立重視で福祉削減を唱えている安倍総裁と組んで、新たな政権を作ろうとしているのか・・・。
 mewには、それこそ「ご都合主義」であるように思えてならないのだ。(-"-)

 自民党は、結局、公明党と約束していた中選挙区制の復活だって実行に移そうとしないし。選挙で利用されるだけの存在になっていることに、不満が募っている支持者も多いときくのにな~。(・・)

 しかも、安倍氏の「信念も哲学も政策もない人が中道だ」という批判に対して、怒ることも反論することもなく、「安倍氏が言っていることが正しいかどうかは今の段階では判断できない」って言うなんて・・・。(~_~;)

<じゃあ、あとになったら、安倍氏の言っていることが正しいって判断することもあり得るわけ?^^; そんな弱腰なことを言っているから、あんな偏った思想にハマって、自分で物事を判断できないような人に、中道は「信念も哲学もない」とか「何も考えていない」とか批判されることになっちゃうんだよ~~~。(-"-)>

 実際のところ、公明党の支持者は、本当に平和を愛し願っている人が多いのは事実だと思うし。しかも、「中道主義」を掲げるからには、せめて最も右寄りと言われる安倍自民党と組んで、日本の右に傾くのを手伝うようなことだけはして欲しくないいな~と。
そして昨日も書いたけど、安倍自民党をはじめ保守勢力の結集に動く政党が増えて、日本の右傾化が懸念されている中、日本を真ん中の方に引き戻すために、公明党も含め、何とか「脱原発、平和、リベラル志向の中道勢力の結集」をして行く必要があるのではないかと切に訴えたいmewなのである。(@@)

THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

by mew-run7 | 2012-11-11 05:43