維新がまた方針転換&石原がアブナイ発言連発+鳩山が出馬断念か

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 昨夜、mew的には、ちょっとショッキングなニュースが2つあった。(゚Д゚)

 一つは、鳩山元首相が衆院選への出馬をやめる意向だと報じられていたことだ。

 もう一つは、小沢氏の秘書3人の控訴審が<判1審から控訴審の初公判まで一緒に併合審理されていたのに>、突然、分離されたという報道が出ていたことだ。

 ただ、小沢氏の秘書3人の審理が分離されたことについては、もう少し情報を集めてから別立てで記事を書くことにして・・・。
 まずは、鳩山元首相に関する話から。

 先に言えば、mewはこのニュースを見て、ふと14日の党首討論の時に、野田首相が「残念ながら『トラスト・ミー』という言葉が軽く なってしまったのか、信じていただいていない」と言ったシーンを思い出してしまった。(@@)
 これは明らかに鳩山元首相への批判&皮肉を込めた言葉であって。mewは、これをきいて、「こういう公の場で、自党の元首相に対して、こんなイヤミなことを言うかな~」と不快感を覚えたところがあったからだ。(-"-)

 ただ、今にして思えば、これは「鳩山外し」を暗示する発言だったのかも知れない。(~_~;)

* * * * *

『民主党・鳩山元首相が、来月の衆議院選挙に出馬しない方向で検討していることがわかった。21日に野田首相と会った上で、最終的な判断を下すことにしている。

 鳩山氏「あした首相に直接お会いしてからお話を致します。私は民主党を大変心から愛着を持っていますから、その民主党、自民党飛び出して民主党を作って行動してきた。そのことを大事にしたいと、そう思っています」

 衆議院選挙にあたって民主党執行部は、消費税率の引き上げやTPP(=環太平洋経済連携協定)の交渉参加に向けた協議促進など、党の方針に従うことが公認の条件だとしており、「党議を踏まえて活動する」などとした申請書への署名・押印を求めている。鳩山氏はこうした執行部の方針を受け入れられないことなどから、出馬しない方向で検討しているもの。

 鳩山氏は、21日に野田首相と直接会談する予定で、出馬しないかどうか最終的に判断を下すことにしている。 (日本テレビ11月21日)』

* * * * *

 各社のニュースを見ると、報道の仕方に若干の差異があって。「既に出馬しないことを決意している」かのように伝えているところと、「出馬しない方向で検討しているが、野田首相と会って話してから決める」というニュアンスで報じているところがあるので、最終的にはどうなるのか「???」なのだが。

 ただ、鳩山氏は公認条件の話が本格化する前から、17日に後援会の会合で、『「鳩山を民主党から公認させないという動きがある。かつて(元首相の)小泉さんが、(元首相の)中曽根さん、宮沢さんを公認しないことによって支持率を上げたのと同じことができるのではないかと、執行部でささやかれている」とと述べ、党の公認が得られないことへの警戒感を示し』ていたのだ。(読売新聞11月17日)

* * * * *

 近時で言えば、『野田&前原がTPP参加と早期解散を画策か+分裂覚悟で、民主中道を守れ! 』『野田が自己チュ~解散を明言+アブナイ自民政権&前原らの民主党乗っ取りを阻止したい』『野田&前原の独裁的な保守純化路線に怒!』などの記事に書いたのだけど。
 
 野田&前原Gは、もう10年以上前から、民主党TOPだった鳩山由紀夫氏や菅直人氏を目の上のタンコブのように思っていたし。<02年の野田氏が、05年に前原氏が代表選に出馬した際には「脱・鳩菅体制」を唱えていた。>06年に小沢一郎氏が党代表になってからは、「脱・トロイカ体制」「小沢切り」を考えて、自分たちにとってジャマな存在を排除して、自分たちの思うように党運営を行なう(党を乗っ取る?)ことを目指して活動して来たのだが。
 
 昨年、野田氏が首相就任をして、ようやく党の実権を握ったのを機に、本格的に「脱トロイカ」を実行に移すことに。今年7月には、自民党と組む形で、消費税増税を材料にして、ついに「小沢切り」を実現したものの、鳩山氏は一緒に出て行かなかったため、今度はTPPを材料にして、「鳩山切り」を実行に移そうとしているのではないかと察する。(ーー)

<ちなみに野田&前原Gは、昨年、菅政権時代に「菅・小沢抜き民自連立」を画策するも失敗。しかし、その後「菅おろし」に成功している。(~_~;)
 今は、菅元首相が唱える「脱原発路線」に賛同しており、菅氏が衆院選のため「脱原発」アピールのため全国キャラバンを行なっていることから、とりあえず党PRのために利用しておくつもりなのかも知れないのだが。そのうち党運営や自民党or維新の会との連携のジャマだとして、改めて「菅外し」を行なうことも考えるかも?(>_<)>

* * * * * 

 この件は、最終的な結論が出たら改めて書きたいと思うのだが。
 mew的には、何とか鳩山由紀夫氏は党内で粘って、野田氏らの乗っ取りを防ぎ、民主党を立て直す力になって欲しいと考えているだけに、もし出馬しないことに決まることになるとしたら、残念でならない。(-"-)

 確かに鳩山由紀夫氏にも色々と問題はあるものの、とりあえず民主党結党の功労者&実質的オーナーであり、また政権交代の功労者&民主党初の首相である鳩山由紀夫氏を、このような形で切るということ自体、「人間的にどうなん?」と思うところもあるし。

 小沢一郎氏が今春、消費税増税に関して会談を行なった後「野田総理は大したものだ」と言ていたのは、このような面も暗示していたのかなと思ったりもしてしまうmewなのだった。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 話は変わって・・・。

 17日に日本維新の会と太陽の党の合流が決定。石原慎太郎氏を代表にして、新たな形で日本維新の会の活動が始まった。

 橋下前代表は、18日のTVでは「ひとりの国民として、石原総理を見てみたい」と相変わらず石原ヨイショをしていたようなのだが。

 従前に維新の会が決めていた重要な政策や方針が次々と換えられることになってしまっているようで。
 『維新と太陽が大野合~橋下が投げやりで政策譲歩、太陽が主導権とるのか 』にも書いたように、やはり石原氏&太陽の党に主導権をとられてしまったような感じが。(~_~;)
 その上、石原新代表が、また石原節を炸裂して、アブナイ持論を展開し始めたようで。これまで築いて来た橋下維新の会が、どんどんと破壊されているようにも見える。^^;
 
* * * * *

  まずは、「企業・団体献金の禁止」を方針転換した話から・・・。

『日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は20日、記者団に対し、石原慎太郎前東京都知事の「太陽の党」と合併した際の政策合意で、維新の綱領や党規約でこれまで禁止と明記してきた企業・団体献金について「経過措置として上限を設ける」などと方針転換したことを明らかにした。

 橋下氏は「太陽の党と合流するときに(企業・団体献金廃止の維持は)難しかった。個人献金できる制度になっていないので、若干修正した」などと釈明し、今後は個人献金が進むような法整備を目指す考えを明らかにした。

 維新は綱領の「維新八策」で「企業・団体献金の禁止」を掲げているほか、党規約でも「本党は、企業または団体からの献金を受け取ってはならない」と明記している。しかし17日に太陽と合併した際の8項目の政策合意の中の「政党も議員も企業・団体献金の廃止」で、個人献金制度を拡充し、企業・団体献金禁止の経過措置として党として上限を設けるとしている。

 維新幹事長の松井一郎大阪府知事もこの日、記者団に対し「選挙が近い中、今すぐ(禁止すること)は齟齬(そご)をきたす」と、太陽との合併と同時に禁止することは困難だと指摘。「大企業や団体から大きなお金をもらうとしがらみができるが、小さなお金はまあいいかと。日本の政治の応援が個人献金主流になるまでは(上限の)キャップをはめて認めていく」と述べ、選挙終了後にも、月額上限を定めて容認する考えを示した。(産経新聞11月20日)』

* * * * *

 「企業・団体献金の禁止」は、維新の会が、同党ならではの売り物としてアピールしていた方針だった。(・・)

『橋下氏は9月、企業・団体献金の全面禁止に関し、「維新の会の特徴の一つ。絶対に自民党や民主党ではできない。今までの政治と決別するという意味で譲れない線だ」と表明。党規約にも明記し、賛同しない議員の維新加入を認めない考えを示していた。(毎日新聞11月20日)』

 しかし、石原氏をはじめ太陽の党の議員は、旧自民党のベテラン議員ぞろい。彼らは、長い間、企業・団体の献金をメインの政治資金にして活動を行なって来たわけで。今さら、それを禁止されては、選挙活動もできなくなってしまう。

 また、mewは、維新の会が資金難にあることも、方針転換を行なった要因になっているのではないかと思うところがある。
 同党は、パーティー券の売り上げなどはあるものの、まだ政党助成金も得られないし。衆院選に臨む国政政党としては、かなりの資金不足の状態にあった様子。 先日も書いたように、(同党は1千万円と言っていたものの)通常2~3千万円かかるとされる選挙資金も候補者個人が全て用意することになっていることから、候補者に選ばれても辞退する人が続出。しかも党の広報費用として、各候補者から100万円ずつ徴収することを決めるなど、今後、党として全国規模での選挙活動を行なうのは困難な状況にあったからだ。(-"-)

 松井氏も言っていたように「企業や団体からお金をもらうとしがらみができる」ことになる。確かに大企業から大きな資金をもらうよりはマシかも知れないが。中小の企業や団体から資金をもらっても、それなりのしがらみはできるし。<特に地方の選挙区の候補は。> 個人献金だけで政治資金が充当できるようになる時代が来るには、あと5年、いや10年以上はかかるだろうし。
 まあ、少なくとも、これまで維新の会の魅力とされていたフレッシュでクリーンなイメージは失われることになるだろう。(-"-)

* * * * *

 そして、こちらも維新の会の売り物だった「原発ゼロ」方針を転換したことには、他の党や各界から批判の声が出ているのだが。
 昨日は、関西広域連合のメンバーとして、橋下大阪市長と一緒に大飯原発の再稼動に反対する活動を行なっていた滋賀県の嘉田知事も疑問を呈していたという。(~_~;)

『滋賀県の嘉田由紀子知事は20日の会見で、日本維新の会と太陽の党が合併した際に交わした合意文書に、大阪市の橋下徹市長が主張してきた「2030年代の原発全廃」が盛り込まれなかったことを受け、「原発問題で仲間を失った。関西広域連合でも同じ方向を向いてきたことを考えると、後退したことは残念だ」と話した。

 また、維新代表に就任した石原慎太郎氏が原発推進の立場を取っていることに触れ、「考えが右と左に分かれている方が一緒になるとは想像がつかなかった。公党として一緒になるために妥協すると、選ぶ国民が迷うのではないか」と疑問を呈した。 (朝日新聞11月20日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 また、先日の記事でも触れたのだが。橋下氏が大阪市長の職にありながら、国政政党の代表を兼務をすることが決まった際、市長としての仕事に支障を来たすのではないかという疑問の声が呈されていたのだが。橋下氏は「プライベートな時間を割けばいい。睡眠時間を削ってでもやる」と反論し、市長の公務や市政には影響を及ぼさない自信があると強調。
 確か当初は、選挙活動も土日などの休日に行なえばいいと言っていたように記憶している。<それに対して、市長は、土日でも様々な式典やイベントの公務があるのにと疑問を呈する人もいたのだけどね。^^;>

 ところが橋下氏は、先週になって、平日にも選挙活動を行なうと方針転換を発表。早速、19日から平日の午後などにも街頭演説などを行なうようになったことから、市民から批判の声が出ているという。

* * * * *

『日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は19日、国政進出後初めて平日に街頭演説に 立った。 維新の顔として今後、全国遊説を本格化させる。事実上の選挙戦に走り始めた橋下 氏に、市民や 他党の議員から大阪都構想など市政への影響を懸念する声も上がっている。
「今日から全国回ります」。19日午後、大阪府高槻市のJR高槻駅前で衆院解散後初め て、 街頭演説した橋下氏は、集まった多くの聴衆に精力的に全国遊説する考えを示した。大阪の地域政党から 出発した日本維新の会にとって、知名度のある橋下氏の全国遊説は大きな 武器だ。 大阪市長と国政政党トップの両立について、

 これまで「プライベートや寝る時間を割けば いい」と 説明していた橋下氏だが、事実上の選挙戦に突入し、公務日程は空白が目立ってき た。 市などによると、19日は公務がなく、4カ所で演説。20日は市議会に出席するが、 21日も午後1時から5カ所の遊説に回る。市職員は「市長の公務を入れにくい」と頭を抱え、 市役所には「平日に何をしているんだ」と苦情も寄せられている。(毎日新聞11月20日)』

* * * * *

 また、維新の会との合流話が決まるまでは、やけに腰を低くして、おクチも謹んでいたような感じがあった石原慎太郎氏だったのだが。<先週は、中国のことも「シナ」と呼ばずに「チャイナ」と言ってたりして。^^;>

 17日に、正式に維新の会との合流&自分が党代表になることが決まって安心したのか、今週にはいって、早速、石原節を炸裂させている様子。(-"-)

 石原氏は20日、日本外国派特派員協会で会見を行なったのだが、領土問題や核武装などで持論を展開。中国を批判しまくっていたという。

『合流後の「維新の会」について、石原氏は、現時点では党内で様々な意見があるとしながらも、合意している内容としては(1)日本を沈ませずに、強くてしたたかな日本に作り直す(2)中央官僚の政治支配を壊す(3)日本の優秀な中小、零細企業を復活させて、それをベースに日本経済を立て直す、という3点を挙げるにとどまった。』

『記者からは、「中国に対して、(強硬姿勢ではなく)平和を求める時期に来ている」という声も出たが、「中国と日本が仲良く友好に進むことは両国にとって好ましいと思いますよ。ただね、シナが今行っている覇権主義…。皆さん、シナっていう言葉は悪い言葉じゃない。日本人にとって中国ってのは広島県と岡山県のこと。シナというのは孫文が作った言葉で、彼らが英語でやっているインターネットの論文読んでみなさい。シナ人の自分の論文にシナ(Sina)って書いてある」と反発しながら、「シナ」という言葉を使うことの正当性を主張。

また、チベット問題を引き合いに、「チベット人はかわいそうだと思う。私はね、シナの覇権主義に侵された日本が『第2のチベット』になることを絶対に好みませんな」「もちろん米国とアライアンス(同盟)は必要でしょうけれども、自分の領海を侵されつつあるフィリピンとかベトナムと一緒に、あるアライアンスを組む。それが、積極的な、したたかな外交なのではないか。それができない日本の外交には信用を置かない」と述べ、中国との領土問題を抱える他国と連携して中国に対応すべきだとの考えを示した。

また、「大局から冷静に対応する」とする野田政権の方針との整合性については、
「尖閣問題に端を発した日本と中国、シナとのフリクション、摩擦について、国民の圧倒的な総意は『冷静に、毅然として向かえ』というもの」と述べ、8月19日に野田首相と会談した際に、「(中国と)戦争も辞さず」と発言したと報じられていることについては、「『戦争も辞さない』なんて一言も言っていない」と完全否定した。』

『発言は、核兵器のあり方にも及んだ。
 核兵器を持つことの意義を「今の世界の中でね、核を保有していない国は、外交的に圧倒的に弱いじゃないですか。皆さん、マージャンというゲームを知っているか知らんが、1翻(イーハン)という役を持っていないと上がれない。核を持っていない国は発言力が圧倒的にない。北朝鮮は核を保管しているから存在感がある。米国もハラハラしている。ミャンマーなんて国は、核を持っていないから、同じ軍事政権でも、ずいぶんいじめられて非難されている」と強調した上で、「核兵器に関するシミュレーションは、日本もやったらいいと思う。これはひとつの抑止力になるでしょう。持つ、持たないは先の話だけれどね。米国が今、開発しつつあるコンベンショナル・ストライク・ミサイル、核弾頭を付けずに強力な致命的な役割を果たす兵器だが、これはノウハウを交換して日本は持つべきだし、持つための努力をしたらいいし、米国はそれに協力すべき」と述べ、防衛費の引き上げを求めた。(J-CASTニュース11月20日)』

<核兵器を、マージャンの、1翻にたとえる神経がわからん。(-"-) 狙い打ちして、箱テンにしちゃうぞ!(`´)nazo>

* * * * *

 こんな人を総理にしたら、日本が一体どうなってしまうことか・・・あまり政治に興味のない人でもわかるのではないかと思うのだけど。
 TVは、ちゃんとこの石原氏のアブナイ発言のニュースを映像つきで、伝えてくれているのだろうか?(・・)

 そう言えば、橋下徹前代表も、今月10日によりによって広島に遊説に行った際に、「核廃絶は無理」だと主張して、大ヒンシュクを買ったんだっけ?(>_<)

『新党「日本維新の会」代表の橋下徹大阪市長は10日、非核三原則の「核兵器を持ち込ませず」に関し、「日米安保条約の中で可能なのか。(現実に核が)持ち込まれているなら、国民に開示して議論しなければならない」と述べ、疑問を示した。

 遊説先の広島市で記者団に語った。橋下氏は「(日本に拠点を置く)米海軍第7艦隊が核兵器を持っていないことはあり得ない。日本が米国の核の傘に守られている以上、持ち込ませる必要があるなら国民に理解を求めたい」と強調した。

 広島市などが訴えている核兵器廃絶については、「理想としては(廃絶)。でも、現実的には無理ですよ、今の国際政治で。日本は平和ぼけしすぎている」と指摘した。(読売新聞11月11日)』

* * * * *

 どうかTVのニュース&ワイド・ショーがきちんと石原&橋下コンビの発言や維新の会の実態を<彼らのアブナさやコロコロと方針転換するいい加減さも>伝えて、国民が客観的に判断する材料を提供してくれるようにと、ただただ願うばかりのmewなのだった。(@@)

p.s. 安倍自民党のアブナイ改憲&集団的自衛権などの公約もちゃんと伝えてね。(・・)

                                      THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]

by mew-run7 | 2012-11-21 10:13 | 政治・社会一般