海江田が9条改正に反対&平岡の参院補選出馬に期待+世界フィギュア

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 フィギュア大好きのmewは、先週から始まった世界選手権をめっちゃ楽しみにしていたのだが。<今年は日本選手はもちろん他国も、そして男女とも個性的な&レベルの高い選手が集まっているので尚更に。>

 昨日、終わった男子では、カナダのPチャンが、フリーでミスが目立ったもののSPで出した世界新の得点がものを言って、何とか逃げ切り優勝を果たし、三連覇を達成した。(*^^)v祝
 そして、19歳のDテンがパーフェクトに近い&勢いのある演技で、チャンに1.3差まで迫る2位にはいり、カザフスタンに初のメダルをもたらした。<少し遠めから見ると、顔や体型が日本のジュニアみたいな感じなんだけど。ジャンプやステップのキレがスゴイです。>
 
 日本男子は、昨年末のGPファイナル(世界のTOP6による大会)に4人出場&高橋、羽生が1・2位をとるなどして、過去最強だと言われているのだが。
 残念ながら、今季最大の大会では、思うように力を発揮できず。SPで高橋大輔が4位、羽生結弦が9位、無良崇人が11位と大きく出遅れることに。
 羽生がフリーで3位になり総合4位まで挽回、無良もフリー5位で8位まで順位を上げたものの、高橋は総合6位で終わり、1人も表彰台に上がることはできなかった。(~_~;)

 ただ、上位2人の選手の順位の合計が13以下だったので、来年度の五輪枠3人を確保することができたのは、幸いだった。(^^)
<五輪前年の世界選手権は、出場枠が気になって毎回ドキドキだったのだけど。今回は超楽勝だと思って気にも留めていなかったら、そうは簡単には行かなかったですぅ。^^;>

 大きな大会に合わせて、コンディションをピークに持って行くように調整するのか本当に難しいことだと思うのだけど。<日本男子は世界選手権に出るのにも競争が激しいので、心身に無理やストレスを重ねてしまったところもあったのかな~?^^; 羽生くんの足首や膝の故障があとにひかないといいのだけど。>
 来年の五輪では、きっちりと調整して自己ベストorそれに近い演技ができるようになって欲しいな~と願っているです。(・・)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 
  
 なかなか民主党のことを書く機会がないので、今日は民主党がらみで、mewが嬉しかったニュース2つから始めたい。
 
 一つは、民主党の海江田代表が、今月9日に「9条は変えてはいけない」と発言したという報道が出ていたことだ。"^_^"

『民主・海江田代表「全く今の憲法を変えてはいけないということではない。どこを変えるかだ。国民の知る権利や地球環境権は入れなければならないが、(戦争の放棄を定めた)9条は変えてはいけない」(福井市で開かれた党員・サポーターとの意見交換会で)(読売新聞3月9日)』

<ちなみに海江田氏は、安倍自民党が早期実現を目指している96条の改憲要件緩和に関しても「ただちに3分の2を2分の1に(緩和)すると結論を出すのは早すぎる」と慎重姿勢を示している。>

 もう一つは、mewごヒイキの平岡秀夫氏が、4月に行なわれる参院山口補選への出馬に前向きな考えを示していることだ。(・・)

『民主党の平岡秀夫前衆院議員(山口2区)は16日、参院山口補選について「右翼化した自民党に対抗しなくてはいけないという気持ちがある」と述べ、立候補に前向きな考えを示した。山口市内での党県連の会合後、記者団に語った。

 民主党は独自候補擁立の方針で、平岡氏を軸に調整している。平岡氏は「穏健保守から中道リベラルの政治勢力が消えかかろうとしている。これを何とかするための戦いなら、政治家として真剣に受け止めなくてはならない」と語った。(朝日新聞3月16日)』

* * * * * ☆

 安倍自民党&維新の会などが、民主党の一部議員を巻き込む形で、憲法改正実現に向けて具体的に動き始めている&最近、図に乗り始めている安倍首相は、公の場で9条改正にまで言及するようになっている今日この頃・・・。

<関連記事・『安倍自民と維新が連携。96条改正の早期実現のために動き始めた! 』『安倍カラー発言が止まらず+自民もISDS条項を警戒+脱原発派をまた排除』など>

 民主党は、党内に改憲積極派や慎重派、護憲派が混在していることから、もし国会内や参院選で憲法改正が大きな争点になった場合には、また民主党内で大きな対立や混乱が起きたり、党分裂に発展したりするのではないかという見方が強くなっている。(~_~;)

<上のリンク記事にも書いたけど、維新の橋下代表や自民党の議員が、堂々と民主党の分裂を期待するような発言を行なってたりもして。(-"-)>

 そんな中、mewにとっては、党代表である海江田万里氏が、96条改正に疑問を示した上、「9条を変えてはいけない」と明言してくれたことは、大きな救いだったのだ。"^_^"

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 民主党は、党としては憲法改正自体は否定しておらず、改憲を容認している立場なのだが。<mewも同様。>
 新たな綱領に「私たちは、日本国憲法が掲げる「国民主権、基本的人権の尊重、平和主義」の基本精神を具現化する。象徴天皇制のもと、自由と民主主義に立脚した真の立憲主義を確立するため、国民とともに未来志向の憲法を構想していく」と明記しており、安倍自民党の目指すような憲法改正(改悪?)の道は追従しない姿勢を示している。(・・)

<民主党が、わざわざ「象徴天皇制」「立憲主義」(憲法は国民が国をコントロールするために存在するという考え)という言葉を入れたのは、自民党の改憲草案に「天皇元首制」や「立憲主義に反する規定(憲法で国民をコントロールしようとするような規定)」が盛り込まれているため、自民党とは憲法観が異なることを示そうとしたのではないかと察する。>

* * * * *

 安倍自民党が政権を奪還&維新の会が台頭し、日本の右傾化が進んでいる中、ここで第二党の民主党まで、彼らの路線に追従するようなことがあれば、日本はマジでとんでもアブナイ国になってしまうわけで。
 mewは、民主党に、早く安倍改憲路線に対してどのような方針をとるのか、はっきりと示して欲しいという思いがあったのだけど・・・。

 海江田代表が、上の報道のような発言をしたとわかり、本当に嬉しく思ったし。もしその姿勢を守ってくれるなら、当面は、民主党を応援してもいいかなという気持ちにもなっている。(**)

 民主党は、昨年の党分裂&衆院選惨敗によって、議員数が200人以上減ったことを思うと、できれば、これ以上、人数を減らしたくないのはヤマヤマなのだが。
 もし憲法改正が対立軸になって、党が分裂することになった場合のことを考えると、党の軸である海江田代表が9条、96条改正に慎重反対しているのは、非常に心強いことだし。
 
 民主党の中には、自民党や維新の会に協力して、早期の憲法改正の実現に向けて積極的に活動したいと考えている議員もいるようなのだが。<維新やみんなと憲法改正議連を作っている人もいるしね。^^;>
 決して党内に対立や混乱を生じさせることはして欲しくないし。<彼らの中には、昨年、自分たちの決めた代表の考えに従うべきだとか言ってた人もいるしね~。^^;>
 それでも、ど~してもその意思を通したい人は、静かに党を出て行っていただくしかないかな~と思い始めたりもしているmewなのだった。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そして、これは1月に書いた『橋下が維新の共同代表に&橋下、石原の新人教育+山口参院補選で野党共闘を』の関連記事になるのだが・・・。

 mewは、この記事に、4月に行なわれる予定の参院山口補選には、できれば民主党の平岡秀夫氏か、未来の党の飯田哲也氏を擁立して、「脱原発」(平和&リベラルもね)を大きな争点にして、野党で共闘をして欲しいと書いたのだけど。
  
 どうやら、平岡秀夫氏(元法務大臣)が出馬の意向を固めつつあるようで、これも嬉しい限りだ。"^_^"

 平岡氏は、民主党の中でも平和&リベラル志向の議員の代表格(「リベラルの会」代表)だし。菅Gの中心として、脱原発実現のための活動にも力を入れている人で。このブログにも何回か書いたことがあるのだが、mewはずっと前から次世代の民主党の代表(欲を言えば、将来の首相)として期待して来た人なのだ。(・・)

 平岡氏は、あの保守王国の山口で、5回も衆院選に当選。
 06年には、岩国市長選に出るために一度、議員を辞めたのだけど、すぐに衆院補選で当選して復活したほど、地元では強い存在だった。<ちなみに、その時に負かした自民党の対立候補は、今の山口県知事の山本繁太郎氏なのよね。・・・関連記事・『山口補選で民主候補圧勝・・・平岡秀夫の心意気&自民党のダメ選挙』>

 逆に自民党から見れば、戦後、岸信介、佐藤栄作(この2人も実の兄弟)、安倍晋三と3人の保守派の首相や多数の重要閣僚を輩出して来た自民党の牙城である山口県で、民主党の中道左派系の平岡氏が当選を続けていたことは、決して快いことではなかったわけで。<菅直人氏が山口県出身の首相だということもね。^^;>

 自民党は、昨年末の衆院選で、何とか平岡氏を落選させることを画策。何と平岡氏の選挙区(山口2区)に、安倍首相の実弟である(幼い時に岸家に養子に行った)岸信夫氏を参院から鞍替えさせる形で出馬させ、議席を奪うことに成功。
<山口県には、安倍首相の「国土強靭化計画」によって、公共事業がたくさん来る予定なのよね。>、
 平岡氏は、比例復活もできず、現在、浪人中の身だ。<弁護士業は続けているかも知れないけど。^^;>

* * * * *

 自民党は、早い段階から、参院補選の候補を元下関市長の江島潔氏に決めて、選挙準備を進めているし。民主党の支持率を考えれば、この補選もかなり厳しい戦いになるとは思うのだけど。
 ただ、mewは平岡秀夫氏なら勝ち目があるのではないかと期待している部分がある。

 平岡氏は、山口県内では知名度があるし。山口県では、今、岩国基地の厚木部隊移転や米軍によるオスプレイの飛行訓練の問題、そして上関原発の建設計画の問題に関心を持つ人が増えているからだ。(・・)

 安倍自民党は、厚木部隊の移転や上関原発建設の計画に前向きな姿勢を示しているし。オスプレイの飛行訓練を止めるどころか、自衛隊にも同機を導入しようとしているのだが。
 それこそ自民党系の山本知事まで、上関原発の建設には慎重な立場を示したり、今月行なわれたオスプレイの飛行訓練には「安全性の懸念は払拭できていない」ととまどいを見せたりしているように、それらの施策に対する県民感情は決して好ましくないようなのである。(**)

 また山口県は、農漁業に従事している人も少なくないことから、自民党県連や支持者の中にもTPP参加には慎重な意見を唱える人が多かったという。

 それゆえ、もし平岡氏が他の野党の協力も得て、これらの問題を争点にして、平和&国民の安全の重要性や脱原発、TPPの問題を訴えれば、十分に勝負になるのではないかと思うし。
 もしここで、平和&リベラル&脱原発系の野党の共闘がうまく行って、安倍首相のお膝元の山口県の国政選挙で勝つことができれば、安倍自民党に傾いていた場枯れを少しは変えることができるかも知れないわけで。

 そのためにも、平岡氏に早く出馬を決断して頑張って欲しいな~と。また、昨年の知事選で大善戦した飯田哲也氏をはじめ、多くの野党や識者などが選挙で協力、支援して欲しいな~と心から願っているmewなのだった。(@@)

                 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/19954930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2013-03-17 12:17
タイトル : 小沢生活代表が野党共闘に意欲、米国はTPPが自動車・保険..
ようやく生活の党岩手県連が16日県連の設立を正式に承認、党代表の小沢氏が県連代表となった。小沢氏は会議後の記者会見で、夏の参院選岩手選挙区の立候補者擁立の時期は4月中とし、 民主党などとの野党共闘の実現は「非自民の勢力の一本化が選挙までに前進するかは確信が持てない」としながらも「できる限り協力するところはする。その選択肢は諦めずにやっていく」と話した。日本のTPP交渉参加で米議会や自動車業界は警戒感、しかし米国のコメ生産者で作る「USAライス連合会」は歓迎、全体として非関税障壁や農産品の高...... more
Tracked from 【2chまとめ】ニュース.. at 2013-03-17 21:02
タイトル : 新人教育に失敗した
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/03/17(日) 13:42:29.82 ID:lWQ88H6N0 ?2BP(1001)すっごい落ち込んだからここに反省を書く。うちの部署に新人が入って来て、ここ暫く教育してたわけ...... more
by mew-run7 | 2013-03-17 07:24 | 民主党、民進党に関して | Trackback(2)