石原が党大会に欠席。意欲&求心力ダウンで、維新分裂の可能性拡大か

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 この記事では、『維新でまた東西バトル&石原は?』の続報を・・・。

日本維新の会は、明日30日に党大会を開く予定になっているのだが。同党の共同代表である石原慎太郎氏は、党大会に出席しないことになったという。(・o・)

 政党にとって年に1度開かれる党大会は、最も重要なイベントの一つ。その党大会に党代表が出席しないというのは、かなり異例の事態だと考えていい。
<維新の会にとっては、今回は初めての党大会=実質的な結党大会になるので、尚更、その重要度は高い。>

 また石原氏は2月末から「風邪をこじらせた」として都内の病院に入院中なのだが、政治家にとって、健康不安は致命的な問題&最大の弱みになることから、永田町常識で考えると、多少のムリを押しても党大会に出席するのが通例だと言えるだろう。(・・)

 石原氏も当初は党大会には出るつもりだったようで。平沼国会代表は、先週の代議士会で、石原共同代表が電話で党大会に出席する意向を伝えて来たと発表。一部報道にあった重病説なども否定していたのであるが。
 29日になって維新幹部が、石原氏が党大会に欠席することを明らかにしたという。^^;

『日本維新の会の松井一郎幹事長(大阪府知事)は29日、入院中の石原慎太郎共同代表が30日に大阪市で開かれる党大会を欠席し、東京都内から生中継であいさつすることを明らかにした。府庁で記者団に語った。
 松井氏は「本人は来る気満々だったが、高齢なので、ドクターと相談した結果、大阪までは体力的にもしんどいということだった」と述べ、大事を取っての判断と説明した。(時事通信3月29日)』

『東京都内の病院に入院中の石原氏。これまで参加する意向を周辺に示していたが「入院が長引き、長距離移動は体力面で不安がある」(関係者)ため、大事を取ったという。党大会では、石原氏がビデオメッセージであいさつを寄せるとともに、テレビ電話で共同代表の橋下徹大阪市長と対談する方向で調整している。

 石原氏は2月14日を最後に衆院本会議を欠席し、「風邪をこじらせた」として2月27日から入院。1か月におよぶ療養生活から、脳梗塞の疑いもささやかれている。

 三男の自民党・石原宏高衆院議員は「まだ退院はしていないと思うが、近々できると聞いている」。維新幹部も、「先週の金曜日には(病院で)直接会ったぐらいなんだから。それより回復しているはずで、いずれにしても重い病気じゃない」と重病説を否定した。(スポーツ報知3月29日)』

* * * * *

 mewには、石原氏の病状を知る由はないのだが。既に80歳と高齢である上に、これまでの諸経緯を考えると、石原氏が重病or体力的にかなり衰弱しているとしても不思議はないだろう。^^;

 ただ、他方で、石原氏は病状はさほど悪くはないのだが。妻が腰を骨折して入院し、面倒を見てくれる人がいないので、長期入院しているという話もある。<医療&介護つきのホテル代わりみたいな感じ?^^;>
 また身体よりも精神的なダメージや衰弱が激しいor国政や党の現状、自分や息子たちの状況などなど嫌気がさしているため、病院にこもって今後の対応を検討しているという話も出ている。(@@)

 一橋大時代から石原氏の親友である首都大学東京の高橋宏理事長は、重病説を否定。石原氏が「都知事を辞めなきゃよかった」と方々で言って回っており、「石原は今、すべてに嫌気がさしているんだ」と語っていたとのこと。
「参院選が終わったら衆院議員も辞めるだろう」とみているという。(「石原ファミリーの落日」週刊朝日 2013年04月05日より)
<週刊朝日系の石原家に関する複数の記事を、mew倉庫(コチラ)にアップ。> 

 また、維新の会の中にも、同様の見方をしている議員がいるようだ。(・・)
<一部には、少なくとも維新の会の代表を早期に辞めたいと言っているという報道も出ていた。>
 
 維新の会では近時、東西冷戦がさらに激化している状況にあるため、石原氏は尚更に嫌気がさしているところがあるかも知れないのだが・・・。
 石原氏は、旧大阪維新の橋下徹氏らと旧「た」党の平沼赳夫氏らの東西チームをつなぐ大事な蝶つがいの役割を果たして来ただけに、もし石原氏が維新の会の代表や国会議員を辞めた場合には、遅かれ早かれ、維新の会が分裂する可能性が大きくなるように思われる。^_^;

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 石原氏は、もともと3期で都知事を辞め、最後は自民党時代からの盟友である亀井静香氏や平沼赳夫氏らと共に石原新党を結成して、国政に進出するつもりでいた。
 そして同党に保守勢力を結集し、うまく行けば自らが首相になって、長い間、持論として主張して来た「憲法破棄&新憲法制定」「教育の破壊的改革」などの超保守政策を実行に移したいと考えていたようだ。(~_~;)

 それゆえ一度は、11年の都知事選に出馬しない意向を表明。自分の後継者にするために神奈川県知事を務めていた松沢成文氏に知事を辞任させたのだが。
 長男であり自民党の幹事長&都連TOPでもある伸晃氏をはじめ、森喜朗氏など自民党の重鎮などが石原氏を懸命に説得し、結局、都知事選に出馬することになった。

 この時、石原氏は自民党重鎮に、当時落選中だった三男・博高氏が復活当選をさせる&長男・伸晃氏が首相にすることを条件に、都知事選出馬の要請を呑んだと言われているのだが。
 伸晃氏が12年9月の総裁選に敗れたことから、改めて自らが国政進出し、政権どりを目指すことに。そして、石原氏のお気に入りであり、選挙戦でも人気がとれそうだった維新の会の橋下氏と組むことを前提に、都知事を辞任&太陽党を結成。そして衆院選を前に、維新の会と合流し、党代表を務めることになった。(・・)

* * * * *

 当時、石原氏は衆院選で自公が過半数に届かないと想定。また維新の会(+みんなの党?)が100議席程度はとって、それなりの影響力を行使できる形で、自民党と連立を組み、自分が首相orそれに準ずる立場で政権の中枢の座につくことを考えていたという。<確かに10月頃までは、そのような予測の数字が出ていたのよね。^^;>

 しかし、衆院選の結果は、石原氏の想定通りにはならず。安倍自民党は単独で300近い議席を獲得。また、自民党は、衆院選で世話になった&参院で議席数をキープする&参院選でも協力を得る必要性もあって、公明党との連立を決めた。
 他方、維新は54議席しかとれなかったため、野党第一党として与党に大きな影響力を行使できるような立場にもなれず。石原氏が首相や政権の中枢の座につく可能性も限りなくゼロに近い状況になった。(-"-)

<それで、もう衆院選直後から週刊誌などでは、「石原氏はやる気を失った」とか「維新の分裂は必至だ」と書かれてれていたのよね。(・・)>
 
* * * * *
 
 しかも、維新の会では、東西分裂が激化し、党内をまとめるのも困難に。橋下氏らの一部の議員は石原氏を「御大」と呼んで尊重(ヨイショ?)してくれていたものの、新人も含めて他の議員は石原氏の存在を軽視している様子。

『維新がまとまらないことについても、慎太郎氏は「何にもわかってない」と愚痴っているのだという。維新の会は54人の衆院議員のうち、旧たちあがれ日本系14人、旧維新の会は40人。海千山千の旧たち日系と、若手の多い旧維新の会の議員団とでは肌合いが違う。そのため国会議員団の幹部会議は絶えず紛糾。慎太郎氏も入院前から徐々に足が遠のきがちになっていた。
「『大阪(=橋下徹共同代表)にはちゃんと伝えているのか』が、毎回出るフレーズです。言った言わないのレベルでいつももめにもめる」(維新幹部)(週刊朝日 2013年4月5日号)』

『やる気をなくした、との話もある。日本維新の会内部のゴタゴタだ。昨年暮れの総選挙で大きく議席を伸ばした同党は、橋下徹・大阪市長率いる大阪組と国会議員団との軋轢が日増しに広がっている。さらに国会議員団も旧民主党組と平沼赳夫氏ら旧太陽の党組がギクシャクしている。

「日銀総裁の同意人事では、政府の黒田東彦総裁案に同意する議員団と、同意反対の橋下氏が口汚いメールでやり合った。慎太郎氏は、この次元の低さに、すっかり嫌気がさしてしまったんです」(維新関係者)

 慎太郎氏は、大量当選して国会を歩き回る橋下ベイビーズも不愉快らしい。孫みたいな連中が慎太郎氏を見ても「あ、ドモ」と軽いノリだからである。(週刊大衆3月25日号)』

『「石原さんは、早く安倍自民と組んで憲法改正をやりたい。だが、大阪組は野党として勢力を拡大したい。そんな回りくどいことじゃ、なんで橋下さんを褒めあげて国家議員になったかわからん、というわけだ」(永田町関係者)(同上)』

 また、これもいくつかの週刊誌が報じていたのだが、長年、石原氏に仕え、分身のような存在だった秘書が末期がんで入院したことも、石原氏に大きな精神的ダメージを与え、意欲減退につながっているという。(-_-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 しかも、今年にはいって最愛の息子2人に不祥事のニュースが相次いだことで、石原氏の気持ちがますますダウンしたと言われている。_(。。)_

 今年1月4日、福島での手抜き除染が報じられ、環境省ではその対応に追われたのだが。当日、環境大臣を務めている伸晃氏が登庁していなかったことが発覚し、問題視されている。<環境省は伸晃氏と「連絡がとれなかった」という話も。>
 伸晃氏は当初、都内にいて、すぐに登庁できる状況にいたと説明していたのだが。国会で追及された時には、「都内から1時間以内の場所にいた。神奈川県にもいた」と説明を変更。しかし、絶対にどこで何をしていたかは明かそうとしない。

 週刊朝日によれば、伸晃氏は4日に神奈川県内で古くからの仲間でゴルフを楽しんだ後、夜には宴会に参加していたため、登庁しなかったという情報があるとのこと。もしそれが本当であれば、閣僚辞任に追い込まれるおそれもある。(~_~;)

 また今月にはいって、復活当選を果たした宏高氏が、特定企業から選挙支援を受けるなどの公選法違反に当たる行為をしていたというスクープ報道がなされたのだが。
 その後、さらに、この企業が石原氏の妻が経営する会社とコンサルタント契約を結び、11年6月から毎月100万円を支払っていたことも判明。(*1)しかも、この企業を宏高氏に紹介したのは父親の慎太郎氏だったという話も出ているという。(@@)
 
 おそらく石原氏は息子たちに、真相を確かめたのではないかと察するのだが。
 もしこれらの報道が事実であるとすれば、伸晃氏は首相になれる可能性は完全になくなるだろうし。宏高氏も出世の目が消えるばかりか、下手すれば議員辞職や次回の落選につながることにもなりかねないわけで。
 石原氏の父親としての最大の楽しみ&期待が潰えてしまうことになるだけに、精神的にダウンするのも頷けるところがある。(・・)

<おまけに橋下氏が、宏高氏の件に関して「法的に何かに違反する可能性があるか、選挙運動員の買収などにつながるのかどうか。きちっと明らかにしないといけない」「しっかり追及していく。石原(共同)代表の息子さんであろうとも、野党としてただすところはただしていく」と報道陣に語っていたりもするしね~。(~_~;)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 まあ、石原氏が本当に党代表や国会議員を辞めるつもりでいるのかどうか、真偽のほどは「???」なのだけど。
 でも、30日の党大会に欠席した場合、石原氏の党内での存在感がダウンし、その求心力もガク~ンと落ちるのは確実だろう。(・・)

 維新の国会議員団は、既に石原太陽族に牛耳られており、国会議員団代表である平沼赳夫氏が全体を仕切っているような感じがあるのだが。<これはまた後日に紹介したいが、維新の会の新綱領を見ると、まさに平沼氏の意向を反映するような超保守的なものになっている。(テーマは「賢くて強い日本を作る」で。個々の目標も、自民党の方針とほとんど変わらないのよね。(-_-)>

 大阪維新の方では、松井幹事長は、平沼&安倍氏らと同じ超保守団体の日本会議に所属しており、政治思想や国家観はほとんど同じなので、平沼維新とうまく連携していけるのではないかと思うのだが。
 橋下代表の場合は、昨秋、平沼「た」党と連携する話が出た時に「真正保守とは組めない」と拒絶していたぐらいなので、平沼氏主体の国会議員団とはうまくやっていけない可能性が大きい。^^;

* * * * *

 mewは、昨年春頃からずっと、「維新の会はいずれ分裂するのでは?」と書き続けているのだけど。
 もしかしたら今度こそ橋下氏が参院選後、いや早ければ参院選を待たずしてその前にも、平沼維新と袂を分かち、みんなの党や民主党の一部(前原Gなど)の議員と共に新党を結成する可能性があるのではないかと考えている。(・・)

 橋下氏は、もともとみんなの党の渡辺代表らと考えが近く、今も同党に合流を呼びかけて協議を続けているものの、渡辺代表は、平沼氏を含め石原太陽族とは一緒にやって行けないとして頑なに拒んでいるのだが。もし橋下氏が石原太陽と分かれると言えば、合流しやすくなるだろう。
 また、橋下氏は民主党の前原誠司氏&その周辺ともパイプがあり、近時は堂々と民主党の一部の議員と新党を作りたいと公言しているほどだからだ。^^;

<ちなみに27日に、維新の山田宏氏らと民主党の長島昭久氏、笠浩史氏がホテルで密会していたことが、FNNで報じられていた。参院選の協議だと報じられていたが。2人とも前原&野田Gの議員と懇意の保守派議員ゆえ、新党結成の話をした可能性もある。(~_~;)>

 ・・・というわけで、本来なら党大会は党の結束を固めるために行なうものなのだが。維新の会の場合は、むしろ明日の党大会が終わった後から、内部で分裂含みの動きが出始めるのではないかと思ったりもしているmewなのだった。(@@)

                    THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"








『石原宏高議員側に計1800万円 UE社、親族会社に]

 自民党の石原宏高衆院議員(48)=東京3区=の親族会社が、大手遊技機メーカー「ユニバーサルエンターテインメント」(本社・東京、UE社)側と2011年6月から毎月100万円を受け取るコンサルタント契約を結んでいたことがわかった。石原議員は、返り咲きを果たした昨年12月の衆院選でUE社の選挙支援を受けていたことが発覚している。

 朝日新聞はこのコンサルタント契約書を入手。取材に対してUE社関係者はこの契約が事実だと認め、「アキノ大統領らフィリピン政界に顔が広い石原氏に人脈を紹介してもらう趣旨だった」と説明した。UE社はフィリピンでカジノリゾート建設を進めている。石原議員が当選した昨年12月中に契約を終了したという。契約終了までに少なくとも1800万円が支払われた。一方で、石原議員は朝日新聞に「お答えできない」と述べた。

 親族会社は「有限会社IMS」(東京都品川区)。04年の設立以来、取締役は石原議員の妻1人だけの会社だ。設立当時の本店所在地は自民党東京都第三選挙区支部の事務所と同じ部屋。同支部長は、当時から現在まで一貫して石原議員が務めている。07年になって、石原議員の自宅に本店を移した。朝日新聞が05年の衆院選立候補予定者に実施した取材に、石原議員は妻の職業を「主婦」と回答していた。(朝日新聞3月14日)』
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/20019380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mew-run7 | 2013-03-29 14:58 | 政治・社会一般 | Trackback