人気ブログランキング |

田代元検事が不起訴不当にbut上司2人は不起訴相当。Wで納得行かず。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 この記事では、小沢一郎氏&秘書の捜査、公判に関連する話を・・・。

 これは『市民団体が、田代元検事らの不起訴処分を不当として、検察審査会に審査申し立て』の続報になるのだが。

<尚、田代氏の虚偽報告書の作成などの諸経緯に関するブログの記事一覧は、こちらに。>

 陸山会事件当時、東京地検特捜部の検事を務めていた田代政弘氏は、虚偽の捜査報告書を作成したとして告発されるも、最高検察庁の捜査によって不起訴処分に。
 そこで市民団体が、同氏の審査申し立てをしていたのだが。東京第1検察審査会が19日付けで、不起訴不相当の議決を出していたことがわかった。(・・)

 検察審査会は、「読み手に誤解を生じさせるもので、報告書には虚偽記載があったと言わざるを得ない」「記憶の混同があったとする田代元検事の弁解を検察官はうのみにしていないかとの疑念はぬぐいがたい」として、故意で虚偽記載を行なった可能性が大きいと判断。
 さらに、「虚偽有印公文書を作成する故意がなかったとする不起訴理由は納得がいかない。捜査が不十分か(最高検が)不起訴にするために故意がないとしているとさえ見える」と指摘し、検察の捜査&処分を批判したという。(**)

 この議決を受けて、検察庁は田代氏の再捜査を行なうことになる。
 ただ、小沢氏のように「起訴相当」になった場合は、再捜査の結果、検察が再度、不起訴処分を行なった場合には、2回めの検察審査会の審査に付されることになって。2回めの「起訴相当」の議決が出れば、「強制起訴」されることになるのだが。
 田代氏のように「不起訴不当」の議決にとどまった場合は、検察が再捜査で再度、不起訴処分を下せば、それ以上、検察審査会の審査には付されず、起訴される見込みがなくなるわけで。
 田代に対する検察の再捜査、処分の行方が注目されるところだ。(@@)

* * * * *

 また、当時、田代氏の上司であり、田代氏に報告書の作成を指示していたとされる元特捜部長・佐久間達哉氏、元特捜部主任検事・木村匡良氏は、不起訴相当になったとのこと。(-"-)

 小沢氏の1審では、東京地裁の裁判長が、東京地検特捜部が組織ぐるみで違法性のある捜査を行なっていたと判断しているし。
 実際のところ、当時、特捜部は、検察審査会が小沢氏に不起訴不当の議決を下すことを期待し、田代氏が作成した虚偽報告書だけでなく、上司が作成したものも含め、小沢氏が有罪だと推認させるような資料を検察審査会に提出した&それが小沢氏の強制起訴の大きな要因になったことが明らかになっているだけに、この議決には大きな疑問を覚える。(ーー) 

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『「生活の党」代表の小沢一郎衆院議員(70)が強制起訴された陸山会事件を巡る捜査報告書問題で、東京第1検察審査会は22日、虚偽有印公文書作成容疑などで告発された元東京地検特捜部の田代政弘・元検事(46)を不起訴(容疑不十分)とした最高検の処分について「不起訴不当」の議決をしたと公表した。議決は19日付。審査会は「虚偽有印公文書を作成する故意がなかったとする不起訴理由は納得がいかない。捜査が不十分か(最高検が)不起訴にするために故意がないとしているとさえ見える」と指摘した。

 最高検は再捜査し、起訴か不起訴か改めて判断する。ただ、「起訴相当」の議決ではなかったため、強制起訴の可能性はなくなった。最高検が再び不起訴処分にした場合、捜査は終結する。

 また、審査会は佐久間達哉・元特捜部長(56)と木村匡良・元主任検事(50)の不起訴処分(容疑なし)については「不起訴相当」と議決した。

 元検事が石川知裕衆院議員(39)=1、2審有罪、上告中=を再聴取した際に作成した報告書には「ヤクザの手下が親分を守るためにうそをつくのと同じようなことをしたら選挙民を裏切ることになる」などと、実際にはなかったやり取りが記載されていた。田代元検事は「勾留中の取り調べと再聴取の記憶が混同した」と説明していた。

 議決は「読み手に誤解を生じさせるもので、報告書には虚偽記載があったと言わざるを得ない」と指摘。「記憶の混同があったとする田代元検事の弁解を検察官はうのみにしていないかとの疑念はぬぐいがたい」と故意の虚偽記載を認めた。【島田信幸】


◇ 捜査報告書問題

 生活の党の小沢一郎代表が強制起訴された陸山会事件で、東京地検特捜部に所属していた田代政弘元検事が10年5月17日、小沢代表を起訴すべきだとの1度目の議決を受けて元秘書の石川知裕衆院議員を再聴取した際、実際にはなかったやりとりを捜査報告書に記載した問題。石川議員の「隠し録音」で発覚し、市民団体が元検事や当時の上司らを虚偽有印公文書作成容疑などで刑事告発した。最高検は12年6月、元検事らを不起訴とし、元検事は辞職した。(毎日新聞4月22日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で生活の党の小沢一郎代表(70)の元秘書を調べた東京地検特捜部の田代政弘元検事(46)=辞職=が虚偽の捜査報告書を作成した問題で、東京第1検察審査会が虚偽有印公文書作成・同行使などの罪で告発され、最高検が不起訴とした田代元検事について「不起訴不当」と議決したことが分かった。元上司2人は「不起訴相当」とした。議決日は19日付。

 議決を受けて最高検は再捜査に着手し、田代元検事の起訴の可否を判断する。「起訴相当」とは異なり、検察がもう一度不起訴にした時点で事件は終結し、裁判所が指定した弁護士によって強制的に起訴されることもない。

 議決書で第1検審は「捜査対象の社会的影響の大きさを考えると、捜査報告書作成において慎重な姿勢はうかがわれない。以前の取り調べと混同があったという(田代元検事の)供述は信用しがたい」とした。

 虚偽捜査報告書は平成22年5月に作成され、23年12月の小沢氏の公判で問題化。田代元検事の取り調べに対し、小沢氏の元秘書、石川知裕衆院議員(39)が「『選挙民を裏切ることになる』と検事に言われ、(小沢氏の関与を認めた)供述を維持した」と話したことが記されていたが、石川議員の隠し録音記録にこうしたやり取りは存在しなかった。

 市民団体が同罪などで、田代元検事らを刑事告発したが、最高検は昨年6月、田代元検事を嫌疑不十分、元上司2人を嫌疑なしとして不起訴にした。市民団体は処分を不服として検審に審査を申し立てていた。(産経新聞4月22日)』

『 市民が参加した検察審査会は22日に公表した議決で、陸山会事件の捜査報告書に虚偽の記載をした田代政弘・元東京地検特捜部検事(46)(辞職)を不起訴とした最高検の捜査を批判し、「謙虚な捜査」を求めた。だが最高検は再び不起訴とする方向で、特捜部検事がなぜ虚偽の記載をしたのかは真相が分からぬまま、幕引きとなる可能性が高い。

 「40代半ばのベテラン検事が記憶を混同するとは通常考えがたい」。東京第1検察審査会の議決書は、虚偽の記載を「記憶の混同」とした田代元検事の釈明をこう批判した。同審査会に対して「検事も人の子だから間違いはある」とした最高検の説明についても「答えになっておらず、ごまかしていると評価せざるを得ない」とするなど、検察批判の言葉が随所に出てくる。(読売新聞4月22日)』


* * * * *

 昨夜は帰宅が遅かった&かなり眠いので、まだ少ししか報道記事&関連記事に目を通すことができておらず。とりあえず、今回はこの件について、やや詳しく報じていた3つの新聞の記事をアップしてみたのだが。
 この問題については、今後もどんどん取り上げて行きたいと思っている。(・・)

 ただ、おそらくこの東京地検特捜部の陸山会事件の捜査や検察審査会の審査、議決などの問題を追いかけて来た人(ちゃんと事実や経緯を知っている人)は、誰ひとりとして、この結果に納得が行く人はいないのでないかと察するし。
 田代氏以上に、上司2人が不起訴相当で終わったことには、大きな問題性を感じているのではないかと思われる。(ーー゛)

<田代氏は、特捜部の方針や上司の指示などによって、本捜査当時の強引な取調べや、虚偽の報告書作成を行なった可能性が大きいと思うので、尚更に。>
 
 そして、陸山会事件の違法捜査の真相を解明するためにも、今後の検察&司法行政を改善して行くためにも、こんな風にお茶を濁すような結末で終わらせるわけには行かないと思っているmewなのだった。(@@)

                     THANKS 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



 
by mew-run7 | 2013-04-23 00:56 | 小沢&秘書の裁判

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7