田代元検事の再捜査で、最高検が石川元秘書の取り調べ自前録音を拒否



  これは6月16日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



この記事では、小沢一郎氏&秘書の捜査、公判に関連する話を・・・。

 これは『田代元検事が不起訴不当にbut上司2人は不起訴相当。Wで納得行かず。 』の続報になるのだが・・・。

 陸山会事件で小沢一郎氏の元秘書だった石川知裕氏の取調べを担当していた東京地検特捜部の田代政弘元検事が虚偽の捜査報告書を作成した件で、最高検は不起訴処分を下したのだが。
 今年5月、この処分に対し、東京第一検察審査会が不起訴不当の議決を出したため、最高検が再捜査することになった。

 そこで最高検は、石川知裕氏に任意の聴取に応じるように要請したのだけど。石川氏が、持参した機器で録音を希望したところ、最高検がこれを拒否したため、聴取が中止されることになったという。(~_~;)

『「自前」録音拒否で石川元議員への聴取中止 虚偽捜査報告書の再捜査

 生活の党の小沢一郎代表(71)が無罪となった陸山会事件の捜査をめぐり、東京地検特捜部の田代政弘元検事(46)=辞職=が虚偽の捜査報告書を作成した問題で、最高検が元秘書、石川知裕元衆院議員(39)=上告中=の任意の事情聴取を試みたが、石川氏が持参した機器での録音を希望したため、中止したことが15日、石川氏への取材で分かった。

 田代元検事は平成22年5月に石川氏の取り調べを担当したが、その際の捜査報告書に虚偽記載があったとして市民団体が虚偽有印公文書作成などの罪で告発。最高検は田代元検事を不起訴としたが、東京第1検察審査会が今年4月に「不起訴不当」と議決したため、再捜査に着手している。

 石川氏によると、今月14日午後、最高検の聴取要請を受け、東京・霞が関の検察庁舎を訪れた。代理人弁護士の同席が認められ、検察が用意した機器で録音・録画されることになった。しかし、石川氏が持参したICレコーダーでの録音を申し出ると、担当検事は「捜査の内容が外部に漏れる可能性がある」と拒否したため、聴取は中止となったという。

 産経新聞の取材に石川氏「検察側だけでなく、自分が話したことを自分でも記録しておきたかった」としており、自前での録音が認められれば応じるという。(産経新聞6月15日)』

* * * * *

 この件に関しては、15日の東京新聞朝刊がもう少し詳しい記事を載せていたのだが。記事を公開していないので、気になった部分だけちょこっと記すと・・・。

『石川氏によると、最高検は東京・霞ヶ関の検察庁の取調室に録音・録画(可視化)の機器を用意していた。
 石川氏が「こちらも録音させて欲しい」と申し出たが、検事は「捜査情報が漏れる可能性がある」として拒否。同席した代理人弁護士が「それでは応じられない」と伝えたが、検事が認めず、この日の聴取は見送られた。

 石川氏は本紙(東京新聞)の取材に「しゃべったことがどう使われるのかわからないので、ちゃんと記録しておきたかった。可視化に応じる意向を示したのに、なぜこちらの録音が認められないのか」と話した。』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 石川氏は、10年5月に小沢一郎氏の再捜査で、田代元検事から任意の聴取を受けた際に、ICレコーダーに取調べ内容を録音。
 その録音内容から検察側が不当な手段で取り調べを行なっていたことがわかり、公判の際には、裁判所が関連する証拠の採用を却下することに。
 また、田代元検事の作成したこの取調べに関する捜査報告書に、録音内容と異なる(=石川氏が取調べで語っていない)虚偽の記載が多数含まれていることが発覚。田代氏はそのために告発を受け、最高検の捜査を受けることになった。(・・)

 つまり、石川氏にしてみれば、自分のICレコーダーで取調べ内容を録音することは、自分の身を守ることや、検察が録音内容を編集したり、報告書に虚偽記載を行なったりするのを防ぐことにもつながるわけで。
 それゆえに、今回もICレコーダーでの録音を申し出たのではないかと思われる。(**)

* * * * *

 先週、『郵政冤罪の村木厚子が厚労次官に~検察改革&弱者支援に期待』という記事の最後の方で、法制審議会の取り調べ可視化の議論について触れたのだが。

 民主党政権下の法制審議会では、取調べの可視化に関する議論が随分進んでいたのであるが。
 昨年末、自民党が政権を奪還してから、何だか流れが後退し始めているようなところがあって。今年1月に出されたとりまとめの素案では、検察側の裁量の幅が広く認められるような内容になっていたため、これではもし可視化に関する法案を作っても、結局、骨抜きの法律&検察ペースの運用がなされてしまうのではないかという懸念の声が出ている。(~_~;)

 また、今後、石川氏のように自分が持参した機器に録音や録画を行なうことを要望する被疑者や参考人が増える可能性もあることから、そのようなケースに関してもきちんと議論する必要があるのではないかと思うmewなのだった。(@@)

                   THANKS   


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/20661296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2013-06-16 11:13
タイトル : 都議選応援でアベノミックス阻止の実現願う、核燃料廃棄物安..
 安倍のウソノミックスは国民を騙すだけでなく財政を窮乏させ国際投機資本を儲けさせる結果を招くのだから、参院選立候補者も都議選応援でアベノミックス阻止を訴えるのは当然だ。 人類を滅亡に追い込む核燃料廃棄物の安全処理策ナシでの原発再開、前段階の大飯原発継続運転に反対、に関連する最新のWeb情報を引用すると、... more
by mew-run7 | 2013-06-16 09:01 | 小沢&秘書の裁判 | Trackback(1)