憲法改正ぶち壊した“大罪” 「橋下徹」が国政から消える日(産経)+コンフェデ


頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


  まずは、サッカーのコンフェデレーション杯の話を・・・。

  サッカー、コンフェデ杯予選A組の2戦め、日本はイタリアと対戦。前半の終わりまで2-0とリード。試合内容では、全体的に押し気味だったものの、最終的には3-4で敗れてしまった。_(。。)_ 

 ただ、久々にワクワクする試合を見られたことは、嬉しかった&感謝しているです。"^_^"
<試合時間が、めっちゃ短く感じたし。朝からひとりで声を上げて観戦してたりして。(・・) あと日本代表が強豪国とやって3-4というスコアになるのは、珍しいことかも。(@@)>  

 いや~、マジ、惜しかった~。<1日に何度も「あのシュートが惜しかった」「あそこで、枠に当たらず、はいっていれば」と言ってたので、相方に「しつこいよ。うるさい」といさめられたほど。でも、それぐらい惜しかったよね~。どれかが1つ、はいっていればね~。(~_~;)>
 
 イタリアは、中2日の試合でやや疲れていた&前半は日本をナメていた感じもあったのだけど。0-2になって、これはマズイぞとなってからは、ガチンコに。
 日本はブラジル戦の反省もあってか、皆、かなりアグレッシブにゴールを意識して動いて行った&昨日は遠藤や香川、長友なども機能した(自らも機能しようとした?)ので、いい形がたくさん作れたしね~。(++)
<本田は、生真面目さゆえにか、周りをうまく使おうと意識し過ぎたかも。もっと自分でもバンバン行っちゃっていいと思う部分も。(・・) 最初のPKもブッフォン相手にコースを変えなければと、かなり緊張して、チョット蹴り損じていた感じも。^^;abunakatta>

 香川は、敗戦したにもかかわらず、MOM(試合の優秀選手)に選ばれることに。あのゴール前の振り向きざまのシュートは、mewのいう「外人みた~い」な、まさにTOP国の選手のようなプレーだったと思ったです。"^_^" 

 ただ、同時にDF陣は守備の意識を高めなくちゃいけないのだけど。そういう時は、やっぱどこかで守備が甘くなってしまうのか。ややバタバタして、いらない失点を与えたのは実に痛かったし。<長谷部のハンドは、WC予選の最終戦とでチャラと考えるにしても?^^;>
 まあ、どの競技でも(将棋とかでも?)そうかも知れないのけど。結局、何やかんやで、強いチームや選手は、調子がイマイチでも、ここぞという時に、相手のスキやミスをついてしっかりと必要な点をとって、勝っちゃうわけで。<だから、強いんだよね。^^;>
 日本はアジアでは、それがかなりできるようになったのだけど。来年のW杯までに、世界の強豪国相手にも、それがチョットでもできるようになって欲しいな~と、
しみじみ思ったmewなのだった。(@@)

 次のメキシコ戦では、来年に向けて選手もファンも「行けるぞ!」と自信を深められるような試合ができるようにガンバです!o(^-^)o 
<ちなみにFIFAランキングだと、メキシコは17位。日本は32位。>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 話は変わって・・・。

 今日は、前記事の『橋下vs.石原の舌戦で、維新が瓦解&人気低迷の橋下は、利用価値なし?』の続きをアップしようと思っているのだけど。(午後にはアップ可能かと・・・。たぶん・・・。>

 その前に、産経新聞に維新の会の橋下徹氏に関して、興味深い記事が出ていたので、それをアップしておくです。
 
 これを読むと、超保守&改憲勢力が橋下氏の人気を利用して、どのような計画、構想を実現しようとしていたのか。また、橋下氏がその発言によって維新の低迷を招いたことで、どんなに怒っているかわかるのではないかと思う。(~_~;)

<mewが4月にアップした『民主党潰し&アブナイ保守二大政党制をもくろむ維新と自民に警戒を』の内容と、かなり重なる部分があるかも。>

 まあ、mewから見れば、身勝手な発想&怒りだし。彼らがいかに一般国民の意思そっちのけで、自分たちの独断的な思想に基づいて、自分たちの都合だけで、国を動かそうとしているかってことが、よ~くわかるのではないかとも思うです。(-"-)
 
* * * * *

野党再編、憲法改正ぶち壊した“大罪” 「橋下徹」が国政から消える日
産経新聞 6月16日(日)14時25分配信


橋下氏の「慰安婦発言」をめぐり泥沼の懲戒合戦となった(写真:産経新聞)
 今のところ、窮余の一策はとんと見つからない。日本維新の会は、橋下徹共同代表(大阪市長)による慰安婦発言が響き、あれよという間に有権者が離反し、参院選では芳しくない結果ばかりが取り沙汰されている。だが、事は維新の退潮にとどまらず、野党による保守合同論や、憲法改正の要件を緩和する96条改正問題など、選挙後に持ち上がること請け合いの政治課題をことごとく実現不可能なものにしてしまった。橋下氏の「罪」は、それほど深いのである。(松本浩史)

 ■「選挙は負け。もう遅い」

 土俵際に追い詰められると、どうにか封印していたにわか集めの党体質にありがちな弱みが浮き立ってくる。もはやその遠心力にあらがえないありさまだ。

 過日、維新幹部に接したときのこと。「大阪の話はしたくないよ。橋下氏は好きなタイプじゃないね」。のっけから投げやりな言葉を浴びせられ、いささか驚いた。

 関係筋の世論調査などによると、維新は当初、参院選で選挙区と比例代表をあわせ、15議席程度の獲得が予想されていた。選挙協力をしていたみんなの党と計30以上という数字も出ており、「与党の過半数獲得阻止」というスローガンもまんざら夢物語というわけではなかった。ところが、慰安婦発言後、その勢いは減退し、今では約5にまで激減したという。

 件の幹部は、大阪系ではないので、橋下氏をかばう気持ちなどさらさらない。橋下氏の「賞味期限」に敏感なだけである。もはや選挙後の政局で主導的な立ち位置を占めるのは絶望的になった-。そんな歯がゆさが発言の背後に見て取れる。

 別の維新幹部は、東京都議選の帰趨(きすう)について、14日の告示前に耳を疑うような発言をしている。「選挙は負けですよ。もう遅いですよ」。居合わせた関係者は「維新を腰掛け程度にしか思っていない」と吐き捨てた。

<下に続く・・・>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 ■保守合同、憲法改正…すべてが不透明に

 維新が参院選で惨敗すると、野党でくすぶっていた保守合同論の動きがにぶるのは間違いない。

 自民党に対峙(たいじ)してきた民主党には、自治労や日教組など官公労系労組の組織内議員がいて、憲法問題など党の背骨部分で両論ある、実に情けない体質を引きずっている。党内には、「脱組合」を唱える保守系議員は少なくなく、維新など第三極が躍進すれば、手を握る構想もささやかれていた。

 ところが、維新が「脱落」したことで、新味のある合同論は水泡に帰したとみて差し支えない。よしんば、現在の野党間で合従連衡が起きようとも、到底、国民の期待を集める勢力にはならない。政局に地殻変動の兆しがでたとき、勢いを加速させるのに必要なのはやはり、「新しい息吹」なのである。

 憲法改正問題の先行きにしても、不透明感を増幅させてしまった。

 橋下氏の失言がなくても、すでに与党で3分の2以上の議席を有する衆院はともかく、参院では、改憲勢力がそこまでの議席を獲得するのは、困難視されていた。このため、自民党には、維新が一定勢力を参院で占めることを見越し、保守系として知られる民主党の前原誠司元外相とパイプがある橋下氏を「頼みの綱」に、民主党の保守系議員を取り込み、改正を成し遂げたいとの思惑もあった。これもまた、ご破算といってよい。

 ■7月21日は舞台から去る日?

 大阪維新の会関係者は、このところの橋下氏について「さすがに元気がないみたいだ」と気遣う。描いていた政治家としての道筋が暗澹(あんたん)としてきたのだから、その落胆ぶりは察して余りある。持ち前の強気な言動も鳴りを潜めた感があり、これといった巻き返しの攻め手もない。

 「国民がノーといえば参院選で敗北する。(共同)代表でいられるかどうかの議論が党内で生じる」

 橋下氏は、東京都内で5月27日に行われた日本外国特派員協会での記者会見で、参院選の結果次第で、共同代表を退く考えを示唆した。勝敗ラインが党内でどのように設定されるか、流動的な要素があるとはいえ、現状のまま選挙戦に臨めば、辞任の流れは阻めないだろう。よしんば続投しても、再浮上の芽はありそうもない。

 参院選の投開票日は7月21日で固まっているため、この日は事実上、橋下氏が国政の表舞台から身を引く節目となるかもしれない。』

  以上

* * * * *

 そして、7月21日には、是非、橋下氏だけでなく、石原氏や平沼「た」党議員などのアブナイ超保守勢力も、国政の表舞台から身を引く節目になって欲しいと願っているmewなのだった。(@@) 

                  THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/20687025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mew-run7 | 2013-06-21 10:39 | 政治・社会一般 | Trackback