政治史に残る小沢疑獄事件+大阪の元特捜部長は田代不起訴を不公平と批判



 これは6月26日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



 旧PCから蔵出し記事を。(と言っても、今月中旬に公開されたばかりの記事だけど。^^;)

 日本政治史に残る小沢一郎氏疑獄事件 不可解な形で無罪放免
配信元:ポストセブン 2013/06/15

 政権党の実力者を標的にした「日本政治史に残る疑獄事件」は、やがて「特捜検察史上最大の失態」であることが明らかになった。国政を左右するほどの影響を与えた以上、この「冤罪事件」の総括はきちんとなされなくてはならない。ところがその当事者は、実に不可解な形で“無罪放免”となった。

 「不起訴不当」--文字の意味と実態が、これほど真逆な言葉は珍しい。

 「不起訴が不当」ならば、誰もが「不起訴を撤回して起訴する」と解釈するだろう。しかし、実際には「不起訴処分が確定する」という意味になるのである。

 4月22日、東京第1検察審査会(検審)は、虚偽有印公文書作成などの容疑で刑事告発された田代政弘・元検事(懲戒処分後、辞職)について「不起訴不当」とする議決書を公表した。

 田代氏の容疑は、小沢一郎・生活の党代表の資金疑惑捜査の際、小沢氏の元秘書だった石川知裕・代議士の取り調べに関して「虚偽の報告書」を作成したというものだ(※注1)。

 虚偽報告は捜査への信頼を揺るがす大問題だが、それ以上に大きいのは、この報告書が国政さえも左右する材料となったことだ。

 2010年2月、東京地検特捜部が不起訴とした小沢事件は、市民団体の申し立てによって検審(東京第5検審)で審査され、同年4月と9月に「起訴相当」議決が下った。「起訴相当」と「不起訴不当」は同じような意味に聞こえるが、全く違う。前述のとおり「不起訴不当」は不起訴が確定するのに対し、「(2度の)起訴相当」は自動的に強制起訴となり、容疑者は刑事被告人となる。

 民主党は小沢氏が2011年1月に強制起訴されたことを受けて、同氏の党員資格を停止し、小沢氏は昨年11月まで約2年間にわたって政治活動を制約された。小沢氏を排除した民主党は、党内対立を激化させた末に先の総選挙で敗れ、自民党に政権を明け渡した。小沢検審の「起訴相当」議決は、政治家・小沢一郎のみならず、国の行方までも変えたといえる。

 田代氏を「不起訴」にした理由は何なのか。もちろん田代氏が、虚偽報告書という“重要資料”を作成し、小沢氏の強制起訴を実現させた“功労者”だという要素はあるだろう。だが、それよりも大きな理由があるという。

 「田代が刑事被告人として法廷に立った時、何を喋るかわからない。前田の件は検察に大打撃となった。万一、同じことが起きれば検察は二度と立ち直れない」

 ある検察OBはそう口にした。「前田」とは、村木事件(※注2)の際に証拠改竄を行なったとして起訴された前田恒彦・元検事(実刑を経て満期出所)のことである。小沢捜査にも関わっていた前田氏は、小沢裁判の際に「特捜部は妄想を抱いて夢を語っていた」と、小沢事件が特捜部の暴走であったことを証言した。

 仮に被告人となった田代氏が、前田氏と同様の暴露をする事態となれば、もはや小沢事件が司法・検察の「小沢抹殺」であることが誰の目にもわかってしまう。

 田代氏の取り調べテープを録音し、虚偽報告書であることを証明した石川知裕・代議士が語る。

 「田代さんの審査では、検察側が強制起訴にならないような証拠だけを提出していたと思います。そうして彼の不起訴不当が決まった。

 法廷で明らかにする機会は失われましたが、それでも田代さんが真実を話すことが大切です。虚偽報告書の作成は、田代さんの独断ではないでしょう。“検審に小沢一郎を強制起訴させるためには、小沢の印象を悪くする操作が必要だ”と考えた検察組織の中で、たまたま田代さんが私の取り調べを担当した。

 そして、録音テープによって田代さんは検事の職を失うことになった。彼は私のことを恨んでいるかもしれませんが、私自身は田代さんに同情的です。彼が自ら真実を話すために協力したい」

 【※注1】2010年5月、田代検事が石川氏を聴取した捜査報告書には「『選挙民を裏切ることになる』と検事にいわれ、(小沢氏の関与を認める)供述を維持した」と記され、その報告書は小沢事件を審査する検審に提出された。だが、この取り調べ時に石川氏が録音していた記録にそうしたやり取りがなかったことが、後に小沢氏の公判中に明らかにされた。田代氏は刑事告訴されたが「記憶が混同した」と説明し、検察は不起訴とした。

 【※2】大阪地検特捜部は2009年、広告会社が郵便割引制度を悪用して多額の郵送料を免れたとする郵便不正事件に、厚労省局長の村木厚子氏が関与していたとして逮捕。だが、後に担当検事だった前田恒彦氏が証拠のフロッピーディスクを改竄していたことが発覚。前田氏は証拠隠滅罪で逮捕され、村木氏は無罪となった。

 ※週刊ポスト2013年5月17日号

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 もうひとつ、興味深い記事を・・・。<これはちょうど1年前の記事>

 この記事の中に、大阪地検特捜部が村木厚子厚労局長をえん罪で逮捕、起訴した「郵政不正事件」の話が出て来るのだが・・・。
 
<この逮捕は、衆院選直前の09年6月になされたのだが。大阪地検特捜部は、民主党の石井一副代表(当時)が不正書類作成に関わっていたことを立証して、民主党にダメージを与えようとしていたという見方が有力だ。(検察は石井氏が絡んでいる可能性を報道にリークしていたです。)
 ただ、村木厚子氏らが石井氏から要請を受けたことを否定。また石井氏本人が、自らアリバイを証明することができたため、石井氏への強制捜査は行なわれずに終わった。>

 大阪地検特捜部では、前田元検事がフロッピーを改ざんしたとして逮捕・起訴され、有罪判決を受けることに。
 さらに前田氏の上司だった元特捜部長の大坪弘道氏らも、前田氏の犯罪行為を知りながらかくまったとして、最高検に犯人隠避罪で逮捕・起訴されることに。
 大坪氏らは、起訴された犯罪事実を全面否定しており、1審の大阪地裁で有罪判決を受けたものの控訴。現在、2審の公判中だ。

* * * * *

 でもって、その大坪氏が、昨年、田代元検事に最高検が不起訴処分を出したという話をきいて、大阪地検への対応と比較して「不公平だ」と批判していたというのだ。<他の大阪地検関係者の中にも、疑問を唱える人が複数いたようだ。>
 
『田代検事不起訴に「不公平だ」大坪元特捜部長が怒り

 陸山会事件をめぐる虚偽の捜査報告書問題で、法務・検察当局が27日に元東京地検特捜部の田代政弘検事(45)を不起訴にしたことに対し、特捜検事による押収資料改竄(かいざん)・犯人隠避事件の舞台になった大阪では、「甘すぎる」と処分内容を批判する検察関係者が目立った。

 「虚偽の捜査報告書を作成して、なぜ嫌疑不十分で済むのか」。大阪地検特捜部OBの弁護士はこう憤る。現役検察官も「捜査にたずさわる者として、虚偽記載が記憶違いとは思えない」と疑問を呈した。

 犯人隠避の罪に問われ、1審で有罪判決を受けた元特捜部長の大坪弘道被告(59)=控訴=は弁護人を通じてコメントを公表。「犯人隠避事件より悪質で、組織的関与が強く疑われる今回の事件に最高検がとった今回の不徹底で緩慢な処置は、大阪に対する過酷な処置と比較してあまりに不公平」と指摘した。

 一方、ある元大阪地検幹部は「虚偽記載を過失と判断したなら、逮捕や起訴は難しい。東京に甘くて大阪に厳しいと一概に言えない」と冷静に受け止めた。(産経新聞2012年6月28日)』

* * * * *

 東京地検特捜部は、田代氏の虚偽の報告書作成に上司は関与していないと判断し、上司らも不起訴処分にしたのだが。
 おそらく大坪氏は、(実際に特捜部長だった経験から考えても?)この田代氏の虚偽記載に上司が絡んでいると考えている様子。それゆえに「組織的関与が強く疑われる今回の事件に最高検がとった今回の不徹底で緩慢な処置」というコメントを出したのではないかと察する。(~_~;)

<まあ、mewから見れば、虚偽の報告書を作成してまでして、検察審査会を悪用する形で小沢氏を強制起訴しようとした東京地検特捜部も、証拠物のフロッピーを改ざんを行なった大阪地検特捜部も、同じぐらい重大な問題性のある行為だと思うし。もし上司もそれに関与している場合は、どちらも責任が重いと思うのだけど。
 どちらの上司も関与を否定している中、最高検の東京と大阪への対応はかなり異なるだけに、大坪氏がその点で不公平だと感じるのは理解できる部分がある。>

* * * * *

 この件について、もう少し書きたいことがあったのだけど。時間がなくなってしまったので、中途半端ながら、今回の記事はここまでで終わりにしたい。

 ただ、ともかく最高検が、この陸山会事件(小沢疑獄事件)を闇に葬ってしまわないためにも、これからも、チョコチョコとこの問題を取り上げて行きたいと思うし。
 ひとりでも多くの人が、検察の捜査の問題はもちろん、検察がもしかしたら(背後にいる勢力の意向もあってか?)特定の政治家を潰す意図で、強引な捜査や起訴を行なおうとした可能性があることを認識してくれるといいな~と願っているmewなのだった。(@@)

                         THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/20713218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mew-run7 | 2013-06-26 20:34 | 小沢&秘書の裁判 | Trackback