「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑ バナーをクリック・プリ~ズ


↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

政界もアメフト界も、皆で事実..
at 2018-05-22 11:51
安倍、加計と事前に獣医学部に..
at 2018-05-22 00:19
内閣支持率が早くも底打ち~国..
at 2018-05-21 12:18
財務省、黒塗りが間に合わず、..
at 2018-05-20 15:32
若者の自民党支持率が高くなっ..
at 2018-05-20 11:11
国も沖縄も、あきらめない&忘..
at 2018-05-19 16:47
内閣府次長、加計の車を使うも..
at 2018-05-19 00:30
麻生暴言、拉致問題や北朝外交..
at 2018-05-18 03:21
追悼・岸井成格さん~権力に臆..
at 2018-05-17 00:28
新潟県知事選、与野党の一騎打..
at 2018-05-16 00:40

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

超高齢者社会到来、204..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
多くの年寄さえ西暦しか使..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
 当局もようやく腰を上げ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
東南海大地震は近いのか・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
働き方改革法案は時期尚早..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界で日本だけが高速増殖..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トランプ大統領のイスラエ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国の高い要求・核開発技..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
過労死ラインの働き方改革..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
http://03501..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん5月22日5:..
by xtc4241 at 17:31
mewさん5月12日pm..
by xtc4241 at 14:43
CONSAMAさん、コメ..
by mew-run7 at 02:33
ずっと疑問に思ってた事だ..
by i at 07:36
mewさん5月3日7:0..
by xtc 4241 at 06:47
mewさん4月26日5:..
by xtc4241 at 05:42
ミュウさん大変お久しぶり..
by CONSAMA at 08:38
mewさん 4月22日8..
by xtc 4241 at 08:58
mewさん、4月5日5:..
by xtc 4241 at 05:48
mewさん3月26日⒎:..
by xtc4241 at 07:44

ブログパーツ

タグ

(1296)
(769)
(649)
(463)
(293)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(163)
(159)
(156)
(154)
(149)
(149)
(146)
(141)
(128)
(126)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

池上彰のアベノミクス考&格差拡大への懸念+選挙直前こそ党首討論を見たい

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 まずは、今から参院選で、最終的に投票する候補を決めようと思っている人へ。
 
 アンケート方式で、自分の考えと合う政党や候補者を選べる毎日新聞の「えらぽーと」はコチラに。

 あと、この毎日新聞のサイトには、重要な争点に関する各政党の公約や全ての候補者のアンケート回答が載っているので、それぞれの考え方を把握しやすいかもです。"^_^"
 各党の公約は、コチラ。選挙区の候補は、コチラ。比例区の候補はコチラ

 同じ政党でも、争点によっては考え方が違う人がいるので、自分が重要だと思う政策で意見が合う人を選ぶといいのではないかと思うです。(・・)
 
  * * * * *

 ところで、 昨日「何で今週は一つもTVで党首討論をやんないの~?」ときかれて、「そう言えば、やってないかも~」と・・・。(14日の日曜も、党首じゃなくて幹事長+αの討論会だったしね。)

 きけば、三連休が終わった後、家族で「あ、次の日曜日は参院選だ。そろそろ参院選で入れる候補や政党を考えなくっちゃ」という話に。で、「じゃあ、TVの党首討論を録画しておいて、見よう」ということになったそうなのだが。TVの番組表をチェックしたところ、今週は一つもTVで党首討論会が行なわれないと言うのだ。^^;

 mew自身も、まだチョット迷っているのだけど。世間でも、まだ最終的に投票する候補者、政党が決まっていない人は、2~3割はいるはず。
 それなのに、こんな大事な時に、TVの党首討論が一つも行なわれないなんてね~。(@@)

<クチの悪い友人は、「安倍が、終盤戦で下手に失言して票が減るとマズイから、最後の週は討論に出るのをイヤがってるんじゃないの~?」なんて言ってたりもして。(@@)>

 まあ、どの党首も投票日直前は、選挙の応援演説で全国を飛び回っていて忙しいのかも知れないのだけど。各TV局や政党は、主権者たる国民に貢献するために、一考して欲しいと思うです。(・・)

* * * * *

 ただ、今回の参院選も、(法定の)政党の数が9党もあるので、党首討論を見ていても「何だかかな~」という印象を抱いた人が少なくなかった様子。

 それにやっぱ人数が多い分、一つ一つのテーマの議論が深まらないし。与野党がやり合う場面もほとんど作れず。結局、いつも同じように通り一遍の主張をするだけで、あっという間に討論の時間が終わってしまったという感じの番組も少なくなkったし。
 政党数が多いこともあって、それぞれの政党の区別や考え方の違いがわかりにくいという声もあった。<8党が「脱原発」と言っているけど、「どこがどう違うのか?」「何故、チームが組めないのか」とか。<「たくさん政党があり過ぎて、番組が終わった後、どこが何を言ってたかわからなくなっちゃった」なんて声も。>


 また、これは、いつもよくきく話なのだけど。ふだん政治に関心があまりない人は、折角、党首討論会を見ても、当たり前のように専門用語(?)が飛び交っているのをきいて、「???」となってしまうことが多いわけで。

 まあ、中には「主権者たる国民として、もっと日ごろから政治に関心を持って、勉強しておくべきだ」「選挙前ぐらい、自分で勉強or予習しとけ」などという人もいるかも知れないのだけど。
 ただ、選挙を機に、チョット政治に関心を持ち始める人が増える可能性があるのだから、何か番組を作る側も、各政党も、もう少し工夫が必要かも知れないと思う部分もある。(・・)

<各党とも、公約パンフなどでは、漫画を使うなどして、わかりやすく伝えようとする努力をしているように思うのだけどね~。(++)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 あと、mew周辺では、「池上彰さんが、党首討論の司会をしてくれればいいのに」と言う人も何人かいたです。<各テーマの解説もつけて。生徒役のヒナ壇のとこに党首が座って、意見を言えばいいのにとか。>

 ちなみに、池上彰氏は、前回の衆院選特番で、各党の党首や幹部に鋭い質問を浴びせかけて「ギャラクシー賞」を受賞したのだけど。今回もテレビ東京で、選挙特番の司会を務めるとか。

『今回の特番を通じて「政治に関心のない若い子、将来の有権者の子も政治を理解して面白いと思えるようにしたい」と張り切り「午後8時の議席予測が終わってからの部分をどう工夫できるかが勝負だと思います」と意気込みを語った』とか。(オリコンスタイル7月3日)

 録画しておこうかな?(・・)

* * * * * 

 でもって、その池上彰氏が、アベノミクスに関して語っていた(書いていた?)記事を見つけたので、ここにアップしておきたいと思うです。

『いよいよ目前に迫ってきた参院選。あまり政治に興味がない…という人にもわかるように、池上彰さんが今回の選挙のポイントを解説する。「今回の選挙の争点は、安倍政権を信任するか、しないか」だという池上さん。特に判断のポイントとして重要なものが「アベノミクス」だという。

 * * *

 アベノミクスというのは、安倍政権が打ち出した景気回復のための経済政策です。この政策には、3本の矢と呼ばれる3つの分野があります。「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」そして「民間の投資を引き出す成長戦略」です。前の2つは要するに「ミニバブルを起こす」「バラマキ」といったショック療法で、最後の1つは「日本経済の体質改善」といえるでしょう。

 効果が早く出るのは、ショック療法です。みなさんもご存じの通り、長らく1万円を割っていた株価は安倍政権発足後に上昇し続け、今年5月にはなんと5年4か月ぶりに1万5000円台にまで達しました。今は乱高下していますが、株で儲けたという個人投資家の声も聞かれます。円安の恩恵を受けた輸出業界では、夏のボーナスが増えたという会社もあります。

 しかし、収入が増えていない人もまだまだたくさんいます。安倍政権は非正規労働者を「限定正社員」と呼ばれる、勤務地や労働時間を限定した正社員へと転換させる策を進めようとしていますが、これは企業が社員を解雇しやすくすることにつながる、という見方もあることから、先行きが不安というかたもいるでしょう。

 それなのに、アベノミクス効果の円安のおかげで、輸入に頼っているエネルギーのほか、パンや食料油など身近なものまで、早速値上がりが始まっています。

 こんなことならアベノミクスには反対、でしょうか。安倍総理は、「ちょっと待ってほしい」と言っています。アベノミクスの効果が充分に広がって、みなさんのご家族のお給料も上がるまでには、少し時間がかかるんだということのようです。

まだわからない先のことを、21日の投票日までにどう評価すればいいか。参考になるのが、過去に起きてきたこと。

 たとえば、小泉政権時には、よく「痛みを伴う改革」「構造改革なくして景気回復なし」という言葉が使われました。改革とはたとえば、郵政民営化や道路公団の民営化など、政府による公共サービスを、どんどんと民営化し、民間にできることは民間に任せる、というものです。民営化の瞬間は確かに痛いかもしれないけれど、少し我慢をすれば、いずれ痛みがなくなるうえに、前よりも景気はよくなるんだといわれていました。

 その結果、どうなったか。景気は良くなったでしょうか。一部にはよくなった人もいたかもしれませんが、悪くなった人も多かった。格差が広がったというわけです。

※女性セブン2013年8月1日号』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 mewも何度かブログに書いたことがあるのだけど・・・。

 07年の参院選で、安倍自民党が惨敗した最大の理由は、小泉・安倍政権の6年あの間に、国民の間での様々な格差が拡大したことにあった。<生活の格差、雇用の格差、医療、教育の格差、都市部と地方の格差などなど。>

 小泉元首相が、竹中平蔵氏とコンビを組んで(&経済界、米国の後押しを受けて)、日本に過度な新自由主義的な経済政策を導入。
 各企業は弱肉強食の市場競争原理を重視して、ひたすらコストを削減することに努め、次々と従業員や下請けを切るor悪条件を突きつけるようなことをしたり、正規雇用を減らして非正規雇用を増やしたりしたため、一般ピープルは安定した仕事や賃金を得ることが困難に。
 それまで、地道にコツコツと仕事をして、日本の経済社会を支えながらそれなりに頑張って来た中間層の生活がボロボロに崩されてしまい、見事に「我慢」や「痛み」だけを押し付けられることになったのである。(`´)

 しかも、06年に首相になった安倍氏は、小泉改革路線を継承すると明言。生活格差や年金の問題に対応しようとしなかったばかりか、二言目には(一言目かな?)「美しい国づくり」がどうのとかクチにして、真っ先に「教育基本法改正」やら「防衛省昇格」やら、「憲法改正の国民投票法案」に取り組んで悦に入っていたために、国民から愛想をつかされることになったのだ。(~_~;)

* * * * *

 その07年の参院選から、まだ6年しか立っていないのだけど。安倍首相は、また官邸に竹中平蔵氏+αを迎えて、今度は小泉改革路線よりもさらに過激な新自由主義路線の経済・金融政策(=アベノミクス)を行なおうとしているのである。(@@)

 しかも、既に、国民の多くが薄々気づき始めているように、その恩恵がいつになったら、一般ピ~プルまで回って来る可能性は「???」だし。また、何のメリットも得られないまま、格差だけが拡大して行くおそれが十分にあるのだ。(~_~;)

<で、収入は増えないのに、消費税や医療費など様々な税金や社会保障、さらに円安による食品や日用品の値上げなどで、国民の負担は増えて行くばかりなのよね。(-"-)>

 その上、安倍自民党は、「国民の安全」よりも、経済的&軍事的な利益を重視して、原発の再稼動や輸出を進めようとしているし。

 おまけに、安倍陣営は、もし参院選で大勝して安定政権を築けたら、ここから安倍カラーを全開させて、今度は「強い日本を取り戻す」とか言って、またまた国民生活よりも「憲法改正」やら「軍事強化」やら「教育再生」(という名の教育改悪)などにエネルギーとお金を注ぎ込むつもりになっているわけで・・・。
 
本当に、このまま参院選で安倍自民党大勝をさせていいのか、「もう少し、自分や家族の生活を大事に考えて、一票を投じて欲しいな~」と、切に願っているmewなのだった。(@@)


p.s. ちなみに、07年の参院選では、小沢民主党は、小泉&安倍政権の問題点を指摘して、生活重視の姿勢を前面に出して戦い、大勝することに。それが政権交代の大きなステップになったのだけど。(・・)
 いまや、その民主党はボロボロになってしまったため、自民党と正面から対立して、政権を担える規模の野党が存在しないのが痛いところ。^^;
 ただ、おそらく参院選後には、野党再編が起きると思うので、平和&リベラル志向の人は、政党の枠を超えて、できるだけ自分の考えに合う野党の候補をひとりでも多く当選させられるように、応援&投票して欲しいと思うです。(**)

<もし安倍自民党の当選者が、当初の予想(65~70)より減った場合には、自民党内の党内対立は激しくなって、「安倍おろし」が起きる可能性がある。そのためにも、mewはひとりでも自民党の当選者を少なくしたいのよね。(・・)>


          THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-07-19 03:23 | 政治・社会一般 | Trackback
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/20816910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]