「はだしのゲン」閲覧制限の背景に、安倍&超保守の施策あり+横浜市長選にも影響が

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 先週、島根県松江市の教育委員会が、原爆や戦争の実態が描かれた漫画「はだしのゲン」を、小中学校の図書室から排除(書架入り)したというニュースが出て、ネット界でも話題になっているのだけど・・・。
<ちなみに08年にも「はだしのゲン」のカレンダーを教室から排除する動きがあったのよね。関連記事・『「はだしのゲン」のカレンダーも撤去・強まる日教組批判&排除』>

 mewは、これは、以前から当ブログで書いている、地方自治体(&その教育委員会など)を利用した超保守教育(歴史修正教育)の推進活動や日教組潰しの動きの一環なのではないかと考えている。(**)

<後述するように、安倍氏らの超保守派は、自分たちの思想や解釈に基づく歴史認識とは合わない歴史教育は誤ったものだと&そのような教育を行なった日教組は悪の根源だと考えていて。彼らの考えに沿わない教科書などはどんどん排除して、愛国心教育、尊皇教育などを強化して行こうとしているのよね。^^;>

* * * * *

 まず、「はだしのゲン」のことを書く前に、この問題と関連する話を一つ書きたい。<特に横浜市民の方には、是非、読んでいただきたいです。(・・)

 これは09年8月にアップした『横浜市が「つくる会」保守系教科書を採択、日本&地方の学校教育・右傾化への懸念』の関連記事にもなるのだけど・・・。

 前回の横浜市長選では、民主党が擁立した林文子氏が自公候補を破って当選したのだが。何と今回の市長選では、自民党、公明党が林氏に相乗りすることになった。^^;

 しかも、mewが、唖然とさせられたのは、自民党が林氏に示した推薦の条件(林氏と交わした政策協定)の中身だった。(・o・)

 自民党は、林氏に「愛国心の育成などを掲げた改正教育基本法の精神に基づいた教科書採択に向けて取り組むことや、「正しい歴史認識に立った領土教育」の推進などを」要望。林氏を推薦するに当たって、これらを盛り込んだ政策協定を結んだというのである。(@@)

* * * * *

『今夏の市長選への出馬を表明した横浜市の林文子市長(67)が、自民党から推薦を受けた際に締結した政策協定の中に、愛国心の育成などを掲げた改正教育 基本法の精神に基づいた教科書採択に向けて取り組むことや、「正しい歴史認識に立った領土教育」の推進などを盛り込んでいたことが17日、分かった。

 政策協定では「あらゆる教科において、新しい教育基本法の精神に基づいた教科書が採択されるよう、引き続き取り組む。また、正しい歴史認識に立った領土教育を進める」と記載されている。

 林市長は13日の会見で、政策協定の内容について「公約に反映させていく」と話している。

 教科書採択は市教育委員会が行い、市長は直接採択に関与できないが、教育委員の任命はできる。同市は市立中学の歴史と公民で、自虐史観を批判した扶桑社の教科書事業を継承した育鵬社版を用いており、次回の採択は平成27年度に行われる。(産経新聞6月17日)』

* * * * *

『8月25日投票の横浜市長選で、林文子市長(67)が自民党市連と結んだ政策協定に、「新しい歴史教科書つくるを会」系の育鵬社の教科書を今後も使い続ける趣旨の内容が盛り込まれていることが分かった。自民関係者が明らかにした。(中略)

 協定は自民が推薦する条件として要請する政策を列記したもの。林氏が合意し、13日に締結されたが、内容は公表していない。
 関係者によると、協定には「あらゆる教科において、新しい教育基本法の精神に基づいた教科書が採択されるよう、引き続き取り組む」と書かれている。
 2006年、教育基本法には「我が国と郷土を愛する態度を養う」とする愛国心の条項が加わった。関係者は「要は引き続き、育鵬社の教科書を選んでくれということだ」と趣旨を説明した。
 横浜市立中学では昨春から、歴史と公民で育鵬社の教科書を使っている。教育現場では「自国中心の歴史」との批判があり、全国的には採択する自治体は少ない。教科書は教育委員会が採択するが、教育委員は市長が選任する。

 また協定では「正しい歴史認識に立った領土教育をすすめる」ことも盛り込まれた。この関係者は「朝鮮学校への補助金の見直しも意味している」とする。市は市内の朝鮮学校3校に年間約250万円の補助金を出している。(朝日新聞6月18日)』

* * * * * 

 ちょうど前記事『村山が、安倍の戦争責任の否定&「聖戦」思想を懸念+自民が沖縄で移設戦略を開始』で、安倍晋三氏らの日本会議系の超保守派の歴史修正主義&歴史教育の話を書いたばかりだったのだが。<安倍氏は、超保守思想を持つ識者が作成した「つくる会」系(育鵬社or自由社)の教科書を普及させる活動にも、積極的だったのよね。^^;>

 彼らは90年代終盤から2000年代にかけて、(超)保守系の強い地方自治体から、教育内容を変えて行くことを画策。
 東京都は、石原慎太郎氏が都知事だった時代に、学校式典で教員に国歌斉唱などを実質的に強制することに決定。<昨年から大阪府、大阪市も追随。神奈川県などでも、不起立教員などの調査が行なわれるようになっている。>
http://mewrun7.exblog.jp/20731096/
 また、「つくる会」系の教科書を採択する自治体が少しずつ増えているのが実情だ。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 横浜市の場合は、超保守派である前知事の中田宏氏(現・維新の衆院議員)が、徐々に教育委員会の人事や各所への根回しを行ない、冒頭にリンクした記事に書いたように、09年8月についに「つくる会」系の教科書の採択に成功。
 そして、自民党は、林市長の下でも、何とか「つくる会」系の教科書を継続して採択させたいと。また、安倍政権の理念に基づく超保守的教育をさらに進めたいと考えて、上の記事にあるような政策協定を結ばせたのである。(-"-)

<ちなみに沖縄の八重山地区では、「つくる会」系の教科書の使用に抵抗している地域を説得する(圧力をかける?)ために、何と義家文科政務官が乗り込んで行ったりもしたのよね。(『安倍陣営は沖縄県民より国や軍が大事。つくる会系の教科書も実質強制か?』>
http://mewrun7.exblog.jp/20731096  
* * * * * 

 他方、今年にはいってから、一部の自治体の教育委員会が、超保守派が問題視する記述のある教科書を採択しないように、学校に指導を行なうケースも出て来た。<地方議会の議員+αが、そのような働きかけを行なっている議員もある。(-"-)>

 特に超保守派のターゲットにされているのが、実教出版の日本史の教科書だ。(@@)

 これは、『安倍政権のアブナイ教育再生~国が教科書の内容に介入&歴史修正+道徳で思想教育』という記事でも扱ったのだが。
 実教出版の日本史の教科書は、超保守派が不快に思う記述が多いようで、今年5月には、自民党の教育再生実行本部の議員から、お呼び出しをくらって聴取をされていたとのこと。(・o・)

 そして、東京都の教育委員会は、今年6月、実教出版の日本史の教科書に「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」という記述があることを問題視して<事実なのにね~>、教科書検定では合格しているにもかかわらず、都立高校など計216校に、この「教科書を使用するのは適切ではない」との通知を行ない、実質的に排除する措置をとったのである。(ーー)
<関連記事『橋下vs.石原、改憲でも対立+安倍&超保守派の教育改悪』>

* * * * *

 この東京都の教育委員会の動きに連動するようにして、大阪府教委も実教出版の教科書の問題性を指摘。さらに、横浜市のある神奈川県でも、排除の動きが出ている。
 しかも、ある校長は「(教科書を)変更しなければ、いろいろな団体の攻撃にあう」として、社会科教諭の反対を押し切ったという。(・o・)

『神奈川県教育委員会が教科書選定に介入し、実教出版の日本史教科書を希望した県立高校に再考を促したことを受け、該当の全28校が他社の教科書に変更した。6日、具志堅幸司・県教育委員長が明らかにした。

 県教委は7月24日、国旗掲揚と国歌斉唱について、実教出版の教科書が「一部自治体で強制の動きがある」と記載していることが県教委の方針と合わないとして、28校に再考を促した。関係者によると、ある校長は「変更しなければ、いろいろな団体の攻撃にあう」として、社会科教諭の反対を押し切ったという。
 実教出版の記載を巡っては、東京都教委が6月、「使用は適切でない」と通知、大阪府教委が7月、「記述は一面的」とする見解を示している。 (朝日新聞8月6日)』

<埼玉県でも、県議会の超党派の議員でつくる「教科書を考える議員連盟」(小谷野五雄会長)が、今月12日、県教育委員会(関根郁夫教育長)に対し、実教出版(東京)の高校日本史教科書を採択しないよう要望したとのこと。この動きは全国に広がりな気配がある。(~_~;)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 そして、mewから見ると、今回の「はだしのゲン」の閲覧制限の問題も、このアブナイ教育改悪の動きの一環のように思えるのだ。(-"-)

『原爆の悲惨さを描いた漫画「はだしのゲン」の描写が過激であるとして、松江市教委が昨年12月、市内の小中学校に学校図書館での子どもの閲覧を制限し、貸し出しもやめるよう要請していたことが16日、分かった。出版物の表現の自由に行政が介入する異例の事態といえ、議論を呼びそうだ。

 「はだしのゲン」は、昨年12月に亡くなった広島市出身の漫画家中沢啓治さんの代表作。松江市教委が「子どもの発達上、悪影響を及ぼす」と判断したのは、汐文社(東京)発行の「はだしのゲン愛蔵版」1~10巻のうち、後半の6~10巻。中国大陸での旧日本軍の行動を描いたシーンでは、中国人女性の首を切ったり性的暴行を加えたりする場面があった。

 市教委によると、昨年12月に小学校全35校、中学校全17校を対象に開いた校長会で、本棚に置かず倉庫に収める「閉架」とするよう口頭で求めた。同時に、貸し出しもしないよう伝えた。作品を所有する各校は要請を受け入れ、閲覧を制限しているという。
 同市議会には昨年8月「子どもたちに間違った歴史認識を植え付ける」と主張する市民から、学校図書館からの撤去を求める陳情が提出されていた。だが市議会は同12月の本会議で、全会一致の不採択を決めていた。

 市教委の古川康徳副教育長は「歴史認識の問題ではなく、あくまで過激な描写が子どもにふさわしくないとの判断だ」と説明。「平和教育の教材としての価値は高いと思うが、要請を見直す考えはない」と話している。

 汐文社の政門一芳社長は「中沢さんは常々『原爆の悲惨さはどれだけ描いても描き切れない』と言っていた。子どもの自由な思考の機会を奪う判断には憤りを感じる」と話している。(毎日新聞8月17日)』

* * * * *

 市教委は、「歴史認識の問題ではなく、あくまで過激な描写が子どもにふさわしくないとの判断だ」と説明したとのこと。
 ただ、実際のところ、今回の措置は、もともとは「子どもたちに間違った歴史認識を植え付ける」と主張する市民からの陳情が発端となっているということに着目する必要があると思うし。また市議会が、この陳情を不採択とする決議を行なっていたことも軽視すべきではないだろう。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 この陳情を行なった市民というのは、在特会と関わりのある超保守系の高知市民であるようなのだが。その陳情(脅し的圧力も含む?)の経緯などに関しては、晴天のとら日和さんがコチラの記事で取り上げているので、そちらも参考にしていただきたい。

 そして、彼のブログ(コチラ)を見てみると、本人は残虐な描写そのものよりも、むしろその行為が歴史的な事実ではないということや、漫画の中に愛国教育のそぐわないセリフが出て来ることを問題視して、陳情を行なっていたのではないかと思われる。

 ちなみに彼は、高知県議会、市議会にも「はだしのゲン」撤去を求める陳情書を出しているのだが。(全文は*1に)その中には、こんな記述がある。

『このマンガ本は日本共産党系の論壇誌である「文化評論」に於いて連載、その後、原水禁と原水協の対立により打ち切り。その後は日教組の機関紙「教育評論」に於いて連載を続行する。
 このマンガ本は間違った歴史認識を持った作者が執筆し、それを日教組の教師が小中学校の図書室に置いております。なお、県の教育委員会はこのマンガ本を推奨図書としております。』

『(残虐行為に関して)このような蛮行をはたらいていたのは、中国人であり、日本兵がそのような行為を行ったという一次資料はございません。 1937年に中国人が起こした通州事件のことをあたかも日本人がアジアの人々にしたというような内容になっております。
 次に、当マンガ本の主人公の卒業式における描写に於いて主人公のゲンのセリフに「君が代なんか誰が歌うもんか!クソ食らえじゃ君が代なんか国家じゃないワイ云々」というものが有りますが、平成11年8月13日に国旗、国歌法、日の丸君が代法が制定されております。児童たちがこれを鵜呑みにしたらどうなるのでしょうか?』

『原爆を落とされた理由について「まずは最高の殺人者天皇じゃ!あいつの戦争命令でどれだけ多くの日本人アジア諸国の人間が殺されたのか」というとんでもない描写があります。(別紙資料) 平成5年の教科書ではこのような記述ですが、平成23年の教科書では正しい歴史の事実に基づいた記述に、改訂されているのです。』

* * * * *

 この陳情書を見ればわかるように、彼らは「はだしのゲン」が、日本軍の蛮行など歴史的な事実と異なるシーンを描いているということを問題視しているのである。<超保守派は、日本軍は中国などが主張するような残虐な行為は行なっていないと。通州事件も南京大虐殺も慰安婦の強制連行も事実ではないと考えているのよね。>

 また、彼らはこの漫画の中で、ゲンが天皇の戦争責任について言及したり、「君が代の『君』は天皇だから、歌わない」と国歌斉唱を拒否したりするシーンが、愛国心教育にそぐわないものだとして非難しているのである。(-"-)

<作者の中沢氏は、個人的にも「天皇には戦争責任がある」「国民や犠牲者に謝罪すべきだ」と主張し続けていたので、天皇を崇拝する超保守派からは敵視、嫌悪されていたようだ。(~_~;)>

* * * * *
 
 また、この陳情書の中では、何度も日教組の話が出て来るのだが・・・。

 「はだしのゲン」は、当初「少年ジャンプ」で連載されていたのだが。その後、共産党系の雑誌を経て、日教組の機関紙で連載を継続。汐文社が単行本化している。
 そして、日教組などは、この漫画を子どもたちの平和教育の材料として高く評価しており、(おそらくは日教組の委員や教員が主導する形で)、多くの小中学校の図書室に「優良図書」「推薦図書」として導入されることになったようなのだ。(・・)

 しかし、最初にも書いたように、超保守派にとっては、もともと「日教組=誤った歴史認識を教育する悪の根源」であるのだが。<安倍首相もしばしば日教組批判を行なっているです。>
 しかも、彼らは、「はだしのゲン」に関して、「日教組が誤った歴史教育や非愛国教育を与えるための材料」だというとらえ方をしているようなところがある。(~_~;)

 それで、冒頭にリンクした『「はだしのゲン」のカレンダーも撤去・強まる日教組批判&排除』にも書いたように、広島県では2008年に、日教組関連の団体が製作して、1982年から各校に寄贈していた「はだしのゲン」を題材にしたカレンダーを撤去する動きが出たりもしていたのだけど。
 今回の陳情や、それを受けて行なった松江市教委の措置にも、日教組or日教組的なものの排除、日教組潰しの意図があることは否定できないように思われる。(-_-;)

* * * * *

 さらに言えば、mewは今回の措置が強行された背景(or根底?)には、安倍自民党が政権を奪還したこともあるのではないかと思う。(・・)

 安倍首相は06年、前政権で教育基本法を強引に改正にして、愛国心教育などを盛り込むことに成功。今政権では、その改正教基法に沿う教育を実現させるような施策(国よる教科書介入を含む)を行なおうとしているわけで。
 政府や大きな地方自治体が、愛国教育に資さない教科書などを排斥する動きを見せれば、超保守系の市民も教基法や国の政策を根拠にしてクレームをつけやすくなるし。他の自治体も、それに応じやすくなるのではないかと思うからだ。(-"-)

 長くなってしまったので、今回はここで終わりにしたいのだが。

 実は、安倍氏の率いる超保守仲間の中には、以前から、歴史認識やジェンダーなどに関する様々な図書を批判し、学校や図書館などから排除すべきだと訴えている人が少なくないのである。それゆえに、mewは、もし安倍政権が続いた場合、このような図書排除の動きがさらに広がるのではないかと強~い危惧感を抱いているところがある。(~_~;)

 そして、そのような暴挙を防ぐためにも、国民やメディアが本気になって、教科書や図書の排斥問題に取り組む必要があるのではないかと思うmewなのだった。(@@)

                             THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"






陳情書

嘘出鱈目反日極左漫画「はだしのゲン」を高知市の小中学校から撤去を求める


陳情理由

このマンガ本は日本共産党系の論壇誌である「文化評論」に於いて連載、その後、原水禁と原水協の対立により打ち切り。その後は日教組の機関紙「教育評論」に於いて連載を続行する。このマンガ本は間違った歴史認識を持った作者が執筆し、それを日教組の教師が小中学校の図書室に置いております。なお、県の教育委員会はこのマンガ本を推奨図書としております。 もし、このマンガ本が優良図書であるならば、なぜ共産党と社会党が対立したことにより、連載打ち切りとなるのでしょうか?このことにより、当マンガ本が非常に特定の政治色の強いものであるということが伺えます。 具体的な内容として、別紙1 日本軍が妊婦の腹を切り裂き胎児を引っ張り出したり、女性の性器の中に一升瓶がどれだけ入るのかということを調べるために、女性の下腹部に一升瓶を叩き込んで砕いて殺した等という描写がありますが、このような蛮行をはたらいていたのは、中国人であり、日本兵がそのような行為を行ったという一次資料はございません。 1937
年に中国人が起こした通州事件のことをあたかも日本人がアジアの人々にしたというような内容になっております。
次に、当マンガ本の主人公の卒業式における描写に於いて主人公のゲンのセリフに「君が代なんか誰が歌うもんか!クソ食らえじゃ君が代なんか国家じゃないワイ云々」というものが有りますが、平成11年8月13日に国旗、国歌法、日の丸君が代法が制定されております。児童たちがこれを鵜呑みにしたらどうなるのでしょうか? 私は先日、高知市教育委員会学校教育課課長の土居英一氏とこの件について話し合いをしましたが、当マンガ本を撤去することはおろか、児童の目に触れないような場所に一時的に保管するという意向も無いということでした。土居課長は、以前日教組の組織員でした。確かになるほど、日教組が推奨する本を、元日教組の組織員が撤去するとは思えません。 また森一正教育環境支援課課長補佐に関しては、もしこのマンガ本を撤去したら国際問題に発展するとおっしゃっておりました。森氏もまた元日教組の組織員です。 教育委員会に所属しておりながら、完全に教育者の立場からは甚だ逸脱した行為であります。教育者とい
うものは、自分の所属する組合団体のために働くのではなく、第一に児童の事を考えて行動しなければなりません。
そして、土居課長はこの「はだしのゲン」はフィクションであるとおっしゃっていました。であるならば、なぜこのマンガ本だけを特別扱いし、小中学校の図書室に置いているのでしょうか? 次に広島と長崎に原爆を落とされたのは事実ですが、その原爆を落とされた理由について「まずは最高の殺人者天皇じゃ!あいつの戦争命令でどれだけ多くの日本人アジア諸国の人間が殺されたのか」というとんでもない描写があります。(別紙資料) 平成5年の教科書ではこのような記述ですが、平成23年の教科書では正しい歴史の事実に基づいた記述に、改訂されているのです。図書室の書籍も嘘出鱈目の特定の思想に傾いたマンガ本ではなく、このように事実に基づいて速やかに、変わっていくべきであると考えます。 当陳情の採択に際し、全教組、日教組を支持母体とする、日本共産党、民主党などが阻もうとすることは想像に難くないですが、偏ったイデオロギーのためでなく、児童の正しい歴史認識のためにも良識ある議員の方々どうかよろしくお願いします


以上。
[PR]

by mew-run7 | 2013-08-20 05:36 | 教育問題 | Comments(3)

Commented by しのびー at 2013-08-20 15:51 x
政府の教育へのイチャモンは総理の意向が、内閣府通達で上意下達てま、末端まで廻ります
今後はフラストレーションがたまる都度、教育に正々堂々と介入すると思うので、とても、内心は恐いです。例えば、授業の内容にイチャモンつける保護者が、松江市みたいな感じで出たら、雪崩を打ってある県下すべて、内容規制するでしょう
私は大阪で教鞭とる自信はありません。教師志願者が減るのは理解できます。教育は事実真実を伝えるものであり、靖国神社を国家神道と言わないことはできません。戦場下や戦時下生活の記録においてもです。ある主義がある政党の主張であっても、政権を失うこともあり、普遍性を持たせることは出来ないのが、教育の中立です。ちなみに実教の他教科の教科書は良く採用されます。検定合格のものに特定の主張を付すのはこわいです。
Commented by noga at 2013-08-21 02:52 x
もし、自分の国が必要であるならば、自分の国は自分自身で守れ。
虎の威を借る狐* になるな。 狐の根性が汚い。

力は正義である。(Might is right).
もしも、自分に正義が必要であるならば、自分自身の力を示すこともまた必要なことである。

仏法の守護神は、仁王である。国家の守護神は、自国の軍隊である。
主護神を置かずして、法を説く者はむなしい。得意な歌詠みも、ごまめの歯ぎしりとなるか。

自分の死に場所を探す兵士ばかりでは、戦に勝てない。戦場に屍をさらせば、敵の戦果の山となる。
兵卒は有能、参謀は無能。
お上の理不尽な要求には、耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、南の島に雪が降る。

序列メンタリィティを日本語脳から除去することは難しい。
階称 (言葉づかい) は、日本人のリーズン (理性・理由・適当) をむしばむアヘンのようなものになっている。

*(他人の権勢をかさに着ていばる小人のたとえ。)

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/





Commented by えまのん at 2013-08-23 16:49 x
閉架措置になったのは後半部分。
前半部分、いわゆる少年ジャンプ連載部分は今まで通りです。

では後半部分は何に連載されていたのか?
これが、共産党機関誌と日教組機関紙です。
そりゃぁ、共産党系の全教祖や日教組が閉架措置に反対しますわなぁ。