「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑ バナーをクリック・プリ~ズ


↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

政界もアメフト界も、皆で事実..
at 2018-05-22 11:51
安倍、加計と事前に獣医学部に..
at 2018-05-22 00:19
内閣支持率が早くも底打ち~国..
at 2018-05-21 12:18
財務省、黒塗りが間に合わず、..
at 2018-05-20 15:32
若者の自民党支持率が高くなっ..
at 2018-05-20 11:11
国も沖縄も、あきらめない&忘..
at 2018-05-19 16:47
内閣府次長、加計の車を使うも..
at 2018-05-19 00:30
麻生暴言、拉致問題や北朝外交..
at 2018-05-18 03:21
追悼・岸井成格さん~権力に臆..
at 2018-05-17 00:28
新潟県知事選、与野党の一騎打..
at 2018-05-16 00:40

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

超高齢者社会到来、204..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
多くの年寄さえ西暦しか使..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
 当局もようやく腰を上げ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
東南海大地震は近いのか・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
働き方改革法案は時期尚早..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界で日本だけが高速増殖..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トランプ大統領のイスラエ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国の高い要求・核開発技..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
過労死ラインの働き方改革..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
http://03501..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん5月22日5:..
by xtc4241 at 17:31
mewさん5月12日pm..
by xtc4241 at 14:43
CONSAMAさん、コメ..
by mew-run7 at 02:33
ずっと疑問に思ってた事だ..
by i at 07:36
mewさん5月3日7:0..
by xtc 4241 at 06:47
mewさん4月26日5:..
by xtc4241 at 05:42
ミュウさん大変お久しぶり..
by CONSAMA at 08:38
mewさん 4月22日8..
by xtc 4241 at 08:58
mewさん、4月5日5:..
by xtc 4241 at 05:48
mewさん3月26日⒎:..
by xtc4241 at 07:44

ブログパーツ

タグ

(1296)
(769)
(649)
(463)
(293)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(163)
(159)
(156)
(154)
(149)
(149)
(146)
(141)
(128)
(126)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍内閣の汚染水対策への姿勢を自民党も批判+汚染水放出への懸念


 埼玉、千葉県内で突風の被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。m(__)m 

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


福島第一原発の汚染水の状況が、日に日に悪化している。(-"-)

『福島第1原発での高濃度の放射能汚染水への対応で苦闘している東京電力は先週末、新たな新たに高い放射線量を計測したと明らかにした。
 東電によると、新たに確認された高い線量は汚染水が貯蔵されている敷地のこれまでとは別の場所で見つかった。また、これまでは低い線量だった別の場所で放射線量が大きく跳ね上がっていたという。

 同社は8月31日と9月1日に、原子炉建屋から毎日400トンの汚染水を貯蔵しているタンク近くの5カ所で高線量を測定した。タンクから新たに漏れているか、別の原因不明な問題が生じている可能性があることが示唆されている。
 このうち3カ所はこれまで放射線が測定されていなかった所で、別の2カ所はこれまでも測定されていたが、今回はこれが急上昇していた。

 うち1カ所は毎時約1800ミリシーベルトで、もう1カ所は1700ミリシーベルトだった。この線量は2011年3月11日に同原発が津波に襲われた直後からの測定値の中で最も高い部類に入る。東電によると、人間がこの線量を浴びると4時間以内に死亡する。(WSJ9月2日)』

* * * * *

 そもそも東電が、2年前に決めた汚染水対策の計画をきちんと実行に移していなかった&その場しのぎの対応しか行なっていなかったことに、大きな問題があるし。
 それをきちんとチェックしていなかった民主党政権にも問題があるとは思うのだ。

<野田首相は、11年12月に出した「福島事故収束宣言」を撤回&謝罪すべきではないだろうか?(・・)
 実際には、工程表のステップ2&「冷温停止状態」を達成したという宣言だった&今のような汚染水漏れは予見できない部分もあったかも知れないのだけど。でも、大飯原発の再稼動を実行に移しがたいために、(官僚&原子力ムラの言いなりになって)安易に事故が収束したかのような発言を行なったことは、国民に大きな誤解を与えることになったと思うです。(-"-)>

 ただ汚染水の海への流出や高濃度汚染水のタンク漏れが発覚したのは、今年にはいってから(=安倍政権が始まってから)のことだし。
 安倍内閣&自民党も、その点に関しては、もっと自覚を持つべきだろう。
 

『汚染水の一部海洋流出は事故直後、2011年4月の段階で露見していた。首相補佐官だった馬淵澄夫元国土交通相(53)が、新たな地下水の流入を防ぐ土中壁の建設を求めたが、東電は無視。曲折を経て壁の建設は始まったものの、何事も受け身で渋々という東電流は相変わらずだ。

 今年4月、地下貯水槽から大量の汚染水が漏れ、問題が再燃した。東電は、多核種除去装置(東芝製ALPS=アルプス)で汚染水の有害核種を除き、漁協の了解を得て海に流すつもりでいた。ところが、6月、この装置が故障。8月、間に合わせの地上タンクから汚染水が海に流れ出し、パニックが広がった。

 経緯を見守ってきた官僚は「制御不能。いや、相当まずいですよ」と嘆息。ここに至って首相、経産相が政府の責任を強調し始めたという流れである。(毎日新聞9月2日)』

『「こないだ、大臣が来てどなってましたね。ああいうの見ると、ふざけんなって思いますよ。オマエに何が分かるんだって」(同上)』

* * * * *
 
 ただ、政府の対応が遅れていることに、自民党内からも批判が出ているという。(~_~;)

 どうやら自民党内でも、もっと早い段階から、政府に対して汚染水の対応を求める人たちがいたようなのだ。(・・)

『政府・与党は東京電力福島第1原発の汚染水漏(ろう)洩(えい)問題を、安倍晋三政権への信頼を失墜させかねない事態とみて危機感を強めている。首相や菅(すが)義(よし)偉(ひで)官房長官が、政府が前面に出る姿勢を繰り返し強調するのもそのためだ。ただ総合対策の実行はこれからで、自民党からは「取り組みが遅い」(塩崎恭久政調会長代理)との批判が相次いでいる。

 「汚染水問題は極めて重要な喫緊の課題だ。東電任せではもう(対策が)難しいと判断した」

 菅氏は2日の記者会見で、政府として総合的な対策を立てる狙いをこう強調した。

 ただ、自民党が同日開いた資源・エネルギー戦略調査会・経済産業部会合同会議では、「抜本対策といいながら毎回漏れている。これでは誰も信用しなくなる」(山田賢司衆院議員)、「いつまでに何をするかの見通しが見えない」(柴山昌彦総務副大臣)などと、これまでの東電や政府の対応を疑問視する声が続出した。

 同調査会の山本拓会長は産経新聞の取材に「対策を誤れば、高い支持率に支えられてきた政権の勢いが弱まりかねない」と語った。

 与党は3月と6月の2回にわたり、政府に「地下水の流入により汚染水が増加している現状に対応し、早急に万全な対策を講じる」よう求める緊急提言を示してきただけに、取り組みの鈍さに対する不満は高まっている。

 自民党の大島理(ただ)森(もり)前副総裁は8月29日、党東日本大震災復興加速化本部の総会で「汚染水問題について、党は以前から『危ない』と言ってきた。提言を真剣に受け止めていない」と政府に異例の注文を付けた。(産経新聞9月2日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 安倍内閣や自民党は、既に3月~6月頃には、汚染水の問題が深刻化していることに気づいていたのである。(**)

 それにもかかわらず、政府も自民党もなかなか本格的に動こうとしなかったのは、7月に参院選を控えていたからだろう。<7月から原発再稼動のための安全審査の申請も始まったしね。>
 原発の再稼動や輸出拡大などの原発推進政策を目指している安倍自民党にとっては、福島原発で深刻な事故の後遺症が生じていることを、国民に知られたくはなかったのだ。(-"-)
<だから東電も、参院選が終わった翌日に海への流出を発表したのよね。^^;>

 今回の高濃度の放射線を含む汚染水のタンク漏れに関しても、安倍内閣の反応は著しく遅かったのであるが。<もともと安倍陣営が原発事故対策に関心や意欲が乏しいということもあると思うけど。>
 その大きな理由の一つは、東京五輪招致への影響を懸念したことだと言われている。^^;

 安倍内閣は、政府が動くことで、汚染水漏れの事実が海外でも注目され、五輪招致のマイナス要因になるのではないかと恐れたようなのだ。(~_~;)

* * * * * 

 先週は、こんな報道も出ていた。

 民主党の海江田代表らは、この汚染水問題に関して、国会で閉会中審議を行なうように求めたのだが。自民党は、9日以降に審議を先送りするように求めたという。
 五輪招致の結果が、7日に判明するまでは、この件にフタをしておきたかったからだ。<割れタンクに閉じ蓋してるって感じ。^^;>

『民主党の海江田万里代表は26日の会見で、東京電力福島第一原発で高濃度の放射能汚染水が漏れた問題について「大きな問題になっており、国会での議論が必要だ」とし、自民・公明両与党に閉会中審査を求める意向を示した。近く党の視察団を現地に送る。(朝日新聞8月26日)』

『民主党の大畠章宏幹事長は31日、東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題に関する国会の閉会中審査に与党が応じていないことについて、「認められない。(10月召集見通しの)臨時国会まで何も動かないのはあり得ない」と述べ、速やかに実施するよう重ねて求めた。福島市内で記者団に語った。(時事通信8月31日)』

『東京電力福島第一原発の放射能汚染水漏れをめぐり、国会の機能不全が露呈した。2020年東京五輪招致への影響に気兼ねし、衆院経済産業委員会の閉会中審査が先送りに。五輪のために汚染水問題にふたをしたとの批判を招きかねない対応に被災地では怒りの声が上がる。五輪招致関係者からは「逆に招致に悪影響を与える」との懸念も出ている。

 30日、国会内で開いた衆院経済産業委員会の理事懇談会。自民党の塩谷立筆頭理事が「安倍晋三首相も政府を挙げて取り組むと言っている。もう少し時間をとったうえで検討したい」と表明した。民主党の近藤洋介筆頭理事は現地視察を提案。政府側が五輪招致を決める9月7日の国際オリンピック委員会(IOC)総会前に打ち出す汚染水対策を見極めることで、事実上先送りを容認した。

 もともと閉会中審査は、野党の要求に応じる形で自民党が開催を検討した。だが、五輪開催地の決定直前に開けば、審議を通じて事故の深刻さや政府の対応の遅れがさらに強調されて世界に伝わり、東京招致に悪影響を及ぼしかねない――。こんな懸念が政権内に広がった。(朝日新聞8月30日)』

<近藤洋介氏は、民主党政権時に原発事故対策&脱原発に最も力を入れていた議員のひとりゆえ、安易に先送りを容認したとは考えにくいとこがあるんだけどな~。自民党が、審査の前に議員が現地を視察する必要があるとか、政府の汚染水対策を見極めたいとか主張して、押し切ったんじゃないだろうか?(・・)>

* * * * *

 ただ、こういうところが安倍自民党のあさはかなところではないかと思うのだ。(@@)

 彼らがやっていることは、「ともかく問題になりそうなことは、できるだけ隠そうとする。そして、その場しのぎの最低限の対応だけ行なうようにする」という東京電力の方針と変わらないのである。<まあ、自民党はもともと東電&原子力ムラの仲間だからね~。^^;>

 でも、そのようなことを繰り返して来たことが、汚染水の問題をどんどん深刻化させることにつながっているのだし。
 しかも、海外から見れば、レベル3と評価されるような問題が生じているにも、政府がきちんと現状を把握したり、積極的に適切な対策を講じたりしようとせず、無責任な姿勢を見せていることの方が&原発事故が収束する見通しが立たないままでいる方が、東京の五輪開催を判断するに当たって、よ~っぽどマイナス要因になってしまう可能性が大きいからだ。(~_~;)
 
<安倍首相は先月初め「汚染水問題は、国民の関心も高く、対応すべき喫緊の課題だ。東電に任せるのではなく、国としてしっかりと対策を講じて行く」と(口先では)語ったものの、政府としてほとんど何もしていないことを、世界はちゃんと見ているですよ。(@@)>


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 
 さすがに安倍自民党も、それに気づいた様子。^^;

『安倍晋三首相は2日昼、首相官邸で開いた政府・与党連絡会議で、東京電力福島第1原子力発電所のタンクから放射性物質を含む汚染水が漏れた問題について「抜本的な対策を講じる必要がある。早急に汚染水問題の解決に向けた基本方針をとりまとめる予定だ」と表明した。(日経9月2日)』
  
『政府がここへ来て対策に本腰を入れ始めた背景には、2020年夏季五輪の開催都市を決めるアルゼンチンでの7日(日本時間8日)の国際オリンピック委員会(IOC)総会を前に「汚染水問題が東京招致へのネガティブキャンペーンに使われている」(首相周辺)事情もある。政府としては総合的な対策を公表することで国際社会に理解を求める考えだ。(産経新聞9月1日)』

* * * * *

 また、自民党でも、汚染水対策に関して、政府に提言することに決めたとのこと。

『自民党は2日、資源・エネルギー戦略調査会と経済産業部会の合同会議を党本部で開き、東京電力福島第1原発の放射能汚染水漏れ問題について議論した。政府と東電による対策に関し「計画を立てて失敗することが繰り返されている。対策はきちんとできているのか」と危惧する意見が相次ぎ、政府への提言を4日にもまとめることを確認した。
 会合には約20人の議員が出席。汚染水の漏出を踏まえ、原発事故は収束していないとの認識で一致した。(時事通信9月2日)』 
 
 ただ、民主党やその他の党にも、原発事故に関して色々な勉強や提案をしている人はいると思うし。もはやその場しのぎの対策&失敗を繰り返すことはできない状況にあることを思うと、mewとしては、この問題の対策は、与野党の垣根を超えて、多くの議員の叡智を集める形で、決してその場しのぎではない方法を考えて欲しいと願っている。(**)
<また、そのためにも、早く国会での審査も行なって欲しいと思うです。(・・)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 mewにはもう一つ懸念していることがある。それは、原子力規制委員会の田中委員長をはじめ多くの専門家が、以前から、放射能を除去した汚染水を海に放出するようにと提言していることだ。
 しかも、どうやら政府も、その方針に沿って、予算を確保する方針だという。^^;

『原子力規制委員会の田中俊一委員長は2日、日本外国特派員協会で記者会見した。東京電力福島第1原子力発電所で放射性物質を含む汚染水がたまっている問題では、放射性物質を基準値以下にした後に「海に放水することは避けられない」との見解を改めて示した。「精いっぱいの努力をしているので理解いただきたい」と話した。

 汚染水を海洋放出する場合は約60種類の放射性物質を取り除くことができる「多核種除去設備(ALPS)」で事前に処理することを説明。装置で除去できないトリチウムについては「希釈なりをして放出することになると思う」と話した。

 また「世界中の原子力施設から、そういったものは通常の場合でも出ている」と説明。「歴史的には核実験などで大気中の放射能レベルが今より数万倍高かった時期もある」とも指摘した。(日本経済新聞9月2日)』


『茂木経産相は「緊急性が高いもの、技術的に難しいものについては、国が予算措置をする」と述べ、支援の必要性が高い事業について国費を投入する方針を改めて表明。
 具体的な事業として凍土遮水壁と高性能アルプスの開発を挙げ「総事業費は合わせて数百億円のオーダーになると思う」と述べた。必要な費用をできるだけ早く見積もり、今年度予算で計上している予備費(約3500億円)を積極的に使って事業を早期に進めていきたい考えだ。この他にも、今後廃炉や汚染水対策で緊急性を要すると判断したものについては、積極的に国費で対応していく考えを示した。(9月2日)』

* * * * *

 東電の試算によれば、現在、福島第一原発の1~4号機周辺に、1日1000トンの地下水が流れ込み、このうち400トンが破損した原子炉建屋に流入して、放射能に汚染されているとのこと。
 
 東電は、次々とタンクを作っては、このうち約100トン分の汚染水をくみ上げて、タンクの中に貯めているのであるが。スペースにも限界が近づいていることから、この方法を続けることは不可能だという。
 さらに、どんどん老朽化して行くタンクから、また高濃度の放射能を含んだ汚染水が漏れ出す可能性も否定できない。(~_~;)

 mewも、今のように汚染水を貯め込んで行く方法を継続することはできないということは、理解できるし。それを解決するには、汚染水を放出して行くしかないのかも知れないということも、アタマでは理解できなくはないのだけど。

 ただ、たとえ高性能の放射能除去装置を使ったとしても、本当のところ、どこまで汚染水を無害化できるのか疑念を抱いてしまうところがあるし。<一つ間違えれば、取り返しがつかないことになりかねないからね~。>
 国内外から海洋汚染や周辺でとれる魚介類や海産物に対する懸念の声が続いたり、新たな風評被害が拡大したりすることを憂慮してしまう部分もある。(-_-;)

 それゆえ、もしこのような方法をとることになるのであれば、周辺住民をはじめ日本の国民はもちろん、海外の国々からもきちんと納得を得られるような説明をして欲しいと。そしてみんなが安心できるようなやり方を用いて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)
                        
                  THANKS 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-09-03 09:00 | 政治・社会一般 | Trackback
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/21015717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]