日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

橋下が堺市長選で口撃が通用せず、弱気に?+維新政調も集団的~に改憲必要と

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



今回は、『橋下維新、堺市長選&大阪都構想がピンチに+石原も足引っ張り、分裂加速か?』『維新が堺市長選で四面楚歌&党内で政策合わず+橋下、公明の集団的自衛権発言』の続報を。
 
 まずは、『橋下、公明の集団的自衛権発言』の部分と関連する話になるのだが。

 23日に、維新の会国会議員団の片山政調会長が、BS番組で、こんな発言をしたという。

『日本維新の会の片山虎之助国会議員団政調会長は23日夜、BSフジの番組で、安倍政権が集団的自衛権行使を禁じている従来の憲法解釈の見直しを検討していることについて、「時の政権が(解釈を)ぱっと変えたら憲法の権威はなくなる。(行使を容認するなら)憲法改正の手続きをきちんと踏むべきだ」と述べた。
 片山氏は「(集団的自衛権を)持つけど使えないというのはまやかしだ」と指摘した。(時事通信9月23日)』

 mewは、「集団的自衛権を認めるなら、憲法9条改正を」キャンペーンを行なっているのだけど。<ひとりで勝手に訴えているだけなんだけどね。^^;>

 集団的自衛権行使には積極的な姿勢を示す(&自民党の補完勢力だと見られている)維新の会で、橋下代表に続き、党の政策を決める役割をになっている片山政調会長も「行使を容認するなら)憲法改正の手続きをきちんと踏むべきだ」と発言したことは、非常に心強いことだ。(**)

* * * * *

 最近、集団的自衛権の行使を認めるべきだと主張する与野党の保守派の議員からも、安倍首相が、内閣の中で憲法解釈の変更をすることによって、行使容認をしようとしていることに対して、異論が出始めている。(・・)
 
 安倍内閣は、集団的自衛権の行使を容認した上で、米国だけでなく、豪州やロシア、アジア諸国と新たに安保協定などを結んで、一緒に安保軍事活動を行なおうとしているのだけど。
 もし内閣が代わるたびに行使を容認するか否か、また行使し得る範囲などの解釈が異なると、外交安保の安定性を欠くことになるし。最悪の場合、裁判所から違憲判決が出て、国内外で大きな混乱が生じたり、諸国との信頼関係を損なったりすることにもなりかねない。(~_~;)

<国民の理解を得ないままこれを行なうと、個々のケースによって反対論が強くなって、安保軍事活動がスムーズに行なえなくなるし。もし法律で範囲を決めても、政権が代わったり、国民から異論が出たりすれば、法律が改正されることもあり得るわけで。条約などとの整合性がとれなくおそれもある。(-"-)>
 
 だから、もし集団的自衛権の行使を認めるとしても、行使する範囲も含めて、きちんと主権者である国民の理解を得た上で、憲法9条を改正して条文にしっかりと明記した方が、今後、日本の国防&安保軍事活動を効果的に行なえるのではないかと思うのだ。(・・)

<今までより何百倍も危険な任務を行なうことになる自衛隊員だって、「違憲or改憲の抜け道の行為」だと言われながら、海外の戦地も含む任務地に赴きたくはあるまい。(~_~;)>

 というわけで、全面的or限定的に集団的自衛権を認めてもいいのではないかと考えている人も、一度、本当に安倍内閣が勝手に憲法解釈を変更するという手法をとるのは妥当なのかどうか、主権者たる国民として、是非、考えてみていただきたいと願っているmewなのだった。(**)

<注・ちなみに、mewは集団的自衛権の行使には反対の立場。憲法9条改正すべきという路線に持ち込んで、行使容認論を潰しちゃおうと思っているです。^^;>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 そして、29日に行なわれる堺市長選の話を・・・。

 いよいよ次の日曜日(29日)に堺市の市長選が投票日を迎えることになるのだけど。
 どうやら選挙戦は、維新の大阪都構想に反対する現職市長が優勢に進めているようで。対立候補を擁立した橋下徹氏&維新の会は、土俵際に追い込まれつつあるらしい。(~_~;)

 堺市長選は、現職の竹山修身氏(69)と維新候補の元市議・西村克敏氏(43)の2人しか出馬せず。まさに一騎打ちの戦いになっているのだが。
 投票1週間前の調査では、どの社も竹山氏が一歩リードという結果が。また、朝日新聞が堺市の有権者民を対象に行なった調査では、『「大阪市と堺市を廃止し、新たな特別区に再編する大阪都構想に賛成か、反対か」との質問に対し、賛成は19%で、反対の44%が上回った。「その他・答えない」は37%だった』という。(-_-;)

* * * * * 

 橋下氏が提唱する「大阪都構想」では、政令都市である大阪市と堺市を解体し、東京23区のような特別区にすることが大きな柱になっている。<財政&行政規模の面などを考えると、堺市も大阪市と共に特別区にしないと都構想を成功させるのは難しいんだって。>

 それゆえ、もしこの堺市長選に維新候補が負けた場合、橋下氏&大阪維新の会の最大の目標である「大阪都構想」の実現が困難になるばかりでなく、橋下氏の求心力の低下、日本維新の会の分裂、につながったり、民維みの保守派による新党結成&政界再編の実現が困難になったりするおそれが大きい。(@@)
 
 しかも、もし維新が弱体化すれば、憲法改正や集団的自衛権の行使、教育再生(という名の戦前志向の教育への改悪)などの政策に関して、維新との協力&連携に強く期待している安倍首相&自民党+αの超保守勢力にも大きなダメージを与える可能性もあるわけで。
 
 この堺市長選は、単なる地方の首長選ではなく、維新の会の存亡、今後の政界&国政の行方がかかった超重要な選挙として、全国から&永田町からも大注目されているのである。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 維新の会は、橋下代表の要望もあって、政党を挙げて、国政選挙レベルの選挙態勢をとっている。(・・)

 橋下代表は、大阪市長であるにもかかわらず、連日、堺市にはいって応援演説を行なっているし。
<先週、台風18号で大阪市内の川が危険水域に達し、避難勧告が出ていた最中も、自宅で選挙応援のツイートをしていたのでヒンシュクを買って、非難されることに。ちなみに堺市の竹山市長は、選挙活動はお休みして、被害が大きい場所の視察に出かけていたです。(・・)>

 永田町からも、国会議員団の平沼代表、松野幹事長などの幹部クラスや東国原英夫氏、中田宏氏などの有名議員が次々と堺市にはいって、選挙応援を展開。

 そして、23日には、ついに御大・石原代表も堺市に応援にはいったのだけど。憲法改正を論じたことから、「堺の話をしろ」とツッコむ野次がはいり、石原氏が聴衆とやり合う場面もあったという。(@@)

『「堺の話をしろ!」。23日、堺市長選の応援に訪れた日本維新の会の石原慎太郎共同代表に、聴衆から、こんなやじが飛ぶ一幕があった。

石原氏は「失礼なヤツ!前に出ろ!」

 午後8時すぎ、堺市内の中学校で日本維新傘下の大阪維新の会公認候補への支持を訴えた石原氏は、約600人の聴衆を前に、現憲法は連合国軍総司令部(GHQ)の押し付けなどとする憲法観や歴史観に関する持論を展開し始めた。
 これに対し、聴衆の一人が「市長選の話を聞きに来たんや」と大声で批判。「そうや」というやじも加わった。石原氏は「大事な話をしているんだ。失礼なやつだ。(前に)出てこい」と言い返した。
 結局、それ以上のことはなく、演説会は終わった。(産経新聞9月23日)』

<以前も書いたように、石原氏は(平沼氏も)、もともと「大阪都構想」には賛成の立場ではないのからね~。石原氏は、橋下氏の代表辞任を阻止するために、「都構想」を応援すると約束したので、仕方なく地方選の応援にも赴いたわけで。改憲論でもするしかなかったのかも知れないのだけど。石原氏の堺入りは、却って逆効果になった可能性があるかも。^^;>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 他方、竹山市長は、民主党府連の推薦、自民党府連の支持を受けて、着々と選挙活動を展開中。さらに共産党に続き社民党も、竹山氏を応援することを決定し、応援活動を行なっている。(・・)

 また、大阪府内だけでなく、兵庫県などの周辺の首長も次々と竹山氏の応援に訪れており、橋下維新の強行的な行政運営や「大阪都構想」の問題点を主張。「堺市を守ろう!」ムードがどんどん高まっているとのこと。(・・)

 そして、この連休中には、堺市出身&竹山氏と同じ高校出身の川淵キャプテンや落語家の桂南光氏なども応援に駆けつけ、こんな応援をしていたという。

『日本サッカー協会の川淵三郎キャプテン(76)が22日、大阪府堺市長選(29日投開票)に立候補している現職・竹山修身氏(63)の応援に駆けつけた。
 竹山氏とは府立三国丘高(堺市)の先輩後輩の間柄。堺に愛着があるという川淵氏は、大阪都構想を訴える敵陣営の日本維新の会共同代表・橋下徹大阪市長(44)について「日本の政治を変える人と思ってる。昔から応援してる方だから。でも、堺の名前をなくしてもらっちゃ困るな。大阪市と合併して得することはないと思う」と、今回に限り“アンチ橋下”に回ったことを説明した。(スポーツ報知9月23日)』

『南光は、前回選挙では、橋下氏らの応援を受け当選した竹山氏がたもとを分かち、相手陣営から“裏切り者”呼ばわりされている現状を踏まえ「元上司(橋下氏ら)がおかしなことを言い始めて、それを『違う』と言えるのは勇気のいること」と評価。その行動が“堺”雅人が主人公を演じる人気ドラマにストーリーに重なるとし「半沢直樹、というようなことでございますね」と笑わせた。(スポーツ報知9月24日)』

* * * * *
 
 どんどん追い込まれて、守勢に回っている橋下維新は、もはや竹山氏やその周辺の批判攻撃をするしかない感じに。

『「『大阪都民』としてのプライドをもって、20年後、30年後に五輪を大阪に持ってきたい。『大阪都』構想で堺の地名はなくなりません。オレオレ詐欺に匹敵するぐらい『堺なくなる詐欺』ですよ」
 橋下氏は15日、堺市内の街頭演説で五輪の話題で有権者の心をくすぐり、「堺は一つ。堺をなくさない」と訴えて都構想に反対する現職候補をこき下ろした。(産経新聞9月15日)』

『「川淵さんも(大阪都構想の)意味を分かってないみたいですね。『堺の名前が消えることだけが許せない』と言われていたが、川淵さんもダマされてしまったんですよ。竹山さんところの陣営に」と、あきれたような表情で話した。(スポーツ報知9月24日)』

『ついには有権者に矛先を向け、「このままでは堺孤立主義。堺市民は食わず嫌いになっている」と発言。さらに「僕の娘も『シイタケが嫌い、ナスが嫌い、アスパラガスが嫌い』と言っていたが『一度食べてみろ』と言って食べさせたら、今では大好物。どうか堺市も話し合いの場に入ってほしい」と、“まずそうに見えて実はうまい”「大阪都」をアピールした。

この日夜には、日本維新の石原慎太郎共同代表(80)も市内の中学校で行われた演説会に駆け付けた。とにかく必死の維新。橋下氏は「サカイ、サカイは引っ越し屋さんに任せたらいいんですよ」と、「堺がなくなる。堺の地名がなくなる」と唱え続ける竹山氏へのけん制も忘れなかった。(同上)』

<まあ、どこかの区に「堺区」と名づければ、「堺」という名は残せるかも知れないけど。住民が築いて来た&慣れ親しんで来た「堺市」という独立した自治体は解体されて消滅するのだから、この橋下氏の反論アピールも、まやかしっぽい詐欺的な要素があるかも。(・・)>

* * * * *

 また、竹山市長は、前回、橋下維新の応援を受けて当選しており、保守派の支持者が多いと見られている。<だから、自民党も大きな問題を覚えずに、支持することに決めたのよね。>
 そこで、橋下氏は、保守勢力の取り込みや支援体制の分断を狙って、天敵である共産党が、竹山市長の応援を行なっていることを取り上げ、攻撃(口撃)を展開しているという。

<ちなみに、橋下氏自身、今月12日にも「僕は酢豚のパイナップルと共産党だけは大っ嫌い。どう考えても、共産党とは一緒にやっていけない」と発言していたほど、共産党嫌いらしい。^^;
 でも、上述した「ナス云々が嫌い」と言わず、「一度、食べてみろ」という話とは矛盾している感じも。(~_~;)>

『維新幹部は逆転の芽は十分にあると踏んでいる。現職候補は自民党から支持を受け、民主党も推薦。さらに共産党までもが自主的に支援する。橋下氏は「共産党と自民党が手を組むのがどれだけおかしいことか」と徹底的に批判している。(産経新聞9月23日)』

<報道+ネット情報によれば、橋下氏は「堺市に共産党員がうじゃうじゃいる」「竹山氏はある意味、共産党の市長なんです」「共産党が『堺なくなる詐欺』を働いている」などの口撃を行なっているのだとか。>

 ところが、同じく竹山氏を支持している自民党への口撃は、控えているらしい。、

『その一方で、橋下氏が安倍晋三首相を批判することはない。念願の都構想を実現するには官邸サイドの協力は欠かせず、首相も維新を憲法改正のパートナーに位置づけているからだ。菅義偉(すが・よしひで)官房長官-松井一郎維新幹事長(大阪府知事)ラインは健在で、橋下氏側近は「官邸とつながっているのは俺らやねんぞ」と自民党大阪府連を牽制(けんせい)する。(同上)』

<自民党の大阪府連は、竹山氏の「推薦」を申請したのに、党本部は安倍陣営&維新のパイプ維持に配慮して、一つランクが下の「支持」しか認めなかったしね~。^^;

 そう言えば、昨日、野党の幹事長が集まって、臨時国会の前倒しを求めることに決定。5党が署名を行なったのだけど。維新だけ「『首相の外交日程を縛るものではない』という一文を入れて欲しい」と主張して、署名に参加しなかったとか。(>_<) (*1)
 確かに、首相の外交日程を重視することも必要だけど。正式な外交日程は、国会も尊重しているし。政府が、外交日程を口実に使って、結局、国会審議に応じないケースも考えられるわけで。つい「おまえらは、自民党の使者か」とツッコミたくなったです。(@@)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 投票日まで、あと1週間を切って、橋下氏もだんだん弱気になって来たのか、昨日は、こんな発言もしていたという。

『大阪維新の会の橋下徹代表は24日、公認候補を立てている堺市長選で大阪都構想の是非が争点になっていることについて、「正直ちょっと、争点の設定の仕方を誤った」と述べた。記者団の質問に答えた。

 橋下代表は「都構想の設計図を見ますか、見ませんかというのが争点だった」と述べ、「(都構想実現には)住民投票があるという話を前半戦にしていなかったというのは代表としてのミス。住民投票のプロセスを訴えるよう連休中に指示を出したが遅きに失した」と、29日の投開票を前に弱気の発言を繰り返した。

 また、25日に大阪市役所で予定されていた定例記者会見を中止し、堺市長選の応援に入ることを明らかにし、「悔いを残さないようにそのようにさせてもらう。メディアの皆さんには朝夕無制限に答えているし、記者会見も基本的には毎週無制限にやっている」などと説明した。(朝日新聞9月24日)』

『午後には堺市内各地で応援演説。「もっと大阪都構想の中身を知りたければ西林を当選させた上で大阪府、大阪市、堺市でしっかりと協議をしていきましょう。最後に良いか悪いか、住民投票で決めて下さい」と訴えた。
 演説を聞いた34歳の主婦は「都になってのメリット・デメリットがよく分からない。住民投票と言われても…」と困惑した表情だった。(スポーツ報知9月24日)』

* * * * *

 維新独自で行なった調査で、竹山氏が西村氏に10ポイント以上、差をつけてリードしているとか。橋下氏もそのような結果を見て、威勢のいいことを言っていられないような感じになっているのかも知れないのだけど。
 でも、橋下維新を侮ってはいけない。(-"-)

 橋下氏は、逆にその状況を利用して「西村氏が負けたら、大阪維新がなくなるかも知れない。維新が消滅すれば、大阪の改革ができなくなる」と危機感をアピールしたり、「維新の会&大阪改革を潰さないで欲しい」と弱腰&謙虚モードのお願い戦法に出て、同情票を集めようとする可能性があるし。

 もしかしたら水面下でアチコチと交渉して(安倍陣営にも頼んで)、自民党の支持団体&企業や、自主投票に決めた公明党の票をかき集める作戦をとる可能性もあるわけで・・・。
 選挙の戦いは、最後の最後まで「油断は禁物」なのである。(・・)

* * * * * 

 率直に言って、mewは、この堺市長選は、是非、竹山市長に圧勝して欲しいと願っている。(**) 

 「大阪都構想」に関しては、大阪府や大阪市、堺市の住民が決めるべきことだと思うので、その点は気はないのだけど。<ただし、橋下氏が目指している「道州制」には反対の立場。>
 mewは、もともと維新の会の政策の大半に賛成できないし。維新の衰退は、安倍自民党の政策や保守二大政党制に反対の立場のmewにとっては、実に有難いことだからだ。(・・)

 もし維新の勢力が減退すれば、彼らを頼りにしている安倍陣営にとっては、大きなマイナス要素になるし。その分、連立与党である公明党の発言権が増すので、安倍首相が進めようとしている憲法改正や集団的自衛権の行使、その他アブナイ超保守政策の早期実現が困難になる可能性が大きくなるわけで。"^_^"
 日本の平和やリベラルな自治体&社会を守るためにも、是非、堺市長選では竹山市長に当選して欲しいと、心から祈っているmewなのだった。(@@)

                        THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

  



『 国会前倒し、参院に署名提出=5野党


 民主、みんな、共産、生活、社民の5野党は25日昼、消費増税や東京電力福島第1原発の汚染水問題などについて早急に審議する必要があるとして、10月15日に予定される臨時国会召集の前倒しを求める署名を山崎正昭参院議長に提出した。
 署名は5党所属の参院議員計92人分。憲法53条は、衆参いずれかの4分の1以上の要求があれば、内閣が召集を決定しなければならないと定めており、署名は参院の総数242人の4分の1を上回っている。しかし、召集時期に関する規定はなく、政府・与党は前倒しに応じない方針。日本維新の会は「安倍晋三首相の外交日程を妨げない」との立場から、署名に加わらなかった。(時事通信2013/09/25-12:44)』
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/21113000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2013-09-25 11:49
タイトル : 臨時国会を開会し消費増税・企業減税・復興増税前倒し廃止案..
 国民の理解とは無縁な復興増税前倒し廃止を強行するのか自公政権、国民は注視している、一刻も早く臨時国会を開会し議論せよ。衆院の過半数を制していると自公政権だけで決定するのは政権崩壊の始まりだ!に関連する最新のWeb情報を引用すると、... more
by mew-run7 | 2013-09-25 10:12 | 政治・社会一般 | Trackback(1)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7