日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

堺市長選で、維新が惨敗→安倍自民にも影響か?+公明が連立離脱を示唆+keiba

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 JRAスプリングSは、ロードカナリアwith岩田の圧勝だった!(*^^)v祝
<何か馬場入りした時から、馬が王者の風格を漂わせていた感じが。(・・) でも、ハクサンムーンもよく頑張ったと思うです。"^_^"ちなみに、mewの溺愛馬トロット(写真左)は01年のこのレースの勝者。(^ー^)>

 ばんえい岩見沢記念は、上がり馬・ニュータカラコマ(5歳)with藤野が圧勝!(*^^)v祝
<初の820kg&良馬場で、ちょっとキツイかなと思ったけど。第2障害をおりてからも、元気いっぱいで、全くバテず、止まらず。ピークを迎えている9歳前後の重賞馬たちをグングン引き離して、一気にゴールまで抜けて行ったのにはビックリ。(・o・)>

* * * * *

 そして、mew注目の堺市長選は、現職の竹山市長が、維新候補に大差をつけて圧勝。(*^^)v祝
<投票終了時刻の20時を迎えた直後に、竹山市長に当選確実が出たんですってね。(・o・)

 また、安倍陣営は増税対策で、自公与党を押し切れなかったという話も。(~_~;)
 おまけに、安倍首相が意欲を燃やす「集団的自衛権行使」の解釈改憲に関して、公明党が「連立離脱」を示唆する発言をしたとか。(@@)>

 ちなみに、mewは昨日の競馬で、JRA、大井ナイターとも、メインで落とすも最終Rでプチ逆転を果たして、チョット気分をよくしていたのだけど。(^^)
 で、ニュースを見たら、竹山勝利&増税対策&連立離脱示唆の話が出てて、さらにご機嫌になったりして。(^ー^)

「よ~し、政治の世界でも、ここからジワジワと巻き返しをはかるぞ~」と、ひそかに闘志を燃やし始めているmewなのである。(^^♪

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 先に、堺市長選以外の話を少し・・・。

 安倍首相が、集団的自衛権の行使容認を解釈変更で行なおうとしていることに大反対のmewは、以前からこのブログでも、公明党に対して、「いざとなれば、連立を解消する」ことも辞さない構えで、もっと強気で反対の姿勢を示して欲しいと訴えていたのだけど。

 何と昨日、公明党の山口代表がTV番組で、ついに連立離脱を示唆する発言を行なったという。(・o・)

『公明党の山口那津男代表は29日のNHK番組で、憲法解釈見直しによる集団的自衛権の行使容認問題は連立関係に影響するとの認識を示し、安倍晋三首相に慎重な対応を求めた。

 「憲法は極めて重要な国の規範だ。憲法改正は連立政権のあり方も含めて議論していく課題だ」と強調。「短兵急で乱暴な進め方は受け入れられない」と指摘した。(産経新聞9月29日)』

 安倍首相は、官邸の有識者懇談会の報告書が上がるのを待って、年内にも集団的自衛権の行使を容認するように憲法解釈を変更したいと考えているのだけど。
 山口代表は、24日に行なった日本記者クラブの会見の中で、懇談会の報告書にくみしない&年内の解釈変更を認めることはない意思を示している。<頑張れ、公明党!o(^-^)o>

『公明党の山口那津男代表は24日の日本記者クラブでの講演で、集団的自衛権の行使容認に向けて安倍晋三首相が設置した有識者懇談会の結論にそのまま、くみする考えはないとの認識を示した。

 山口氏は「集団的自衛権のような課題は優先順位という意味で、経済再生には及ばない」と強調。「安倍政権が、国民の懸念する方向に行くようなことがあれば、申し上げるべきことは申し上げる」と語り、ブレーキ役として存在感を発揮する姿勢を示した。
 また、政府による憲法解釈変更手続きの結論は越年するとの見通しを示し「当初言われていたような(年内という)スピード感ではない」と述べた。(産経新聞9月25日)』

* * * * * 
/
 また、これは『安倍が「右翼の軍国主義者」宣言?&営業活動+増税対策で政府与党間の対立』『どうなる、維新&橋下・~堺市長選+麻生が増税対策で、安倍の抵抗勢力に』のつづきになるのだが・・・。

 安倍首相は、1日に会見を行ない、消費税増税と共に、復興増税廃止を含め、法人向けの減税策を発表するつもりでいのだが。
<米国での講演や会見で、「日本に帰ったら直ちに成長戦略の次なる矢を放つ。投資を喚起するため、大胆な減税を断行する」などと豪語して(吹いて)来ちゃったしね~。^^;>

 しかし、自公与党が、安倍陣営の政策に難色を示しているため、なかなか政府与党間で調整がつかないため、1日の会見では、法人向けの具体的な増税対策は(決定したものとしては)ほとんど発表できず。具体策の決定は、12月まで先送りされる可能性が強まったという。(~_~;)

『自民、公明両党は29日、消費増税に備えて東日本大震災の復興法人税を廃止するとの安倍政権の方針を受け入れることを決めた。10月1日にまとめる税制大綱や政府の経済対策では「廃止を検討する」とし、年末に発表される税収見通しなどを見極めて結論を出す方向で、与党内に根強い慎重論に配慮した。法人税の実効税率引き下げは「速やかに検討を開始する」と記す方向で調整する。
 複数の与党税調幹部が明らかにした。復興増税廃止について甘利明経済再生相は29日、記者団に「年末までに減税が賃金に跳ね返るような仕掛けの作業をしていく」と述べた。

 政権は復興法人税を1年前倒しで来春に廃止する方針を決めている。ただ、与党内には、復興増税廃止による企業負担軽減が賃上げにつながるとの政権の説明に異論が根強く、廃止による復興財源約9千億円の手当ても含め説明を求めた。29日、両党の税調幹部が政権側の回答を議論。その後、野田毅・自民党税調会長は「さらに政府として説明の努力を重ねる必要がある」と述べた。(朝日新聞9月30日)』

<国民や国会議員にきちんと説明もせず。ちゃんと意見もきかないまま、何でもトップダウン方式で、自分たちの考える通りにやれると思ったら、大間違いなのよ!(`´)> 

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そして、堺市長選の話を・・・。

  昨日、大阪・堺市長選の投開票が行なわれ、現職の竹山市長(民推薦、自支持、共社支援)香車が、維新の西林候補に6万票の差をつけての圧勝で再選を果たすことに。(**) 

<竹山修身 198,431 西林克敏 140,569 投票率50.69%(前回43.93%)>

 また、同日、行なわれた堺市の3つの区の市議補選も、実質的に自民、維新の一騎打ちとなったのだが。自民候補が2つの区を制した。(・・) 

 維新代表の橋下徹氏は、代表続投を表明したものの、大阪市長としても、また(大阪)維新の会自体も、様々な面で大きなダメージを被ることになった。_(。。)_

『竹山氏は29日夜、堺市内の事務所で「堺市民と大阪維新の会の戦いだった。自治都市・堺をしっかり発展させていきたい。市民がノーと言っており、都構想には参加しない」と述べた。

 大阪維新が支援する候補は、10年の結党以来、首長選で5連勝しており、落選は初めて。

 国政政党の日本維新の会は今年6月の東京都議選、7月の参院選で低迷。今回、「選挙に強い」とされてきた橋下氏がほぼ連日、応援に入りながら、敗北したことで、維新の退潮傾向がはっきりした。大阪だけでなく、国政への橋下氏の影響力低下は避けられない。(読売新聞9月29日)』

* * * * *

 維新の橋下代表は会見を行ない、敗戦の理由に関して「まず、竹山市政が評価されたのが第一。第二が僕に対しての批判。第三が都構想についての誤解が堺市民の中に広がってしまったことだ」と分析。(朝日新聞9月29日)

 ただ、進退に関しては『「進退ってなんですか?」「次勝たなきゃいけないから。やらなきゃいけないから。大阪市における都構想には影響がないと思っています。ただ、都構想とは別に、僕に対しての批判、これは非常に大きなものがあると思います。僕のこれまでの態度、ふるまい、政治手法、こういうものにはすごい批判・反論あるかと思いますから」と発言。(NNN9月29日)』

『橋下氏は竹山さんの陣営が「都構想で堺がなくなる」と主張したことを「全く事実とは異なる」と批判し、「どこが出しているか分からないが、違法なビラが大量に出回った。僕は潔く負けを認められない」とまくし立てた。(毎日新聞9月29日)』

 また無党派層の票が竹山氏に流れた(出口調査によれば、7割が竹山氏に投票)ことについて、『これまで勝ってきたのが奇跡に近い。無党派層が離れたというが、維新も今や既成政党』だと。ただ、自分への批判が『都構想に影響するかもしれない』と語ったという。(ANN9月29日)

<尚、大阪維新は、同党の広告掲載を巡り、朝日新聞ともめたようで。(1回めは広告掲載をしたものの、2回目以降を断ったとか)朝日新聞の記者とカメラが会見に参加するのを拒否したという。(*1)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 先ほど、安倍首相に関して「国民や国会議員にきちんと説明せずに、きちんと説明もせず。ちゃんと意見もきかないまま、何でもトップダウン方式で、自分たちの考える通りにやれると思ったら、大間違いなのよ!」と書いたのだけど。
 mewは、橋下氏の大阪都構想に関しても、同じようなことが言えるのではないかと思う。(・・)

 橋下氏自身、先日の会見で「都構想が理解がされていない。もっとていねいに説明すべきだった」と認めていたのだが。大阪府に実家のある人たちに話をきくと、おそらく府民の大半が、都構想の具体的な内容についてはほとんど知らないのではないかという。^^;

 実は、mewも都構想のことはよく知らないのだが。橋下氏の話をチラホラきいていて、何か大阪府と大阪市の二重行政を解消するために府市統合を進めた上で、大阪市を特別区にするのかと思っていたのだが。
 どうやら、橋下維新は、政令都市である大阪市や堺市を中心に、最終的には、周辺の東大阪市や八尾市なども含め、広い範囲で解体し、19の特別区を作る構想を立てているらしいのだ。(~_~;)

 で、橋下氏としては、まずは、今回の堺市長選で勝利して、都構想参加への同意を得ようと。そして、さらに計画を具体化して、15年には大阪市でも住民投票を行ない、都構想実現のメドを立てようと考えていたようなのだが。<後述するように、その間に国会で法整備も進めないといけないのよね。>
 
 でも、堺市民の大半は、堺市も解体して大阪市などと一緒に特別区に編入されるという構想は「寝耳に水」だった様子。それゆえ、「勝手に堺市という自分たちが築いて来た自治体をなくすと言われても困る」「そんなことは、容認できない」と思った人が多かったのではないかと察する。(・・)
<しかも堺市は、財政、行政サービスもうまく行っているとなれば尚更だろう。>


* * * * *

 報道を見る限りでは、橋下氏や維新側は、住民にしっかりと都構想の説明を行なって、理解を得ようとする姿勢に欠けており、都構想に反対する竹山市長&周辺の批判や攻撃を中心にした選挙活動を行なっていたように思われ・・・。<「太ったブタ」扱いした議員もいたしね~。(~_~;)>
 mewは、それも、大きな敗因になったのではないかと思っている。(・・)

 橋下氏は、選挙後の敗因でも、「竹山市長が、『堺』という名がなくなると言っているのは詐欺だ」という趣旨の批判をしていたのだけど。<区の名称として「堺」残すことができるということらしい。>
 でも、堺市の住民は、単に「堺」という名を残すだけでなく、堺が自由な自治都市として栄えて来た歴史を継承し、自分たちの手で築いて来た「堺市」という自治体を保持したいという思いが強いわけで。橋下氏が、そのような面を理解&尊重する姿勢を持てない限りは、他の市に関しても、都構想への参加、協力を得ることは難しいかも知れない。^^;

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そして、この堺市長選での維新候補の敗戦は、橋下氏にも、維新の会にも、さらに、もしかしたら安倍自民党&(超)保守勢力にも、大きなダメージを与えるのではないかと思われる。(・・)
 
 この辺りのことは、 『橋下維新、堺市長選&大阪都構想がピンチに+石原も足引っ張り、分裂加速か?』などにも書いたのだが・・・。

 そもそも橋下氏にとって、最大の関心事&目標は、「大阪都構想」の実現することなのである。(これが、大阪府市統合を含む大阪の行政改革、地域主権&中央集権打破、道州制など全ての政策のベースになっている。>
 橋下氏が、大阪府知事をやめて大阪市長になったのも(府知事を松井氏にしたのも)、維新の会の国政進出を考えたのも、石原太陽族と合流したのも、さらには、安倍自民党とのパイプを重視しているのも、基本的には「大阪都構想」の実現のためだったのだ。^^;
<都構想を実現するためには、国会で数十の法律を制定&改正をしなくてはならないので、維新の議席を増やすと共に、自民+αの協力を得る必要があるのよね。^^;>

 でも、堺市で反対派の市長が当選したことにより、橋下氏が計画していた都構想の形が崩れ、実現困難になる可能性が高まることに。
 そうなると、今後、橋下氏は大阪市長としての行政の進め方でも苦慮したり、大阪での支持が低下することになりかねないし。そして、国政政党・日本維新の会の中でも、代表としての発言力、影響力が低下するおそれがあるのだ。(~_~;)

* * * * * 

 以前から書いているように、石原太陽族と橋下氏+αは、国家観、憲法観、経済政策などがほとんど合わないし。しかも、石原氏や平沼氏は、橋下が重視する大阪都構想には反対の立場なのだが。
 石原太陽族(&安倍自民党)は、改憲の早期実現のために橋下氏を利用したいと、橋下氏は都構想実現のために石原太陽族を利用したいと考えて、一緒にやって来たところがある。(・・)

 今月12日にも、橋下代表は、こんな話をしていたという。

『日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は12日、大阪市内で開かれた傘下の地域政党「大阪維新の会」のパーティーで、「石原(慎太郎)共同代表と、考え方が180度違うところはたくさんある。維新内は一枚岩ではない」と述べた。日本維新は、昨年11月に合流した石原氏率いる旧太陽の党系の議員と政策的に違いがあると指摘されていた。石原氏は出席していなかった。(産経新聞9月12日)』

 橋下氏は、その後「政策や意見の一致も重要だが、少しでも考え方が合わないと政党からほうり出すような懐の狭いことをやっていては政治なんてできない」「野合はだめだが、維新は大きな方向性できちんとまとまり、ここぞというときにはやります」とフォローしていたのだが。
 お互いの政策や党運営の仕方に対する考えが合わないこともあって、維新の会では、近時、石原太陽族+αの東側陣営と橋下派の西側陣営による「東西対立」がどんどん激化しているのが実情だ。^^;

 それでも、何とか分裂せずに済んでいたのは、東側陣営が、橋下氏を共同代表として重視&尊重せざるを得ない状況にあったからにほかならない。^^;
 橋下氏の注目度、人気や発信力は、維新にとって大きな武器になっていたからである。(・・)

 石原氏や平沼氏が何か発言をしても、橋下氏ほどにメディアに取り上げられることはないし。
 また選挙に関して言えば、昨年末の衆院選でも、小選挙区で当選した14人のうち、12人は大阪選挙区の候補だったし。(あと2人は、自民党時代からの強さで自力当選した平沼、園田氏。)参院選でさえ、選挙区で当選できたのも、大阪、兵庫の2人だけだし。衆参の比例票に関しても、橋下氏に負う部分が大きいと見られている。(++)

 ただ、今年5月に橋下氏が慰安婦発言で大批判を浴びてから、維新の支持率が激減。都議選、参院選と惨敗することになったため、橋下氏への不満が募ることに。ここで、橋下氏が強いはずの大阪でも負けたとなると、東側陣営が橋下氏の存在をどんどん軽視することになりかねない。^^;

* * * * *

 また、橋下氏は、今後も、何とか大阪都構想を進めたいと考えているようなのだが。石原氏や平沼氏らは、都構想には反対の立場ゆえ、もう維新の会として支援してくれるかどうかもわからないし。<今回は、8月に橋下氏が代表を辞任するとゴネたので、仕方なく党全体で支援することにしたのよね。^^;>
 橋下氏は、東側陣営のの改憲案は「立憲主義に反する」として、否定的な発言を行なっているので、今後、その分野でも衝突が起きる可能性がある。(~_~;)

 また、安倍自民党&石原太陽族は、橋下氏&維新が中心になって保守勢力を結集し、自民党と協力、連携する形で、憲法改正などの早期実現をはかりたいと考えているのだが。
 もしすぐに東西分裂が起きないとしても、維新内でゴタゴタが続けば、維新が中心になって、保守勢力の結集による野党再編を進めることが難しくなるし。
 そうなると、安倍自民党が、「いざとなれば公明党を切ってでも、維新+αと協力して、安倍カラー政策を断行する」という戦略もとりにくくなるわけで・・・。(~_~;)

 今回の堺市長選の敗戦は、安倍首相の政策実現にも、マイナス要素になってしまう可能性が大きいのである。(@@)

<mew的には、もし維新が東西分裂をして、橋下派が民主、みんなの一部と新党を作って、改憲論や軍事拡大、「小さな政府」論などを唱えることになった場合、ちょっとコワイところがあるのだが。他党の議員も、橋下人気がどうなるのか、しばらく様子見をしそうな感じがする。^^;>

* * * * *

 もしかしたら、公明党は、ここに来て、維新の勢いが低下しているのを見て、かなり強気の抵抗を示しているのかもな~と思ったりもするのだけど。<復興増税廃止も、秘密保護法案の中身でも、かなり反発を示しているしね~。(・・)> 
 
 できるなら、この堺市長選での維新の敗戦が、図に乗り始めた安倍自民党の勢いを衰えさせて、アブナイ政策の阻止につながるといいな~と、切に願っているmewなのだった。(@@)

                          THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 



堺市長選:橋下代表、朝日新聞の会見出席拒否

毎日新聞 2013年09月29日 21時59分(最終更新 09月30日 02時36分)

 維新の会の橋下徹代表は、堺市長選の結果を受けた記者会見に朝日新聞記者が出席することを拒否したと明らかにした。橋下代表は会見で、堺市長選の投開票日直前の政党広告の掲載を、朝日新聞側に急きょ断られたことなどを理由に挙げた。

 朝日新聞社広報部によると、大阪維新の会が掲載を申し込んだ大阪都構想に関する広告。朝日新聞は27日付朝刊の大阪府南部向け紙面に掲載したが、28、29の両日については掲載を見合わせる旨を、27日に広告会社を通じて維新側に伝えた。

 朝日新聞社広報部は「投票日が迫った時期に、堺市長選の最大の争点に焦点を当てた広告を複数回掲載することは、投票を読者に呼びかける『選挙広告』となる恐れがあり、公正・公平の観点から掲載を見合わせた」とコメントしている。

 一方、毎日新聞社は本社の広告掲載基準に基づき、同様の広告を28、29両日付朝刊の大阪府南部向け紙面に掲載した。【重石岳史】

:::::::::

『橋下氏「朝日新聞はアンフェアすぎる!」朝日記者の会見出席を拒否 堺市長選
2013.9.29 21:35 [west政治] 産経
 橋下徹氏は29日、堺市堺区の選挙事務所への朝日新聞記者の出入りを禁じ、会見の取材を拒否した。市長選にからむ政党広告の掲載が直前に拒否されたことを理由に挙げた。

 維新側は朝日新聞の29日付の紙面に「大阪都の設計図を一緒に創りませんか」などと書かれた広告を掲載予定だったが、直前に掲載を拒否されたとしている。

 橋下氏は内部告発の情報として、「橋下嫌いの幹部が強引にキャンセルしたと聞いた」と述べた。橋下氏と松井一郎氏は朝日新聞から説明がない限り、首長として取材は受けるが政務の取材は拒否するという。

 朝日新聞社広報部(大阪)は27日付の紙面で同じ広告を掲載したことを指摘した上で、「最大の争点に焦点を当てた広告を複数回掲載することは、投票を読者に呼びかける『選挙広告』となる恐れがあり、公正・公平の観点から掲載を見合わせる判断をした」とコメントしている。』
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/21136099
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 虎哲徒然日記 at 2013-09-30 18:56
タイトル : 堺市長選〜維新、大阪で初の敗北〜
 大阪維新の会の橋下徹代表(大阪市長)が掲げる大阪都構想の是非が問われた堺市長選は29日投開票され、都構想に反対する無所属で現職の竹山修身(おさみ)氏(63)が維新公 ...... more
Tracked from 名無しのデムパ論 at 2013-10-02 16:33
タイトル : 【堺市長選雑感】大阪維新の会が敗北しても決して先行きを楽..
9月29日に投開票が行われた大阪府堺市の市長選挙は 現職の竹山修身氏が新人の西林克敏氏を約58,000票の差で破り再選を果たしました。 中盤情勢において現職がリードしていましたが、リードを保ったままだったということになります。 大阪維新の会の橋下徹代表(大阪市長)が掲げる 大阪都構想の是非が問われた堺市長選は29日投開票され、 都構想に反対する無所属で現職の竹山修身(おさみ)氏...... more
by mew-run7 | 2013-09-30 10:34 | Trackback(2)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7