日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

安倍が中朝敵視を明言&戦争準備、武器生産、海外派兵活動を拡大+フィギュア

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


  先週末には、フィギュアGP第5戦となるNHK杯が東京で行なわれた。男子は、高橋大輔が、SP、フリーとも1位で、優勝。(*^^)v祝
 織田信成がSP3位、フリー2位で総合2位にはいった。無良崇彦は総合5位に終わった。

 高橋は、SPをほぼ完璧にこなし、世界歴代2位となる95.55点をマーク。フリーは、2回めの4回転、3アクセルを失敗したものの、プレゼンで90点台をとったのが大きかった。
 mew的には、五輪で滑ることを考えると、フリーのビートルズ・メドレーの曲のアレンジや振り付けが、やや地味なのが気がかりなのだけど。<せめて旋律の音にもうチョット音に厚みがあればいいんだけどな~。ほとんどきこえない&盛り上がりにかけるし。>でも、プレゼンでこれだけの点数がとれたのだから、OKなのかな~?(・・)

 織田は、ジャンプがかなり戻って来たし。<フリーの技術点は、4回転が1個抜けたのに、88点台でダントツ1位だった。>SPのモダンタイムズも、フリーのウィリアムテル序曲とも、いかにも織田らしいという振り付け。うまく滑れれば、GP、日本選手権上位も可能かもです。

 無良は、色々と迷いがあるようで。フリーは昨年のプログラムshogunに戻したものの、得意のジャンプが昨年の状態に戻らず。(shogunはいいプログラムだと思うけど。)日本選手権で優勝するしか五輪出場資格をとる道がなくなった。(-_-;)

 女子は、浅田真央が1位、鈴木明子が3位に。

 浅田は、SP、フリーとも3アクセルが両足着氷&回転不足をとられた&3-3コンビができずに終わったのだけど。スピン、ステップを含め、3年間、改造に努めて来たスケーティングは実に美しく、ほぼ完璧と言える内容で、総合点でバンクーバー五輪の自己ベストを上回る207.59点をマーク。
 負傷のためGPを欠場したものの、12月に大会復帰するキムヨナが、どこまでプログラムを仕上げて来るかわからないのだけど。もし真央ちゃんのジャンプが全て決まれば、十分に勝機があるのではないかと思う。

 鈴木は、今大会はジャンプが不調で、得点を伸ばせなかったのだが。その他の要素や鈴木明子ワールドの表現力、スピードある滑らかなスケーティングは健在。年齢的にジャンプや体力の強化は大変な部分があると思うのだけど。頑張って欲しいと思うです。o(^-^)o

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 そして、ちょこっと気になったニュースを一つ。
 安倍首相夫人の昭恵さんが、D・ロックフェラー夫妻と視察旅行にお付き合いしたらしい。

『安倍昭恵首相夫人が9日、和歌山県有田川町の棚田を視察し、棚田の文化的意義や、農家の高齢化が進み全国的に活用が難しくなっている現状の説明を受けた。昭恵夫人は「中山間地域を諦めるのではなく、本当に豊かな暮らしの見本になってほしい」と述べた。
 視察したのは、江戸時代に開墾された棚田「あらぎ島」。有田川町で作られたサバのすしなどに舌鼓を打った。米ロックフェラー財団会長のデービッド・ロックフェラー・ジュニア氏と妻スーザンさんが同行した。(産経新聞11月9日)』

 ほ~~~。(・・) <わかる人には、わかる?(~_~;)>

* * * * *

 他方、安倍首相&仲間たちは、自称「右翼の軍国主義者」として、ひたすら日本の軍事力強化&戦争ごっこの準備にまい進中。(**)

 安倍内閣は、来月にも新防衛大綱(今後の新たな防衛方針)を決定して、これまで日本が平和主義の理念の下で自制して来た「自衛隊の海外派兵の推進」、「武器輸出(禁止)原則の見直し」や「中朝防衛の強化」&「敵基地攻撃&ミサイル防衛」なども明記する予定。
 そして、既にそのための準備や計画を着々と実行に移しているのだ。(~_~;)

 新聞の片隅&ネットには、mew的に「ここは、一体、どこの国なのか」「日本は、一体、どうなっちゃうのか」「このままじゃ、マジに日本がアブナイよ~~~」と憂慮するようなアブナイ話が、次々と出ている。(ノ_-。)
 一昔前なら、TVメディアも含めて、もう少しこのようなニュースを大きく取り上げて、国民に警戒警報を出してくれたと思うのに。いまや、ほとんどスル~状態。(~_~;)
 
 先週、キープしておいたアブナイ報道記事の中からいくつかをアップしてみたい。(・・)

* * * * * 

 安倍氏らの超保守派が、中朝韓、特に中国と北朝鮮を敵視&嫌悪しており、この2国に軍事的にも勝つ力をつけて、アジアのTOPになることを大きな目標にしているということは、このブログでも何度も書いているのだけど。
 安倍首相は、それをどんどんと露骨にオモテに出すようになっている。(~_~;)
 
 何と安倍首相は、先週の国会で、この2国を名指しして、安保政策の強化の必要性を主張したとのこと。

 『日本版NSC(国家安全保障会議)創設関連法案は8日午前、参院本会議で趣旨説明と質疑が行われた。安倍晋三首相は軍備増強を続ける中国や、核・ミサイル開発を進める北朝鮮を名指しした上で、「わが国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増している。政治が強力なリーダーシップを発揮し、国家安全保障政策を進めていくことが必要だ」とNSCの意義を強調した。自民党の佐藤正久氏への答弁。
 首相が日本の安保環境の不安定要因として中国や北朝鮮を国会で名指しするのは異例だ。(時事通信11月8日)』 
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 しかも、今、安倍内閣が創設しようとしている日本版NSC(国家安全保障会議)でも、その2国を特別視する(敵意むき出しにする?)部門構成になっているのだ。^^;

 NSCでは、テーマ別に「戦略」「情報」「同盟・友好国」、地域別の「中国・北朝鮮」「その他地域」の6部門を設置するとのこと。
 世界&アジアにこれだけ多数の国がある中で、あえて「中国・北朝鮮」の2国だけを対象にして一部門を設けたのである。(~_~;)

* * * * * 

 確かに、客観的に見ても、中国&北朝鮮は、地理的にも日本に近い上、尖閣諸島を巡る攻防や、ミサイル発射実験などもあって、他国よりも軍事的な脅威が大きいのは事実だと思うのだけど。

 それでも、日本は戦後ずっと、平和主義の理念に基づき、(特に首相は)あえて他国を挑発するような言動は控え、できるだけ外交的な対話路線による和平や問題解決を行なうように努めて来たし。そのような努力によって、「平和国家・日本」を築いて来たわけで。
 mewは、そんな日本をこよなく愛し、誇りに思っているのである。"^_^"

 しかし、安倍首相らは、軍事強化を正当化したい&国民の理解を得たいがために、あえて中国、北朝鮮の脅威をアピールすることによって、国民の警戒心を煽ろうとしているところがあるし。<彼らの中には、国民にも2国に対する敵意や嫌悪感を植えつけたいと思っている人がいるのよね。(鬼畜米英みたいに?)^^;>
 また、mewには、安倍首相らが、あえてこのような言動を行ない、中国や北朝鮮を挑発しているようにさえ見える部分がある。(-"-)

 しかも、先週には、明らかに中国、北朝鮮をターゲットにする形で、わざわざ北海道から沖縄県に地対空ミサイルを運び込み、離党奪還演習の一環として、ミサイル防衛訓練を行なったとのこと。
<この件は改めて取り上げたいのだけど。離党奪還の統合演習は、陸海空で3万4千人の大規模なものなんだって。まさに戦争の準備だよね。(>_<)>

 でも、もし国民が無関心のままでいれば、安倍政権は、どんどんと日本を「戦争をする国」に変える準備を進めて行くわけで。何とかこの流れを阻止できないものかと、日々、イラ立ちを募らせると共に、哀しくて泣きたいような気持ちにもなっているmewなのだった。(ノ_-。)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 そして、これは8月にアップした『安倍は、ジブチの基地を拠点に、自衛隊の海外活動の拡大を狙っている』の続報なのだが。自衛隊のジブチ基地の話を・・・。
 
 自衛隊は、アフリカ東部のジブチに、初めて本格的な海外基地を創設。<ちゃんと地位協定とかも結んでいるのよ。>
 麻生政権時代に、ソマリアの海賊対策の拠点にするためという大義名分で、建設を決めたものなのだけど。すぐ近くには、米軍が3000人規模の空軍基地があって。<お隣にはフランス軍基地も。>
 安倍&自民党政権は、ここを自衛隊の海外活動の拠点にしようと考えているのである。(・・)

<アルジェリアの人質事件をオモテに出しての、在外邦人救出も大義名分に使っているに過ぎない。
 メインの目的は、「邦人救出以外にも、国連平和維持活動(PKO)や国際緊急援助活動の派遣部隊、機材輸送の中継地としての役割も視野に入れる」というところにあるのよ。(`´)>

『政府がアフリカ東部ジブチに置く海上自衛隊海賊対処部隊の活動拠点の機能を拡充するため、近くジブチ政府と交渉に入ることが6日、分かった。地球規模で頻発する国際テロ事件や大規模災害による邦人保護といった海賊対処以外の役割を強化するため、在外邦人の救出に向かう政府専用機や自衛隊機の給油、中継地として整備する。

 政府は、日本人10人が犠牲になった今年1月のアルジェリア人質事件を受け、緊急時に自衛隊による在外邦人の陸上輸送を可能にする自衛隊法改正案を国会提出している。1日に衆院を通過し、今国会で成立する見通しのため、在外邦人保護の態勢強化の一環としてジブチの拠点拡充を図る。

 ジブチの活動拠点は、ソマリア沖アデン湾で海賊対処任務に当たる海自航空部隊が平成23年6月、自衛隊史上初の海外拠点としてジブチ国際空港北西地区に開設した。

 ジブチは港湾施設も充実しており、海自は駐機場や整備格納庫、補給倉庫、危険物保管庫など約12ヘクタールの施設を約47億円をかけて整備。海自艦艇による大量の物資輸送も見込める。

 このため、政府は政情が不安定な中東やアフリカなどでテロや人質事件が起きた場合、必要な機材を積載した政府専用機をジブチに派遣。活動拠点を警備している陸自レンジャー部隊を乗せた上で、邦人を保護する作戦を想定している。

 邦人救出以外にも、国連平和維持活動(PKO)や国際緊急援助活動の派遣部隊、機材輸送の中継地としての役割も視野に入れる。

 ジブチは、米軍やフランス軍がそれぞれ2500人ほど駐留しており、米仏両国などの協力を得やすいというメリットがある。政府はジブチ政府との交渉がまとまり次第、施設の整備や要員の追加派遣などに取りかかる方針だ。(産経新聞11月7日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 mewが、もう一つ懸念しているのは、安倍内閣が「武器輸出(禁止)原則」の全面的な見直しをはかり、日本を「死の商人」の国にしようとしていることだ。(-"-)

<関連記事・『民主騒動は、保守勢力のプチ・クーデター+安倍が「死の商人」の道を目指す』『安倍政権が武器輸出解禁&秘密保護法もゴリ押しか?+中国とASEAN勢力争い

 安倍首相は、明治~戦前のように「富国強兵」策を進め、日本を軍事的にも経済的にもアジアのTOP国&世界のリーダーになることを目指しているのだけど。

 もし戦前のように、また日本の軍事産業を発展させて、武器(軍用の航空機や車両、その部品も含む)の生産や輸出を拡大させることができれば、軍事強化やコストの面でもメリットがあるだけでなく、国や企業にとって経済的利益も大きいわけで。まさに絶好の「富国強兵」策だと言えるのである。(-"-)

 mew個人は、自分の愛する日本が、「人殺し」や「生活の破壊」につながる武器を作って金儲けをするような国にはなって欲しくないという思いが強いし。mew周辺でも、そのような思いを抱いている人が少なからずいるのだけど。
 
 でも、安倍首相は、国民に何の説明をすることも、国民の意思を問うこともなく、来月にも、内閣の中だけで方針転換を決定する形で、武器原則の全面的な見直し(実質的な撤廃)を行なおうとしているのだ。(ーー゛)

『政府の安全保障と防衛力に関する懇談会(座長・北岡伸一国際大学長)は21日、中長期の安保政策の指針となる「国家安全保障戦略」の概要をまとめた。武器や関連技術の輸出を原則禁じる「武器輸出三原則」の見直しを明記。防衛産業による各国との装備品の共同開発・生産を後押しする。』

『武器輸出三原則見直しに踏み込んだのは、自衛隊装備品の研究開発費や生産費が膨らんでいる事情がある。航空自衛隊が配備する最新ステルス戦闘機F35など複数国が共同で開発する装備品が増加。戦闘機やミサイル防衛などの装備品を国際共同開発の形で技術協力を進めれば、防衛産業の技術水準を維持・強化でき、装備品の調達コストも抑えられるとの判断だ。』(以上、日本経済新聞10月22日)』

『防衛省は、防衛装備の国産化をうたった1970年当時の防衛庁方針を約40年ぶりに見直し、代わって、国際共同開発への積極参入や、民間転用できる装備品を官民一体で国際マーケットに売り込むことを柱とする新たな戦略を2013年度中に策定する。政府関係者が明らかにした。

 安倍政権は、武器輸出三原則に基づく従来の禁輸政策見直しを進めており、新戦略は禁輸見直しと連動させる。中国や北朝鮮をにらみ、日本の高度な技術を交渉材料に他国との安全保障関係を強化する狙い。積極的な安保政策の一環との見方もできる。(共同通信11月9日)』

* * * * *

 しかも、安倍内閣は、NSC同様、米国の真似っこをして、今度は「国防高等研究計画局(DARPA」をモデルとした組織を作ることを決めたとのこと。(・o・)
 早速、14年度予算編成で「革新的研究開発推進プログラム」として予算を確保して、組織の編成に着手するという。(-"-)

『政府は2014年度予算編成で、革新的な軍事技術を生み出してきた米国防総省の「国防高等研究計画局(DARPA・ダーパ)」をモデルとした新組織を発足させることを決めた。先進的な研究に取り組む民間企業や大学に資金を投入し、産業や社会構造に大きな変化をもたらす科学技術を開発、防衛技術の発展につなげる考えだ。【青木純】

 米国のダーパは年約3000億円の予算を確保し、軍事技術の進歩につながる民間の研究開発に資金配分してきた。有望な研究の発掘と資金配分、目標達成までを統括する責任者「プログラムマネジャー」を抱えているのが特徴。これまで開発した技術にはインターネット▽全地球測位システム(GPS)▽ステルス技術--などがある。

 日本版ダーパは内閣府の総合科学技術会議の下に設置。米国と同様にプログラムマネジャーを任命し有望な研究の発掘、資金援助、統括を担当する。研究者によっては防衛目的の利用に懸念を持つ可能性もあり、日本版ダーパは「国民の安全・安心に資する技術と、産業技術の相互に転用可能な技術」を支援対象に掲げ、理解を求める方針だ。

 政府は14年度予算編成で「革新的研究開発推進プログラム」として予算を確保した上で、具体的な組織の編成に着手する。政府関係者は「防衛技術の開発はこれまで防衛省と一部企業のみで行われてきた。革新的な技術を生み出すには広い視野でアイデアを探し、強力にバックアップする体制が欠かせない」と話している。(毎日新聞11月7日)』

* * * * *

 それでも、今はまだ、<TVはダメダメだけどね>新聞などの活字媒体が、小さな記事ながらも、このような情報を発信してくれるので、mewたち国民は、政府のやろうとしていることがわかるし。それによって警戒心を抱いたり、様々な形で反対運動を行なったりすることもできるのだけど。

 でも、秘密保護法が成立&施行されたら、防衛に関する情報の大部分は、特別秘密に指定されて、ほとんどオモテに出ず。国民は、安倍政権を含め、日本政府がどんな安保軍事政策を行なっているか知ることさえできなくなるわけで。そうなると、「ますます、日本がアブナくなっちゃうよ~」と、憂慮&危惧しているmewなのだった。_(。。)_

                           THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/21302688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mew-run7 | 2013-11-10 09:37 | (再び)安倍政権について | Trackback

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7