日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

NHK会長発言の反応で、その政治家の資質がわかる?+会長は謝罪するも、続投



頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



 『NHK会長が、慰安婦問題で韓国批判。恣意的人事で、NHKが安倍カラーに染まる危険』『脱原発派は、投票率アップで共闘を!+安倍内閣と擁護し合うNHK会長に辞任要求を』の続報を・・・。

 NHKの新会長・籾井勝人氏が、25日の就任会見で、慰安婦や領土、秘密保護法の問題に関して、政府寄りの持論を語ったことに関して、国内外で波紋が広がっている。

 昨日、TBSの「朝スバッ」などで、NHKの籾井会長の記者会見の映像を流していたのを見たのだけど。(・・)
 もともとああいうものの言い方をする人なのか、ざっくばらんなタイプだと見せたくてやっているのかわからないけど。
 何か話す内容だけじゃなくて、話し方とか言葉使いとか、身振りとかが、NHKの会長にしてはorそれなりの地位にある社会人としては、品がないようにも感じたりもして・・・。^^;

 mewは、民放TVは、この件をほぼスル~するかもな~と懸念していたのだけど。ちゃんと映像を流して、国民にその発言の問題点を伝えた番組は、評価したいと思う。(++)

 また、この会長発言が問題とされる背景には、安倍首相らが、NHKの会長や経営委員の人事に間接的に介入して、NHKに影響力を及ぼそうとしているということがあるのだけど。
 民放TV番組の中にも、その重要な点をきちんと指摘しているものがいくつかあったので、「よし、よし」と思っていたです。(・・)
 
* * * * * 

 ちなみに、昨日、衆院の代表質問で、海江田氏がこの件を安倍首相に尋ねたところ、首相は、このように答えたという。

『安倍晋三首相は28日の衆院本会議で、従軍慰安婦が「どこの国にもあった」とする籾井勝人NHK会長の発言に関し、「新会長をはじめ、NHKの皆さんはいかなる政治的圧力にも屈することなく、中立、公平な放送を続けてほしい」と述べた。民主党の海江田万里代表への答弁。
 海江田氏は、籾井氏の発言について「暴言だ。河野談話を素直に肯定しない首相の思いが乗り移った」と批判した。これに対し、首相は「政府としてコメントすべきではない」と語り、発言の是非については直接の論評を避けた。(時事通信14年1月28日)』

 mewもNHKには、是非、安倍政権&超保守勢力の圧力に屈することなく、中立公正な放送を行なって欲しいと願っているのだけど。
 でも、安倍首相の言葉が、何だか「国内の左派勢力や中韓の批判にめげずに、わが道を通して欲しい」という風にきこえてしまったのは、mewだけではあるまい。(~_~;)

<安倍首相らは、慰安婦の強制連行&それを謝罪した河野談話を認めていない。そして、海江田氏が言っているように、今回の会長発言が安倍首相らの考え方に沿うものであることも重視すべきだと思う。(・・)>
 
* * * * *

 そして、mewは、(まあ、それぞれ立場があるとはいえ)この会長発言にどのような反応や見解を示すかで、その政治家+αの本質や資質が見えて来るのではないかな~とも思う。(**)

 籾井会長の慰安婦に関する報道を見て、mewは真っ先に「橋下と言っていることと、ほとんど同じじゃん?」と思って、ブログにもそう書いたのだけど。
 
 案の定、維新の橋下代表が、早速、あれは「正論だ」と擁護していたという。(~_~;)
<実際には、慰安婦などに関する持論やマスコミ批判も含めて、かなり長くまくし立てていたようだ。(コチラにその詳報が)> 

『籾井さんが言っている事はまさに正論ですよ。まさにその通りです。あの主張に対して反論なんか出来る人はいないと思いますよ。僕が言い続けてきたことと全く一緒です。』
『籾井さんが言っていることは至極正当で、民主党はもっと勉強をすべきだし、残念なのは、自民党の方からね、その批判が出るなんていうことはね、非常に残念です。』

『また、橋下氏は、NHK会長としての政治的中立性を問われ、「政治的に意味のない発言なんてあり得ない。権力を使って番組の編集に介入することが政治的中立性を害するということだ」と述べ、擁護した。(読売新聞14年1月27日)』

* * * * * 

 そして、昨年、新たにNHKの経営委員に選ばれた(&安倍首相を応援している)百田尚樹氏は、こんなツイートをしていた。

『毎日新聞では、籾井氏の発言に対し、「経営委員側からは『外交問題に発展しかねない。選んだ側の責任も問われる』と失望の声がもれた」とあるが、少なくとも経営委員である私は何も言っていないぞ。誰が失望したんや!名前書けや。(1月26日)』

『前にNHKの経営会議で決まった極秘事項が毎日新聞に書かれたことがあった。かなり細かいことまで一致していたので、憶測記事とは思えない。誰かが漏らしたとしか考えられない。NHKの事務方か経営委員に毎日新聞のスパイがいるのだろうか…。(1月26日)』

『明日はしんどくてもNHKの経営会議に出席する!籾井会長を非難する経営委員が誰なのかを、この目でたしかめないとあかん。(1月27日』

<尚、『NHK経営委員に就任した百田尚樹氏が都知事選告示を前にした18日、みずからのツイッターに「私が東京都民だったなら、田母神俊雄氏に投票する」と書き込んだことが問題になっています』というツイートには、『何も問題になんかなってない!あんたら共産党が問題にしたいだけやろうが』と返していた。>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 ちなみにNHKには、この件に関して、視聴者から約3000件の反響があったとのこと。

<産経新聞が同じ内容の記事で『意見3000件、2割は「支持」』と支持の方を強調するタイトルをつけていたのを見て、笑ってしまった。「2割しか」でしょ?(@@)>

『NHKは28日、籾井勝人会長(70)が就任会見で、従軍慰安婦問題や領土問題について持論を述べたことで、視聴者から、会見の行われた25日からこの日午前9時までに3000件余りの反響があったと説明した。
 批判的な意見は約60%、肯定的な意見は約20%という。残りはどちらにも分類できない意見という。全国のNHKにメールや電話で寄せられた。
 主な批判的な意見は「公共放送のトップにふさわしくない」「不偏不党、公平性などが守られなくなり、偏った放送になるのが心配だ」「考え方が政府寄りだ」「歴史的認識が間違っている」など。
 肯定的な声は「従軍慰安婦や領土問題について正しいことを言ってくれた」「ようやくNHKがまともになる」などという。(日刊スポーツ14年1月28日)』

* * * * *

 今回の籾井会長の発言における最大の問題点は、籾井氏が、たとえ個人的な意見であれ、公の場で政治的な持論を述べたことにあるわけで。
 自分の意見と合うか合わないかで、この発言の妥当性を判断するのは、軽率なのではないかと考えている。(・・)

 NHK会長には、番組の編集方針を決める権限がある。それゆえ、直接、番組編集に介入することはなくても、番組の編成部や製作スタッフは、会長の意向を尊重or忖度して、番組作成に当たる可能性が大きい。
 また、仮に何も影響力を行使していなくても、会長が政治的な発言を行なえば、視聴者は、会長の意向(またその背後にいる政権の意向)が番組に反映されているのではないかと疑念を持つことになるわけで。国民からの受信料で運営されている公共放送としての信頼性を維持できなくなるのである。(~_~;)

 今回、安倍首相や籾井氏に近い保守的な思想を持つ人の中には、籾井氏の発言内容を評価したり、問題はないとしたりする人が多いのであるが。
 もし籾井氏が、自分たちの考えと異なる意見を言っていた場合には、どうとれるのか考えて欲しいと思う。たとえば籾井氏が「個人的意見だが、私は憲法改正は絶対にすべきでないと思う」とか「首相が靖国参拝をするなんて、とんでもない」と言った場合、おそらく彼らは「不偏不党であるべきNHK会長が、偏向した(サヨク的な?)発言を行なったのは問題がある」と、大批判を展開し、辞任要求や政府の責任追及を展開することだろう。(~_~;)

<mewは、NHK会長が自分の考えと同じor近い政治的発言をしたとしても、「よく言った」と評価したり喜ぶ部分はあるかも知れないけど。でも、「やっぱ、公の場でそういうことを言うのは、ダメでしょ~!」と思うです。(・・)> 

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 ところで、昨日は、百田氏も出席したであろうNHKの経営委員会の定例会合が開かれ、籾井会長が発言に関して釈明を行なったとのこと。経営委員からは反省を求める声が出たものの、進退や罷免に関する話は出なかったとのこと。
 籾井会長は、その後、全職員に向けて謝罪文を送ったという。^^;

『NHK経営委員会は28日の定例会合で、籾井勝人会長から就任記者会見における従軍慰安婦などをめぐる発言について説明を受けた。浜田健一郎委員長は会合後、「個人的見解を述べたことは公共放送トップとしての立場を軽んじたと言わざるを得ない」と苦言を呈すると同時に、「覚悟を持って職務を遂行することを強く要望する」と述べ、現段階では籾井氏の進退を問わない考えを明らかにした。(中略)

 浜田委員長によると、籾井氏は経営委の席上、「個人的見解を述べたことは不適切であったと反省している」と陳謝。「慣れない記者会見で、いったんコメントできないと申し上げたが、度重なる質問があって、ついああいう発言をした」などと釈明したという。

 出席した経営委員からは「公人の認識を持ってほしい」「(外国の)信頼回復が必要」といった注文が付いたが、籾井氏の進退に関する意見は出なかった。上村達男委員長代行は「(籾井会長が)改善して是正していく努力を、今回は見守るべきじゃないかということだ」と述べた。(時事通信14年1月28日)』 

『NHKの籾井勝人会長は28日、従軍慰安婦などに関する自らの発言に関して「視聴者の皆さんに誤解を招いてしまったことは大変申し訳ない」などと謝罪する文書を、社内ネットワークを通じNHKの全職員に送付した。文書で籾井氏は「公共放送トップとしての重みを自覚し、今後は慎重に発言する」と表明した。 (時事通信14年1月28日)』

* * * * *

 NHKを所管する総務省の新藤大臣も、籾井会長を続投させる意向を示している。

『新藤義孝総務相は28日の閣議後の記者会見で、NHKの籾井勝人会長が従軍慰安婦問題で「どこの国にもあった」などと発言したことに言及し、「個人的な見解を述べられ、会長としての発言ではない」と問題にしない考えを明らかにした。
 新藤氏は「これが直ちに進退につながるということではなく、新会長として、しっかりリーダーシップを発揮して、良い仕事を進めるように期待したい」とも語り、辞任の必要はないとの見解を示した。(産経新聞14年1月28日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 また、上のリンク記事で、菅官房長官は、籾井氏の発言は個人的見解なので「問題ない」という認識を示しているという話を書いたのだが。

 菅氏は、会長の会見の様子を見て、「本人はコメントしないということをずっと言っていたのに、どうしてもということで個人として言って、最後に『それは個人はない、会長だ』といわれた」「会長ということであれば取り消すということをその会見の中で言われていた」会長の発言と個人の発言の整理がついていなかった」と、会長がとまどっていた様子を詳しく説明&擁護しており、かなり同情的だった感じが。

 記者から「籾井氏就任の経緯に政権の意向が働いたという見方がある」と指摘され、「「それは全くあり得ないと思います。国会で選任をされた経営委員会のみなさんがですね、籾井会長が最適任者という形で選ばれたわけですから、法的手続きに基づいて、粛々と選ばれたんだと考えています」と説明していたのだが。
 上のリンク記事にも書いたように、今回の人事に政権の意向が働いたことは、報道関係者の大部分はよ~く知っていることだろう。(~_~;)

『自民党関係者は「一度目は、許してあげていいんじゃないの?」と話した。
政府関係者は「あす(28日)から国会もあるし、どうなるか。間違ったことは言っていないと思うが、それを公の場で言っちゃうのはね」と話した』という。(FNN14年1月27日)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 他方、政権与党内でも、今回の発言に対する疑問や批判の声が出ているという。(@@)

 安倍内閣の閣僚では、『林芳正農林水産相は28日午前の会見で、籾井氏の発言について「公の会見の場でああいうことをおっしゃるのはいかがなものか」と苦言を呈した』とのこと。

『自民党の佐藤勉・国会対策委員長は26日、朝日新聞の取材に「NHK会長として発言すべき内容ではなかった。慎重に発言してもらいたい」と語った。(朝日新聞14年1月26日)』
 
 与党の公明党幹部は、「外交問題に発展する恐れがあり、深刻だ。国会でNHKの予算案を審議する総務委員会はもめるだろう」と懸念。(TBS14年1月27日)

 自民党幹部も「困ったものだとしか言いようがない。本人が国会に出てきて説明することは必要になってくる」と述べ、籾井氏自身が説明責任を果たすべきだとの考えを示していたという。(毎日新聞14年1月27日)

『自民党の石破茂幹事長は28日の記者会見で、NHKの籾井勝人会長が就任会見で従軍慰安婦問題を、どこの国にもあったなどと発言したことについて、説明責任を果たすよう求めた。「批判にきちんと応え、得心してもらう努力をしていただきたい」と述べた。
 同時に「ふさわしくないと判断したので(自ら発言を)撤回した。それが全てだ」と述べ、自民党として問題視しない考えを示した。
 国会での参考人招致に関しては「現場の判断だ」と述べるにとどめた。(産経新聞14年1月28日)』

* * * * *

 安倍内閣&自民党としては、ともかく1日も早く、この件の幕引きをはかりたいのではないかと思うのだが。

 昨日、民主党の海江田代表が早速、衆院の代表質問の中で、この件を問うたのであるが。他の野党も、衆参の代表質問や予算委員会の中で、この件を取り上げる構えを見せているし。参考人招致すべきではないかという声も上がるようになっている。。
 また、3月には、NHKの予算を審議する総務委員会に、NHKの会長が出席するため、そこでこの件を厳しく追及される可能性が大きい。(~_~;)

 民主党の大畠幹事長は26日、『「こうした偏向発言をするのは、会長になった自覚を持っていないのではないか」。大畠氏は東京都内で記者団にこう語り、批判した。NHKの2014年度予算案を審議する衆参総務委員会で追及することになるとの見通しを示した。(琉球新報14年1月27日)』
 海江田万里代表も『「果たして会長としてふさわしいのか」と、籾井氏の予算委員会招致も視野に追及する構え』だという。(毎日新聞14年1月28日)』

 おそらく(もちろん?)社民党や共産党も、この問題の追及に力を入れることだろう。(@@)

 ただ、日本維新の会は、ビミョ~な様子。

『日本維新の会の松野頼久国会議員団幹事長は記者団に、籾井氏が「政府が『右』と言うものを『左』と言うわけにはいかない」と述べたことについて「いかがなものか。権力のチェックという役割を担っているという視点でやっていただきたい」と指摘。ただ国会論戦に関しては「あまり萎縮するような形でやるべきではない」と述べた。(琉球新報14年1月27日)』

『日本維新の会国会議員団の役員会では予算委招致に関し「政権に痛手を負わせる政治ショー」との反対論と「政治的中立性を担保する観点で意見を聞いてもいい」との賛成論が衝突。テレビ中継のある予算委ではなく、総務委で考えをただすことで折れ合った。(毎日新聞14年1月28日)

* * * * *

 ただ、mewは、先日も書いたように、この問題に最も関心を持って、NHKにものを言うべきは、会長や経営委員の給与を含め、受信料としてNHKの運営費用を払って(あげて)いるわれわれ国民&視聴者ではないかと思うのだ。(・・)

 mew周辺では、今回のことがあって、NHKは却って露骨に政権寄りの方針がとりにくくなるのではないかと見る人もいるのだけど。今回の会長発言の問題を追及すると共に、今後、NHKが中立公正な番組作りや放送を心がけて行くかどうか、国民がしっかりとウォッチして行く必要があるのではないかと思っているmewなのだった。(@@)、
                            THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]
by mew-run7 | 2014-01-29 10:15 | 政治・社会一般

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7