橋下が都構想アウトで市長辞職&出直し選へ。維新代表辞任も示唆&公明への恨み節


今日1日の22時から、都知事候補の討論会がU-streamで配信されます。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】




IMEの調子を悪くて、文字をたくさん打つのが大変なので、コピペを駆使(?)した記事を一つ。

 今日1日、日本維新の会の党大会が東京で開かれた。(・・)

 維新の会は、今後、他党と合流して野党再編を目指す方針を発表。また石原氏の強い要望で、昨年、綱領に盛り込んだ憲法改正に関する記述を改定した。

 尚、石原慎太郎共同代表は、インフルエンザのため欠席したという。^^;

『日本維新の会は1日午前、東京都内のホテルで党大会を開催した。「今こそ野党を再編し、政権交代の受け皿となる真の改革勢力を結集するときだ」と記した2014年活動方針を決定し、他の野党と政策協議を進めることを確認した。

 橋下徹共同代表(大阪市長)はあいさつで、内外で批判を浴びた従軍慰安婦をめぐる自らの発言について「きちっと言って良かった。世界で似たり寄ったりのことをやっていたが、日本だけが袋だたきにされるのはアンフェアだ」と正当化した。
 また、旧日本軍の関与を認めて謝罪した河野談話が問題の「元凶」と批判し、国会で河野洋平元衆院議長の証人喚問を求めていく考えを示した。

 橋下氏は、党内で意見が分かれる原発政策などについて「しっかりと討論し、最後は多数決で決めてほしい」と述べた。石原慎太郎共同代表はインフルエンザにかかったとして欠席した。
 大会では、綱領の憲法改正に関する条項を改定。これまでは「絶対平和という非現実的な共同幻想を押し付けた元凶である占領憲法」としていたが、難解との指摘を踏まえ、「国家・民族、国民の自立を損なわせしめた占領憲法」に変更した。(時事通信14年2月1日)』

* * * * *

 そして、この党大会で、橋下氏が維新代表を辞職することを示唆。
 その後、行なわれた大阪維新の全体会議で、大阪都構想の実現をかけて大阪市長を辞職&出直し選挙を行ない、もし再選しなかった場合には、政界を去る覚悟を示したという。(・o・)

『日本維新の会共同代表の橋下徹・大阪市長は1日、東京都内で開いた党大会で、「全政党を相手にした民主主義の戦いになるかもしれない。日本維新の会を皆さんに託します」と語り、松井一郎・大阪府知事と出直しダブル選に踏み切る考えを示唆した。大阪都構想実現のため、共同代表を退いてでも、選挙に専念する覚悟を示したとみられる。

 大阪都構想の制度設計を話し合う1月31日の法定協議会で、大阪市を特別区に分割する区割り案を絞り込みたいとする橋下氏らの提案を、知事・市長与党の大阪維新の会以外の会派が拒否。都構想が頓挫する可能性が高まっている。

 党大会であいさつに立った橋下氏は、法定協の経緯を説明したうえで「都構想実現にはすさまじい権力闘争が必要で、それが選挙という形だ。最後の最後までやり抜き、戦うことは戦う」と述べ、出直し選の可能性を強く打ち出した。(読売新聞14年2月1日)』

『大阪市の橋下徹市長(大阪維新の会代表)は1日、東京都内で開かれた大阪維新の全体会議で、市長を辞職したうえで出直し選挙に出馬する意向を表明した。松井一郎大阪府知事(大阪維新幹事長)の辞職については否定した。自らが提唱する大阪都構想が事実上頓挫しており、出直し市長選で事態の打開を図る構えだ。

 全体会議の出席者によると、橋下氏は松井氏の知事辞職を否定したうえで、出直し市長選で敗れた場合には「松井氏も含めて、2人とも政界を去る」と述べた。(毎日新聞14年2月1日)』

* * * * *

 橋下氏は、大阪都構想を実現するために、今年10月にも住民投票を行なうことを目指して、準備を進めて来た。
 2012年には、大阪都構想の制度設計を決めるため、「大阪府・大阪市特別区設置協議会」(法定協)を設置。この協議会は、両議会の議長を含む府議、市議9人ずつに加え、知事と市長の計20人で構成され、浅田均府議会議長(大阪維新の会)が会長を務めている。

 この協議会では、大阪都を作るに当たって、区の発足時期や名称、区割り、区議会の議員定数のほか、「都」と区の間の権限や財源の配分などが議論され、それらの決定事項を盛り込んだ「特別区設置協定書」を作成。その協定書の内容を住民投票にかけ、了承を得ることになっている。

 ところが、この法定協の協議が、橋下氏の思い通りに進まなかったのだ。(^_^;)
 もともと自民党や民主党などは、橋下市長が提案するような大阪都構想には反対or慎重な立場だったのだけど。ここに来て、維新に(政策によって)協力して与党サイドにいた公明党も、大阪都構想で維新と連携することに難色を示し始めたからだ。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『大阪府・市を再編する都構想を巡っては、制度設計をする法定協議会で1月31日、市を分割してつくる特別区の区割り案4案を1案に絞り込むとの橋下氏らの提案を、維新以外の各会派が反対して事実上否決した。特に、これまで一定の協力関係にあった公明党が、他の野党とともに反対に回った。松井氏は「だまされた」などと非難しており、構想実現に不可欠な公明の協力が得られない状況に追い込まれていた。

 大阪維新の全体会議に先立ち都内で開かれた日本維新の会の党大会で、橋下氏は党共同代表としてあいさつし、「全政党を相手にした民主主義の戦いになるかもしれない」と述べた。さらに「こうやってしゃべるのも今日が最後かもしれない。今後の日本維新の会は皆さんに託す」と、党運営から距離を置く考えを示した。

 さらに、大阪府・市を再編する都構想の協議を巡る公明の対応を「約束違反」と非難した。2012年衆院選で公明と関西6小選挙区で選挙協力した際、「都構想を問う住民投票まで進めさせてください」と約束したと強調。「公明までが反対となり、都構想の議論はストップする」との認識を示し、「最後の最後まで、戦い抜くところは戦い抜く」と語った。

 公明側は約束の存在を否定しており、府議団の清水義人幹事長は1日、「これまで通りきちんと議論しようと言っているだけだ。批判は全く理解できない」と話した。(毎日新聞14年2月1日)』

* * * * *

『蜜月だった維新と公明に、なぜ溝ができたのか。

 「自民、民主に理解を求めてほしい」。法定協を翌日に控えた30日、橋下氏と市長室で向き合った公明市議団幹部が強く迫った。

 橋下氏率いる日本維新の会は2012年衆院選で、公明候補が出馬した全国9選挙区で候補擁立を見送った。「都構想の住民投票まで力を貸してもらう前提で選挙協力した」というのが橋下氏らの言い分だ。

 ところが、公明は昨年9月の堺市長選敗北などで維新の勢いが失速すると、距離を置くようになった。中央では連立を組む自民が区割り案の絞り込みに反対する中、公明内には「維新との『二人旅』は避けたい」との声が強まっていた。

 法定協後、維新府議団の今井豊幹事長は「公明が賛同してくれなかったのは意外」と漏らしたが、公明市議団の幹部はこう語る。「維新は貸しがあると思っているだろうが、うちは法定協設置で汗をかき、予算案で妥協してきた。もう貸し借りはない」

 法定協議会が議論してきた大阪市の区割り案は、1区あたりの人口を30万人規模とする7区案、50万人規模とする5区案があり、それぞれについて市の2大拠点のキタ(北区)、ミナミ(中央区)を同じ区とするか、別の区とするかに分かれる。つまり計4案だ。

 このうち橋下、松井両氏が「5区分離案」を推すのは、行政組織の効率化などを図れる5区案が財政的に有利な上、キタ、ミナミを分離し互いに切磋琢磨せっさたくまさせた方が大阪全体の発展につながるとの理由だ。

 しかし、大阪都構想に反対する府内の自民、民主、共産各党は5区分離案に絞ること自体に反発。構想に中立の立場を取ってきた公明も、「5区案なら移行8年目に黒字化が実現する」との財政試算に対し「数字が粗く、是非を判断できない」と批判する。だが、区割り4案が示された昨年8月以降の法定協でも、橋下、松井両氏や大阪維新の会側と、自民、民主、共産が都構想の是非という入り口部分で対立。4案の優劣や線引きの妥当性について目に見える形で議論が深まったとは言えないのが実情だ。読売新聞14年2月1日)』

* * * * *

 橋下氏は、1月31日の法定協が終わった後、記者団に対し「議論の進め方が非常識すぎる。(各会派の対応は)はっきり言って都構想をつぶす引き延ばし戦略そのもの。ビジネスの世界ではあり得ない。4案同時並行では10年かかる」「区割り案を4案から1案に絞ることがペケとなり、それが無理になった。(各会派が)住民投票にかけることを断ったということだ」と、強い怒りを示したとのこと。(読売新聞14年2月1日)』

 松井氏も、公明党に「だまされた」と、同党を強く批判したという。

『4つの区割り案のうち1案に絞って議論するとの提案に公明党が反対の方針を示したことについて、松井知事は「(もし反対するなら)利用するだけ利用されてだまされたということになる」と非難。「世の中そんなことが通るのか。だまって戦わないという選択肢はない」と語気を強めた。(産経新聞14年1月31日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 実は、先週、この件に関連して、こんな記事が出ていたのだ。

 橋下氏が、後援会のパーティーで、大阪都構想に反対する議員は「一生あの手この手で選挙を邪魔してやる」とけん制する(脅しをかける?)発言をしていたというのである。(@@)

『日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は24日、大阪市内で後援会の政治資金パーティーを開いた。複数の出席者によると、橋下氏は、大阪都構想の実現に向けて、住民投票実施に必要な大阪府と市の両議会で関連議案が否決された場合、「反対した政治家には、一生あの手この手で選挙を邪魔してやる」などと述べたという。議案可決には維新と協力関係にあった公明党の賛同が必要で、都構想に消極的な同党議員らを牽制(けんせい)した発言とみられる。

 このほか橋下氏は、市政における実績を強調したうえ、「(都構想が)住民投票までいって蹴飛ばされるなら納得いくが、その前にアウトと言われると、橋下と幹事長の松井(一郎知事)はとち狂って暴れまわる」などと述べたという。

 会場のホテルには約800人が集まり、橋下氏は約30分間講演。報道陣には非公開だった。(産経新聞14年1月25日)』

* * * * *

 橋下氏は、昨年5月に慰安婦発言を行なったことで、国内外から批判を浴びることに。その影響もあって、橋下市長や大阪維新の会の支持率も、以前に比べて低下しつつある。(^_^;)

 橋下氏は、何とか都構想だけは実現させたいと考え、維新代表の仕事はヨコに置き、市長としての職務&都構想の準備に力を入れるようになっていたのだが。
 しかし、昨年9月には、大阪都構想が争点になった堺市の市長選で、都構想反対派の現職市長が、維新候補を破って当選。現職市長を支援した自民党や民主党、共産党などの府議や市議が、これを機に橋下市長の都構想を潰さんとして、勢いづいてしまったところがある。^^;

 また、大阪都構想にオモテ立って反対していなかった&大阪府議会&市議会で維新に協力して来た公明党が、ここに来て都構想や他の橋下市長の施策に慎重な姿勢を見せるようになったのも、橋下氏としては、かなり痛いことだろう。(^_^;)
http://mewrun7.exblog.jp/18793056
 公明党は、09年の衆院選で大阪選挙区の民主党の候補が惨敗したため、次の衆院選で議席を挽回するために、12年に大阪維新に選挙協力を要請。
 公明党の候補が出馬する6つの選挙区に、維新の候補を立てないようにする代わりに、府議会や市議会で、維新案に協力することで大阪維新と合意を行なっていたのだ。(・・)
<関連記事・『村木厚子氏、局長に復帰&検察の問題+維新の会、民自公との連携、協力を拡大』

 維新の会は、特に大阪市議会で過半数を有しておらず少数与党の立場にあったことから、この公明党との取引に応じたのであるが。
 ただ、当時はまだ都構想の計画は具体的に進展していなかったため、公明党がどこまで都構想に協力する気だったのかは「???」だ。^^;

* * * * *
http://mewrun7.exblog.jp/20579405/
 公明党は、もともと(超)保守系&新自由主義の維新の会とは、考えが合わない部分が大きい。
 その上、12年末の衆院選で政権奪還を果たし、国政においては自民党と再び連立政権を組むことになったので、維新とは与野党の相反する立場に。おまけに自民党の大阪支部は、大阪維新を敵視しているので(維新が自民党の地方議員をかなり引き抜いたので)、公明党はその板ばさみになり、維新と距離を置くようになっていたのだ。(~_~;)
<関連記事・『安倍も橋下も公明党次第?~橋下は問責を回避&安倍は公明に全面譲歩』>

 しかも、公明党の支持者は、都構想に積極的に賛成している人が、あまりいないようで。^^;
 昨年9月の堺市長選でも、公明党は、維新候補の支援が行なわず、自主投票を行なうことにしたのだが。公明党の票が、現職市長にかなり流れたのではないかと言われているし。

 さらに12月には、大阪府議会で採決された地下鉄民営化案(株式売却案)が、公明党や自民党などの野党+維新からの造反者4人に反対されて否決されることになったりもして。
 大阪維新と公明党大阪県本部の関係も、かなり冷めて来ているような感じがあったのだ。(~_~;)

 橋下市長や松井府知事が、「一生ジャマしてやる」とか「だまされた」と恨みがましい言葉をクチにしたのも、このような公明党との対応に不快感を募らせているからかも知れない。(>_<)

 橋下&松井氏は、3日に改めて大阪で記者会見を開いて、今後の方針に関して発表する予定なのだが。
 松野幹事長は、もし市長選を行なう場合には、党として全面協力をする意向を示していたものの、石原太陽族は、もともと大阪都構想には関心がないor反対の立場だし。
 維新の会は、野党再編や原発政策、憲法改正などなどにおいて、東西対立が激化しているだけに、もしかしたら、橋下氏らのこのような行動が、維新の会の分裂をさらに促進することになるのではないかな~と(期待込みで?)思ったりもしているmewなのだった。(@@)

p.s. 何か記事を書いているうちに、途中から少しずつIMEの調子が回復して来たかも。"^_^"

                       THANKS
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/21636698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mew-run7 | 2014-02-01 19:12 | 政治・社会一般 | Trackback