日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

橋下の「ひとり相撲」になりそうな出直し選挙。党内外や市民から冷たい視線も。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

  2月にはいって、あと1週間で都知事選を迎えるという大事な時期なのに、そして安倍政権や国会などに関しても書きたいことがたくさんあるのに。PC(特にIME)が不調で、思うように(お得意の長文ダラダラの?)記事が書けず、歯がゆい限り。

今回も、またコピペ中心になってしまって恐縮なのだが。
 とりあえず、昨日の『橋下が都構想アウトで市長辞職&出直し選へ。維新代表辞任も示唆&公明への恨み節』の続報を・・・。

 橋下徹大阪市長(&維新共同代表)は、昨日1日、大阪都構想に対する民意を問いたいとして、いわば住民投票を行なう代わりに、自らが市長を辞職して出直し選挙を行なう意向を示したのだけど。
 しかし、その判断&行動に対して、党内外や市民から疑問の声が続出している。(~_~;)

 橋下氏は、もし出直し選で再選した場合は、市民は大阪都構想に賛成していると強調して、他党に協力を求める(強いる?)つもりのようなのだけど。橋下氏が再選しても、市議会の構成は変わらないので、他党が拒否すれば計画を進めることが困難だし。
 それに大阪都構想は、大阪府全体の問題ゆえ、大阪市で橋下氏が市長に再選したからと言って(大阪市の区割りを進めることには賛同したことになるかも知れないけど)、都構想を進めることに対して、大阪府民がお墨付きを与えたことにはならないからだ。(~_~;)

また財政難の大阪市で(しかも、重要な予算審議の真っ最中に)、自分の勝手な思いだけで、莫大な費用がかかる市長選を行なうことに疑問を呈する声も少なくない。(-"-)

<橋下氏は、松井府知事が「自分も辞職して出直し選挙を行ないたい」と要望したのを拒否したのだけど。本当だったら、松井府知事だけ出直し選をするという方が筋が通っているのかも。(・・)
「ダブル選はやめましょう。戦力的に危ない」(後掲)って、松井くんも選挙をしたら落選しちゃうかも知れないってことなのかな?^^;>

 しかも、他の政党が協力して、対抗馬を擁立しないという戦略をとることを検討しているとか。
 もしそうなれば、橋下氏は無投票で再選することになるわけで。それで、民意を得たと言えるのかと疑問を投げかけられることにもなるわけで。
 このままでは、何だか橋下氏がひとりで土俵の上に乗ってワ~ワ~言っているような「ひとり相撲」に終わってしまいそうな感じもある。(>_<)

* * * * *

『大阪市の橋下市長が、1日に開かれた大阪維新の会の会議で、辞職して出直し市長選に出ると明言しました。自民党の大阪市議団は反発を強める一方、維新の会の議員の間でも賛否が別れたということです。
 東京で開かれた日本維新の会の党大会のあとに設けられた大阪維新の会の会議で、橋下市長は、辞職して出直し市長選に出ると明言したということです。

「市議団では賛成反対もたくさんあった。都構想を4年間をやりきるという覚悟を持って、このタイミングで区割り4案が1案に絞り込めなかったことについて、しっかりともう1度民意を問うて、そのうえで今後も法定協議を継続したい」(大阪維新の会市議団 東貴之幹事長)

 また、大阪府の松井知事も出直し選挙に出る考えを示しましたが、橋下市長が止めたということです。

 市長が辞職を表明したことに対し、自民党大阪市議団は市政が滞ると反発を強めています。
「無責任であり無意味であり、何のための選挙か分からない。まさにこれから市議会で(平成)26年度予算について話し合おうとしていたところ」(自民党市議団 柳本顕幹事長)

 橋下市長は3日月曜日に正式に辞職を表明する見通しです。(MBS14年2月1日)』

『橋下徹大阪市長が辞職を決断した。大阪維新の会が目指していた「大阪都」構想の2015年4月の実現が難しくなったため、「市民に信を問う」との理由だが、仮に橋下氏が再選されても、同構想に関する議論が進展する保証はない。

 大阪維新の会は、大阪府議会、大阪市議会でいずれも第1会派ではあるが、過半数を占めていない。都構想の制度設計などを議論する、府議、市議らで構成する協議会も同様の状況で、市議からは、議会の構成が変わらない以上、「再任されたからといって議論が進むわけではない」との声が漏れる。

 橋下氏が、協議会での審議を打ち切る形で辞職を表明したことに対し各会派からは、怒りや戸惑いの声が上がる。民主系会派の市議は「協議会での議論を放棄することになる」と非難。公明党市議団幹部は「今まで協力してやってきたのに…」と困惑気味。自民党府議は「都構想を実現したければゆっくりやったらいい」と議論継続の必要性を強調する。
 再選を果たした場合、橋下氏は改めて各会派に協力を求めざるを得ないが、反発を招く形での辞職表明だけに、難しい対応を迫られることになりそうだ。(時事通信14年2月1日)』

* * * * *

『橋下大阪市長が、辞職し出直し選挙を行うと表明したことについて、大阪の市民やほかの党から、さまざまな反応が上がっている。

 大阪市民は「(橋下市長は)自分の勝手なことばっかり言ってるから、これは大阪市の税金をね、使うことになる。(前回の選挙では)僕も入れたけども、今はもう、返してほしい。その1票を返してくれと、言いたいとこだ」、「出直し選挙する方がいい。お金がかかるとかって言ってしまったら、選挙なんかできないだろうし、実際、(都構想を)やるって言って選挙して受かってるわけだから、やらないわけにはいかないだろうし」などと話した。(関西テレビ14年2月1日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『自民党の府議会議員は、対抗馬を立てない可能性もあると話した。

 自民党大阪府議団の花谷充愉幹事長は「どうぞ1人で、1人相撲を取っていただいたら、税金の無駄遣いという批判を浴びることにつながる方が、いいんじゃないかなと思いますけど」と述べた。
 また、公明党市議団の幹部は、「この2月・3月は予算の審議があり、市民生活に直結する。そこをどう考えているのか」と疑問を呈している。(関西テレビ14年2月1日)』

『橋下徹市長が出直し選という手段を選んだことに、各党は「今後は政策が止まるたびに選挙するのか」と一斉に批判。焦点となる対抗馬については、「選挙は橋下氏1人でさせておけばいい」と不戦敗が望ましいとの考えが広がっている。

 この日の党大会で橋下氏から離反を批判された公明党府本部幹部は「法定協が進まないから選挙するなんて考えられない手法で、政治をバカにしている。出来ないからワーワー叫ぶ子どもみたいなものだ」と怒り心頭の様子。自民党市議団幹部も「歳出削減に取り組んできた橋下市長が大義のない選挙で税金の無駄遣いをするのか」と批判した。

 共産党市議団幹部も「市民生活に密着した新年度予算を審議する2月議会を放棄するほどの意味があるのか。破れかぶれの選挙」と突き放した。

 2011年11月の前回選挙では、自民、民主、共産がそろって前市長を支援し、橋下氏との一騎打ちとなった。降って湧いた出直し選に、民主党府連幹部は「各党ですりあわせる必要はあるが、橋下氏1人で勝手に選挙をさせれば、有権者にその無意味さが伝わる」と不戦敗が望ましいとの考えを示した。

 自民、公明も取材に、同様の考えを明らかにしており、共産党府委員会幹部も「維新の会に一番ダメージを与える方法が何なのか、一点共闘で考えていく」と柔軟な姿勢を見せている。(読売新聞14年2月2日)』

『主要政党はいずれも、3日の橋下氏の記者会見を見た上で、候補者擁立について検討を始める方針。ただ既に、市議会の自民、公明両党からは「何を問うのか不明」「勝手にやって勝手に当選してください」「対抗馬は出さない」との声が聞かれる。

 民主党は、他党との相乗りも検討する見通しだが、有力な独自候補擁立を模索する動きはみられない。共産党は「有力な候補がいれば支援する」(市議団幹部)と述べるにとどめており、独自候補は立てない意向だ。
 橋下氏は、都構想の制度設計難航について「民意を問いたい」と、辞職の理由を説明しているが、無投票再選となった場合に果たして「民意を得た」と言えるのか、各党の対応が注目される。(時事通信14年2月1日)』  

* * * * * 

『「市長選一本で」と付け加えると、共に 大阪府知事を辞任して 出直し選を戦うつもりだった日本維新の松井一郎幹事長は「ちょっと待ってよ」と焦り気味に抗議。「ダブル選はやめましょう。戦力的に危ない」と応じた橋下氏に、それ以上、反論する声はなかった。(共同通信14年2月2日)』

『31日の法定協では公明党も含め、大阪維新以外の全会派が反対。党大会では「公明は約束違反だ。支持基盤の(創価学会の)皆さんは宗教を説くが、宗教の前に人の道がある」と、これまで封印してきた公明党批判に踏み切った。

 「自民、民主、共産、公明の全党を相手に、民主主義の戦いになる」。橋下氏は既成政党相手の全面戦争を演出しようと躍起だ。だが共産を除く主要政党は対抗馬擁立に消極的。大阪維新市議も「無投票再選では何の意味もない。選挙になったとしても、市民が関心を持ってくれないと無駄骨だ」と不安がる。

 一方、国会議員団は「西の乱」に距離を置く。それよりも橋下氏が党大会で共同代表の辞任を示唆したことで、石原慎太郎共同代表との強力な二枚看板が失われかねないとの動揺が広がる。

 「絶対駄目だからね」。幹部の一人は、党大会の会場で本人に直談判した。すぐに辞任しない場合でも、出直し選で敗北すれば進退問題への発展は必至だ。橋下氏が表舞台から去れば「東西」のバランスが崩れ、党分裂にも発展しかねない。別の幹部は「市長選で負けたら日本維新も終わりに近づく」と言い切る。(同上)』

『「都構想が進まないからといって選挙をしても、市民は付いてこない。今やったら自爆だ」「他党が候補を立てず、黙殺される可能性が高い。本当に信を問う選挙になるのか」
 1日に開かれた大阪維新の全体会議で、議員からは出直し選を疑問視する意見が相次いだ。しかし、橋下氏は譲らず、再選後も府市両議会で都構想への賛成議決が得られない場合を想定して「今年、2回市長選をさせてもらいたい」と語ると、どよめきが起きた。(読売新聞14年2月2日)』

『橋下氏が「党の原点」とこだわってきた都構想が頓挫。怒りの矛先は公明党にも向けられ、「約束違反だ。宗教を説く前に人としての道がある」と批判した。さらに、「あいさつするのも今日が最後になるかもしれない。今後、皆さんに日本維新の会を託す」と党運営から退く考えも示した。代表辞任とも取れる発言の真意を問われたが、「託すということだ」を繰り返した。
 日本維新国会議員団の松野頼久幹事長は「代表辞任ではない。決意のほどを表したのだろう」と火消しに回った。インフルエンザで党大会を欠席した石原慎太郎共同代表(81)とは原発政策などで食い違いもあり、“維新の東西分裂”の火種もくすぶっている。(日刊スポーツ14年2月2日)

* * * * *

 党大会には、橋下氏と懇意の石原代表が欠席。<インフルエンザだそうで。>
 代わりに、今、維新の実質的な支配者だと言われる平沼国会代表が、橋下共同代表とカメラの前で、何故か深々とアタマを下げながら握手をしていたのだけど。
 橋下氏のご乱心を一番喜んでいるのは、維新の乗っ取りを着々と進めている平沼氏かも知れないと思ったりもしているmewなのだった。(@@)

                          THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/21639324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 星にも老いと死があるから.. at 2014-02-02 17:06
タイトル : 憲法は何のためにあるのか?
弁護士の伊藤 真氏は、「憲法の価値は個人の尊重(尊厳)にあり、憲法は国家を縛るための道具だ」と、「立憲主義」について、30年以上に亘って言い続けてきたという。 第2次安倍政権が「日本国憲法」第96条を先行改正しようと動き始めたのに対し、それを阻止する根拠として、「立憲主義」という思想が、にわかに知られるようになってきた。 しかしまだまだ不十分で、伊藤氏が「9条の会」などで講演した際に...... more
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2014-02-02 20:17
タイトル : 橋下維新も終わりの始まりか? 大阪都構想もカビが生えてき..
 何時までも柳の下に泥鰌はいない、橋下維新も終わりの始まりのようだ。大阪市長辞任再出馬でも、当選確実と思っているのは橋下氏だけの可能性が高い。大阪都構想も空中分解か? 橋下氏が今回の出直し市長選を決断したのは、前日の1月31日、市を特別区に分ける「区割り」の絞り込みを巡る他会派との協議が決裂したからだが、に関連する最新のWeb情報を引用すると、... more
Tracked from 名無しのデムパ論 at 2014-02-04 15:30
タイトル : 大義なき市長選に臨む橋下徹が辞任までの経緯の中で協調・妥..
橋下徹大阪市長が 大阪府・大阪市特別区設置協議会(法定協議会)での議論が停滞したことを理由に 職を辞して市長選を行って議論の前進をはかることをを明言したようですが、 これは橋下氏が協調・妥協・調整が満足に出来ない人物であることを露呈した 最たる例として語られていくような気がしています。 大阪市を5か7の特別区に分割し、 大阪府とともに再編する「大阪都構想」が事実上、“休止...... more
Tracked from 名無しのデムパ論 at 2014-02-06 18:33
タイトル : 【大阪市長選】年度末が控えた時期の選挙は様々な所に悪影響..
橋下徹大阪市長の辞任については前回の記事でも触れましたが、 これに伴い大阪市では様々な所に影響が出ています。 私は選挙の執行にかかる費用より、 選挙の執行に伴って各所に起こる影響の方をより問題にすべきだと思うのですが。 橋下徹市長の辞職表明を受け、大阪市役所では職員らが今後の対応に追われた。 市選管は「3月2日告示、16日投開票」「9日告示、23日投開票」の3月選挙を想定し、 ...... more
by mew-run7 | 2014-02-02 13:49 | 政治・社会一般 | Trackback(4)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7