「HERO」と文科省が道徳教育でタイアップ&AKB島崎の自衛官募集CMに見るアブナさ

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 WCの決勝はドイツとアルゼンチンの戦いに。0-0のまま息が詰まるような攻防が続いていたのだが。延長戦の末1-0で破って優勝。90年イタリア大会以来、6大会ぶりに4度目の優勝を果たした。(*^^)v祝

 本当は思うことや書きたいことがたくさんあるのだけど。
 決勝Tを勝ち上がったチームはどこも世界TOPのエースを擁して攻撃力を有していたものの、それ以上に、守備力がバツグンで、簡単にエースにゴールを許さず。(唯一大崩したのはブラジルだけ。^^;)そして、ドイツは最後は総合力&組織力で優勝を勝ち取ったように思ったです。(・・)
 で、決勝Tを見ながら、日本代表も「個」の力や攻撃力はもちろんだけど、簡単に崩れない守備力や日本らしく機能的な組織力をもっと磨かないとな~と改めて思ったmewなのだった。(**)

* * * * *

 ところで、特に今月にはいって、安倍政権のメディア統制に関する記事をいくつも書いているのだけど。今回は、安倍政権のおそるべきメディア利用の話を・・・。(@@)

 昨日からフジTVで、木村拓哉主演の検察ドラマ「HERO」の新シリーズが始まった。(・・) 

 mewは過去のシリーズも全て見ているし。今回も楽しみにしていて、とりあえず見る予定でいるのだけど。<まだ第1回の録画は見ていないけど。元検察官いわく、他の検察ドラマに比べて、リアルな部分もかなりはいっているとのこと。ちょこっと検察のシステムや刑事訴訟のお勉強にもなるかも。>

 ただ、今回のシリーズに関して、すご~く残念な&楽しみが萎えてしまうようなことがあったのだ。(-"-)
 
 何と今回の「HERO」は、「道徳教育」のPRで文科省とタイアップすることが発表されたというのである。 (゚Д゚)) 

『文科省、ドラマ「HERO」ポスターで道徳教育PR

 文部科学省は、SMAPの木村拓哉さんが主演するフジテレビ放映のドラマ「HERO」とタイアップし、道徳教育をPRする。出演者の写真とともに「みんなで考えよう、本気で生きるってこと」などと書いたポスター約4万部を全国の小中高校、特別支援学校などに配布する。同省は「ドラマの内容には関与しない」と説明している。

 「HERO」は2001年に放送されたドラマの続編。木村さん扮する検事が真実に迫ろうとする内容だ。タイアップは、フジテレビ側から提案があり、文科省が了承した。同省は主人公の社会正義を追求しようとする姿が、「人としてどうあるべきか。自分はどう生きるべきか」という道徳教育のテーマと共通すると判断。ポスターの文言は「押しつけと受け取られないようなメッセージを、省内で考えた」という。

 国が作った教材「私たちの道徳」を小中学校で使ってもらおうと、内容を紹介するチラシも各校に配る。今後、ドラマの出演者が参加するイベントも企画。文科省のホームページに特設サイトも作る予定だ。

 下村博文文科相は8日の会見で「タイアップによって道徳教育への理解、関心が高まることを期待している」と述べた。(朝日新聞14年7月11日)』

* * * * *

 後述するように、安倍首相や下村文科大臣&超保守仲間は、「教育再生」策の一環として、道徳教育の推進、強化(必修教育化)を目指しているのだが。これには、いまだに疑問や批判の声が多い上、国民の理解も進んでいないことから、何とか国民にPRをしたかったのかも知れないし。

 また、フジ産経グループは、超保守志向が強く、安倍政権や戦前志向の教育再生策を後押ししているし。(同グループは、超保守思想を反映した教科書を作るために「育鵬社」に出資。「つくる会」系のスタッフによる歴史、公民の教科書を出版している。)
 さらにフジTVの日枝会長は首相とと~っても懇意の仲なので<ゴルフ仲間(&利権仲間?)、尚、安倍氏の甥は今年フジTVに入社>、このようなタイアップの話が決まったのかな~と思ったりもしている。(-"-)

『今回のタイアップはフジ側から申し出たものだと報じられている。フジでは以前にも、キムタク主演の「PRICELESS」で、「食育」をテーマに文科省とタイアップを行った。また他局では、「ごくせん」(日本テレビ系)が薬物乱用防止キャンペーンに起用された事例もある』とのこと。

<ふと思い出したことに、昔、草なぎ剛くんが文科省官僚役で主演したフジTV「TEAM」に、当時、文科大臣だった小泉純一郎氏が出演したことがあったんだよね~。(~_~;)>

 ただ、mewには「HERO」が何故、道徳教育につながるのか、どう考えても理解不能だし。 このようなタイアップの仕方には、節操のなさ、ある種の「あざとさ」を感じずにはいられないのである。(ーー゛) 
<まだ法務省や警察の「犯罪防止」or「犯罪捜査協力」[キャンペーンとかならわかるけど。>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ちなみに、mewは、安倍政権&超保守仲間たちの教育政策にも大きな問題性を感じていて、このブログでも、前政権の時からず~っと批判を続けている。(・・)

 安倍氏らの超保守派は、日本の戦後教育を否定し、戦前のように国に誇りが持てるような&国に貢献したいと思うような学校教育を行なうべきだと主張していて。安倍氏は前政権で、「教育の憲法」である「教育基本法」に「愛国心」の明記などを含む法改正を強行。
 その後から現政権に至るまで、「愛国教育」や「道徳教育」の強化、歴史&領土教育の見直しなどなどを小中高の学習要綱に盛り込む施策をどんどんと実行に移している。(-"-)

 道徳教育に関して言えば、安倍氏らの超保守勢力は、昔から必修教科にして、戦前の教育勅語&修身教育のように、日本国民としてのあり方を学校で教えるべきだと主張。
 森政権や安倍前政権でも、その実現にトライしていたのだが。疑問や批判の声が大きかったため、なかなか実現できずに、今日に至っている。^^;

『道徳教育の教科化は、2000年に森喜朗首相の私的諮問機関だった「教育改革国民会議」が提言した。教科化はされなかったが、文部科学省は02年から、副教材に「心のノート」を導入した。
 2007年には、第1次安倍政権の「教育再生会議」が、名称を「徳育」として再び教科化を提言した。しかし、文科省の中央教育審議会は、教科の要件である点数評価や国の検定教科書の使用、専門の教員免許の設定が、道徳教育になじまないと判断した。(京都新聞13年2月18日)』
http://mewrun7.exblog.jp/4250747
<森政権の「教育改革国民会議」がスゴくて。「子供を飼い慣らす」とか、「日本が滅びるとショックを与える」教育をするように提言していたりするのよね。(-"-)(関連記事・『「子供を飼い慣らす」「日本が滅びるとショックを与える」教育再生?!・・・』)>

 しかし、安倍自民党は12~13年の衆参院選の公約に「道徳教育の推進」を明記して、今度こそはとその実現に力を入れており、昨年2月に、首相官邸に設けた有識者会議(教育再生実行会議)がついに道徳の必修教科化を提言することに。(最初から、結論ありきだったのよね。(~_~;)>
 安倍盟友の下村文科大臣&文科省は、これを受けて、昨年から道徳の必修教育化を実行に移そうと懸命になっているのである。(-"-) 

* * * * *、
 
 ただ、この「HERO」と文科省のタイアップには、批判の声も出ているという。^^;

『キムタク「HERO」で道徳教育 文科省との異例タイアップに賛否

 13年ぶりの「連ドラ復活」となる木村拓哉さん主演ドラマ「HERO」(フジテレビ系)が、異例のタイアップを行うことが話題を呼んでいる。
 その相手は「文部科学省」。それも、分野は「道徳教育」だという。

下村文科相が発表会見に駆け付ける

 2014年7月10日、東京・お台場のホテル日航東京レストランで行われた制作発表会。キムタクと並んでニコニコ笑っていたのは、下村博文文科相だ。大臣の出席に、「改めて考えるとすげえ」と喜んでみせた木村さんを前に、下村文科相も「素晴らしい番組」と持ち上げてみせた。

 「HERO」は木村さん演じる型破りな検事の活躍を描いた作品で、2001年にドラマ版が放映、07年には映画版も制作され、いずれも大ヒットとなっている。

 今回のタイアップでは、
「『正義』ってなんだ? 『真実』ってなんだ? みんなで考えよう、本気で生きるってこと」「道徳教育×HERO」
 といったスローガンが記された木村さんらの写真入りポスターを全国の小・中・高4万校に配布、さらに今後、関連イベントや「道徳教育」について出演者が語るインタビューなども企画されているという。

過去にもキムタクはタイアップ事例あり

 それにしても、なぜ「HERO」で道徳教育なのか。8日の会見で下村文科相は、キムタクのサイン入りパネルを披露しながら、

「誰に対しても公平・公正な態度で接し、自らの信念に基づいて行動し、真実を見極め、社会正義を追及しようとする主人公とその仲間の姿には、人としてどうあるべきか、自分はどう生きるべきかという、道徳教育の根源的なテーマと共通するものがある」
と説明したが――。

 今回のタイアップはフジ側から申し出たものだと報じられている。フジでは以前にも、キムタク主演の「PRICELESS」で、「食育」をテーマに文科省とタイアップを行った。また他局では、「ごくせん」(日本テレビ系)が薬物乱用防止キャンペーンに起用された事例もある。
 とはいえ、「道徳」でのタイアップはなかなか例がない。安倍政権下で「教科化」が進められている中だけに、ネットでは賛否両論の声が出ている。

  「いいですね。今までにない取り組みだと思います」
  「マスメディアが政府の道徳教育に荷担とかどういうことだ……」
  「久利生検事は検察官でありながら、既存の『常識』から逸脱しているのが魅力的なキャラクターではなかったのか。何だ『道徳教育』って」(J-CASTニュース14年7月13日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




 そう言えば、今月1日から自衛官募集のCMに、AKB48の島崎遥香が出演しているのだが。これにも疑問や批判の声がかなりある様子。^^;

<よりによって、集団的自衛権の行使の解釈改憲がなされた日にCMがスタート。しかも、1日頃から全国各地の高3生に「自衛官募集」のDMが次々と届いたので尚更に、話題になってしまったところがあるのよね。(~_~;)>

 この話が出た時に、mew周辺では、「よく)AKBのプロデューサーである)秋元康や事務所がOKしたな~。ふつう、しないだろう」「国民的アイドルを自衛官募集のCMに使うのは、節操がないのでは?」「AKBの印象が悪くなるのでは?」など疑問を呈する声が出ていたのだけど。(まあ、事務所は・・・かな?)
 
 メディアやネットでは、「安倍首相と秋元康氏、広告代理店の関わりがあるからではないか、東京五輪プロデュースの話が絡んでいるのではないかという話も出ている。

* * * * *
  
『AKB48・島崎遥香、自衛官募集CM起用で波紋…そのウラにある秋元康と電通の巧妙な思惑

(前略) 島崎が清楚なワンピース姿で陸海空の自衛隊の活動の幅広さや意義を語りかける内容。「ここでしかできない仕事があります」「自衛官という仕事、そこには大地や海や空のように果てしない夢が広がっています」といったキャッチフレーズとともに、やりがいのある仕事であることを強調している。
 国民的アイドルの人気メンバーが起用された背景には、若年層の入隊希望者を増やしたい自衛隊の狙いがある。(中略)

 放送開始日は集団的自衛権の行使容認が閣議決定された当日。さらに、同日に高校3年生を中心にした若者に自衛隊の入隊募集案内が大量に送付されたことがネット上で話題になっており、お役所らしからぬ「仕掛け」を打ってきたことがうかがえる。

 だが、非常にデリケートな政治的問題をはらんでいる側面もあり、AKBメンバーが広告塔として出演したことに対して以下のような批判の声も上がっている。
「こういう政治的なCMに出てほしくなかったなあ…」
「国防という任務の性質を考えればこうした勧誘方法は不適切。タレントやキャラクターにつられてやって来る応募者でもいいのか」
「アイドル使って綺麗ごとばかりアピールしてないで、自衛隊に入ったら戦争に参加する可能性があるとキッチリ言うべき」

 「集団的自衛権の行使容認=戦争」となるとは一概にはいえないのだが、アイドルが政治問題に絡んでくることに対してはファンならずとも拒否反応が強いようだ。

 そもそも、なぜAKBが自衛隊のCMに起用されることになったのか。その背景には、AKBグループ総合プロデューサーの秋元康氏と大手広告代理店の存在があるようだ。

 「秋元氏は安倍晋三首相と親密な関係を築いており、自宅に招いて昼食を振舞うほどの仲。その時は下村博文氏や小泉進次郎氏ら党の重役まで同席した。その甲斐あって秋元氏は東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事に選ばれ、一部では開会式の総合演出の候補として名前が挙がっているとまでいわれています。また、AKBグループと密接な関係にある大手代理店『電通』も政府とのつながりが強く、今回の自衛隊CMの“仕掛け”は秋元氏と電通が中心になって絵を描いたようです」(週刊誌記者)

 一部では、秋元氏が自民党と協力関係にあり、安倍政権が打ち出している「タカ派戦略」を支持しているのではないかとも危惧されているが…。
「それは誤解でしょう。秋元氏は根っからの商売人ですよ。昨今は芸能界も広告業界も不況にあえいでおり、予算も縮小の一途をたどっている。しかし、財源が税金である官公庁の仕事は潤沢でカネ払いもいい。そういった背景があって、秋元氏は電通とともに政府とのパイプを強めて稼ごうとしている。また、AKBで稼ぎまくった秋元氏は金銭欲より名誉欲が最近は強まっているようですが、政府関係の仕事ならそれも満たされる。秋元氏は安倍政権だから協力しているわけではなく、単に権力者に擦り寄っているに過ぎません。だからこそ、タチが悪いともいえますが…」(前同) (MEN'S CYZO 14年7月4日)』

* * * * *

 こんな風に、マスメディア(特にTV)が、時の政治権力に統制されたり、おいしく利用されたりするようになると、(ましてや何もわからぬまま少年少女が見るTVやCMを利用するなんていうのは尚更に)、ますます日本がアブナくなってしまうのではないかな~と、深く憂慮しているmewなのだった。(@@)

                        THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]

by mew-run7 | 2014-07-15 04:45 | (再び)安倍政権について