人気ブログランキング |

爆笑問題が政治ネタNGに+仏の表現の自由に対するテロと安倍官邸のメディア抑圧


  これは1月8日、3本めの記事です。(前の2本は資料記事)

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 昨日7日、フランスのパリで、出版社を銃で襲撃するテロ事件が起きて、事件の対応に当たった警官を含む12人が死亡したという。犠牲者の方々のご冥福をお祈りしたい。

 襲撃されたシャルリー・エブド社は、風刺主体の週刊紙を出版しており、イスラム国の指導者を揶揄するようなイラストを掲載したことがあったとのこと。
 襲撃を行なった2人の実行犯は、予め情報を得ていたのか、ちょうどジャーナリストや漫画家が集まって編集会議を開いていた3階の会議室に直行して銃を乱射。建物を出た後、警官との銃撃戦を制して、用意しておいた車で逃走(途中、車を乗り換え)したという。(-"-)

 実行犯とされているのはパリ出身の兄弟で、イスラム国、または関係するイスラム過激派の訓練を受けた可能性があるとのこと。警察は指名手配をして、2人の行方を追っている。(・・)

* * * * *

 安倍首相は、8日朝、記者団に対して、このテロ事件を強く非難する発言を行なったとのこと。

『安倍晋三首相は8日午前、フランスの週刊紙本社銃撃事件について「言論、報道の自由に対するテロだ。いかなる理由であれ、卑劣なテロは決して許すことはできない。強く非難する」と強調した。官邸で記者団の質問に答えた。
 同時に「被害に遭われた方々に対し、心からお悔やみを申し上げたい」と述べた。(共同通信15年1月8日)』

 変な話、mewは安倍首相がこの事件が、単なるテロ事件ではなく、「言論、報道の自由に対するテロ」だと理解していることに、ほっとさせられたところがあった。<誰かに習ったのかしらん?^^;>

* * * * *

 もちろん表現の自由にも、それなりのモラルはあると思うし。様々な国や団体の指導者には、それ相当の敬意を払う必要もあるとは思うのだが。
 とはいえ、政治的指導者が、常に評価や賞賛を受けるような世界、そのように仕向けられた世界は、抑圧された歪んでいる世界だと言っていいだろう。ましてや暴力や脅迫によって表現の自由を抑圧したり、批判を封じたりすることは決して許されるべきではない。(**)

 でも、つい昨年も、元朝日新聞記者が務める2つの大学に脅迫状や、嫌がらせの電話、メールが届いた事件があった&一つの大学では、元記者は辞職せざるを得ないことになって、mewは、上のような怒りの声を記したのだけど。
、日本でも、レベルは異なるが、似たようなことが起きるようになっているのが実情だ。(-"-)

<mewは、安倍首相&周辺など政府のTOPまでもが、慰安婦報道の件で朝日新聞を批判する発言を行なっていることも、いくらでも朝日バッシングをしていいという風潮を作り出すと共に、このような事件にも影響しているのではないかと考えている。>

* * * * *

 それにmewは、正直を言えば、安倍首相周辺が、NHK支配を強めたり、民放TVを監視して、妙な要望書を送ったりしていることも、暴力や脅迫とまでは言えないけど、それに準ずるような政治的な指導者、権力者による圧力、抑圧だととらえていいのではないかと思うところもある。(-"-)
http://mewrun7.exblog.jp/22640903/
(関連記事・『TVが選挙ネタを逃げる~何と放送時間が前回の1/3に激減&安倍自民の監視、支配に屈する』『最低投票率も安倍陣営の戦略&メディアの責任も大+支持者以外の声をきく気がない安倍』)
http://mewrun7.exblog.jp/22656556/
 それはその時の政治権力者が、民放TV各局にアレコレと要望して来たら、各局の担当者は当然にしてある種の畏怖(プチ・テロterror)をおぼえて萎縮することになるし。その結果、自粛モードにはいって、政権批判につながるような報道はできるだけ避けようとするのは、目に見えているのだから。<おまけに安倍陣営は、民放各局のスポンサーになりそうな大企業や広告代理店もおさえているんだしね。(-"-)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 また当ブログでは、安倍首相&仲間たちのNHK支配に関しても、それこそ安倍前政権の時から、何回も取り上げているのだけど。(・・)
 どうやらNHKはどんどん自粛モードにはいっている様子。

(今週も『安倍は、超保守系の財界とも結託。NHK、メディア支配、アブナイ戦前志向政策を進める』をアップしたばかり。)
 
 先日、政府風刺ネタで有名な「爆笑問題」がラジオ番組で、NHKに出演した際に政治ネタをNGにされたことを暴露。テレビ局の自粛体制について語っていたという。

『爆笑問題・太田、NHK側の自粛で大慌てで漫才ネタを作り直していた「政治家のネタ全部ダメ」

2015.01.08 (Thu) 「世界は数字でできている」より

 2015年1月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、NHK側の自粛で、漫才のネタにNGを出され、政治家ネタ以外のネタで作り直さなくてはならなかったことを明かしていた。
 
太田光:NHKに持っていった(漫才のネタが)プロデューサーに却下されて。

田中裕二:アレなぁ…

太田光:「アレなぁ」じゃないよ。お前がちゃんとやっときゃ良いんだよ!慌てて楽屋でパソコン開いて、「どうすりゃ良いんだ」ってやってたんだぜ。

田中裕二:うん。3日くらいは良かったですよね、結果的には。

太田光:「良かった」じゃないよ。どんだけ…

田中裕二:本当に、でもさ…

太田光:どんだけ本番中に練習したと思ってるんだよ、生放送中に(笑)

田中裕二:大体、毎年やってる番組じゃないですか。『東西寄席』とか『爆笑ヒットパレード』とか。『検索ちゃん』は生じゃないんで別として、一応、プロデューサーなりディレクターに、ネタ見せを当日だったりするんだけど、するわけですよ。

太田光:いいんだよ、あんなものは。

田中裕二:でも、一応、生だし。スポンサーとか俺らが分からないところで問題になることがあるから。今までは、もちろん「これはできないね」っていうのはゼロじゃなかったけど、今回、NHKのヤツは、政治家さんのネタがあるんだけど、全部ダメじゃん。アレは腹立ったな。

太田光:要は、プロデューサーのにもよるんだけど、大体のことは自粛なんですよ。

田中裕二:そうだね。

太田光:これは誤解して欲しくないんだけど、政治的圧力は一切、かかってない。ハッキリ言って。

田中裕二:それはこの間も言ってたね(爆笑問題・太田、テレビ番組の現場レベルで政治的な圧力や偏りは無いと断言「一回も経験したことない」)。

太田光:テレビ局側の自粛っていうのはありますけどね。それは、要するに問題を避けるためのコンプライアンスで。

田中裕二:面倒くさいことにならないようにってね。

太田光:それはあるけどね。

田中裕二:それが色濃くなってるのは、肌で感じるね。』

* * * * *   
 
 日本が戦後、ようやく手にした本当の「表現の自由」「報道の自由」をずっと守って行けますように。<これがないと民主主義も成り立たないし。平和主義も守れないのだからね。(・・)> 
 今年はもっと多くの国民に、表現の自由の大切さ、権力者によるメディア抑圧のアブナさに気づいて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

                        THANKS
 


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

by mew-run7 | 2015-01-08 16:30 | 政治・社会一般

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7