中川妻が、政務官続投。待機中に酒飲み、不倫路チューは閣僚失格!

  これは3月12日、2本めのmewにしては短めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 当ブログでは、「安倍内閣の閣僚を辞任させて、安倍政権を打倒するぞ!」キャンペーンを展開中!o(^-^)o

 安倍内閣の現旧閣僚は、「政治とカネ」+αの問題がいっぱい。(@@)

 mew的に今、最も辞任に追い込みたいのは、安倍盟友の超保守派・下村博文文科大臣なのだけど。
 そこに「不倫路チュー」の写真を撮られて、いわば飛んで火に入って来ちゃったのが、こちらも安倍盟友だった故・中川昭一氏の妻・中川郁子農水政務官だ。(++)

<関連記事・『下村がウソ答弁を修正も土俵際+安倍盟友の中川妻に不倫チュー報道』『自民党大会でChooChooTって+国民は自衛隊の海外派兵を望んでいない』>

* * * * *

 ここはきちんと認識しておいて欲しいところなのだけど。中川氏の「不倫路チュー」の件は、単に閣僚や国会議員としてのモラルがどうのという問題にとどまらないのだ。(@@)

 中川氏が同僚の妻子ある議員と六本木で落ち合って、デート&キスをしていたのは2月23日。
 この日、夕方5時過ぎに西川公也農水大臣が、突然、官邸に辞表を提出。官邸がすぐに林芳文氏を後任に任命して、急遽、農水省のTOPである大臣の交代が行なわれることになったわけで。農水省は大変な状況にあったのだ。(~_~;)

 ところが、そんな大事な時に、農水政務官である中川氏は5時に退庁したのだとか。(・o・)
 ただし、事務方からは、都内に待機するように指示されていたという。それは当然にして、何か用事や問題があったら、すぐに連絡をとり、必要があれば省庁に戻るためであって。中川氏は、自分が公務の延長戦上にあることを認識しておくことが求められていたのだ。(-"-)
 
 果たして中川氏は、まず地元の支援者の会合に出席して、本人が言うには、酒が弱いにもかかかわらず、そこで飲酒をしたとのこと。 (゚Д゚)
 その後、自民党の同僚議員で、妻子ある門博文氏と六本木で待ち合わせして、手つなぎデート&路チューしているところを写真に撮られたわけで。どう見ても、政務官として失格なのである。(ーー)

* * * * *

 中川郁子氏は、先週、週刊誌が出たのを受けて、国会を欠席。抑うつ状態に陥って、約2週間の加療が必要だとして入院(病院に雲隠れ?)し、安倍官邸は、中川氏を交代させることに決めたと報じられていたのだけど。(~_~;)

 ところが、今週になって菅官房長官が、中川氏の辞任を否定。中川氏は入院中の身ながら、10日から公務に復帰し、国会にも出席したのには、チョット驚いたところがあった。(・o・)

<あとこれはあくまでも個人的な感想だけど。こういう時に、委員会にオレンジのブラウスを着て来たにも驚いた。^^;>

 実はmewは、何故、この時点で中川氏のスキャンダルを、保守・自民党系と言われる週刊新潮が出したのかとか。安倍政権批判を自粛するTVワイドショーが、一斉に中川氏の路チュー問題を大きく取り上げたのか、何故、あえて中川氏を続投させるのかなどなど、チョット引っかかっているところもあるのだけど・・・。

<西川、中川、門氏らは二階派所属。安倍官邸は、近時、中韓との外交関係で発言権が増している二階氏を押さえ込みたいところ。
 続投に関しては、辞任ドミノの回避か。もしかしたら、下村文科大臣の問題から目をそらすために、中川氏を続投させることにしたなんて邪推もありかと思うけど。>
 
『安倍晋三首相は10日、自民党の同僚議員との不適切な交友関係が報じられた中川郁子(ゆうこ)農林水産政務官(56)=衆院道11区=が公務を続ける意向を表明したことを受け、中川氏を続投させることを決めた。国会審議や農林水産行政への影響を考慮し、政務官交代の方針を固めていたが、中川氏の体調が回復してきたことや自民党内の一部に交代に対する反発があることなどを踏まえ、方針を転換した。(中略)
 
 首相は当初、政務官交代の方針を固め、後任人事の調整を指示。一方、中川氏が所属する自民党の派閥「二階派」の二階俊博総務会長らが交代に異論を唱え、続投を首相周辺に働き掛けていた。(北海道新聞15年3月11日)』

『中川郁子農林水産政務官は10日昼、週刊誌で不適切な交際が報じられたことに関し、衆院農水委員会で「軽率な行動でご迷惑をお掛けしている。深くおわび申し上げる」と陳謝するとともに、続投の意向を表明した。安倍政権は、閣僚らの政治資金問題が相次ぐ中で身を引かせれば「辞任の連鎖が、閣内でさらに広がりかねない」(政府関係者)と警戒し、職にとどめることにしたとみられる。(スポニチ15年3月10日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『中川氏が公の場に姿を見せたのは、報道を受けて5日に東京都内の病院に入院して以降初めて。自民党の佐藤勉国対委員長は10日に中川氏と国会内で会い、「内閣の一員として自覚を持ってほしい」と苦言を呈した。菅義偉官房長官は記者会見で「今後、誤解を受けることのないように、自らを律しながら職責を果たしてほしい」と述べた。

 政権幹部は8日に対応を協議し、中川氏に政務官を続けさせる方針を確認した。2月23日に政治資金問題で西川公也氏が農相を辞任したばかり。中川氏も辞めれば、態勢立て直しが一段と難しくなるとも考えたようだ。
 西川、中川両氏はともに自民党の二階派所属。西川氏に続く交代を避けたかった二階俊博総務会長が、周囲に「辞任の必要はない」と強く主張していたことも、首相官邸を中心とした政権の判断に影響したとされる。

 だが、自民党幹部は「中川氏の問題が長引けば内閣支持率に響く」との懸念を漏らす。安倍晋三首相が強い意欲を示す農協改革の関連法案は農水委員会で審議される。野党が中川氏への追及を強めれば、法案審議が停滞する事態も否めない。この幹部は「続投が吉と出るか凶と出るかは分からない。ただ本人が『続ける』と言っている以上は支えるしかない」と語った。(スポニチ15年3月10日)』

* * * * *

 予算委員会では、民主党議員から色々質問されたものの、黙りこくったり、しどろもどろになったりするケースもあり、きちんとした説明にならず。<もしかしてチョット薬などの影響があるのか(酔っ払っているみたいな)と思わせるような感じの話し方をしたり、視線が定まらず、ぽ~っとしちゃったりすることも。^^;>
 林農水大臣の認証式が行なわれており、自らも公務の待機中であるにもかかわらず、飲酒をしたり、路チューをしたりしていたことに関して、中川氏を正当化する材料は何もないように思われる。(~_~;)

<中川氏は、『衆議院予算委員会の分科会で、問題の夜に同僚議員と会う前、支援者との会合で酒を飲んでいたことを明らかにした。その上で、「事務方と連絡が取れる態勢になっていた」と述べ、危機管理上、問題はなかったとの認識を示した』のだが。(NNN15年3月11日)
 連絡さえとれればいいってもんじゃないし。お酒が弱いなら尚更、飲酒すべきじゃないよね。(`´)>

『西川公也前農相が辞任した先月23日、既婚の同僚議員との「不倫路上キス」写真を週刊誌に撮られた中川郁子(ゆうこ)農水政務官(56)が10日、衆院予算委員会第6分科会で答弁に立った。民主党議員に「不謹慎と思わなかったのか」と指摘されると「本当にその通りと思う」と認め、しどろもどろになりながら「問題の一夜」を釈明した。

 当日は午後9時まで支援者との酒席に出た後、お相手の自民党、門博文衆院議員(49)に会ったと説明。「私はお酒が弱く、たくさん飲んだつもりはない」とした上で、「軽率な行動で門議員の奥さんやご家族に大変不快な思いをさせ、誠に申し訳ない」と謝罪。仕事場の政務官室で、門議員と「密会」したとの報道には「(政務官室で)2人きりで会うことはない」と否定した。

 しかし、質疑が進むうち、答えに詰まり、黙り込む場面が増えた。事務方が6回もメモを差し入れて助けたが、消え入りそうな声で、要領を得ない発言もあった。中川氏は、不倫問題が表面化した今月4日から入院。この日の答弁後も、都内の病院に戻ったという。

 与党の一部には辞任論もあったが、中川氏は分科会に先立つ衆院農水委員会で政務官続投を表明。ただ野党の追及が強まれば「あの答弁ではもたない」(野党関係者)の声もある。この日質問した民主党の後藤祐一議員も、中川氏の資質について「政策の質問も用意したが答弁が苦しそうなので控えた。農水省としての考えを説明できないなら、お辞めになるべき」と指摘した。

 昨年、政治資金問題で経産相を辞職した小渕優子氏と中川氏の名前は、同じ。永田町では「安倍政権に『ゆうこ』は鬼門か」(関係者)との声も聞かれた。(日刊スポーツ15年3月11日)』


『同委員会後、エレベーターに乗ろうとするところを報道陣が取り囲むと「食に関わる官庁ですので、国民のみなさますべてにご不安を与えてしまったと思います」とか細い声で話した。路チューが食にどんな影響を与えるのか不明だが、とにかく謝罪を繰り返した。(中略)
 突っ込みどころは中川氏の国会答弁だ。路チューの事実を週刊新潮に突きつけられた際、中川氏は「私はもっと美人」と自分ではないと否定。その後、認めるも「宇宙の摂理」に原因を求めた。意味不明(イミフ)な言動に不安があるわけだ。(東スポ15年3月11日)』

* * * * *

 mewは、中川氏が今後、国会での追及や世間の批判をかわして、続投することは難しいのではないかな~と思っているし。
 逆に、もしこのまま続投させるとしたら、安倍官邸は国民をよっぽナメているのではないかと怒っていいのではないかと思うのだけど。安倍政権が始まってからは、それも全てはメディア(特にTV)が国民にどう伝えるか、国民がそれにどう反応するか次第というのが実情だ。(-"-)

 ただ、もしかしたら安倍首相or菅官房長官は、ここで中川続投という判断ミスを犯したかも知れず。その小さなほころびからでも、安倍政権を崩して行きたいと意欲に燃えているmewなのだった。(@@)

                       THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/22872352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mew-run7 | 2015-03-12 11:56 | (再び)安倍政権について | Trackback