日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

再生の道は「草案9条に反対」しかない!or解党すべし ~このままでは、民主党はアブナイ(6)~

~☆~☆~☆~ MERRY CHRISTMAS ! ~☆~☆~☆~


長々とアレコレ書いてしまったが・・・。これらの日本の政治&将来のために、私なりに真剣
に民主党のことを考えてみた。「割れろ」というのは簡単なのだが、やはり自民党に迫りプレッ
シャーを与えられる大きな野党、そして政権交代の可能性を持つ政党は必要だと思うのだ。
そして、私が考えた民主党の目指すべき方向性を、ズバリ(細木風?!)提言してみたい。

「民主党は07年の参院選で、憲法改正問題を最大の争点にして、特に9条に関して集団的
自衛権を否定し、『(自民党草案の)9条改正反対!』を強くアピールして、選挙を闘う。また、
それができる政党を作って行く。」

 これが、私の提言である。(できれば、次の衆院選もその方針を貫いて欲しい。)
 もしそれができないようなら、とっとと分裂した方がいい。日本の将来の重大事に当たって、
自分の党の基本政策が貫けないようであれば、民主党の存在意義はないと思うし、おそらく
は凋落して行くだけだと思うからである。

<もちろん対案を示す必要がある。個人的には、今の政策通り、自衛隊の存在を明記、
個別的自衛権は認めるが(9条にきちんと活動できる範囲を明記した方が、拡大解釈、
運用をされにくいという見解をとっている)、集団的自衛権は認めず、国際貢献は別途待機
部隊で行なうというものでいいと思う。(海外派兵はNO!の方がわかりやすいとも思う)
ただし国際貢献については、党内で話がまとまれば、国連決議のあるものに関しては
自衛隊を派遣していいというところまで持って行く余地はあるかも知れない。>

 私がこのように考えたのは、次のような理由からである。
1・民主党が再生&政権交代できる党になるためには、党の基本方針や政策を貫く必要が
ある。<政策をコロコロ変えるような党は、信頼が得られず、固定支持層も作れない。>
それができるかどうかが、今後の党の存亡の鍵にもなると思う。
2・次の参院、衆院選の結果によっては、9条を含む憲法改正の実現可能性が大きく左右
される。マスコミもそれなりに争点として取り上げ、国民の関心も高まるであろう。ここで、
民主党はしっかり自党の基本方針、政策をアピールし、存在意義を示すべきだと思われる。
3・「9条改正に賛成か反対か」「集団的自衛権or海外派兵に反対か賛成か」という争点は
明確であり、国民にもわかりやすい。
4・自民党は、この争点に関しては、集団的自衛権を容認する自党の草案を肯定せざるを
得ないので、明確な対立軸を作ることができる。

<つづきは ↓More をクリック>






私は民主党はやはり「資本主義・自由民主主義を基調として、経済等の面ではある程度
現実的な政策を行なうが、自民党よりもクリーンで、平和主義、社会政策を重視する政党」
としてやって行くのが一番望ましいのではないかと考える。これから少子高齢化が進んで行く
中で、安全で安心できる生活を望む人たちは増えて来るのではないかと思うからである。
 上述の集団的自衛権の否定も含め、これらは今の民主党の基本方針とも合致するもの
である。そして民主党が本気で再生を望み、政権交代を目指す政党になりたいのであれば
自らの基本方針を貫くべきであろう。コロコロ基本方針を変えるような政党は、いつまで立っ
ても固定された支持基盤を築くことができず、政権交代など望み得ないように思うのだ。

  もし自民党に反対するために方針を変えるなら話は別だが、民主党はもともと上述の
ような方針、政策を持って公表しているのであるから、それを貫く方筋だし、自然なのでは
ないかと思う。下手に画策しなくても、もともと異なるベクトルを有している部分があるの
だから、それを大切にした方がいい。

 次に、鳩山幹事長も言っていたように、07年の参院選とその後の衆院選は、民主党の
再生にとってだけでなく、日本の将来にとっても本当に重要な選挙となる。もしここで9条改正
賛成派が衆参各々の2/3以上の議席をとれば、改正の発議が可能になるからである。
発議をされても、国民投票で反対することは可能であるが、それ以前の段階で国民にこの
問題をアピールすることは、国民の関心を呼んで理解や考えを深めるためにも、また民主党
の基本方針や姿勢を理解してもらい、存在意義を示すためにも望ましいことであると考える。

 近時の世論調査を見ると、憲法改正自体の賛否は五分五分であるが、9条の改正には
反対or懸念を示す人が7割前後いる。中でも、(領土の)自衛権は認めてもいいが、集団的
自衛権や国際貢献も含めた海外派兵などには懸念を示す人が少なくない。<自衛隊のイラ
ク派兵延長に反対する者は7割以上に及んでいた。>
 民主党は、このような人たちの受け皿になり得るし、受け皿になる必要があるとも思う。

 社民党や共産党は「護憲・憲法改正絶対反対」を強く主張すると思われる。既に前回の衆院
選でも彼らは「護憲」をアピールし、わずかながらも議席を伸ばしていた。「護憲」と言った方が
わかりやすいが、それはあまり現実的な方針ではないと考える人もいるように思う。それに、
ここは社共とも少し差異を設けた方がいい。
 ただ、できれば社民党などとは選挙協力をして、野党の議席数を増やす努力をした方がいい
のではないかと思う。目標は、できれば民主党単独で、または野党側で参院の過半数をとること
である。
 ちなみに、もし民主党が自民党草案の9条改正反対を主張できなかった場合は、おそらく社共
にかなりの票を食われることになるだろう。

 次の選挙では、自民党の強引な改革推進や増税の問題なども争点になり得る。ただ、これら
に関しては、後述するように、細かく小難しい話が多くなってわかりにくい部分が出て来るし、
自民党側も正当化の理論を用意したり、何となくごまかしたりはぐらかしたりしやすい部分が
あり、明確な対立軸が作りにくい。
 改革や増税のことは、サブの話にとどめた方がいい。あくまでもメインの争点は、自民党と
明確な対立軸が示せる9条の問題にすべきなのではないかと思う。<憲法改正の要件や
13条公益論なども、9条と結びつける形でアピールするのはいいかも知れない。>
 そして、自民党が9条改正後に日米軍事同盟を強化して行く計画が進んでいること、また
集団的自衛権を認めることになれば、先のイラク戦争ような戦闘にも参加することになるかも
知れないこと、そうなれば日本もテロの脅威にさらされる危険があること、また中国・韓国を
はじめアジアとの関係が悪化することなど、具体的にイメージできる例を出してわかりやすく
アピールすることが望まれる。

 もちろん、民主党が集団的自衛権を否定することに対しては非現実的であるという意見が
党内外から出る可能性がある。党内に関しては、どうしても集団的自衛権を認めたいという人
は出て行って頂くしかないように思う。そして、その他からの批判は気にしなくて構わない。
 そもそも万人にウケようと考えること自体が間違いであると思う。自民党だって、政党支持
率は30~40%しかないのである。<内閣支持率は、首相や閣僚の個人的な魅力や期待感
などによって、+αの上乗せがあるが。>乱暴な言い方をすれば、国民の半分近くに批判
されてもOKなのだ。ましてや民主党はまだ政党支持率が10%前後しかないのであるから、
まずは固定支持層を20%以上に引き上げることを考える方が重要であろう。この数字が
常時20~30%ぐらいにならないと、政権交代しようがないし、もしできたとしても一時的な
もので終わってしまうと思うのである。

<今回の前原代表の発言に対して、評価や歓迎を示す声もあるのは知っている。このテーマ
を書く際に、勉強(?)のために、そのような見解を記したブログも読んでみた。そこで感じた
のは、そのような人たちの多くは、基本的に民主党の支持層にはなり得ないのではないかと
いうことだった。たまたま前原代表が自分たちと同じような考えを示したので、それを評価
したり喜んだり、「ようやく民主党も現実的になった」などと歓迎したりしているが、その他の
考え方を見ても民主党の政策とは相容れない部分があるのだ。彼らの多くは中国、韓国
との親交を好まないし、国家主義的な考えを持っているので、アジア外交を重視し、市民リベ
ラルを標榜する民主党とは基本的に合わないのである。それゆえ、これらの声は一切気に
しないでいいと思う。その方面に関心がある人は、自民党を支持してもらえばいい。>

      <つづく>  THANKS
 
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/2290155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from とりあえず at 2005-12-25 08:55
タイトル : 憲法の平和主義--憲法について(1)
民主党の代表が代わって、憲法改正、とくに9条の平和主義を残しつつ2項を改正し、自衛権を明記、一定の軍備を持つことができるようにするという議論がいよいよ現実化してきた。前原代表の意見が、自民党と全く同じなのか、違うのか、そこはあまりよくわからないので、まだなんともいえないが、いずれにせよ、9条改正で再軍備宣言の方向にいま進もうとしているのは事実だろう。しかし、実はこの見解そのものが矛盾しているように思われる。 それは、9条の平和主義を残して、軍備を持つ、という点である。 9条の平和主義という...... more
Tracked from とくらBlog at 2005-12-25 10:10
タイトル : ♪きっと君はこない、ひとりきりのクリスマスイブ
 こんな年齢になっても、クリスマスイブの夜は、ちょっとせつない気分。それでも、STOP THE KOIZUMI の 年賀状プロジェクトの宿題ができていなくて、せっぱつまった気持ちでPCの前に座って作業していたら、背中をむけているテレビから ♪涙や弱さや素顔なんて この街じゃ 誰にも見せちゃいけないって思っていた・・・ と福山くんの声が流れてきて、テレビの方をふりむくと、『スローダンス』の再放送をやっているらしい。実際のドラマを見ていないので、あまりよくわからないけれど、深津絵里と妻夫木聡がお互いの気持...... more
Tracked from 乳頭おじさんのニュース解説 at 2005-12-25 10:56
タイトル : 鳩山由紀夫「代表は走りすぎ」
 12月20日付日経新聞朝刊2面の記事によると、民主党の鳩山由紀夫幹事長は講演で 「前原代表が先に走ってスピードオーバーしないように。(自分には)抑える役割がある」  と発言し、前原誠司代表を牽制しました。  確かに前原氏は安保観、大連立構想、中国脅威論....... more
Tracked from 世相春秋 at 2005-12-25 15:14
タイトル : ここ数日間の防衛問題と憲法9条について
ここ数日間、防衛関係の動きがにわかに加速しており、懸念を深めています。先月11月25日、防衛庁は陸海空自衛隊の、「統合運用開始」を来年3月に控えて、現在、統合幕僚会議長から、自衛官つまり制服組のトップとなる、統合幕僚長の権限を強化して、内局の官僚、つまり背広組に限っていた、直接補佐を制服組へ認めて、制度化することを盛り込んでいます。 それは、どういうことかと申しますと、戦後今まで日本が貫いてきた文民統制(シビリアンコントロール)の概念がいっぺんに屈返させられるわけであり、ここにきて、戦争準備の下...... more
Tracked from 政治家・兄やんの一言モノ.. at 2005-12-25 17:17
タイトル : 民主党新党首前原氏について
ちょっと取り上げるのが遅れたけど、リクエストがあったので、 民主党新党首の前原さんについて、書きたいと思います。 兄やんとしては、前原さんが党首に持ち上がったということは、良かったことだと評価しています。 まあ、管直人という人間は、政治家として評価されてい...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2005-12-25 20:17
タイトル : 自民党新憲法案への懸念
 新憲法草案から中曽根氏起案の前文が起草委員会事務局の手で削除になった騒ぎなどが伝えられています。  識者?や宮沢元総理などは、予想よりもずいぶん大人しい案であるかのコメントを流していました。  猜疑心がこみ上げて来まして、眺めてみると、なんとさりげなく96条の憲法改正要件が変えられようとしているではありませんか。  現在は、両院でそれぞれ2/3以上の賛成で改正を発議でき、その後の国民投票で過半数が賛成することで成立することになっております。  ところが新憲法草案では、  両院でそれぞれ1/2以上の賛...... more
Tracked from 時評親爺 at 2005-12-25 21:20
タイトル : 今日のイラスト:「劇場後座の民主党党首選び」
しかし小泉鬼次首相のキメ台詞はかっこいい。「おれは殺されてもいい」、「おれは総理だ」、「おれの信念だ」(以上8月7日付スポニチ報道より)・・・私も棺桶に入るまでには、こんな「名文句」を大衆の面前で言ってみたい。ついでに「おれは殺されてもいい・・・おれの信念だ」、この名文句を是非とも、近頃日和りつつある(今回の総選挙の要因ともなった)参議院の元反対派センセイ方にも進呈したい。 その小泉鬼次首相の「キメ台詞」のあおりを受けた結果かどうかは知らないが、大惨敗の総選挙責任を受けて岡田代表...... more
Tracked from zaraの当方見聞録 at 2005-12-26 07:13
タイトル : 西村衆院議員を逮捕 名義貸しの弁護士法違反
西村衆院議員を逮捕 名義貸しの弁護士法違反  自分の法律事務所元職員の非弁活動(無資格での弁護士活動)を知りながら弁護士の名義を使用させていたとして、大阪地検特捜部と大阪府警は28日、弁護士法違反(非弁護士との提携)容疑で民主党衆院議員の西村真悟容疑者(57)=比例代表近畿ブロック=を逮捕した。  西村容疑者は、逮捕後の調べに対し「分かりました」と述べ、容疑を認めたという。  特捜部などは、政策秘書の佐々木俊夫(ささき・としお)(47)、事務員の寺沢秀美(てらさわ・ひでみ)(44)の...... more
Tracked from へっぶしんのニュースや日記 at 2005-12-26 09:07
タイトル : 「改憲賛成、戦争反対」の矛盾
へっぶしんのニュースや日記です。 いろいろなブログを見ていると、「戦争反対だが、9条は変えるべき」、「9条を変えたからといって、それが戦争をすることになるとは限らない」という意見をよく見かけます。 本当に9条の変更(自衛権の明記)を支持して、戦争反対という立場...... more
Tracked from 正直正太夫の時評 at 2005-12-26 19:50
タイトル : 日本国憲法第9条は勝利する
日本国民の多くが持つ郷土愛の最高のものは、日本国憲法第9条である。9条は、大日本帝国の敗戦への反省から生まれたもので、戦争の悲惨さの記憶と将来への希望と人類愛が込められている。戦争体験が多くの国民によって語られ伝えられるかぎり、9条の価値は高められるだろう。私の周囲でも、南方に出征して帰還した、空襲にあって爆風で服が破れた、原爆投下後の広島を通過した、などの戦争体験談があった。9条に匹敵するような、多くの日本国民が仲間意識や将来の希望や人類愛へと変わるような郷土愛の具体的なものは、他にあるのだろうか。...... more
Tracked from 40代の私にとっての最新.. at 2005-12-27 17:02
タイトル : 民主党大会、前原発言に異論噴出!
前原発言、自民との「大連立」に批判続出 民主党大会 前原発言に異論噴出、代表は撤回拒否…民主党大会 『民主党大会が16日、東京都内のホテルで始まり、国会議員や各都道府県の代表者らによる会議が開かれた。 前原代表の外遊中の発言や、自民党との「大連立」を....... more
Tracked from 40代の私にとっての最新.. at 2005-12-27 17:03
タイトル : 憲法第九条の改正に反対する
自民改憲案を批判 「9条の会」がシンポ開催 公明幹事長代行、自民の改憲案を批判 公明党:自民党改憲案の「自衛軍」保持明記に反対方針 自民党の改憲案について、批判が相次いでいます。 改憲の焦点とすべき店は様々ですが、今日は第九条について絞って、改憲反対....... more
Tracked from CONSAMAのつぶやき at 2005-12-27 20:39
タイトル : 25日の朝日新聞によると
「中国・韓国への親近感、急降下 内閣府世論調査」とあった。 「日韓関係を「良好だと思う」とした人は、今回は39.6%で、04年から15.9ポイント下がった。 中国に「親しみを感じない」は63.4%で過去最高になった。日中関係を「良好だと思わ、ない」は61.0%から71.2%まで急上昇した。」とある。 現在の関係からのいろいろな問題がありこうなったのであろうが、隣国との関係をよく思わない人が増えているのは残念である。 しかも、過去の経緯からいうとこちらから近づいて良好な関係にもっていかなければならない両...... more
Tracked from とほほブログ at 2005-12-27 21:33
タイトル : 憲法9条二項自衛隊改憲論の嘘
「現状に合わないから改憲」と言う論理が通じるのであれば憲法なんて無意味なものでしかないのですよ 。 戦争をしなければならないような国際情勢、軍隊を海外に派遣せねばならないような国際情勢になったときにこそ歯止めとならなくてはならないのが憲法なのではないでしょうかね?... more
Tracked from 言語学研究室日誌 at 2005-12-28 23:11
タイトル : 民主党党首選 前原氏次期代表に
[続報]前原氏、民主の新代表に 長町モールへの買い物から帰って、ヤフーのトップ頁を開いたら、民主党党首選挙で前原氏当選との速報が目に飛び込んできました。直前のエントリーで前原優勢ではと書きましたが、あと一人菅直人に入れていれば、得票同数で決選投票でした。....... more
Tracked from 斜45° at 2005-12-29 16:55
タイトル : 目から鱗の憲法
先の衆議院選挙で自民党が大勝したこと、民主党の代表が憲法改正に積極的な前原さんになったことから、最近にわかに憲法改正の議論が盛り上がっています。 私は法律の専門家でもマニアでもありません。学校で習った程度の知識しかない、一般の社会人です。 このシリーズ(と言えるほどもものではありませんが・・・)は、私が日本国憲法について最近知ったことの中で、「目から鱗が落ちる」ような思いを経験したトピックスを書いたものです。 稚拙な部分、説明不十分な部分も多々あるでしょうが、そのあたりはご勘弁を願います。 1....... more
Tracked from 斜45° at 2005-12-29 16:55
タイトル : 目から鱗の憲法(11) 安全保障基本法が歯止めになるという罠
自民党が発表した新憲法草案では、9条1項はそのまま残すが、2項は削除し、自衛軍を明記しました。そして、自衛軍の活動には「安全保障基本法」「国際協力基本法」「緊急事態法」で歯止めをかける、と言います。 うっかり聞いていると納得してしまいそうですが・・・ 安全保障基本法が歯止めになるという罠 前回書いたように、憲法9条の1項は、パリ不戦条約の概念をそのまま持ってきたものであり、類似の条文を憲法に持つ国は少なくありません。しかし、そういう国々でも、イラク戦争に部隊を派遣して治安維持の活動を行ったり、兵役...... more
Tracked from 斜45° at 2005-12-29 17:12
タイトル : 目から鱗の憲法(12) 日本は自衛戦争も戦力も放棄している
「日本は自衛戦争も戦力も一切放棄している。自衛隊は実力であって戦力ではない。」というのが憲法9条に関する日本政府の公式の見解です。 「え~、ほんと?日本政府は『自衛隊は軍隊である』と認めているのではないの?」と思っている人は結構多いのではないでしょうか。私も最近はついつい「そうだったかな」と思ってしまいます。 政府は今でも『自衛隊は軍隊ではない』という立場なのです。これって案外多くの人にとって「目から鱗」的なんですよね。ちゃんと知っている人は知っているのですが、知らない人は知らない・・・というか、忘...... more
Tracked from マサガタの我が儘放談 at 2006-01-13 21:39
タイトル : なぜ憲法9条改正に賛成か? 意外ですか?
【イベント】2月27日ブッシュに挑んだコスタリカの大学生の講演! 私が、ここで残したコメントに対して理解しかねる、真意を聞きたいと言う意見が寄せられたので、本日はこれに答えたいと思います。 ちなみに私が残したコメントは以下の通りです。 Commented by masagata2004 at 2005-03-02 06:58 「コスタリカと日本の国情の違いを踏まえて、9条改正反対を言っているのですか? それとも、ただの机上の空論的な理想主義? 9条守っていれば平和であ...... more
Tracked from ブログのようでブログじゃ.. at 2006-01-15 03:18
タイトル : 朝○鉄工所でのアルバイト
平成16年3月、ボクは町内のある金属加工会社に面接にいったのだ。 「とにかく何でもいいから仕事をさせてください」 「時給はいくらでもいいんで」{/dogeza/} という事で、アルバイトという形で、採用になったのだ。{/hakushu/} 最初は、金属加工の仕事なんて出来る訳ないと思っていたのだ。 なぜなら、スーパーでの米の運搬でさえも、頓服のお世話になるくらいだからね。 そして、配属課はプレス加工課だったのだ。 とにかく、まず個人的に薬の変更をしたのだ。 メイラックス2錠と、デプロメール2錠...... more
Tracked from お玉おばさんでもわかる政.. at 2006-02-01 17:05
タイトル : やるじゃん、リベラルの会
うれしいニュースがありました。  前原路線に「対案」提示へ 民主党で前原誠司代表の党運営に批判的な中堅、若手の衆参両院議員約30人でつくる「リベラルの会」(代表世話人・平岡秀夫衆院議員ら)は25日夜、国会内で会合を開き、前原氏が唱える集団的自衛権....... more
Tracked from percocet sel.. at 2006-09-22 21:33
タイトル : percocet purchase
percocet on sale... more
Commented by マルセル at 2005-12-25 09:48 x
> 再生の道は「草案9条に反対」しかない!

外交・安全保障を論点にしたらおかしな話しになると思う
ただ、民主党の松下政経塾出身者は政界に打って出るために民主党に入ったという人が多く、考えがほとんど自民党と変わらんというのも事実
共産党、社民党のようになって欲しくはないが、庶民、生活者の視点は明らかに足りないね
ま、今日のフジテレビで武部さんが生活者の視点と言っていたのには苦笑しましたが...
Commented by 右京 at 2005-12-25 10:28 x
TBありがとうございます。
有権者の中に改憲賛成派が多いとは思えませんから、9条改変反対と言えば選挙の勝率は上がるでしょうね。
Commented by mew-run7 at 2005-12-25 22:00
マルセルさん、コメント有難うございます。

もちろん集団的自衛権が反対な方には、去って頂きたいかと・・・
国家を会社経営と同じように考える人が多い松下政経塾の人たちの
出世に民主党が利用されるのも困りますし・・・。
<松下塾の人は、自分たちで党でも作ってくれた方がわかりやすくていいのに>

私は武部さんが「小さな政府」を連発する方が笑えます。
本当にわかって言っているのかな~?と。
Commented by mew-run7 at 2005-12-25 22:04
右京さん、コメント有難うございます。

日本の国政全体を考えても、民主党が9条(集団的自衛権)改正反対派
の受け皿になることには、大きな意味があるように思います。
ただ反対ばかりの野党ではいけないと思いますが、確固たる姿勢や責任
をもって、反対できる党になってほしいです。
Commented by しろまあも at 2005-12-26 10:59 x
9条のという対立軸と合わせて、しろとしては官から民ではなく、官から公という考え方を民主党には打ち出して欲しいです。以前、菅さんが言っていたことですが、監査、検査が十分機能して、情報公開が進めば、税金の無駄使いや公共事業の談合、耐震偽造問題なども起きない訳です。
何でも民でいいのでしょうか。基本的に民間企業は(株上場の情報以外は)情報公開しなくてもいいわけですから、このままでは第2、第3の耐震偽造問題が起こると思います。
Commented by 虎哲 at 2005-12-26 11:23 x
こんにちは。
現在の民主党の前原路線は、ご主張とはまさに
逆を行っている、と懸念しております。
そうですね。対立軸をつくるとしたらそこしかありません。
しかし自民党が草案を押し通すとも思えないんですね。
公明党もいますし。たとえば自衛隊明記、の線でとりあえず
妥協することも考えられる。集団的自衛権の問題は
残りますがね。

Commented by 閑話ノート at 2005-12-26 12:05 x
TB有難うございます。ご主張良く纏められていると思います。確かに対立軸(=民主党存在感)を鮮明にするには、憲法問題に特化することですね。ただし、自民党が改憲一辺倒に突っ走らないと対立軸はボヤケますよ。この点自民党はしたたかですから。問題はご指摘のように前原氏以下党内が一本化できるか。。。
Commented by 世界日報サポートセンター at 2005-12-26 15:51 x
トラックバックありがとうございました。小冊子ができそうな論文ですね。ご意見に賛同いたします。
Commented by mew-run7 at 2005-12-27 01:43
しろまあもさん、コメント有難うございます。

民主党の前原代表は、今年の党大会の挨拶で「官」には効率化、「民」には公共性を求めることによって、「官でもなく、民でもない」、「公(おおやけ)」を追求する。あるいは「官であれ、民であれ」、守らなければならない「公(おおやけ)の精神」を追求し、日本固有の良さ、強さ、特徴を引き出すことを目標としております」と言っていました。

新自由主義的な経済が進むと、まずは競争に勝たなければ、自分さえよければと考えて、「公」の精神が失われやすいような気がしています。
Commented by mew-run7 at 2005-12-27 01:47
虎哲さん、コメント有難うございます。

公明党は与党を続けたいのか、憲法改正や安保の面でも、少し修正を
入れようとしているようですが。学会側からは、反対の意見が強く出ている
ようですね。

自民党は、9条には自衛権としか明示せず、法律と解釈で集団的自衛権
も容認という形に持って行きたいと考えているようですが、民主党は
そこをアピールして欲しいと思うです。
Commented by mew-run7 at 2005-12-27 01:52
閑話ノートさん、コメント有難うございます。

自民党は9条に関してはぼやかしたまま進めたいでしょうから、
民主党の方が先行して大きく争点として取り上げることが必要だと
思います。マスコミがどう取り扱うかによっても左右されてしまうかも
知れませんが・・・。
もし社会・革新系の議員が出て行くことになれば、民主党はただのミニ
自民党の小~中規模政党で終わるようにも思います。
Commented by mew-run7 at 2005-12-27 01:56
世界日報サポートセンターさん、コメント有難うございます。

ご意見にご賛同下さって、有難うございます。
ついつい文が長くなってしまい、自己嫌悪に陥っていますが。
来年は、同じ内容のことを少しでも短くわかりやすく書けるようになることが目標です!
Commented by CONSAMA at 2005-12-27 20:47 x
ちょっと主旨は違ったかもしれませんがTBさせてもらいました。
しかし世界日報サポートセンターさんのおっしゃるとおり立派な論文になりそうですね。
民主党には北海道知事だった「横路孝弘氏」がいます。社会党時代から応援してますがなかなか表にはでてこないようです。私的には頑張ってもらいたいのですが・・
Commented by mew-run7 at 2005-12-28 05:11
CONさま、TB&コメント、有難うございます。

そちらにコメントしましたが、CONさまが書かれたことには、全面的に
賛成です。もし民主党がこのような主張をすれば、近隣諸国との関係にも
よい影響を与えることでしょう。

 何か繰り返しが多く、ムダに長いシリーズになってしまったのですが^^:
日本のためにも民主党の再生&いい形での二大政党ができることを切に
願っているという思いが伝わればと思う次第です。

 横路氏は民主党内で健在です。前原氏にとっては、目の上の大きな
タンコブの一人になっているのではないでしょうか?
Commented by 景野禎夫 at 2005-12-29 17:11 x
TBありがとうございました。
mew-run7さんの「日本がアブナイ!」シリーズは常に注目させていただいております。
実は私は9条改正については迷っています。以前は9条を改正して自衛隊を認めるしかないのでは、と思っていましたが、憲法を知れば知るほど現行憲法の9条(特に2項)が大切に思えてきました。
民主党の主張については、前原さんの発言はともかく、マニフェストや憲法提言を見る限り、許容範囲かな~、と思ったり・・・
いずれにせよ、もう少し迷わせてください。まだ時間はたっぷりありますし。
今後もよろしくお願いします。
Commented by mew-run7 at 2005-12-30 00:38
星野さん、TB&コメント、有難うございます。

私も星野さんのブログ、特に「目から鱗の憲法」シリーズを愛読して
お勉強させて頂いています。
星野さんに触発されて、「私も勉強しなくっちゃ」と憲法関係の本を取り出して
来て読み始めたりもしているのですが。
私も9条は、今でも悩んでいます。現行のままのいいですが、いつまでも
自衛隊の存在や活動を解釈に委ねておくのがいいのかどうか、わからない
んですよね~。共に考えて行きましょう。 
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。m(__)m
Commented by tanaka at 2006-01-05 21:20 x
横路なんか誰も相手にしていないよ
去年の選挙で候補者の応援に旭川に来てたけど
誰も見向きもせず、握手を求めに行くわけでもなく。
自分がもう過去の人になったと横路自身が一番よくわかってるよ
Commented by mew-run7 at 2006-01-06 18:58
tanakaさん、コメント有難うございます。

横路さんは、知事をやったのが失敗でしたでしょうか?
<そう言えば、伊東さんはどうしてるのかな~?>

民主党の中では社会系の重鎮として、ブチブチ言う役割を果たそうと
しているようですが。もう国民的な知名度もあまりなくなってしまった
かも知れませんね。
Commented by tanaka at 2006-01-08 01:00 x
今北海道の民主党の実力者はこの人です。
http://www.tsukuru.org/

伊藤さんは前回の知事選に敗れ政界完全引退しました。
Commented by mew-run7 at 2006-01-08 03:15
tanakaさん、コメント有難うございます。

伊東さん、恵庭のOL殺人の弁護をされているのは知っていましたが。
政界からは、完全に引退されてしまったのですね~。
彼女は、結婚&出産してから、司法試験に受かった努力家で、
ちょっと敬意を抱いていたところがあったのです。

はちろさんは、名前は知っていましたが、正直なところ、あまり
意識したことはありませんでした。
北海道の道民の方々は、客観的でリベラルな方々が多いように
思うので、民主党もきちんとした政策をもって、活動して欲しいと
思っています。
by mew-run7 | 2005-12-25 06:10 | 民主党、民進党に関して | Trackback(22) | Comments(20)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7