人気ブログランキング | 話題のタグを見る

甘利、「記憶が」「秘書が」で、曖昧な答弁しかできず。与党からも進退問う声

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



 『盟友・甘利に収賄の疑惑で、安倍政権に最大のピンチ!これで潮目が変わるか?』の続報を・・・。

 昨日21日、週刊文春が、甘利明経済再生大臣と秘書にトラブルの口利きを依頼して、その見返りに計1200万円を渡したという建設業者の告白を掲載した。(・o・)

 早速、この日行なわれた参院決算委員会で、野党の議員がこの件を質問したのであるが。甘利氏はクチごもる場面も多く、歯切れの悪いorしどろもどろの答弁を繰り返すばかり。(~_~;)

 「罪に問われるような事実はないか」との質問には「一切ない」と明言するものの、問題となる現金の受け取りについては「記憶が定かではない」「精査したい」とぼやかしてしまう感じで。国民から見てもはっきりすっきりしない質疑だったのではないかと思われる。(**)

『「あのー、あの…」
 甘利氏は21日の参院決算委員会で、金銭授受疑惑を追及する民主党の安井美沙子氏の質問に言葉を詰まらせた。安倍晋三首相や麻生太郎副総理兼財務相が腕を組んで目を閉じるシーンもあり、閣僚席は通夜のように静まりかえった。(産経新聞16年1月21日)』

 甘利大臣は3年間、TPP交渉で頑張って来ただけに、来月4日のTPP署名式にはどうしても出席したいようなのだが。自公与党からも、来月まで持たないのではないかという声が出始めている。^^;

 実は、残念ながら、朝書いた、前半部分の原稿+αを消してしまったので(ノ_-。)、とりあえず重要だと思う関連記事をアップしておくです。(・・)

* * * * *

「金銭の授受」報道で野党追及、甘利氏「記憶が曖昧」

 安倍政権の中枢の一人である甘利経済再生担当大臣に浮上した「政治とカネ」の問題。国会では21日、野党側が、一斉に追及しました。

 「口利きの見返りとして大臣自らが、50万円入りの封筒を受け取ったとの記載がある。これは事実でしょうか」(民主党 安井美沙子参院議員)

 21日発売の、「週刊文春」。千葉県内の建設会社の関係者の証言として、UR=都市再生機構との交渉に関連して甘利経済再生担当大臣の公設秘書に相談し、公設秘書と甘利大臣本人に口利きのお礼として現金を渡したなどとする記事が掲載されました。

 21日の国会では、野党側が一斉に、甘利大臣を追及しました。

 「その会社の社長ご一行が大臣室を表敬訪問されたことは事実です。記憶が曖昧なところもありますから、第三者も入れてきちんと調査します」(甘利明 経済再生相)

 「政治と金の問題とは無縁であり、罪に問われるような事実は一切ないと天に誓って言えますか」(民主党 安井美沙子参院議員)
 「一切ありません」(甘利明 経済再生相)

 「辞職という選択肢もありますでしょうか」(民主党 安井美沙子参院議員)
 「託された職務を全力で全うしてまいります」(甘利明 経済再生相)

 「受け取ったか受け取ってないかというのを確認をすると、受け取ったかもしれないということでよろしいですか」(民主党 江崎孝参院議員)
 「きちんと事実関係、確認したいことが私はあるんです。それを含めてちゃんと説明を申し上げます。逃げるつもりはありませんから」(甘利明 経済再生相)

 そして、矛先は、安倍総理にも・・・

 「あっせん利得罪など大臣の資格、そのものが問われる重大な疑惑です。総理自身が真相究明に責任を持つべきだと思いますが、いかがですか」(共産党 田村智子参院議員)
 「甘利大臣からですね、速やかに必要な調査を行い、そのうえで自ら国民に対する責任説明を果たしていくと。しっかりと説明責任を果たしていただきたい」(安倍晋三 首相)

 甘利大臣は調査した結果を発表する時期について、「訂正の繰り返しにならないよう見通しが立ってくる時点で説明できると思う」と述べ、21日の時点では明確にしませんでした。

 厳しい批判は、委員会の場だけではありません。

 「本当にこのことが問題であれば、大臣辞職ではなくて、議員そのものの立場も問われる」(民主党 蓮舫代表代行)

 追及を強める野党側。22日の安倍総理の施政方針演説を前に国会は早くも波乱含みの展開です。(TBS16年1月21日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『週刊誌報道で浮上した甘利明経済再生担当相(66)の金銭授受疑惑。21日の参院決算委員会は、現役閣僚の「政治とカネ」の問題に質問が集中した。甘利氏は建設会社関係者との面会は認めたが、金銭のやりとりについては「記憶が曖昧」と説明。「きちんと調べる」「逃げるつもりはない」と、歯切れの悪い答弁に終始。眉間にしわを寄せ、小声で答える姿に、TPP交渉で米政府から「タフネゴシエーター」(手ごわい交渉相手)と畏怖された姿は見られなかった。

 「昨晩、大変衝撃的なニュースが飛び込んできた」と切り出したのは、民主党の安井美沙子議員。疑惑についての説明を求めると、甘利氏は「お騒がせをいたしております。しっかり調査をして説明責任をきちっと果たしていきたいと思う」と話した。

 関係者が公設第1秘書に渡したとされる現金の一部が政治資金収支報告書に記載されていない、との指摘については「秘書がそういう行動を取っていたというのは正直、初めて聞いた」とし、「半信半疑で、これ嘘じゃないのかと思った」と心境を明かした。

 安井氏が「罪に問われる事実は一切ないと天に誓って言えるか」と迫ると「一切ありません」と断言。辞職の可能性も「託された職務を全力で全うしていく」と否定した。

 共産党の田村智子議員も「全くやっていないことが報道されたら驚くのが普通じゃないか」と質問すると、甘利氏は、関係者が甘利氏側とのやり取りを録音したと証言していることに触れ「秘密裏に録音をとって、文春によると数十時間ですね。それに、ちょっと衝撃、ショックを受けた」とぼやく場面もあった。

 午後7時すぎからは同日開かれた経済財政諮問会議について説明する記者会見でも、記者から現金授受疑惑について質問を受けた。

 甘利氏は「できるだけ早い時期に、週刊誌に載っている話と若干、記憶が違うなという点を整理したい」と説明した。第三者による調査をすでに始めているとしたが、調査結果の公表時期などについては明言しなかった。

 スイス東部ダボスで開かれている世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)への出席については「国会の了解がいただければ行ってくるつもりです」と話し、約20分の会見を終え、うつむきがちに会場を後にした。(産経新聞16年1月21日)』

* * * * *

『甘利経済再生担当相は、自らの進退については「職務を全力で全うする」と述べ、辞任は否定した。

 官邸からは、TPP(環太平洋経済連携協定)の審議などを見据えて、甘利経済再生担当相を守りたいという声がある一方、委員会でのやりとりを聞いた政府関係者は「きつい」と述べ、情勢が厳しいという見方を示している。

 今回の問題については、与党の公明党からも厳しい声が上がっている。
山口代表は、甘利経済再生担当相が説明責任を果たすよう、くぎをさした。
公明党の山口代表は「まずは、本人が説明責任を尽くすということを、しっかり見てまいりたいと思います」と述べた。

 一方、野党側は、追及の手を強める構えで、甘利経済再生担当相に加え、安倍首相の任命責任も追及する構え。
 民主党の岡田代表は「総理の盟友であり、誰が見ても主要閣僚の1人。総理の任命責任は当然あるわけで、ここはしっかりと、ただしていかなければならない」と述べた。
 維新の党の松野代表は「決断されるなら早い方がいいのかな、というふうに思います」と述べた。
 共産党の穀田国対委員長は「記憶が一部違うとか言っていること自体が、恥ずかしくない?」と述べた。(FNN16年1月21日)』

『民主党の蓮舫代表代行は21日の記者会見で「閣僚辞任ではなく、議員そのものの立場も問われる」と述べ、甘利氏は議員辞職に値すると強調。「カネをもらった記憶があいまいならば、カネをもらうのが常態化していたのか」とも指弾した。郡司彰参院議員会長は記者会見で、状況によっては衆院政治倫理審査会(政倫審)などでの説明が必要との認識を示した。(産経新聞16年1月21日)』

* * * * *

『安倍晋三首相は甘利氏の調査を待つ考えだが、現職閣僚の一人は、甘利氏の続投について「厳しい」と指摘。また、甘利氏が2月4日にニュージーランドで行われる環太平洋経済連携協定(TPP)署名式に出席する意向を示していることを踏まえ、自民党の閣僚経験者の一人は「署名式まではもたない」と語った。公明党幹部も「甘利さんはすぱっと決断する」と話しており、早期に進退を判断すべきだとの声が上がる。(朝日新聞16年1月21日)』

 果たして、安倍首相は盟友の処遇についてどのような判断をするのか・・・興味深く見守っているmewなのだった。(@@)

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】



↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2016-01-22 15:48 | (再び)安倍政権について

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅・維新の立場から、左右ではなく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31