人気ブログランキング |

ブログトップ

日本がアブナイ!

「民進党」批判で自民にまたブーメラン&民共ビラのヒドさbut心機一転で打倒安倍を

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】
【バドミントン全英OP・・・女子シングルスは第8シードの奥原希望(21)が準決勝で第一シードを破った後、決勝では第7シードの王適嫻(中国)を2-1で下し初優勝。77年の湯木博恵以来、39年ぶりの偉業を成し遂げた。(*^^)v祝
 また女子ダブルスでは、高橋礼華(25)、松友美佐紀(24)のタカマツ・ペアが第6シードの于洋、唐淵渟組(中国)に2-0で圧勝して初優勝。こちらも38年ぶりの快挙だった。(*^^)v祝

 最初に、日本人としてこんな政治家が存在することが恥ずかしい・・・を通り越して、哀しいと思ってしまったニュースをひとつ。(ノ_-。)

『新潟県三条市の市議が、市が番組制作を委託する地元FMラジオ局のパーソナリティーをめぐり「おかまと聞いている。社会常識からして、正常な形でない人を支援する必要はないのではないか」などと市議会で発言していたことが14日、分かった。市民から抗議があり、市議は発言の撤回を申し入れ、認められた。
 発言したのは西川重則氏(66)=自民クラブ=。10日の市民福祉常任委員会で、市が2016年度の一般会計予算案に計上した地元FM局への番組制作委託料286万円について審議中、番組担当のパーソナリティーについて述べた。
(共同・東京新聞16年3月14日)』

 社会常識として、正常な考え方ができない人を市議にするのはいかがなものなのだろうか?(~_~;)

* * * * *

 ところで、民主党と維新の党が作る新党の名まえが、何と「民進党」に決まってしまったらしい。(-_-;) 

 民主党と維新の党が、それぞれ業者に頼んで世論を調査したところ、いずれの調査でも「民進党」が上だったのだという。^^;

『民主、維新両党は14日、新たな党名を「民進党」とすることを決めた。
 両党が実施した世論調査で、維新の党が提案する「民進党」が、民主党の推す「立憲民主党」を上回ったためだ。両党は近く党内手続きを始め、27日の結党大会で党名を正式決定する。
 両党は14日、代表、幹事長による新党協議会を開き、新たな党名を了承した。合流により、国会議員151人(衆院92人、参院59人)の野党第1党が誕生する。

 両党は12、13の両日、党名の2案について世論調査を実施し、それぞれ2000人から有効回答を得た。
 「民進党」を提案した維新の江田憲司前代表は、党名について「国民と共に進む政党」と説明してきた。
 民主党の調査では民進党の支持が24・0%で、立憲民主党の18・7%を上回った。維新の世論調査でも、民進党が25・9%、立憲民主党は20・9%と同様の結果となった。いずれの世論調査でも、「支持政党なし」で民進党への支持が大差で上回ったことに加え、民主党支持層でも、民進党が立憲民主党に約3~4ポイント差をつけた。有効回答には「分からない」などの回答も含まれている。(読売新聞16年3月14日)』

 え~~~。(・o・) 1度だけホンネを書くなら、そんな党名、イヤだ~。(-"-)
 民進党を選んだ人が24~5%いたって言うけど。きっと民主党支持者はどっちもイヤで。もし「民主党」「新民主党」など「民主」がはいる名が候補に挙がっていたら、(やむを得ず、立憲民主党を選んだ人も含めて)40~50%ぐらいがそっちを選んだと思うんだけどな~。(・・)
 
 そもそもmewは維新と合流しなくても、党名も変えなくてもよかったのだし。それに、これだと選挙で「民主」と記した票が「民主党」にはいらなくなるので、めっちゃ不利だと思うし。下手すると、結党当初からの民主党支持者が「昔の中道を目指していた頃の民主党がよかった」と思って、あえて「民主党」って書くかも知れないし。^^;(mewもチョットそうしたい気分。(^^ゞ)

 いや、でも、もう決まったものには、文句は言わないよ。(**)
 
 党名やロゴの変更によって、めっちゃムダなお金や労力がかかるのはもったいないとは思うけどけど。また(何でそこまでメディアが取り上げるのかわからなかったのだが)、あのゆるキャラ・民主くんも仕事がなくなるかも知れないけど・・・。

 ただ特に無党派層の中には、民主党に対して、(理屈抜きに)かなり悪いイメージを持っている人が多いので。チョット風を通してみるのは、有効な方法にも思えるし。

 あとは党の綱領を見てみて、昨日の記事に載せた原案骨子に沿っている限りは、安倍自民党に正面から対峙して行くべき野党第一党として、とりあえず応援してあげようと思っているです。o(^-^)o

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 でもって、相変わらず民主党叩きに必死になっている自民党は、この新党名や募集の仕方に関しても、アレコレ批判を始めている。^^;

『「『理念捨て 名前を捨てて 里帰り』という(維新の)人にも、『強いられて 嫌がるふりして 名前捨て』という(民主党の)人にも、ちょうどよい名前になったのではないか」。高村正彦自民党副総裁は党役員会で、民主党の党名変更を川柳にして皮肉った。

 自民党の谷垣禎一幹事長も記者会見で、「どんなアイデンティティーを持つ党か示すのが党名だ」と指摘した上で、新党について「民主党政権末期にバラバラになった方が再結集する色彩がかなり強い」と批判。
 菅義偉官房長官は会見で「党名より政策に関する議論が本来(先に)あってしかるべきだ」と述べた。(時事通信16年3月14日)』

 BUT、ここで注目すべきは、この満点大笑いブーメランだろう。(*^▽^*)_く

 高村副総裁は、民主・維新両党が一般募集や世論調査で新党名を決めることに関して「ポピュリズム(大衆迎合主義)」だと痛烈に批判していたのであるが・・・。
 実は何と1955年に自由党と日本民主党が保守合同で合流した時も、党内外から公募をしていたというのである。(@@)ara~

『自民党は民主・維新両党が一般募集や世論調査で新党名「民進党」を決定したことに「ポピュリズム(大衆迎合主義)」との批判を強めている。一方、民主内では「自民こそ公募で党名を決めており、批判する資格はない」(ベテラン議員)と反発。さや当てが激しくなっている。

 自民党の高村正彦副総裁は11日の役員連絡会で「党名を世論調査で決めるのはザ・ポピュリズム。選挙互助会にふさわしい決め方だ」と批判した。

 ただ、自民が2006年に発行した党史では、1955年の自由党と日本民主党の合流時、党名を「広く党内外から公募」したと説明。主要紙に「奮って応募願います。採用の党名には記念品を贈呈」との広告も出していた。

 高村氏の発言に対し、民主の岡田克也代表は「常軌を逸した発言だ」と猛反発。閣僚経験者は「ポピュリズムという批判はブーメランになって自民に返っていく」と語った。(毎日新聞16年3月14日)』

 高村氏のご高説的な釈明を是非、伺いたいものだ。(>_<)

* * * * *

『民主、維新両党の合流新党の名称が14日、「民進党」と決まり、民主党内では「イメージの一新」(中堅議員)に期待が高まっている。党名変更には夏の参院選をにらみ、民主党政権に対する国民の失望を一掃し、心機一転を印象付ける狙いがあるためだ。一方、政府・与党からは選挙目当てとの批判が上がった。【松本晃、田中裕之】

「いい名前だ」。民主幹部は党名決定後、さばさばとした表情で語った。民主は現党名に野党連携の旗となる「立憲」を加えた「立憲民主党」を本命視していたが、維新が提案した「民進党」に表立った批判は出ていない。「今まで民主を敬遠していた層の支持も得られる」(参院議員)との皮算用からだ。

 ただ、党内には困惑も残る。「民主」は略称からも外れ、選挙で無効票が出る可能性があるほか、連合も民主の維持を要請していた。小川敏夫参院幹事長は取材に「民主党のままか、民主が一部残る形が良かったが、決まったので従う」と発言。民主関係者は「民主党への拒否感はそこまで強かったのか」と肩を落とした。

 共産党は安倍政権を「立憲主義の軽視」として対決姿勢を強めている。同党の山下芳生書記局長は民進党の名称について「特にコメントはない」と述べた。社民党の吉田忠智党首も「立憲」を支持する考えを示していたが、「立憲は難しかったのかもしれない」と指摘。民進党発足後に党首会談を行い、連携を探る考えだ。(毎日新聞16年3月14日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 またこれは、昨日の記事に書いた自民党の「民共」攻撃に関する続報なのだが・・・。

 mewは、このニュースを見て、本当に呆れてしまったのだけど。何と自民党は、民共をバッシングするため、超えげつないビラを作って配ろうとしているという。(-_-;)

『自民党は今夏の参院選に向け、野党5党が進める統一候補擁立を批判するビラを作成した。赤字の大きな見出しで「『野党統一候補』=『民共合作候補』」と主張し、理念も政策も違う民主、共産両党がタッグを組むと強調。参院選を「『自公の安定政権』か、『民共合作の革命勢力』かの選択」と位置づけている。

 ビラでは「『理念なき民主党』と『革命勢力・共産党』の打算と思惑の産物」と痛烈に批判したうえで、日米安保条約の破棄と自衛隊廃止という共産の主張を取り上げ、「どうやって日本を守るのか」と疑問を投げかける。
 党所属国会議員に配るほか、12日の全国幹事長会議などを通じて地方議員らへの周知徹底を図る予定だ。(朝日新聞16年3月10日)』

<国共合作とは、中国国民党と中国共産党の間に結ばれた協力関係。第二次国共合作は『日本軍国主義の急進的な大陸膨脹政策の結果、中国の全面的抗日の要望を生んだことにより再び中国共産党との合作関係を成立した』のだが。(Hatena Keywordより)
 軍国主義の安倍政権の急進的な政策により、民主主義、立憲主義を望む民主党と共産党+αの野党が協力したと考えれば、近いものはあるのかも?^^; ただし抗日ではなく抗安倍ね。(++)>

* * * * * 

 実は、今回の参院選に向けての自民党の陰の運動方針は、共産党と手を組む民主党のサヨク化をアピールして、民主党の保守派の支持者を引き離すこと。さらにそうすることによって、民主党の左右分裂を促して、保守勢力を結集する形での野党再編(保守二大政党制作り)を進めたいと考えているのである。(-"-)

『自民党が夏の参院選を「自公対民共の対決」(安倍晋三首相)と位置付け、野党共闘の動きに揺さぶりをかけている。共産党と選挙協力を進める民主党を「左派」と印象付け、同党を支持する保守層を引きはがそうという狙いだ。民主党は「レッテル貼りはおかしい」(枝野幸男幹事長)と反発し、舌戦は過熱している。
 「民主党と共産党が協力する状況になっている」。首相は2日の自民党額賀派パーティーでこう述べて「民共」批判を展開した。北朝鮮の軍事的脅威にも触れ、「せっかくできた平和安全法制、日米(同盟)の絆、これを壊そうとしているのは民主党、共産党だ」とまくし立てた。

 自民党幹部らは、民主党の「左傾化」を際立たせようと「民共」の表現を多用。茂木敏充選対委員長は6日、青森市での講演で、かつての中国の国民党と共産党による「国共合作」をもじり、「参院選は『民共合作』の候補者との対決になる」と指摘した。その上で「両党は外交も経済も消費税も考え方が全く違う」と批判した。

 民主党は保守系議員も抱え、支持層の一部には「共産党アレルギー」が根強い。共産党は参院選1人区で自前候補を取り下げるなど、野党共闘を進めているが、自民党幹部は「(野党票は)単純な足し算ではない。共産と組むことを受け入れられない民主党支持層もいる」と、同党を支持する保守層の離反を期待する。(時事通信16年3月6日)』

* * * * * 
 
 ただ、この辺りのことは、また追々書きたいと考えているのだけど・・・。

 mewは、60代以上の人(or若くてもウヨ、保守の人たち)が思っているほど、50代以下の一般国民は、共産党に対するアレルギーがないように見えるのだ。(・・)
 大阪W選の時のように、自民党と共産党が協力するといことになれば、さすがに自民党の保守層は困るのではないかと思うのだけど。
 そもそもそこまで共産党を嫌悪しているようなウヨや保守派は、自民党やおおさか維新、こころの支持者が多くて、民主党などにはさほど票を入れないと思うので、現段階では、この民共作戦はあまり心配していない。(~_~)

<それにmew周辺を見る限り、一般国民(特に女子)の大部分は「国共合作」が何なのか知らないので、「民共合作」と重ねてみても、何を茶化しているのか「???」の人の方が多いかも知れず。彼らの自己マンに過ぎずに終わるかも。^^;>

 とうわけで、ここから野党共闘の体制を強化して、ジタバタしている安倍自民党をどんどん追い詰めて行きたいと思っているmewなのだった。(@@)

 THANKS 



【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

by mew-run7 | 2016-03-15 03:43 | 民主党、民進党に関して