日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

小泉首相の年頭会見での靖国発言について(2) ~窮地の中、国民に理解&支持を訴えたかったのか?~

 先に関連情報を少々。~~~10日、シンガポール訪問中の山崎拓氏(前副総裁)が、
次の総裁選では、靖国参拝も争点の一つのになるとの認識を示した。この件に関しては
安倍官房長官や武部幹事長などは、靖国参拝は個人の信仰の問題であり、総裁選の争点
にすべきではないという見解を示している。
 また、山崎氏と会談したシンガポールのゴー上級相は「次に首相になる方が、引き続き
靖国神社に参拝されることを非常に心配している。(日中関係が)悪くなる」と指摘した。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 まず(1)の記事に関して、補正したい点がある。私は、小泉首相が靖国発言をしたの
は記者の質問に答えてのものだと書いたが、前回リンクを貼った官邸HPを読み直した
ところ、記者は「中国、韓国との関係改善のための具体策」に関して質問したに過ぎず、
靖国参拝には一言も触れていなかった。にもかかわらず、小泉首相が自ら靖国参拝の
話を持ち出し、また本来は中韓との外交問題の話の中で、あえて「日本人や識者、言論
人からの批判が理解できない」という発言をしたのであった。

 私は、小泉首相はおそらく日本の一般国民に靖国参拝への理解や支持を訴えたくて、
この発言をしたのではないかと考える部分がある。「自分は靖国参拝を外交問題として
とらえたり、参拝自体を批判をする人は理解できないが、国民の皆さんはどうでしょうか?
何やら細かい点で小難しいことを言って批判するのは理解し難いと、おかしいとは思い
ませんか?」という問いかけのようにきこえるのである。

 郵政民営化の際には、抵抗勢力のために国会で否決されてピンチに陥り「谷底に突き
落とされたような気持ちになった」彼を救ったのは一般国民であった。そして彼は、
今度は靖国参拝に関して、もしかしたら郵政民営化よりも強い抵抗勢力の包囲網にあって
おり、かなり追い込まれた状況にある。そこで、彼は一般国民に理解と支持を求め、何と
かこの窮地をしのごうとしているのではないか、と思える面があるのだ。
<ここにいう一般国民は、靖国参拝や外交問題を理論的に評価する識者や言論人ではなく
例のB層のように、具体的なことはよくわからないが、小泉首相個人のキャラクターを
支持し、昨秋の参拝の際の世論調査でも参拝を支持してくれた層であると思われる。>

 というのも、(1)にも書いたように、彼は靖国参拝に関して、既に四面楚歌に近い
状況にあると思われるからである。それこそ郵政民営化や他の政策では大きな後押し
をしてくれた(実際は主導していた?)アメリカや経済団体や同僚たちも、今回は反対
や懸念を示し抵抗勢力の側になってしまっている。<また、この記事の最初に書いたよう
に、参拝問題が次の総選挙への動きにも影響を及ぼしそうなのである。>
 おそらく彼は「今年はできれば参拝を自粛して欲しい」と。また、もしどうしても行く
なら「せめて私的参拝という形をとって欲しい」「8月15日は避けるべきだ」などの
要請を強く受けているのではないかと察せられる。

 しかし、小泉首相は靖国参拝に行かないわけにはいかない。公約(約束)の件もある
だろうが、中国、韓国の批判によって参拝をやめたような形を作るわけにも行くまい。
8月15日に行くかはさておき、彼としては折角ここまで突っ張って来て、今さら純粋に
一国民としての「私的参拝」の形をとりたくもあるまい。何とか「一国の首相として」公的
参拝の含みも持たせた形で参拝したいのである。そうできなければ、今後の首相の靖国
参拝にも大きな影響を与えてしまう。
 そこで、何とかその実現のために、靖国参拝を支持してもらえるような世論を形成した
いと考えているのではないか、と思われるのである。

<つづきは ↓ More を クリック>





今回の発言には中国、韓国を挑発する意図があったのではないかという人もいるが、私は
そのような気はなかったのではないかと思っている。もちろん、両国とも不快な思いをした
とは思うが、中韓に関しては従来通りの表現を繰り返しているに過ぎず、想定の範囲内の
内容であろう。むしろ靖国問題以外の部分では、いつもより友好的な外交政策をとりたい
旨を強調しているようにも思われる。また、これだけ身近なところからもアレコレ言われて
いる中で、さすがの小泉氏も、あえて中韓を挑発をしようとは考えないであろう。
 
 あくまで私見だが、私は小泉氏はもともと中国や韓国については、さほど大きな関心を
持っていないように思うのである。(北朝鮮は別かも知れないが。)もし何ごともなければ
他の国々同様に、ふつ~に友好的に外交を行なう意思があったのではないかと思われる。
 靖国問題に関しても、ただ批判されるだけならさして気にはとめなかったのだろうが、
外交問題に発展し、首相や大臣クラスの会談が全く行なえない状況になったり、経済的な
影響が出るようになるのは困る、と考えているのではないかと思う。それゆえ、彼としては
「ともかく靖国参拝のことは外交問題からはずしてくれさえすれば、それでいい」というの
が本音なのではないかと察する。<当然にして、そうは行かないのであるが。>

 ちなみに近時、中国脅威論や対東アジア防衛の話も盛んに出ているが<仮想敵国論まで>、
これらは主に自民・民主の安保防衛政策のマニア議員や国民が論じているものである。
私は小泉氏自身は、もともとこの分野にもあまり大きな関心や見識がないのではないのでは
ないかとも思う。日米同盟は超重視しているので、その二国間における安保政策やそのため
の憲法9条改正には前向きな面があると思うが、その他については詳しい議員やスタッフに
お任せ状態になっているのではないかと考えている。
<彼は自分が関心のないことに関しては、ほとんど発言せず、時に大枠や方向性だけ確認
して、あとは「よきにはからえ」とお任せにしてしまうようだ。耐震偽装問題も然りである。
それこそ政治生命を賭けた郵政民営化でさえ、三事業そろっての民営化さえできればよかった
のであり、具体的な形や方法は全て竹中大臣などのスタッフに丸投げ状態であったという。
本人は法案さえ読んでおらず、いまだに中身はよくわかっていないという話さえあるほどだ>

 今、彼の頭にあるのは、いかにして今年も無事に首相として靖国参拝をするかということ
と、いかにして最後まで求心力を保ちながら、ある程度、自分の思うような形で次の総裁に
スムーズにバトンタッチするかということだろう。
 だが、その両者とも抵抗勢力が拡大しており、ピンチに陥りつつあるのである。まさか、
自分の靖国参拝のために解散、総選挙をするわけにも行かないだろうが、強行突破する
ためには国民の理解や支持が不可欠になるだろう。また彼が総裁選に国民を参加させる形
をとるように提唱しているのも<もともと首相公選制に関心を持っていることもあるが>
自民党内よりも国民の方が頼りになると考えている部分があるからではないかと思う。

 冒頭にも少し書いたように、ここに来て総裁選の流れが少し変わって来ている。次の
首相は、靖国参拝をせずに中韓との関係修復に努めてくれる者にしようという動きが出て
いるからである。
 もともと与党である自公議員の中には、政治的な面で中韓との関係悪化を問題視したり、
また中韓を敵視する形で右傾化が進むことを憂いている者が少なくない。また靖国問題や
中韓との関係悪化状態を緩和するために<解決にはならないが、緩和はするかも知れない>、
戦没者追悼施設の建設を推す声が少なくなかったが、小泉首相はついに同意しなかったこと
に対する反感も生じているようである。
<小泉首相は01年の靖国参拝の際に、国立の追悼施設建設も前向きに考えると発言し、
それを受けて福田氏を中心に準備を進め始めたが、結局、小泉首相サイドから同意が得ら
れず、話が立ち消えになってしまった。そして05年秋には、山崎氏を中心に超党派の
議員連盟が作られ、建設のための調査費を予算に計上しようとしたが、小泉首相が

 また経済界も含めて、経済面での悪影響が深刻化するのを避けるためにも、一日も早い
関係修復を求める声が強くなっている。折角、景気が回復基調になっている時である。
そして資源燃料等の高騰やアメリカの経済状況の悪化を考えると、特に中国との関係改善
ができるかどうかは大きな要素になるのである。それゆえ、今年にはいってから、経団連
の奥田会長をはじめ、経済団体や企業のトップなどが公の場でそれらを訴えるようになっ
ている。<次期総裁の条件に関してコメントする者も出始めている。陰では、ともかく
次に安倍氏or麻生氏がなるのは困るという声が強いらしい。またアメリカ側の理解も得よ
うという動きもあるらしい。>

 山崎氏が、総裁選の立候補や福田氏との連携を臭わせる発言をしたり、総裁選では靖国
参拝も争点にすべきだと主張しているのも、この流れを受けてのものだと思われる。今日
も公明党が「次期首相は靖国参拝をしない人に」と言い出しており、こちらの流れが勢い
を増しつつあるような感じもする。
他方、小泉首相側は、靖国参拝を争点にすることに反対し、また総裁選の国民参加を提唱
して対抗しようとしているが、これからどこまで賛同者を得られるかが鍵となるだろう。
そして、そのためにも国民の理解や支持を得たいという思いがあるのではないかと考える
のである。

<森氏の対応がビミョ~である。彼は経済界とのパイプが(献金も?)強いし、自分が首相
の時には靖国参拝は自粛していたように、参拝に積極的な立場ではない。安部氏も福田氏も
森派の議員であるが(ワンポイントが囁かれる中川氏も)、森氏が安部氏に急ぐことはない
とけん制しているのも、上述の流れを見てのことかも知れない。また首相が森派ばかり続
くのはマズイので、参院選、増税の大変な時期に誰か他の派閥の人にやらせた方がいいと
いう意見も強いときく。>

   <つづく>   THANKS
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/2442506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 華氏451度 at 2006-01-11 02:55
タイトル : 皇室典範改正案は「目くらまし」か?
酔言御容赦。 皇室典範改正案に党議拘束が必要うんぬん、というニュースが流れているが、私にとっては「勝手にしなさい」の話。以前もちょっと(酔っぱらいながら)触れたことがあるが、皇位継承がどうなろうと私は興味がない。女系天皇認めない、結構でしょう。女性天皇・女系天皇どちらもノウ、結構です。そもそも私は、天皇制自体に「否」を言っているのだから。 皇位継承がどうのこうのという問題で熱くなることに、私は基本的に疑問を感じる。「愛子サマが天皇になるってこと、どう思う?」などといった話題を提供して、もっともっと重...... more
Tracked from 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部 at 2006-01-12 03:33
タイトル : 有識者=ゴキブリ
また、ろくでもないことを目論んでいるのだろう。 このコンビ、日本を悪くするばかり... more
Tracked from zaraの当方見聞録 at 2006-01-12 06:45
タイトル : 小泉首相 年頭会見
小泉首相:靖国参拝「外交問題にならない」 年頭会見で  小泉純一郎首相は4日午前、首相官邸で年頭の記者会見を行い、自らの靖国神社参拝について「外交問題にはならない」と正当性を強調、「外国政府が心の問題にまで介入して外交問題にしようとする姿勢は理解できない」と述べ、首脳会談を拒否している中国、韓国の対応を強く批判した。また、「ポスト小泉」人事については、9月の自民党総裁選が近づいた段階で自らの支持候補を表明する考えを示した。  首相は靖国神社参拝について「精神の自由、心の問題は誰も侵すことの...... more
Tracked from 「感動創造カンパニー」城.. at 2006-01-12 07:58
タイトル : 年初から、小泉首相GJ!至極ごもっとも!みんなで平和を祈..
livedoor ニュース 小泉首相は、年頭記者会見で、ポスト小泉も靖国参拝は、継続するべしと述べた! 靖国神社参拝について「精神の自由、心の問題は誰も侵すことのできない憲法に保障されたものだ」と説明。「一国の首相が一国民として戦没者に哀悼の念を持って参拝すること...... more
Tracked from 王様の耳はロバの耳 at 2006-01-12 08:13
タイトル : 寛仁親王殿下 女系天皇に反対意見
寛仁さま見解に懸念表明 「心配」と宮内庁次長 (共同通信) - goo ニュース 昨日朝 新聞を開いたら文芸春秋の2月号に“なぜ私は女系天皇に反対なのか”との記事があるのを知り清水の舞台から飛び降りる勇気を奮って買った なにしろ近頃は出すものは舌を出すのも嫌だという位省エネ節約生活をしているから¥730は贅沢な買い物となった {/hiyoko_cloud/} さて本題だが記事は三笠宮寛仁親王殿下とジャーナリスト桜井よしこさんとの会見の格好をとっている 宮家は内情がなかなか苦しい事や長くハンセン病療養の...... more
Tracked from 再出発日記 at 2006-01-12 09:14
タイトル : 「歴史認識を乗り越える」あるいはな日本人とは
朝日新聞でアジアネットワーク「越境する文化」チームが執筆する「時空をこえて」という連載が始まった。一回目は日中韓で紋切り型の歴史表現を超えよう、という取り組みを紹介している。中国で「心優しい」日本軍人を主役級に据えたTVドラマ「記憶の証明」。平田オリザ氏...... more
Tracked from 時事を考える at 2006-01-12 16:46
タイトル : エロ拓総裁選出馬?
テレ東WBSによると9月の小泉さんの後継にエロ拓総裁選出馬だそうですって悪い冗談... more
Tracked from 世相春秋 at 2006-01-12 17:44
タイトル : 小泉首相年頭会見と三位一体「改悪」について・その2
前回に引き続き4日の小泉首相の年頭の記者会見の記事を記述してみたいと思います。 会見の中で、自らが必ずやればトラブルになると分かりつつも「靖国参拝」をしたことで中韓の外交関係が冷却したことに関し、まるで開き直った子どもじみた態度で次のように批判しています。「一つの問題で他の交渉の道を閉ざすべきではない。外国政府が心の問題に介入して、外交問題にするのは理解できない。(日本側の)ドアは開いているわけだから、あとは先方がどう判断するかだ」昨年は「粘り強く中国の理解を得られるよう努力したい」という外交努...... more
Tracked from 塞翁が馬でしょ at 2006-01-12 18:06
タイトル : 靖国は総裁選の争点となるべきか
官房長官、ポスト小泉「選挙勝利が条件」 日経新聞社 NET 2006/01/12 12:01 自民・山崎氏「靖国参拝、争点になるか世論が決定」 日経新聞社 NET 2006/01/12 12:01 同じ自民党内で、総裁選における「靖国参拝」問題の扱いに関する認識の違いを明らかとした。私...... more
Tracked from  風に吹かれて at 2006-01-12 22:09
タイトル : 心の問題
              Web of Peace  小泉首相はまた今年に入り「靖国神社参拝は、精神の自由、心の問題であり、戦没者に 感謝と敬意を捧げる行為への批判には理解ができない」と言っています。また、「靖国神 社参拝は平和のため、国家の犠牲になったかたがたを追悼して何が悪い」 それも外国から文句を言われる筋合いのものでなようなことも言っています。  しかし靖国神社には、あくまで敗戦に対して責任問題にしていますが、侵略戦争にたい する責任意識はなく、天皇が始めた戦争は「聖戦」以外のなにものでも...... more
Tracked from 斜46° at 2006-01-13 00:02
タイトル : 靖国問題、ここが変とちゃいまっか
靖国問題「外国政府介入、理解できない」 首相年頭会見 (朝日新聞) - goo ニュースより引用 小泉首相は4日午前、首相官邸での年頭記者会見で、靖国神社参拝問題について「外交問題にはならない。中韓が交渉の道を閉ざすことがあってはならない。いつでも話し合いに応じる。後は先方がどう判断するかだ」と述べ、首脳外交の停滞は中韓両国に問題があるとの認識を強調した。さらに、「精神の自由に政治が関与することを嫌う(日本の)言論人、知識人が批判することも理解できない。まして外国政府が心の問題にまで介入して、外交問題...... more
Tracked from しろまあも at 2006-01-13 02:53
タイトル : トラックバックスパム防止策の導入
1月10日から、ライブドアブログのトラックバックスパム防止策の導入として、送信先URLを本文中に記載がなければ送れないようになりました。 しろはよくわかっていなくて、リンク貼っていれば大丈夫かなとか、「しろまあも」からのTB送信先がライブドアではないところも多....... more
Tracked from とくらBlog at 2006-01-13 10:30
タイトル : さとうしゅういちさんの 「借金」はすべて、ホントに悪いか..
 久しぶりにJANJANに行ってみると、STOP THE KOIZUMI にも賛同されている さとうしゅういちさんが、「借金」はすべて、ホントに悪いか? ~本間・大阪大学教授にモノ申す~と書かれていました。むろん、本間教授は、おそらく意図的に誤った言説を流しているのではないかとも思います。偉い先生のいうことだから、間違いないと多くの人が信じてしまう。その結果、不良債権処理、続いて大増税・緊縮財政が強行される。これは、その結果、余った日本のお金をアメリカに流すという結果にもなりますし、また、日本の企業や...... more
Tracked from after 911 at 2006-01-13 11:19
タイトル : すべてが後の祭り…
自民党の総裁選挙は9月の予定ですが、 山崎拓前副総裁まで総裁選出馬に意欲を見せているらしく、 年明け早々から騒々しくなってきました。 そこにもってきて、小泉総理が武部幹事・に対して、 「一般国民も損族したと実感できる仕組み」を総裁選に取り入れるよう要請したと..... more
Tracked from 言語学研究室日誌 at 2006-01-17 18:15
タイトル : 中共 朝日新聞は中共の御用新聞であると公式認定
 「産経は言論暴力団」 中国誌、名指し批判【北京=福島香織】中国外務省傘下の半月刊誌「世界知識」(16日発行)は3ページをさいて産経新聞などを名指し批判した。中国メディア上で産経が 批判対象となることは珍しくないが、「言論暴力....... more
Commented by 虎哲 at 2006-01-11 20:02 x
ご返答ありがとうございました。
靖国問題で郵政同様の支持を得るのは難しいでしょうね。
それこそ「心の問題」ですから。公明党の存在もありますし。
八月十五日参拝は今のところない、と思っています。
それをやったら今度こそ関係悪化が本格的になるのは
確実で、かつ総裁選の争点にならざるを得ないからです。
Commented by ニケ at 2006-01-11 20:49 x
こんにちは~^^

そもそも小泉は「靖国問題」が解かっていなかった!

と言うのが私の結論。

「ポケットから小銭を出して・・」をみて、こりゃあ~右よりの人も怒り出すのでは?と思いました。
あれほど馬鹿にした参拝をされて、なおかつ小泉首相は「参拝してくれた」と賛美してるなら、それは似非右翼と言いたい。

ま、mew さんの言うところの「四面楚歌」の可能性が高いと思います(笑)
Commented by at 2006-01-12 00:47 x
mewさん、おみくじ下さい。
Commented by mew-run7 at 2006-01-12 02:59
虎哲さん、コメント有難うございます。

小泉さんは、大勝利で思い通りに色々やれるのかと思ったら、かなり包囲網がせばまっているようですね。
私の心は9割がた、次の首相が誰になるのかに飛んでおります。
<予想ごっこというのではなく、アブナイ高速道路を暴走しつつある日本を少し落ち着けてくれる人になって欲しいという意味で。>
Commented by mew-run7 at 2006-01-12 03:02
ニケさん、コメント有難うございます。

そうですよね~。あれでは、たまたま見かけた神社に立ち寄って、ちょっとお参りするという感じですものね。
民主党の前原氏でさえ、失礼だと突っ込まれていましたし~。
経団連の奥田会長が、前よりもライトな形にするように提言したようですが、軽薄すぎたかも知れません。

総裁選の流れは、オフレコで書けないものもあるのですが、何だか水面下でアレコレ激しく動いているようです。
Commented by mew-run7 at 2006-01-12 03:04
若さん、こんばんは。

<小吉>です。公の場に出るのは危険です。 四季報と5%ルールに名が出ないように注意して下さい。幸運の鍵は抹茶アイスかな?(~~)
Commented by 浜の偏屈爺 at 2006-01-12 08:11 x
TB有難う御座いました 靖国参拝問題は神社側が掲げている大東亜戦争は祖国防衛戦争であるとの主張に賛同する行為ですから総理のなすことではありません 米国の極東政策と合致せずいたずらに中韓と軋轢を起こしています 総裁選まえに米国よりStun warning(厳しい警告)を受け姿勢を変えざるを得ないでしょう 次に女性・女系天皇容認問題で国論が割れます もっと早急にやるべき事が有るのに 時間がもったいないです

Commented by かぜ at 2006-01-12 22:08 x
TBありがとうございました。
Commented by mew-run7 at 2006-01-13 06:52
浜の偏屈爺さん、TB&コメント、有難うございます。

靖国神社は、やはり一般の宗教団体、施設とは同列に考えられないところがあるように思います。
私個人は、これは国内の問題と考えていますが、外交&対中経済問題の方がさらに重要視されて行きそうですね。

女性、女系天皇問題については、私はさほど国民的世論は巻き起こらないような気がしています。特に40代以下の人たちは、皇室にはそう大きな関心がない上、歴史的な認識や価値観も薄いように思うからです。
ちなみに、先日20代の人から「皇太子って何してる人?何であの奥さんはよくTVで取り上げられるの?」ときかれました。<汗>
Commented by mew-run7 at 2006-01-13 06:53
かぜさん、こちらこそTB有難うございます。
Commented by at 2006-01-13 22:37 x
ども!
某所で「大凶」を引きました。
靖国参拝した方がいいでしょうか?
お賽銭の額が足りないからでしょうか?
お神酒をくれと言ってはいけないのでしょうか?

コツコツ頑張ってたくさん納税します。
Commented by あらびあ at 2006-01-14 00:42 x
なんで8ヶ月も前から総裁候補がどうだこうだとマスコミが書くんでしょう?

8ヶ月間、まずは仕事しなさい!(笑)
あまりやったら困る方向になるのか・・・。(苦笑)

靖国問題は、はっきり言って私にはどうでも良い話です。
そもそも戦没者を・・・と言うのなら、沖縄、サイパン、硫黄島、ルソンなどなど全部行って来なさいと言いたい。そうしたら、アジア諸国も納得するだろうと思います。

ついでに、中国に行って、中国でなくなった方にも拝んできなさい。
そこまでしたら中国人もわかるだろうって。
Commented by mew-run7 at 2006-01-14 02:53
若さん、コメント有難うございます。

実をいうと、昨日、おみくじをの「を」が抜けていたのです。

Oさんは「心を引き締めて仕事に従事しましょう」とおっしゃっています。
落とし穴にはまらないように、慎重にコトを進めて、たくさん納税して下さいね。(~~)
Commented by mew-run7 at 2006-01-14 03:07
あらびあさん、コメント有難うございます。

8ヶ月なんて、ある意味では、あっという間でですからね~。

多くのメディアにとっては、総裁選も政治イベントの一つでしょうし、
早くからアレコレ候補者の紹介や、様々な動きを伝えたりしながら
「一体、誰が次の首相になるのか?!」と国民の興味をあおって、
総裁選ショ~を盛り上げたいのではないでしょうか?
<もちろん、マジメに今後の日本の政治を考えているところもあるでしょう
けど・・・。>

それに、メディアにとっては、それがお仕事なんですもの~。

そうですよね。国内外問わず、日本人か否か問わず、戦争で亡くなった
人を全て追悼し、不戦の誓いをすればいいのですよね。
この人はお国のために尽くしたから靖国に祀る資格あり、この人はふつ~
に戦死した人だからPASS、とかやっているようでは、多くの人の理解は
得られないように思うです。
Commented by 非国際人 at 2006-01-14 05:15 x
TBありがとうございました。大変面白い読みですね。実は私も、小泉さんは靖国も中韓もどうでもいいと思っているという見解に賛成です。彼の頭の中は、いつでも政局のことしか考えていないでしょうから。所詮自分が目立つことしか考えていない人のようで、国民にとっては迷惑千万な話ですが。
Commented at 2006-01-15 10:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mew-run7 at 2006-01-16 01:11
非国際人さん、コメント有難うございます。

念願だった郵政民営化を実現してしまった今、彼の頭の中には何が
あるのかな~と思うことがあります。
一度、権力の座についた者は、その地位に固執すると言いますが。
何か他に実現したいことがなければ、いきなり「もう、いいや」と
その座を投げ出したりしそうな気もしたり。
でも、彼は非国際人も書かれているように「目立ちたがり屋」であることは
間違いないでしょうから。地位や権力を失うことより、TVカメラや記者が
来なくなることの方がツライかも知れませんね。
Commented by mew-run7 at 2006-01-16 01:14
若さん、コメント有難うございます。

感想を書いて、M・・・しました。(笑)

もう結構アクセスがあるのですね。
次の記事に、ちょっとPRを載せてみました。

自分の仕事だけでも大変だと思うけど。皆さんのためにも
頑張って下さいませ。
Commented by o_sole_mio at 2006-01-17 20:01 x
TBありがとうございました。

靖国神社参拝を巡る小泉首相の心理分析として興味深く拝見致しました。小泉首相は意見が合わない人間とのコミュニケーションを拒否しているように思えます。これは若者を中心に日本全体にもそのような傾向にあり、それが小泉首相の言動を違和感なく受け入れられていることにつながっているかもしれません。
Commented by mew-run7 at 2006-01-18 02:01
o_sole_mio さん、コメント有難うございます。

彼は、本当にコミュニケーションが不得意なのかも知れませんね。
表現の仕方がうまくないのも、そういうところに起因するのかも知れません。
しかし、そういう人が一国の首相では、国民は困ってしまうです。
by mew-run7 | 2006-01-11 01:22 | 靖国参拝に関して | Trackback(15) | Comments(20)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7