麻生がまた失言&政治資金は夜のクラブ活動に大胆支出&菅官房長官と対立

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 参院選の投開票日まで、あと20日!安倍政権打倒に向けて、ガンバ!o(^-^)o

<昨夜、キープしていた記事&メモが消えたので、この記事では麻生三連発を。>

 暴言大王の麻生副総理が、またかまして下さったらしい。(@@) 

<フジTVも取り上げてたよ。ほかのTVのワイドショーは扱ってくれてるのかな?(・・)
 で、「おまえはいつまで議員をやってるつもりだよ」とMY知人。(>_<)>

『麻生氏「90歳で老後心配、いつまで生きてるつもりだ」

 自民党の麻生太郎副総理兼財務相が17日、北海道小樽市での講演で「90歳になって老後が心配とか、わけの分かんないこと言っている人がこないだテレビに出てた。オイいつまで生きてるつもりだよと思いながら見てました」と語った。麻生氏自身も75歳だが、高齢者への配慮に欠けた発言として批判が出ている。

 麻生氏はこの日、参院選の立候補予定者の応援などで北海道を訪問。小樽市の党支部会合で経済政策について語り、「1700兆円を超える個人金融資産があるのに消費が伸びていない」などと指摘する中で「90歳の老後」に言及した。自らの祖母が91歳まで元気だったと紹介し、「カネは一切息子や孫が払うものと思って、使いたい放題使ってましたけど、ばあさんになったら、ああいう具合にやれるんだなと思いながら眺めてました」とも語った。貯蓄より消費が重要として「さらにためてどうするんです? 金は使って回さないとどうにもならない」とも述べた。

 麻生氏の発言に対し、民進党の岡田克也代表は大分県由布市で「国は年金や医療、介護制度で、高齢者の不安に応えなければならない。私は非常に怒っている」と批判した。共産党の志位和夫委員長は東京都内で「人間の尊厳をどう考えているのか。血も涙もない」と述べた。(朝日新聞16年6月18日)』

 そう言えば、前にもこんな発言していたんだよね。^^;

『麻生大臣は2013年1月にも「政府の金でやってもらっていると思うと、ますます寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうとか、いろんなことを考えないといけない」と高齢者批判をして、撤回していた。(日刊ゲンダイ16年6月18日)』

* * * * *

 ついでというわけじゃないけど。麻生副総理の政治資金の使い方もチェックして欲しいところ。<そう言えば、首相時代も毎晩のように、ホテルのバーに行って贅沢してるって、ツッコまれてたっけ?^^;>
 ここまで大胆にやっちゃった方が「せこい」と批判されず、スル~してもらえちゃうのだろうか?(~_~;)

『1回100万円超も 舛添知事より酷い麻生大臣の“クラブ通い”

 ドケチ都知事が、ますますチンケに見える。昨年公開の政治資金収支報告書(14年分)によると、閣僚トップの集金力を誇るのは麻生財務相だ。2億円近い政治資金をカキ集めたが、使い道はメチャクチャだ。

 資金管理団体「素淮会」は14年だけでも政治活動費の名目で計137回、総額1531万円を飲み食いに浪費。支出先も銀座のミシュラン3つ星すし店「すきやばし次郎」など高級店ばかり。

 政治活動に名を借りた“夜のクラブ活動″にも政治資金から途方もないカネを落とし、支出先には「クラブ由美」や「ファーストクラス」など“座っただけでウン万円”の老舗クラブの経営会社がズラリ。自宅そばの天ぷら屋や別荘近くの回転ずし店に政治資金で通っていた舛添都知事がつくづく貧乏臭く思えてくる。

 気になるのは、居並ぶ高級店に交じって「オフィス雀部」という六本木の有限会社への支出が突出していること。14年までの5年間で計42回、総額3359万円を計上。1回50万~100万円の支出もザラで、13年5月27日には1回で128万円を払っていた。

 かつて麻生大臣は衆院予算委員会でオフィス雀部について「いわゆるスナックを経営している」(13年2月12日)と説明したが、実際は六本木の会員制サロン「Bovary」の運営会社だ。

「オフィス雀部の女性経営者はもともと銀座のクラブに勤めていた頃から、麻生大臣とは30年来の旧知の仲。過去には女性経営者が“麻生大臣と愛人関係にあったことを認めた”と週刊誌に書かれたこともあります」(自民党関係者)

 1回100万円超の高額支出について麻生大臣は参院予算委で「何カ月分もたまってその日に払う」「1回でスポッと全部かかったわけではなくて、たぶん、3カ月分がそのくらいになった」(14年11月4日)と答弁。女性経営者とは少なくともベラボーな額のツケが利く関係なのだろう。

 写真誌「FRIDAY」が昨年3月に2週間、Bovaryの前に張り込むと、麻生大臣は9回も姿を見せたという。まさに「三日にあげず」。舛添知事への猛バッシングと比べ、浮世離れした金銭感覚の財務相は守られ過ぎている。(日刊ゲンダイ16年5月24日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 もう一つ。これは、ある意味では、参院選後のお楽しみになるかも知れないが・・・。

 経験や知識の乏しい安倍首相を前政権の時から閣僚として近くでずっと支えて来たのが、NASA(中川・麻生・菅、甘利)のお友達だったのだけど。中川氏は他界し、甘利氏も口利き疑惑で辞職することに。(~_~;)
 で、残る2人の麻生氏と菅氏は、もともとさほど折り合いがよかったわけではない上、今回の増税再延期によって、両者の溝がかなり深まったと言われている。^^;

 麻生副総理&財務大臣は財政再建派で。自分が首相だった頃も含め、ずっと前から、費税を上げて財政を健全化すべきだと主張していた人。
 先月行われたG7の蔵相会議でも、いわば国際公約として消費税増税を予定通りに実施すると宣言していたほどだ。^^;

『[東京 25日 ロイター] - 麻生太郎財務相は25日午前の衆院財務金融委員会で、来年4月に予定されている消費税率10%への引き上げについて、先に仙台市で開かれた主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議でも、予定通りに実施すると発言したことを明らかにした。(中略)
 麻生財務相は「財政を考えた場合、消費税は極めて重要な要素を占めている」とし、「従来通りとG7の中でも申し上げた」と語った。予定通りの消費増税は国際公約か、との問いに対しては、「国際公約ととるかは別にして、日本政府として、きちんとやらせていただくと申し上げ続けている」と述べた。(ロイター16年5月25日)』

* * * * *

 ところが、長年にわたる構想が、ようやくここで実現できると思ったら、目先のことしか考えていない安倍首相&菅官房長官コンビが、自分勝手な都合、判断で、盟友・麻生氏との約束を14,16年と2回も破って増税延期を決めてしまったわけで。麻生氏は、この2人に対して(特に安倍首相をコントロールしている菅官房長官に対して)かなり怒っているようなのだ。(-"-)

『増税再延期めぐり「麻生vs菅」 安倍政権の亀裂は修復不能

政権崩壊が近づいているのではないか。安倍首相が「消費税増税」も「衆参ダブル選」も見送ると決めたことで、政権内の亀裂が抜き差しならなくなってきた。特に麻生財務相と菅官房長官の対立は、もはや修復不能の状態になっている。

「必ず予定通り、消費税率を10%へ上げてくれ。出来ないのなら衆院を解散して信を問う必要がある」「前回延期を決めた時、2017年4月に引き上げると約束しましたよね」

 安倍首相から「消費税増税」も「衆参ダブル選挙」も見送ると伝えられた麻生財務相は強く反対し、講演でも「解散して信を問わないのは筋が通らん」と不満をぶちまけている。増税派の麻生財務相は1週間前、国際会議で「増税は予定通り実施する」と断言したばかり。わずか数日でひっくり返され、完全にメンツを潰された形だ。

■3度目の煮え湯にカンカン

それにしたって、閣僚が表立って総理の考えに異を唱えるのは異例のことだ。よほど、頭にきたのは間違いない。

「重要な政策決定で、麻生さんが自分の考えを総理から蹴られるのは、これで3回目です。1回目は14年に増税を延期した時、2回目は軽減税率の導入をめぐって。そして、今回が3回目です。3回も煮え湯を飲まされ、プライドの高い麻生さんは『冗談じゃねぇ』と我慢できなかったのでしょう」(自民党関係者)

 ただ、怒りの矛先は、「盟友」の安倍首相ではなく、菅義偉官房長官に向かっているという。3回とも、麻生財務相と対立した菅官房長官の主張通りになっているからだ。

「菅さんは一貫して増税反対、ダブル選反対でした。麻生さんが『解散すべきだ』と訴えた時も、『参院選で信を問えばいい』と反論しています。麻生さんは『すべて菅の野郎の言う通りじゃねぇか』と思ったはずです」(政界関係者)

もともと、安倍首相周辺では菅官房長官への反発が強まっていた。麻生財務相VS菅官房長官をキッカケに、安倍首相周辺が2分裂する可能性が強まっている。

「能力本位ではなく、“お友達”で組閣した弊害が一気に噴き出しつつあります。安倍さんの周囲は全員、『自分は安倍さんに近い』と思い込んでいる。だから、自分の意見が採用されないと、怒りは安倍さんではなく、『あいつのせいだ』と他のお友達に向かう。怒りが集中しているのが、菅長官です。その菅長官も『トラブル処理に疲れた』と愚痴をこぼしています。安倍内閣は〈麻生財務相、甘利氏、菅官房長官〉の3人が支えてきたが、甘利さんが閣内から消えたことで、バランスが崩れている。麻生財務相と菅官房長官の対立は、致命傷になる可能性があります」(永田町関係者)

 仲良しチームは、好調な時は勢いに乗るが、危機に陥るともろい。安倍首相が9年前の参院選で大敗し、政権を追われた時と、似たような状況になってきた。(日刊ゲンダイ16年6月1日)』 
* * * * *

 もし参院選で、安倍自民党が公明党と合わせて過半数をとったとしても、思ったほどの数の議席をとれなかった場合、選挙圧勝を武器にして、絶対的な力で党を支配して来た官邸の力は弱まり、閣内や党内から安倍首相への不満が徐々に高まって・・・、それが、やがて政権崩壊につながる可能性も十分にある。
 それゆえ、早く安倍首相&菅官房長官が窮地に陥るように、自民党の議席を一つでも少なくしたいと燃えているmewなのだった。(@@)

  THANKS  

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/24470386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2016-06-20 11:04
タイトル : 共産党が野党連合を提唱したことに民進党が手ごたえを感じ・..
 共産党が野党連合を提唱したことに民進党が手ごたえを感じ・改憲勢力の過半数阻止実現に希望が見えた、民進党の岡田克也代表は19日、参院選の獲得目標議席について「改選議席(121議席)の過半数が与党の目標なら、我々はそれを阻止する」と語った。これまで与党とおおさか維新の会など改憲勢力による「3分の2」阻止を掲げていたが、目標ラインを引き上げた形だ。東京都内で記者団に語った、に関連する最新のWeb情報を引用すると、... more
by mew-run7 | 2016-06-20 04:23 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)