五輪代表に国歌を強制~こどもを飼い馴らす教育改悪が目標の安倍ら超保守派

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 昨日3日、リオ五輪に派遣される日本選手団の結団式と壮行会が東京の代々木第一、第二体育館で行われたのだけど・・・。

 壇上の選手たちが、大きな声を出して君が代を歌わなかったことに森喜朗氏(元首相、現東京五輪組織委会長)がご立腹になられたようで。「国歌を歌えないような選手は、日本代表の選手じゃない」とまで言い放ったという。 (゚Д゚)

<尚、mewは国歌を歌うか否か、声を出して歌うか否かは、個々の自由にゆだねるべきだと。決して強制や無理な要請までして、歌わせるものでないと考えている。(^^♪
 政府は、「君が代」の「君」の解釈を「日本国及び日本国民統合の象徴であり、その 地位が主権の存する日本国民の総意に基づく『天皇』」だと解釈しているのだが。できるなら、最後に「天皇と国民」(or象徴たる天皇と主権者たる国民なら尚GOOD?)をつけてくれれば、もっと愛される国歌になるかも。>

* * * * *

 でもって、先に、mewは、日本の国民の人たちに、とりわけ若い人たちに知っておいて欲しいこと。それは、安倍首相&超保守仲間たちが、日本の教育を戦前のような内容に戻そうとしていることだ。(-"-)

 森氏は、安倍晋三氏の後見役。<安倍氏は若い頃から、ずっと清和会(旧森派)にいて、サポートしてもらっていた。>2人とも戦前志向の強い超保守派の政治家だ。

 安倍氏らは、天皇を国体(中心)にした国家を再建し、愛国心をもって天皇とそのお国の繁栄、富国強兵のために奉仕、貢献する国民を育てたいのだ。^^;

 今度の参院選の争点に、教育の中身の話が全く出て来ないのだけど。(奨学金の話がちらっと出て来るだけよね。)安倍首相&超保守仲間が最も力を入れている政策。それは(自民党の公約にはちょこっとしか出て来ないけど)、「憲法改正」と「教育再生」の2本柱からなる「戦後レジームからの脱却」&「美しい国づくり」なのである。(**)

<そのことは「安倍晋三公式サイト」を見てみれば、よ~くわかる。基本政策のタイトルに挙がっているのは「外交」「教育再生」「憲法改正」の3つだけだ。(・・)>

『安倍内閣が掲げた「美しい国、日本」の姿は、品格ある国家、社会を創り、世界から信頼され、敬愛される国です。誰もが日本に生まれたことを喜び、誇りに思うことができる国創りを目指すためには、教育の再生が必要です。

 教育再生を内閣の最重要課題と位置づけ、自由民主党はもちろん、多くの良識ある国民にとって60年来の悲願であった教育基本法改正を成し遂げました。同時に教育職員免許法、学校教育法、地方教育行政法の教育3法の改正も実現しました。

 教育再生の目標はすべての子ども達に高い学力と規範意識を身に付ける機会を保障することであり、新しい教育基本法には「公共の精神」「道徳心」「国や郷土を愛する心」「職業教育・環境教育」などが盛り込まれました。(中略)

 また、真の国際人を育成するためにも国旗「日の丸」、国歌「君が代」の教育指導に力を入れる必要があります。教育現場では単に「国歌は君が代です」とだけ教えて合唱もせずに授業を終わらせる無責任な教師がいるのも事実です。そこで今回の学習指導要領では「君が代を歌えるようにする」と書き改めました。サッカーのワールドカップで勝ったチームのサポーターは声高らかに国歌を唄います。日本も同じように誇らしく「君が代」を合唱しようではありませんか。』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 安倍氏らは、同じ超保守派の先輩、後輩らと「教育再生」の計画を立て、主に自民党の保守勢力が、1999年に国歌、国旗法を制定することに。<で、強制はしないというものの、全国の公立学校の式典で、国旗掲揚、国歌斉唱を半ば強いている。>

 森氏は、盟友の石原慎太郎氏(元都知事)に呼びかけて、東京に五輪を招致することを提案。五輪開催を機に、日本の子どもたちや若者への教育をやり直して、愛国心や道徳、日本の伝統などを教え込もうと考えたのである。(-"-)
<石原氏は都知事時代に、都立の学校の教師に国旗の飾り方や国歌の歌い方まで細かく決めた通達を出していて、それに従わない者は罰している。(-_-;)>

* * * * * 

 00年に森氏が首相になった際には、首相官邸に「教育改革国民会議」なるものを作って。ガマンや愛国心が足りない子どもたちを教育するために、識者たちが、マジメにこんな意見を出していたとのこと。(官邸HPに載ってたんだよね。)

『(行政が)子どもを厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールして覚悟してもらう』

『「ここで時代が変わった」「変わらないと日本が滅びる」というようなことをアナウンスし、ショック療法を行う』

『遠足でバスを使わせない、お寺で3~5時間座らせる等の「我慢の教育」をする』

『簡素な宿舎で約2週間共同生活を行い肉体労働をする』

『満18歳で全ての国民に1年ないし2年間の奉仕活動を義務づける』などなどの具体案が示されたことがあるほどだ。(~_~;)

<06年10月、安倍前政権の時に書いた記事ね。『「子供を飼い慣らす」「日本が滅びるとショックを与える」教育再生?!+鳩山・安倍の代表質問』> 

* * * * *

 06年に安倍氏が首相になってからは、官邸や自民党に「教育再生会議」などが設けられて、教育基本法の目的に愛国心が盛り込まれたり、学習指導要領が改定されて、学校教育の内容がどんどん変わっているし。
 下村元文科大臣が中心になって、教科書の中身も、政府の見解に合わせないと「検定」を通さないことに決めた。(-"-)
  
<ちなみに、自民党は、震災復興や防災(実は半分、国防も考えて)「国土強靭化」計画と言うのを立てたのだけど。文科省が今年、新たに決めた教育方針は「教育の強靭化」なのよね。・・・「強靭化って、何じゃそれ?」って感じ。(>_<)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

で、話をもとに戻すと、昨日3日、リオ五輪の日本選手団の結団式と壮行会が東京の代々木第一、第二体育館で行われた。(**)

 今回の日本選手団の主将は、史上初の五輪4連覇を目指しているレスリングの吉田沙保里。(尚、伊調馨も4連覇がかかっている。)
 そして旗手は、陸上十種競技の右代啓祐(うしろ・けいすけ)だ。(・・)

 でもって、壮行会に先立って、まずは皇太子夫妻の臨席のもと選手団の結団式が行なわれて。陸上自衛隊中央音楽隊所属で、最近、メディアへの露出度も増えている歌手・松永美智子陸士長が国歌斉唱が行なわれたとのこと。<ちなみに式次第や案内の画面には、「国歌独唱」と記されていたらしい。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 そこで、壇上に並んでいた選手団は、自分が歌っていいのか否かわからなかったのか、中には大きな声を出して歌いたくない人もいたのか、発声をして歌わなかった人がかなりいたようなのであるが・・・。

 それを見た森喜朗元首相&五輪 がオカンムリに。あいさつに立った際、「国歌を歌えないやつは、日本代表じゃない」とまで言い放ったという。 (゚Д゚)
 
『「国歌を歌えないような選手は日本の代表ではない」。東京・代々木の体育館で3日にあったリオデジャネイロ五輪の代表選手団の壮行会で、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が来賓のあいさつでそう述べた。

 壇上には選手ら約300人が登壇。森会長は、直前の陸上自衛隊中央音楽隊の松永美智子陸士長による国歌独唱時の様子を振り返って「どうしてみんなそろって国歌を歌わないのでしょうか」と問いかけ、サッカー女子の澤穂希さんや、ラグビーの五郎丸歩選手が君が代を歌い、その様子を見て国民が感動した、と述べた。「口をモゴモゴしているだけじゃなくて、声を大きく上げ、表彰台に立ったら、国歌を歌ってください」と選手団に呼びかけた。

 場内ではみんなで声を合わせて歌う「斉唱」ではなく「国歌独唱」とアナウンスされ、ステージ上のモニターにも「国歌独唱」と表示されていた。(朝日新聞16年7月3日)』

* * * * *

『8月5日開幕のリオデジャネイロ五輪に出場する日本選手団の壮行会が3日、東京都内で開かれ、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が「国歌を歌えない選手は日本の代表ではない」と苦言を呈する場面があった。

 壮行会で国歌斉唱・国旗掲揚の後、あいさつに立った森会長は、壇上に上がった選手の服装を指して「赤いブレザーと白いズボン、これは何を意味しますか。まさに日の丸です」と強調。「先ほど国歌の斉唱があった。どうしてみんなそろって国歌を歌わないんだ」と指摘した。
 その上で「選手の皆さんにお願いしたいのは、口をもぐもぐしているだけでなくて、声を大きく上げて、表彰台に立ったら国歌を歌ってほしい」と要望した。(産経新聞16年7月3日)』

『2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は3日、東京都内で開かれたリオデジャネイロ五輪日本選手団の結団式の後で開かれた壮行会であいさつした際、直前の国歌斉唱の様子に触れ「どうしてみんなそろって国歌を歌わないんでしょうか。国歌も歌えないような選手は日本の選手ではない」と語った。
 森会長は昨年のラグビー・ワールドカップ(W杯)で日本代表が「涙を流しながら君が代を歌っていた」とし「(五輪で)選手の皆さんにお願いしたいのは、口をもごもごするだけではなく、大きな声で国歌を歌うこと」と述べた。(共同・16年7月3日)』

<昨日、見た映像では、もっと長々と語っていた。選手団のユニフォームは、赤と白で日の丸の色だとか。澤や五郎丸が涙ながらに君が代を歌っていたのをテレビで見て感動した人が多いので、五輪で大きな声を出して国歌を歌うように」みたいな感じの言い方だったです。^^;>

* * * * *
 
 下手すると、テレビは、このニュースを全く扱わないおそれもあるのだけど。どうかこのニュースを毎度おなじみの森氏の暴言として片付けることなく、安倍氏やその仲間たちも同じ考えの持ち主であるということを、多くの国民に知っておいて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

  THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/24503368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mew-run7 | 2016-07-04 05:53 | 教育問題 | Trackback