鳥越の出馬会見(全文)、野党4党が支持+宇都宮とも会談、協力得られるか

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 昨日、【速報】としてちょこっとお伝えしたのだが・・・。

 昨日12日の午後、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が出馬表明し、記者会見を行なった。(**)
 会見の途中で、当初、民進党都連が擁立する予定だった古賀茂明氏が登場。自分は以前から鳥越氏に出馬を促していたという話をして、鳥越氏を全面支援すると明言した。
 鳥越氏は、会談が終わった後、宇都宮健児氏と会談。今回、出馬に至った経緯を説明したという。
 
 また、民進党、共産党、社民党、生活の党の幹部が協議を行なって、野党4党で鳥越氏を支援して行くことを確認したとのこと。<鳥越氏は事前に民進・岡田氏とも会談してた。>
 宇都宮氏は、前回、共産、社民、生活+市民団体の支持を得て、100万票近くの票を得たのであるが。もしそれらが鳥越支持に回ると、かなり痛いところがある。(-"-)
 宇都宮氏は今のところ、出馬表明するつもりでいるが、出馬を見送って、鳥越支援に回る可能性も否定できないという。(・・)
<宇都宮氏は既にポスターを印刷するなど準備を進めていて、お金もかなりかかっていると思うので、もし出馬を見送った場合は、野党4党にはそのような費用の補填も考えて欲しいと思うです。^^;>

 B4さんも書いていたけど、mewも、もし本人がOKしてくれるなら、最初から宇都宮氏や古賀氏を副知事として一緒にやってもらうことを表明し、3人で一緒に戦うという戦法もありかな~と思っていたです。(++)
<都議会が副知事承認で抵抗できないぐらい、圧倒的に勝たないとね。(・・)>

* * * * *  
 
 では、鳥越氏の会見のほぼ全文をアップするです。かなり長いので、よろしくです。

<鳥越氏の発言部分は、産経新聞16年7月12日の記事から引用した。ただ産経の記者が書いた部分はカット。mewがちょこっと書き足した部分がある。>

『鳥越氏「今日はお忙しい中、たくさんお集まり頂きましてありがとうございます。東京都知事選の出馬に関する私からのごあいさつをさせていただきます」

 鳥越氏「私、鳥越俊太郎、生まれは九州でございまして、東京ではございませんが、九州なまりが消えない東京都民であります。30年ぐらい住んでますので、東京都民の資格は持っていると思っています」

《鳥越氏は「今日はそんなに長い時間はとらせません。まず3つのことを申し上げたい」と切り出した》

 鳥越氏「まず東京都政は猪瀬(直樹)さん、舛添(要一)さんという2人の知事の時代に残念ながら、政治とカネという、よくある話ですが、なぜか2代続けておカネの問題で任期を全うすることができなかった。東京都政が大変な混乱に陥ったというのは皆さんご存じの通り。そのことについてどこに問題があって、私がもし皆さんに選んでいただいたときには、何に気を付けなければいけないか。何を心にとめておかなきゃいけないかとお話ししたい」

 鳥越氏「そうはいいながら、さまざまな問題が残っているのも確かです。保育所、待機児童の問題が残っている。どの知事から解決するだろうと思っていたが、ずっと残っている。貧困率は16%になっている。そういう意味では、東京都は輝かしい光を放っている半面、格差が進行して、恵まれない方々がいることも確かです。見方をかえると、これは少子高齢化に結びつく。東京都は若干、出生率が高いと言われているが、これではとても人口を守っていけない。結婚して子供を産んで育てられるという環境をぜひ作り上げたい。そんなに難しいことではない。これは政策のどこに重点を置くかで変わる。今必要となっている待機児童や介護などの問題にカネを使って経済を活性化する。さらにもっと輝かしい東京都にしていきたいと思っております」

 鳥越氏「近代市民社会というのは、基本的に何で成り立っているのか。東京都の場合は、東京都民が汗水流して働いて納める税金で成り立っています。税金で都庁、都議会といった行政府、立法府が運営されている。税金というのはともすれば忘れられがちになってしまう。納めた方も意識が希薄になっていく。その結果として投票率がいまいち上がらない。これは税金を納めていることで投票という権利があるけれども、行使しない人が多い」

 鳥越氏「相当、都税・区民税払っているでしょ。この都税を使うときに、舛添さんは、東京都民が汗水流して納める税金を使っているということが飛んでっちゃう。だからこそ、外国行くときはファーストクラス。スイートルームに泊まるというとんでもない税金の使い方をされる。こういうことはやっぱり納税者意識と税金で負託を受けているということが希薄になっている。その結果としてこういうことが起きている。よく政治とカネと言われるが、もっと深く言えば、税金をどう使うか、仕事で、行政なら行政、立法なら立法にどれだけ当たっているか。それが問われている」

 鳥越氏「私は大学で歴史を学んできたことで、納税者プレーヤーということをしっかりと胸に受け止めて、これは結果をみなければいけませんけども、認めて仕事をしていきたいなと思います。今後も続く重要な問題だと思います」

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 鳥越氏「私は76歳でございます。友人に言わせると76には見えないとのことですが、残りの人生が何十年もあるわけではないと思っている。私の残りの人生の何分の一かを使って、そういうチャンスを与えていただければ、東京都、住んでよし、働いてよし、環境によしという3つのよしを持つ東京都のために全力をささげたい」

 鳥越氏「次に東京都はちょっとした国の予算規模の、6兆6000億円くらいの予算を組んでいる。日本一豊かな、それだけ多くのチャンスが転がっている。輝かしい可能性を秘めた東京都であると信じている。その中で4年後には東京五輪・パラリンピックもやってくる。全力を挙げてやりたいと今は思っている。東京五輪・パラリンピックで、輝かしい日本を世界中に発信できるようにやっていきたい」

 鳥越氏「そうはいいながら、さまざまな問題が残っているのも確かです。保育所、待機児童の問題が残っている。どの知事から解決するだろうと思っていたが、ずっと残っている。貧困率は16%になっている。そういう意味では、東京都は輝かしい光を放っている半面、格差が進行して、恵まれない方々がいることも確かです。見方をかえると、これは少子高齢化に結びつく。東京都は若干、出生率が高いと言われているが、これではとても人口を守っていけない。結婚して子供を産んで育てられるという環境をぜひ作り上げたい。そんなに難しいことではない。これは政策のどこに重点を置くかで変わる。今必要となっている待機児童や介護などの問題にカネを使って経済を活性化する。さらにもっと輝かしい東京都にしていきたいと思っております」

 鳥越氏「3つ目というのは、あえて付け加えるならという表現になります。参議院選挙の開票状況を見ておりまして、戦後70年、時代の流れが変わってきたと感じた。国全体が流れを変え始めている。舵を切っているということに、少し私が流れを元に戻すという力になれば」

 鳥越氏「私は昭和15年の生まれです。防空壕(ごう)に逃げたことも覚えている。戦争を知る最後の世代です。戦後の平和と民主主義の中で育ってきた第1期生として、やはり憲法改正ということが射程に入ってきているということが、参院選挙の中で分かりました。これは日本全体の問題ですから、私は私なりに戦争を知る時代の一人として、都民にそういうことを訴えて、参院選挙とは違う結果が出れば大変うれしいと思う」

****古賀氏来場、鳥越氏と固い握手

 古賀氏「都知事選が決まったときに鳥越さんに出ていただけないか、とお話をしたんです。でも、そのときには『俺は出ないよ』と。だから、『出るときは応援しますからね』ということを伝えました。その後、(民進党都連会長の衆院議員)松原(仁)さんと話して、市民の声を集めることが大事だと思いますので、宇都宮さんとか上杉さんとかも立派な方なので、都民の声が集約できればと思います」

 鳥越氏「いえね、この間、(古賀氏から)『都知事選出ないの』と電話がかかってきて、『出ませんよそんなの』って答えまして、そのときは『出るなら応援するのに』ってやりとりをしたんです。そのときはそれで終わったのですが、そのあといろいろな経緯があって、今日はここまで来てくれました」

 古賀氏退出。質問タイムに。

 --正式に出馬するにあたって、どのような枠組みで戦うのか。政党からの打診はあったのか

 鳥越氏「枠組みはありません。東京都のあらゆる市民と連合し、戦いたいと思います。市民と一体となってというのが私の一番言いたいところです」

 鳥越氏「いきさつについては、自民からはすでに2人立候補されています。先日の参院選を見ていて、このままでいいのかなという思いがあって…。政党から特に声かけはありません。そこは誤解がないように。民進から打診があったと誤解されている人が本当に多いですが、違いますから。それが昨日の夕方です」

 鳥越氏「本当は、私はこんなことをやる性格ではないんです。弱い人間ですから、皆さんの前で大見えを切ったり、長い選挙戦を戦ったり、幸か不幸か、当選すれば激務が待っています。ただ参院選を見て、残された人生を使って何かできればと考えました。長年記者をやっていて、自分はインサイダーにはならない。常にアウトサイダーで有り続けたいと思ってきたのですが、ここにきて、アウトサイダーを気取っていていいのか、一度くらいインサイダーで戦ってみないのか、という内なる声があがってきたわけです」

 --憲法や国防を都議会で議論する機会は少ないと思うがどうアピールするのか

 鳥越氏「方法はありません。都政は都政ですから、都議会のなかで何かをということではありませんが、参院選で野党統一候補が一定の存在感を示したわけです。都知事選は直接的にそういうことを問う選挙ではありませんが、東京都は少し違う道を行くということを示せるのではないかと思います」

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 --2020年東京五輪はどのようにあるべきだと考えるか

 鳥越氏「昨日決めたばかりなので、五輪の細かい費用までチェックしていません。おいおい必要に応じてチェックして、できるだけ費用は小さく、ただ効率的に使う方法を考えます。税金を納めている都民の立場からも、汗水流して働いて、その税金を無駄遣いしてほしくないと思いますからね」

 --住んでよし、働いてよし…という言葉があったが、東京には地方からも多くの人が集まってくる。一極集中についてどう考えるか

 鳥越氏「これは誰かが強制してやったわけではなくて、皆さんが生活するなかで東京に集まってきたわけで、もし知事になっても一人でできることではないですよね。知事会とか、そういうものがあると思いますので、そうした中で議論していきます。地方への本社移転をどのように行って、商業でも工業でもバランスよく発展していける方法を探ります」

 --都議会との関係性はどのようなものを目指すか

 鳥越氏「けんかする気もないし、特別仲良くするつもりもないです。都議は都民のみなさんの代表ですから、丁寧に、あまり乱暴なことはしたくないと思います」

 --昨晩のBSのテレビ番組では「出馬しない」といっていた

 「分からない、まだ言えない、と言ったんです。あそこで言ったらバランスがとれないですから。BSを見ている人だけに伝えることではできないですから。だから、まだいえないと答えました」

--出馬を決意した3点目が根源的な理由で重要なのではないか。都知事選に出ることで(国政に)反射効果が生じると思うが、都知事になることが目的なのか、選挙をすることが目的なのか

 鳥越氏「国政のことは国政です。都政のやるべきことは他にあります。ただ、今は中国、韓国との関係が必ずしも良いものではないですよね。東京として、首都同士のサミットを行うとか、文化の交流、若者の交流をすることで地に足をつけたことを行っていければよいと思っています」

--健康面に不安はないか

 鳥越氏「そう思われるのも当然ですね。大腸がんから始まって肺、肝臓と4回手術しました。大腸がんはステージ4でした。大腸がんからは11年、最後の肝臓の手術から7年たっています。5年生存率は完全にクリアしていますし、10年生存率にはあと2年くらいありますが、今が人生で一番健康といえるくらい、健康には非常に気をつかっています。食生活もそうですし、週に数回ジムにも行っています。がんの患者だからできないという偏見は捨ててください。がんの患者だからできることもあります。がんの患者の就業率とか、がんサバイバー(生存者)が元気に仕事ができる社会を作りたいです。がんの患者でも都知事ができるんだ、ということを見てもらえるかもしれない。みなさんがうまいこと書いてくれれば、都知事になれるかもしれません。まあ、これは冗談ですけどね」

 --参院選の争点は与野党でかみ合わなかった。知事選は何を争点にすべきだと思うか

 鳥越氏「関心がなかったので、まだ増田(寛也)氏と小池(百合子)氏の政策を読んでいない。争点と言えるかわからないが、東京都は大きな不安を抱えている。少子高齢化で、今後は大介護時代が待っている。普通の介護ではない、大介護時代です。そういう社会保障とかね」

《鳥越氏は会見の序盤で「東京都は若干、出生率が高いと言われているが…」と説明していたが、その後、「東京都の出生率は一番低かった」と説明を訂正していた》

--韓国人学校への都有地貸し出し問題はどう考えるか

 鳥越氏「今はその任にないので、わかりません。詳しいことは言えません。しかるべき立場になったらきちんと調べてみます」

 --政治家としての実務経験がないが心配はないか

 鳥越氏「大変でしょうね。一から学ばないといけないですから。ただ、人間はみんなどんな仕事も一から始めます。やったことのない分野にも挑戦して慣れていくものです。私も最初から新聞記者ではなかったし、テレビの仕事を始めたときは、カメラ目線が定まらなくてチンパンジーみたいにきょろきょろしていました。大切なのは、誠心誠意、処していく気持ちがあるかどうかだと思います。おざなりな気持ちでやるのではなくてね」

 --強みは

 鳥越氏「楽天的なことかな。いつもなんとかなるだろうと思って、がんのときもなんとかなるだろうと。がんになってもめげなかったメンタルは強みかなと思います」

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 
 --インサイダー、アウトサイダーという言葉があったが、アウトサイダーでなくなることに葛藤はなかったのか

鳥越氏「葛藤はありました。天職というのはアウトサイダーとしてチェックしていく、例えば税金が市民のために正しく使われているかとか、チェックしていくことがジャーナリストの使命だったわけです。知事となれば、今度は税金を使って仕事をしていく側になります。まったく逆の立場になるわけで、自分をチェックできるのか葛藤はあります。インサイダーになっても、アウトサイダーの心を忘れずにどれだけできるかだと思います」

 --国政に対する危機感は伝わってきたが、都民は都政の混乱を収めてほしいと思っている

 鳥越氏「前任者2人の話でいえば、猪瀬(直樹)さんが誰かからお金をもらった。舛添(要一)さんがとんでもない税金の使い方をした。お金の問題が最大の原因ですよね。これにきっちりと区切りをつけないといけない。自分の立場で、前任者のどこに問題があったのか話を聞くことも考えます」

 --都知事になるとしたら身体検査をされると思う。金銭問題など大丈夫か

 鳥越氏「借金は一銭もありません。これからも誰かから金をもらう予定はありません。身体検査をされても金銭的な問題が出て来ることはありません」

 --都民は候補者の人間性も知りたいと思っている。弱点はあるか

鳥越氏「そんなのは2人になったときに言うもので、こんな大勢の前でいえるものじゃないよ。ちょっとアホな人間というか、ユーモアを忘れないようにしています。好奇心が強いので気が多いというか、気が移っていくのは弱点というか…」

 --東京が違う道を歩むことで、国政への反射効果がでると思う。五輪に向けたインフラ整備などはどうなるのか

 鳥越氏「やってみないとわかりません。一般論として言えるのは、公共事業は抑えていくというのが当然です。もう日本は緩やかな成長、マイナス成長の時代になっています。高度経済成長の時代ではないですから、あの時代には逆立ちしても戻れません。オスプレイは危険な飛行物体だと思っています。横田基地、横田管制もできるだけ日本に取り戻せるようにしたい」

 鳥越氏「築地市場の問題は友人のジャーナリストが熱心に調べています。自分では深く研究してませんから何とも言えませんが、万歳の、満点の移転だとは思いません。電力の問題は自然エネルギーで賄うことが良いと思います。原発をやめている国があるということを考慮に入れてね。(東京電力)福島第1原発の事故で、私たちは抱えきれない問題を背負いました。まだ続いている問題です。汚染水の問題は、安倍(晋三)首相はコントロールできているといいましたけど、全世界に向けて嘘をつきました。あれは嘘ですよ。ただ、廃炉の技術もまだ確立されていないとか、何年もかかるという課題もありますから、一度になしにしてしまうことはできないと思いますが」

 《冗談も交えにこやかに話していた鳥越氏だったが、原発問題では急に表情を険しくし、鋭い言葉で批難した。アウトサイダー、ジャーナリストとしての鳥越氏の姿だろうか。司会者が会見時間の終了を告げる。再び表情を和らげた鳥越氏が頭を下げながら会場を退出し、この日の会見は終了した》 =完=』

 正直、都政よりも国政のアブナい流れをいかに阻止するかという思いが大きいように思うのだけど。この辺りは、改めて書くつもりだけど、mewは「東京から日本の国政を変えればいい」と考えているです。(・・)
 そして、もしできるなら(参院選では実現できなかった)野党共闘+市民団体+一般市民がみんなで鳥越氏を応援できるような態勢がとれればいいな~と思うmewなのだった。(@@)

 THANKS
                                             
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/24524089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2016-07-13 11:11
タイトル : 東京都知事選では野党共闘知事候補・鳥越候補を当選させ改憲..
 東京都知事選では野党共闘知事候補・鳥越候補を当選させ改憲勢力の自公に一矢を報いるべきだ、民進党など野党4党が12日、東京都知事選の統一候補としてジャーナリストの鳥越俊太郎氏の擁立を決めたのは、政権批判票が分散する事態は避けたいとの判断からだ。参院選では改憲勢力の3分の2を阻止できなかったが、野党4党は共闘の枠組みを維持したまま首都決戦に臨む構えだ。【朝日弘行】、に関連する最新のWeb情報を引用すると、... more
by mew-run7 | 2016-07-13 08:35 | 民主主義、選挙 | Trackback(1)