都知事選は小池が圧勝&自民党との関係、都連の責任はどうなる?+鳥越、敗北の弁

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 今日から8月なんですね~。(@@)

 しばらくは、まったりモード&mew個人の趣味モード(?)でブログを運営しようかと思っています。_(._.)_

 早速だけど・・・錦織圭がマスターズ・ロジャーズ・カップ(トロント)の準決勝で、ランキング上位&全英で決勝に進出したバブリンカに7-5,6-1で勝利。今日午前5時から決勝戦でジョコビッチと対戦するです!(**)

 錦織は、全英3回戦を左脇腹の痛みで途中で棄権。この大会が復帰戦になるのだが、当初はサーブやショットも、ちょっとコワゴワとした感じで慎重に打っていたものの、ディミトロフに2-1で勝った準々決勝あたりからそこそこ思い切って打てるようになっており、かなり回復している様子。ジョコさまには、14年の全米準決勝以来、勝っておらず。今年も4連敗しているのだけど。何とかここで勝って、四大クラシックの次に大きな大会であるマスターズで初優勝を果たして欲しい。o(^-^)o <もう錦織と五輪ぐらいしか楽しみがないし~。_(。。)_>

* * * * *

 さてさて、昨夜、仕事が一段落して時計を見たら、19時59分。で、かばんの中からスマホを出そうとしたら、おそらくはジャスト午後8時に、yahooが速報を出したようで、画面中央に「小池、当選」の文字が。「あらら~。ここまで早くなくとも」という感じだったです。(>_<) <追記・開票結果ベスト5>

『都知事に小池氏=女性初、増田・鳥越氏に大差【都知事選】

時事通信 8月1日(月)

 舛添要一前知事の辞職に伴う東京都知事選が31日投開票され、無所属で新人の小池百合子元防衛相(64)が、増田寛也元総務相(64)=自民、公明、こころ推薦=、野党4党統一候補でジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=ら無所属や諸派の新人20人を破り、初当選を果たした。初の女性都知事として、混乱した都政の立て直しに取り組むとともに、2020年東京五輪・パラリンピックの開催準備を急ぐ。
 確定投票率は59.73%(前回46.14%)だった。

 小池氏は自民党前衆院議員で、同党の制止を振り切って出馬。政党や組織に頼らない「しがらみのなさ」を前面に打ち出し、増田、鳥越両氏との三つどもえの争いを制した。与党は10日の参院選で大勝した直後に水を差された格好だ。野党側は「保守分裂」の好機を生かせず、民進党では共闘路線の反対派が勢いを増す可能性がある。

 小池氏は豊島区内の事務所で、都議会との関係について「都民のために何をすべきなのかを最優先に考え、政策の実現のために連携を取りたい。ただ混乱というのではなく、都民優先で考えれば、おのずと答えが出てくる」と述べた。

 小池氏は選挙戦で、都議会最大会派の自民党との対決姿勢をアピール。舛添前知事の高額な海外出張費や公用車の私的利用などの公私混同問題に多くの批判が寄せられたことから、都政の透明化や行財政改革を訴えたほか、知事報酬の半減などを公約に掲げた。
 増田氏は、自民、公明両党の支援を受けた組織的な選挙戦を展開。官僚OBで岩手県知事も務めた豊富な行政経験を訴え、都政の信頼回復を呼び掛けたが、小池氏との保守分裂が集票に大きく影響した。

 鳥越氏は、都知事の立場で脱原発や憲法改正反対を訴える姿勢を強調。告示直前、支持層が重なる元日弁連会長の宇都宮健児氏(69)が出馬を取りやめ、候補一本化が実現したが、及ばなかった。

 今回の都知事選には過去最多の21人が立候補。選挙戦では舛添氏、その前任の猪瀬直樹氏と2代続けて都知事が政治とカネの問題で辞職したのを受け、知事の資質やクリーンさがテーマとなった。政策面では、待機児童の解消や東京五輪への対応などが論点となった。

◇東京都知事選当選者略歴
 小池 百合子氏(こいけ・ゆりこ)カイロ大文卒。ニュースキャスターなどを経て92年参院議員に初当選。93年衆院議員にくら替えし、環境相や防衛相を歴任。都知事選出馬に伴い連続8期目の衆院議員を失職。64歳。兵庫県出身。当選1回。』 

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『「結果の重み感じまい進」=緑のハンカチ手に抱負―小池氏【都知事選】
時事通信 7月31日(日)

 「結果の重みを感じながら、新しい都知事としてしっかりと都政にまい進したい」。小池百合子さんは東京・西池袋の事務所で、時折涙ぐみながらも力強く語った。
 小池さんはテレビ各局が当選確実を伝えた午後8時すぎ、クリーム系のスーツ姿で事務所入り。何度も支持者に頭を下げながら、イメージカラーの緑色のハンカチで目頭を押さえた。事務所は夕方から報道陣であふれ、入れない支持者もいた。

 小池さんの隣には、自民党都連が処分をちらつかせる中でもずっと応援した自民党衆院議員の若狭勝さんや、同党元総務会長の笹川堯さん。共に万歳三唱して喜びを爆発させた。
 小池さんは選挙戦について「SNS(インターネット交流サイト)も活用した。支えてくれる人の輪がどんどん広がった」と振り返り、「(街頭演説の際に)緑色の品を着けてきてと言ったら、ゴーヤやブロッコリーを持ってきた人もいた。これまでにない、楽しい選挙だった」と語った。
 今後の都政運営については「都民の生活がよりよくなるように、女性も男性も、子どもも大人もお年寄りも障害を持った方も、みんなが輝ける東京を」と繰り返した。』

* * * * *

 確かに石原パパの暴言や石原ジュニア&自民党都連の冷たい言動は、「マダム・スシ」改め「ジャンヌ・ダルク」の小池氏にとってはナイスアシストになっちゃいましたね。(>_<)

『池上無双 当選の小池氏バッサリ…厚化粧発言「しめたと思ったのでは」と直球
デイリースポーツ 7月31日(日)
 ジャーナリストの池上彰氏(65)が都知事選でも無双ぶりを発揮した。31日夜にテレビ東京系で放送された都知事選の選挙特番「池上彰の緊急報道SP ニッポンの大問題」で都知事選に勝利した小池百合子氏にズバッと切り込んだ。

 選挙期間中、元都知事の石原慎太郎氏が、自民推薦の増田寛也氏への応援演説で小池氏のことを「厚化粧」とこき下ろした発言を持ち出し「しめたと思ったのでは?」と直撃。この発言で小池氏への女性支持が広がったと分析してみせた。小池氏は苦笑しつつ「敵失”ではないですけれど。エールをもらったことになった」と応じた。

 さらに小池氏と所属政党である自民党との対立構造を解説して「何でこんなにみんなから嫌われてるんですか」と質問。小池氏が気色ばみ「自民党の全部を敵に回しているわけじゃありません」と返す場面も。

 小池氏もキャスター出身らしく、言われっぱなしでは終わらず、「私は嫌われる、嫌われてないってことに興味がないんです。林修先生と『異端のススメ』っていう本を出してますけど、(嫌われることは)勲章だと思ってます」と余裕を漂わせていた。』

* * * * *

 mewは小池百合子氏を応援していたわけではないけど。ただ、正直なところ、mewは、石原伸晃氏が会長、下村博文氏(安倍盟友ゆえ総裁特別補佐に)が会長代行、内田茂氏(都議会議長)が幹事長を務める東京都連が推薦して全力で支援して来た候補が敗れたこと自体には、かなり喜びを覚えているところがあって。(ざまあ、と申しましょうか?)
 伸晃氏や下村氏がどのように責任をとるのか、注目したいと思うです。(・・)

『東京都知事選 自民党都連の石原伸晃会長が逃げた? 推薦候補「完敗」で記者対応をせず事務所を去る

 産経新聞 2016.7.31 21:14

 東京都知事選で増田寛也氏を推薦した自民党東京都連会長の石原伸晃経済再生担当相は31日夜、増田氏の落選が伝えられると、当初予定していた記者団への対応を行わずに東京都千代田区の増田氏の事務所を後にした。

 石原氏は、増田氏の支援者らへのあいさつでは「選挙は完敗だった。力不足で申し訳ない」と陳謝。その上で「捲土重来。いろんなことがこれから起きるかもしれない。私は増田さんの大ファンの1人としてこれからも手を携え、都民のためにしっかり仕事をしていきたい」と述べた。
 事務所に集まった記者団には事前に当落判明後の石原氏の取材の案内があったが、結局行われなかった。

 自民党は、当選した小池百合子氏を推薦せず、都知事選は17年ぶりの分裂選挙となった。党都連会長の石原氏に対しては、分裂選挙を招いた上、推薦した増田氏が完敗したことへの責任論が出ている。』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『分裂自民、手痛い敗北=小池氏処分で寛容論も【都知事選】
時事通信 7月31日(日)

 自民党は31日投開票の東京都知事選で、推薦した増田寛也元総務相が小池百合子元防衛相に及ばず、保守分裂選挙で手痛い敗北を喫した。増田氏擁立を主導した党都連の石原伸晃会長らの責任が問われるのは必至だ。党に反旗を翻す形で出馬した小池氏の処分も検討するが、小池氏率いる都の新体制との関係構築を重視して寛容な対応を求める声もあり、難しい判断を迫られそうだ。

 石原氏は31日夜、増田氏の事務所で支持者らに「完敗だった。力不足で申し訳ない」と陳謝したが、自らの進退には言及しなかった。同党の茂木敏充選対委員長は「都民の審判を謙虚に受け止めたい。新知事には、都政の混乱を一日も早く収拾し、課題の解決に力を尽くしていただきたい」とのコメントを発表した。

 自民、公明両党は増田氏をそろって推薦し、徹底した組織選挙を展開。自民党都連は、親族を含め小池氏を支援した場合は除名などの処分対象にするとの文書を出し、締め付けを図った。
 しかし、小池氏はこうした圧力を逆手に取って改革姿勢を前面に出し、与野党支持層や無党派層から幅広く支持を獲得。自民党からは若狭勝衆院議員や一部区議らが公然と小池氏を応援し、党の締め付けは裏目に出た。

 自民党の下村博文総裁特別補佐は31日の民放番組で、小池氏や応援者の処分について「党紀委員会などできちんと議論する必要がある」と述べた。党内には「勝ち負けに関係なく除名にすべきだ」との強硬論が出ている。

 一方、2020年の東京五輪・パラリンピックや少子高齢化対策など重要政策で都と連携していくため、除名など厳しい処分を避けるべきだとの意見もある。増田氏を応援した国会議員からも「国と都はこれから一緒にやっていかなければならない」「今後の小池氏の対応次第だ」といった声が上がる。

 安倍晋三首相は今回、増田氏への支援を呼び掛けるビデオメッセージを寄せたものの、街頭での応援は見送った。敗北のダメージを最小限にとどめ、小池都政との全面対立を避けたいとの思惑があるとみられる。』 

<ちなみに、安倍首相は負けるのがイヤなので、直接、応援に行かず。(途中、夏休みをとってゴルフとかやってたし。^^;)結局、ビデオで応援メッセージを出しただけで、うまく逃げたつもりになっているのかも。でも、菅官房長官は、何回も応援に来たのよね。(~_~;)>

* * * * * 

『「申し訳ない」と鳥越さん=野党共闘に今後も期待【都知事選】
時事通信 7月31日(日)

 午後8時20分ごろ、硬い表情で現れたジャーナリストの鳥越俊太郎さん。「みんなに都政を取り戻す」と書かれた青いプラカードが飾られた会見場で、「私の力不足。期待を寄せてくれた人に申し訳ない」と頭を下げると、「よくやった」の声と拍手が起こった。

 告示2日前に、野党4党の統一候補として出馬を表明。「準備不足だったが、徐々に追い付いていった」と自己評価した。野党4党には「次の衆院選でも統一して戦ってもらいたい」と語った。
 一方、週刊誌で女性問題疑惑が報じられたことが尾を引き、出馬断念した宇都宮健児元日弁連会長からは応援を得られなかった。鳥越さんは「宇都宮さんの政策を反映したつもりだが、共に行動できなかったことは残念」と悔しさをにじませた。
 自身の今後については「チェックすべきことはチェックする」と述べ、ジャーナリストの立場から都政に目を光らせるとした。』

『午後8時20分頃に事務所に現れた鳥越氏は硬い表情で、「敗戦の弁を述べないといけない」とうつむいた。会見では敗戦の理由について「準備不足ももちろんあったし、事実無根の報道をされたのが影響したと思うが、基本的には私の力が及ばなかったことがこういう結果につながっている」と説明した。
 一方野党4党から支援を受けたことについて「結果的にはこういう結果になったが十分な戦いができた。力及ばずで、みなさんのご期待に添えなかったが、野党4党(の枠組み)は絶対に今後も必要だ。次の衆院選では野党4党で統一して戦っていただきたい」などと話した。
 女性問題が報じられたことについては「法的な措置をとっているのでくどくど述べるつもりはない。影響がなかったといえば嘘、あったと思う」と言及した。

 新しい都知事に望むことについては「公約をきちっと実行していただきたい。特に待機児童、待機高齢者・介護の問題、こういう点についてはちゃんとした効果のある都政をおこなっていただきたい。やっていただかないと私たちはまた声を上げることになる」と述べた。また小池氏については「雑誌の中で核武装の選択肢は十分にありえると述べられていた。本当に今でも怒りの気持ち。核武装があり得るというような人が都知事になっていいのかと思っている。都知事になられた後の言動には注意を払っていきたい」と語気を強めていた。(THE PAGE7月31日)』 <民進党都連の反応はまた後日にでも。超保守陣営の松原会長や長島幹事長は、岡田代表のせいにして責任をとらないつもりなのかな?^^;>

* * * * *

 ここから小池氏と自民党の本部、都連、都議会の関係がどうなるのか。TVメディアは、今後も小池氏と彼らの戦いを追い続けるのか・・・それなりに見ものかも。(++)

 そして、鳥越氏が惨敗することになった上、何故か突然(しかも都知事選中に)岡田代表の代表選不出馬宣言したことで、ここから民進党は保守勢力が動き出してバタバタするんだろうな~と、ちょっと冷ややかに見ているmewなのだった。(@@) 

 THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"





東京都知事選 小池氏当選

小池 百合子
こいけ ゆりこ
無 新 64歳
元防衛大臣
2,912,628
得票率44.5%


増田 寛也
ますだ ひろや
無 新 64歳
推薦
自民・公明・こころ
元総務大臣
1,793,453
得票率27.4%


鳥越 俊太郎
とりごえ しゅんたろう
無 新 76歳
推薦
民進・共産・社民・生活
ジャーナリスト
1,346,103
得票率20.6%


上杉 隆
うえすぎ たかし
無 新 48歳
インターネット報道番組配信会社社長
179,631
得票率2.7%


桜井 誠
さくらい まこと
無 新 44歳
政治団体代表
114,171
得票率1.7%
[PR]

by mew-run7 | 2016-08-01 02:26 | 民主主義、選挙