三反園が川内原発停止に挑むも、伊方が再稼動。菅直人が現地で危険性アピール

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

7月10日、ちょうど参院選の投票日と同じ日に、鹿児島県知事選挙が行なわれたのだが。
 かつて「ニュースステーション」でもお馴染みだった元テレビ朝日の記者・三反園訓(みたぞの さとし)氏が、4選を目指していた保守系無所属の現職の伊藤伊藤祐一郎氏を破って当選したことは、mewにとってと~っても嬉しいニュースだった。(*^^)v祝

 九州電力は、政府のバックアップを受けて、東日本大震災後の新たな規制基準に基づく形で、鹿児島県内の川内原発の再稼動を決定。安全性や避難路などに問題があるとして反対する声もかなりあったのだが、強引に計画が進められ、15年8,9月から3,4号機が再稼動が実行に移された。(-"-) 

 三反園氏は、九州電力(with安倍内閣)このように地域住民の多くが疑問や反対を唱える中、強引に再稼動を行なったことを批判。知事選では、原発をいったん停止し再検査をすることを公約に掲げて当選。
 原発の一時停止に向けて、動き出している。(**)

<ちなみに、前知事は14年に『九州電力川内原発の再稼動に対する判断を示した際に原子力規制委員会の指針や九電の評価を引用し、原子力事故が起きても原発から5.5キロの放射線量は毎時5マイクロシーベルトだとした上で「避難の必要がない。普通に生活してもいい」と述べ、「もし福島みたいなことが起きても、もう命の問題なんか発生しない」と発言』。地域住民の反発を買っていた。(wikipediaより)>

* * * * *

『全国で唯一運転している九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働から11日で1年になるのを前に、鹿児島県の三反園訓(みたぞの・さとし)知事が10日、記者団の取材に応じた。近く川内原発周辺を視察した上で、今月下旬から9月上旬に同原発の一時停止と点検を九電に求める方針を改めて強調した。

 知事は「これまで申し上げてきたとおり、原発に頼らない社会を目指していきたい」とするコメントを発表。取材に対し、川内原発で事故が起きた場合の避難の課題を探るため、避難誘導路の視察と併せ、周辺の病院や介護施設などの関係者らからも意見を聴く考えを示した。

 川内1号機は昨年8月11日、2号機は10月15日に再稼働した。この間、大きなトラブルはなかったが、先送りされた課題も多い。昨年12月には、九電が再稼働前に2015年度までに造るとしていた重大事故時の対応拠点「免震重要棟」を建設しないと発表し、原子力規制委員会から批判を受けた。現在は新たな耐震施設の審査を受けているが、建設時期の見通しは立っていない。テロ対策施設「特定重大事故等対処施設」も未設置のままだ。(毎日新聞16年8月10日)』

* * * * * 

 ところが、今度は四国電力が、愛媛県内にある伊方原発の再稼動を決め、昨日から運転を始めることに。(ーー) 

 伊方原発は半島のつけ根の部分に位置しており、しかも急な崖のようになっている部分もあるため、大規模地震や津波への対策でも不安を抱えているのだが。同時に、何か事故が起きた時に、原発周辺の地域の住民が避難することが極めて困難であるため、大きな問題になっている。(-"-)

 昨日は、菅直人元首相も現地に赴き、メガホンを使って、この避難の問題を訴えていたという。(@@)

『愛媛県の四国電力・伊方原発3号機は12日午前、再稼働した。
 12日午前9時、伊方原発の中央制御室では、核分裂反応を抑える制御棒を引き抜く操作が行われ、原子炉が起動した。3号機が稼働するのは、2011年4月に運転を停止して以来、約5年4か月ぶり。

 国の新しい規制基準のもと、鹿児島県の川内原発1、2号機、福井県の高浜原発3、4号機が再稼働したが、高浜原発は裁判所の判断により運転を停止しているため、これで、日本で稼働している原発は3基となる。

 伊方原発のゲート前では、再稼働に反対する市民グループらが、菅直人元首相と共に抗議活動を行った。
 菅元首相「逃げられないんですよ、この場所は。メルトダウンが始まる、どうやって海に逃げるのか、じゃあ陸の側に逃げようと思ったら、この原発のそばを通らなきゃいけない。逃げることができない原発なんですよ、この立地そのものが」

 伊方原発3号機は、13日朝には核分裂が安定した状態で続く「臨界」に達し、15日に一般家庭への送電を開始する計画。(NNN16年8月12日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『菅直人元総理は四国電力伊方原発3号機の再稼働について「伊方原発は佐多岬の瀬戸内海側の付け根にある。ここで福島原発事故のような大量の放射能漏れが発生すると、瀬戸内海は太平洋と違って内海なので、全域が長期間汚染される」と強く懸念。

「瀬戸内海に面している地域、特に漁業関係者はそのことを心配している」としたうえで「事故が起きた時の責任を四国電力だけで負えるものではない」と万一重大事故が発生した場合、被害の甚大さは取り返しのつかない物になると再稼働反対を強く訴えている。

 そうした中、四国電力は伊方原発3号機を12日、再稼働させた。9月上旬に原子力規制委員会の最終検査を受け、通常運転に入るとしている。

 安倍政権は原子力規制委員会が新基準に適合していると判断した原発については再稼働を進めるとしており、原発再稼働への動きは加速している。
 一方、原子力規制委員会の田中俊一委員長は「原子力規制委員会は新規制基準に適合しているかどうかを判定しているのであって、原発の安全性を担保するものではない」とし、事業者には安全性確保へのレベルアップ努力を継続して求めている。(編集担当:森高龍二)(エコノミックニュース16年8月12日)』

* * * * *

『避難計画、実効性に疑問=半島5千人、孤立の恐れ―道路寸断、海路荒天で・伊方町


 長さが約40キロあり、「日本一細長い」とされる半島の付け根に、四国電力伊方原発は位置する。重大事故が起き、大量に放出された放射性物質で付け根に「ふた」がされる形になった場合、半島に住む約5000人は孤立する恐れがある。道路が寸断されたらどうするのか、荒れた海を船で逃れることはできるのか。避難計画の実効性に疑問を残し、原発は動きだした。

◇国道は片側1車線

 県の避難計画によると、伊方町の住民約1万人は原則として、自家用車や県が手配したバスで避難する。半島を貫く国道197号を通り、渋滞を緩和するため途中から複数のルートに分散。原発の半径30キロ圏を抜け出し、松山市の西隣にある松前町に避難する計画だ。

 197号は半島の山あいを通る片側1車線の道路。「本当に大丈夫か」。伊方町中浦の漁師矢野善平さん(67)は「土砂災害で道が寸断したら大変だ」と不安を抱く。

 県砂防課によると、伊方町には豪雨や地震で土砂災害を起こす恐れがある警戒区域が計206カ所あり、うち15カ所は197号が通っている。矢野さんは「伊方町は危ない所が多い。放射性物質が漏れる前に逃げられるだろうか」と疑う。

◇港へ細い道

 土砂崩れで道路がふさがった場合、計画では半島先端の三崎港などから船で避難する。住民は県内から集まったフェリーや海上自衛隊の艦船などに乗り、県内のほか海を挟んだ大分県や山口県に逃れる。ヘリコプターの活用も想定している。

 ただ、三崎地区で日用品店を営む池田豊美さん(71)は「いろんなハードルがある」と懸念する。

 船で逃げるには、多くの人を港に集める必要がある。だが、中には半島最先端の正野地区のように、細くて狭い県道をたどって三崎港へ向かう所もある。

 池田さんは「港までの道は寸断していないか。乗り物の手配はできるのか。時間帯や天気に関係なく、しっかりできるか疑問だ」と力説する。

 地元フェリー会社によると、冬の三崎港は北西の風の影響で時々、高波が発生する。船が出せないこともあるという。地元で暮らしてきた池田さんは「海の避難は不安。同じ地区の人も表立って言わないだけで、みんな思っている」と打ち明けた。(時事通信16年8月12日)』

* * * * *

 ただ、これは沖縄の辺野古移設などの問題とも共通するのだが。いくら各自治体や地域の首長や住民が懸命に訴えても、国政選挙において、安倍自民党が圧勝している限りは、地元の民意にかかわらず、強引にことが進められてしまうのが実情だ。
 もし事故が起きた時、真っ先に被害にあうのは地元の住民なのに、その安全性や意思は軽視、無視されてしまうのである。(-"-)

 残念ながら、安倍自民党の一強多弱のほぼ独裁状態が続く限り、この流れを変えることは難しいのであるが。世論調査の結果によれば、国民の多くは「脱原発」を望んでいる様子。
 そうであるなら、せめてできるだけ多くの全国の国民が、せめて「脱原発」に向けて動いてくれるように、また「安全な再稼動対策」を後押してくれるようにと願っているmewなのだった。(@@)

  THANKS

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]

by mew-run7 | 2016-08-13 02:13 | 政治・社会一般