マツコが安倍批判を連発。丸川をホステス扱い。圧力に負けず、毒舌キープを願う

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【全米OPテニス・錦織圭が技巧派マユを3-1で破り、4回戦に進出。これで今年は四大大会全てで、ベスト16以上が確定した。"^_^"<今年はサーブがはいらない割に、成績は安定しているのよね。(・o・) あとはサーブさえはいってくれれば。(~_~;)>次は身長211cmのビッグ・サーバー・カルロビッチが相手。1回戦で61本ものサービスエースを決めて、大会新記録を打ち立てているだけに、いかに自分のサービス・ゲームをしっかりキープできるかが重要になる。ガンバ!o(^-^)o 
 バブリンカも、スライスでしつこく返して来るエバンズに3-2と大苦戦することに。何か卓球の試合でカットマンと対戦しているような感じがした。(@@)】

* * * * *

ところで・・・mew周辺では、「都知事選、誰かいい候補いない?」って話になった時、マツコ・デラックスの名を挙げる人が何人もいたものだった。(・・)
<mewは「あの人は、頭いいから、政治家なんかにはならないじゃない?」って言ってたんだけど。^^;>

 マツコは東京ローカルのMXテレビ「5時に夢中!」で、さりげなくbut的確な毒舌を吐くビッグなオネエとして有名になった&安倍批判も結構していることもあって、mew周辺ではかなり評価が高いのである。(@@)
 
 とはいえ、いまやマツコは、民放各局で冠番組を持ち、CMも何本も抱える身。<「2016上半期タレントCM起用社数」でTOPですって。(・o・)> 
 それもあってか、大手民放の番組では、以前ほど強い毒は吐かなくなっているような感じもあるのだけど。でも、「5時~」やその他の媒体では、相変わらず、辛らつに安倍批判を含め、政治や社会の批判を行なっている様子。(++)

 それこそ、あまりの毒舌ぶりに、「マツコ・デラックスの番組降板をCMスポンサーが懇願!?」(エンタメニュース」なんて記事が出ていたほどだ。(~_~;) <後半にアップ。>

* * * * *

 では、まずはマツコの安倍政権(丸川大臣なども含む)に対する毒舌批判を取り上げたリテラの記事を・・・。

『マツコ・デラックスが安倍政権への毒を連発!「安倍マリオは中途半端」「福祉削減やナショナリズム回帰は恐ろしい発想」

リテラ 2016.09.03

 本サイトで繰り返し取り上げているように、第二次安倍政権発足以降、メディアにおける言論の自由は急速に硬直化を進め、いまや報道のみならず、バラエティ番組においてですら政権を揶揄するような発言を行うことが難しくなりつつある。

 そんな状況下、超売れっ子タレントが政権に対する毒を急速に強め始めている。ご存知、マツコ・デラックスだ。

 8月22日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で“安倍マリオ”について、「突き抜けていないよね。恥ずかしいんだったらやるんじゃないよ! すぐ脱ぐんだったらやるな、断れって話。ヒゲもないし中途半端」と語った件は先日、本サイトでも取り上げたが、マツコはこれ以外にも政権への批判を各メディアで繰り返し語っている。

「サンデー毎日」(毎日新聞出版)2016年9月11日号掲載の、読者お悩み相談連載「うさぎとマツコの信じる者はダマされる」では、母親の介護に悩む読者の相談を受けつつ、こう訴えた。

「最近はもう、こういった福祉分野にかけるお金をどんどん削減していこう、というような流れになってきてるよね。前々回のナショナリズムへの回帰の話じゃないけどさ、なんだかどんどんと恐ろしい発想になってきてる気がする」

 安倍政権は「介護離職ゼロ」などと言っているが、実際に行っていることはまったくの逆。国民の負担を増やす大改悪を続けていることは周知の事実だ。


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 こういった流れは介護や医療だけでなく、育児の分野でも同じ。「保育園落ちた日本死ね!!!」ブログが議論を呼び、それに対して安倍首相が国会の場で「匿名なので、本当かどうか確かめようがない」と逃げた件は記憶に新しいが、「EX大衆」(双葉社)16年5月号でマツコはこう切り捨てている。

「夏の参院選に影響しかねないということで、政府・与党はあわてて保育所の待機児童問題についての緊急提言を出したのよ。
 その内容がまさに急場しのぎ。小規模保育の上限19人を22人に増やすとか、企業内保育所の拡充とか。財源のあてがないから、規制を緩めて受け皿を広げようってわけ。質が低下するだけよ」

「先の国会答弁でも分かるとおり、安倍さんって保育園問題とかまったく興味がないんだよね。だけど、いまは憲法改正問題より待機児童問題を解決したほうが、よっぽど国益につながるんじゃないの」

 先に引用した「サンデー毎日」でマツコは、福祉切り捨ての政策と並び「ナショナリズムへの回帰」を「恐ろしい発想」としているが、やたらと「愛国」を叫び、あまつさえ大日本帝国時代の価値観の復活まで主張する人間が出る現在の状況を、マツコは「経済」という戦後の日本国民を支えたアイデンティティが揺らぎ始めたのが原因ではないかと分析。「サンデー毎日」16年8月28日号ではこのように語っている。

「アタシが言いたかったのは、日本人にとって経済が宗教的存在、精神的にすがるものになっている、ってこと。(中略)それが失われちゃった時に、たとえば欧米にキリスト教があったり、また別なところでヒンズー教だったりイスラム教だったり仏教だったりという、すがるものがある人たちとくらべて、心の支えになるものがなかったことが明らかになってしまったわよね」

 拝金主義に走り続け、心の支えになる価値観や教養を育まなかった結果、この国は「ニッポン、スゴい」の考えにすがりつくしかなくなってしまったというわけである。そして、そういった人たちに支えられているのが現在の政権なのだ。

「もし仮に「お金という心の支えを失ったことで、日本社会がナショナリズムを強めていくのでは」という話だったとして、まあ、もうすでにそうなってるよね」

 旧来のやり方ではもう日本の経済は好転しないということは誰の目にも明らかである。だが、新国立競技場をめぐるゴタゴタを見てもわかる通り、政権がやろうとしているのは、バカの一つ覚えのように公共事業に投資し続ける、昭和の時代から何も変わらないやり方だ。マツコは「EX大衆」14年12月号のなかでアベノミクスの欺瞞もこう揶揄している。

「結局、安倍さんのやろうとしている経済政策って、おじいちゃんの時代とほとんど変わらないんだよね。
 東京五輪で莫大な経済効果がもたらされると思い込んでいることもそう。巨大インフラ整備や公共事業投資に力を入れれば、再び日本経済が右肩上がりになるって信じているのね。信じているというか、それしか術を知らないというか」

「安倍さんも結局、既得権益を持つ人たちとは仲良くしていたいのね。所詮は、昔のやり方と同じことやっているのよ」

 こういったマツコの批判や皮肉の刃は首相のみならず閣僚にもおよんでいる。とくに、丸川珠代東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣に対しては「スケベなジジイに対するホステス」と辛辣だ。「EX大衆」15年12月号ではこのように語っている。

「この10月7日に発足した第3次安倍改造内閣で、参議院議員2期目にして晴れて環境大臣かつ原子力防災担当大臣になられた丸川珠代さんだけど、組閣の撮影で安倍晋三首相の斜め後ろで微笑んでいる姿を観た時に、「エエッ!? 丸川さんって、こんな笑い方する人だったっけ!?」って思っちゃった。

 何かスケベなジジイに対するホステスみたいな笑顔だったよ。こういったことに対して、けっこう否定的なスタンスだった人だよね。だから、びっくりしたね。ちょっと、ショックだったね。あまりに衝撃的すぎて、丸川さんの隣にいた強烈なはずの高市早苗大臣さえ目に入ってこなかったわよ」


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



マツコはキャスター時代の丸川については好意的に見ていたようだ。

「テレ朝時代、局内で干され気味になっていた時も、くじけなかった。そういったことも含めて、アタシ、丸川さんのこと、好きだったんだよね。

 だから、自民党から参院選に出馬するって聞いたときも、「あっ、自民党にもこういったタイプの人が入って、新しい面を見せてくれるような時代になったんだ」と思っていたの。

 でも、結果は──。これまでの自民党の歴史の中でも最高峰のホステスぐらいの仕上がりになっていたからね。正直、残念に思った。ま、アタシが勝手に過剰に期待しすぎちゃったのかもしれないけど」(「EX大衆」15年12月号)

「自民党最高峰のホステス」という表現はともかく、マツコは政権の中枢に気に入られるよう行動する丸川の姿勢に強い違和感を持っているようだ。そして、民主党の蓮舫と比較する形でこう語っている。

「結局、ジジイたちの喜ぶようなことをしないと、女の政治家っていうのは上にいけないってこと?
(中略)
 同じキャスター出身の民主党の蓮舫元公務員改革担当大臣って、どこか意地を張っているように見えるよね。「体制にも、男権社会にも、屈しませんよ」という意地ね。その姿を見て、「いい」と言う人もいれば、「悪い」と言う人もいる。

 だけど、蓮舫さんの現在の“仕上がり”には、もう真っ当な進化というか、「あの蓮舫が年を重ねたら、ああいうふうになるだろうな」という安心感があるのよ。一応、それまで生きてきた流れの中で、最低限のマナーは守っていると思うの。何度も言うけど、好き嫌いは別よ。
 一方、丸川珠代大臣の場合は、「人間、こんなに変わってしまうんだ」という衝撃が、アタシの中にあるの」(「EX大衆」15年12月号)

 このように、政治家にも歯に衣着せぬマツコだが、実は、今年4月に発売された「SWITCH」(スイッチ・パブリケーションズ)Vol.34 No.5のなかでは、もう自分は尖った発言はできなくなってしまったと答えている。

「でも最先端で居続けることって恐怖だと思うのよ。それはあたし自身にとってもそう。ずっとバキバキに尖ってられているかと言われたら、やっぱりいろんな人と関わってきて、いろんな人に迷惑を掛けることも知り、丸くなってきちゃうわけじゃない」
 しかしいま現在、政権に対して好き放題言えるタレントがどれだけいるだろうか? これで「丸くなった」と言われてしまったら、政権べったりの発言しかできない小籔千豊や松本人志など立つ瀬がない。

 とはいえ、本稿で引用した発言は、すべてローカルテレビ局や紙メディアでのものだ。次は是非ともキー局で自由な発言をしている姿を見てみたいのだが、もういまのテレビにはマツコのアティテュードを受け止められるだけの度量は残されていないだろうか……。(新田 樹)』

* * * * *

 こんなマツコの毒舌ぶりに、広告関係者はヒヤヒヤしている様子。(@@) <全文*1に>

 『どうする!? マツコ! タレントのマツコ・デラックス(43)が「2016上半期タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)で、女性部門初の単独トップ(12社)に輝いた。(中略)
 
「テレビ東京以外の民放はすべてレギュラーを持っているように、いまマツコの影響力は大きい。実際、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)や、『夜の街を徘徊する』(テレビ朝日系)などの番組で紹介した商品や『これイイ!』とマツコが言ったモノが品薄になるなど〝売れる〟実績を積んでいる」とはあるテレビ局関係者。

 それだけのレギュラー番組、CMを持つマツコの人気を支えているのは、独特の歯に衣着せぬ本音トークなのは間違いない。だが、このトークにいまさらながら広告関係者たちがおびえているという。
 ある芸能プロ関係者は「代理店の人たちが『もう降りてくれ』と悲鳴を上げているのが、TOKYO MXの『5時に夢中!』なんです」。

東京ローカルの番組だが、なぜ、そこまで恐れられているのかというと「マツコが持っているレギュラー番組の中で唯一の生放送で、時事ネタを斬る番組。何らかの発言が視聴者の反感を買うようなことで炎上しようものなら、CM自粛にまで発展しかねないのが、今のネット社会です。生放送、時事ネタなど、代理店の人たちにとっては不安定要素がいっぱいなんです」と同関係者は語る。(エンタメニュース16年7月22日)』

* * * * *

 でも、大手メディア、コメンテーターが自粛モードにはいりつつある中、どうかマツコには、周辺からの圧力(のようなもの)に負けずに、ここぞという時にはしっかりと言うべきことを言って欲しいと願っているmewなのだった。o(^-^)o

 THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"





マツコ・デラックスの番組降板をCMスポンサーが懇願!?

どうする!? マツコ! タレントのマツコ・デラックス(43)が「2016上半期タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)で、女性部門初の単独トップ(12社)に輝いた。

このおめでたい出来事の裏で、実は深刻な苦悩に直面していることがわかった。マツコをCM起用している複数の大手スポンサー関係者が「頼むからもうやめてくれ!」と降板を懇願している番組があるというのだ。それはTOKYO MXの「5時に夢中!」。マツコ人気のキッカケとなった番組とスポンサーの板ばさみにマツコは――。

昨年末に発表された2015年の同ランキングでは4番目の起用社数だったマツコが、契約会社を2社増やし、初の栄冠に輝いた。

「テレビ東京以外の民放はすべてレギュラーを持っているように、いまマツコの影響力は大きい。実際、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)や、『夜の街を徘徊する』(テレビ朝日系)などの番組で紹介した商品や『これイイ!』とマツコが言ったモノが品薄になるなど〝売れる〟実績を積んでいる」とはあるテレビ局関係者。

それだけのレギュラー番組、CMを持つマツコの人気を支えているのは、独特の歯に衣着せぬ本音トークなのは間違いない。だが、このトークにいまさらながら広告関係者たちがおびえているという。

ある芸能プロ関係者は「代理店の人たちが『もう降りてくれ』と悲鳴を上げているのが、TOKYO MXの『5時に夢中!』なんです」。

東京ローカルの番組だが、なぜ、そこまで恐れられているのかというと「マツコが持っているレギュラー番組の中で唯一の生放送で、時事ネタを斬る番組。何らかの発言が視聴者の反感を買うようなことで炎上しようものなら、CM自粛にまで発展しかねないのが、今のネット社会です。生放送、時事ネタなど、代理店の人たちにとっては不安定要素がいっぱいなんです」と同関係者は語る。

確かに、これまでCMランキングの上位の常連たちの顔ぶれを見ると有村架純(23)、吉田羊(年齢非公表)、広瀬すず(18)、そして歴代女王も上戸彩(30)、武井咲(22)と女優の肩書がほとんど。テレビでの発言が炎上する心配はあまりない。

だからといってマツコにも「5時に夢中!」を簡単には降りられない事情がある。

「何といっても、マツコはこの番組に出たのが大ブレークのきっかけだった。東京ローカルだったことで、ある程度バシバシものが言えたし、そのキレのあるトークが面白くてみんなが起用するようになったんです。つまりマツコを育てて、羽ばたかせたのが『5時に夢中!』。マツコは情に厚いところがあるから、周りから『辞めて』といわれて、ハイわかりました、とは言えないし、言わない」と同関係者。

とはいえ、CMクライアントや代理店の気持ちも分からないマツコでもない。

「たまに見ていると、反感を買わないように、いろいろ考えて発言しているなって感じる。以前ほどのキレもかげり気味。これでいいのか?って思ってしまいますけどね」(前出の関係者)

CM女王というきらびやかな冠をいただいてはいるが、マツコの苦悩の日々は続く――。
(更新日:2016年7月22日)
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/24637898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2016-09-05 12:09
タイトル : G20が世界経済のつかぬ間の静けさを認識・英国のEU離脱..
 G20が世界経済のつかぬ間の静けさを認識・英国のEU離脱が起きれば激震と予測 、激震の緩和策が主要議題、【杭州(中国)赤間清広、影山哲也】日米欧に新興国を加えた主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が4日、中国浙江省杭州市で開幕した。英国の欧州連合(EU)離脱問題など世界経済の下方リスクが残る中、経済の下支えに向け、各国が「すべての政策手段を用いる」との決意を表明する首脳宣言を5日に採択し、閉幕する。中国産を念頭に、鉄鋼の主要生産国が参加して過剰生産の解消などを話し合う「国際...... more
Tracked from 御言葉をください2 at 2016-09-06 10:20
タイトル : マツコ・デラックスに好感を抱いていたが
マツコが安倍批判を連発。丸川をホステス扱い。圧力に負けず、毒舌キープを願う mewさんが、マツコ・デラックスが安倍政権批判しているという記事を書いてくださっているので、トラックバックさせていただいた。... more
by mew-run7 | 2016-09-05 04:02 | 政治・社会一般 | Trackback(2)