日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

石原の発言がコロコロ変わりだした~計画変更の報告受領&石原から検討指示か

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

【昨日、9日に他界した加藤紘一氏(元自民党幹事長)の葬儀が行われた。加藤氏は、mewが自民党の中では、最も好きで期待していた議員のひとりである。
 昨日の葬儀は、YKK仲間だった山崎元副総裁が「まさに日本の政界、最強最高のリベラルがこの世を去ったという思い」だと。そして加藤氏が「憲法9条が日本の平和を守っている」と断言したことを紹介し、9条を変えないことが自分への遺言だったと振り返ったとのこと。(集団的自衛権の行使容認にも最後まで反対してくれていたのにな~。)
 機会があったら、いずれまた加藤氏について書きたいと思うが。心からご冥福をお祈りしたい。そして自民党が、これ以上、アブナイ方向に行かないように、見守っていて欲しい。】


 昨日の『石原が盛り土案以外のコンクリートの箱案を評価。都の地下空間方式採用に影響したかも』の続報を・・・。http://mewrun7.exblog.jp/24659052/

<ちょっと時間がなくてまとめる余裕がないので、とりあえず参考になりそうな報道記事をいくつか貼っておくです。>

 豊洲市場の工法に関する石原慎太郎前都知事の発言が、二転三転している。(@@)

 石原氏は13日に夜に出演した番組で、「だまされた。何もきいていなかった」と主張。自分は盛り土を使わない計画があること事態、全く知らなかったかのよな言い方をしていたのだが・・・。

 その後、08年5月の時点で、石原知事自身が会見の場で、盛り土を使わずコンクリートの箱を使う方法を検討すべきだと提案していたことが発覚。(・o・)

 記者たちが石原氏本人や周辺の人たちに話をきく中で、石原氏が「知事当時、盛り土案変更の報告を受けていたこと」を確認できた上、もしかしたら「盛り土案変更」にも関与していた可能性も出て来た。(@@)

* * * * *

 まず、石原氏は、自分が知事を務めていた11年当時(豊洲市場の設計が行なわれた頃)に、盛り土から、地下空間のある設計に変更したと都の事務方から報告を受けていた。(**)

『築地市場の移転先の豊洲市場で、土壌汚染対策の「盛り土」が行われていなかった問題で、設計に地下空間が入った2011年当時に知事だった石原慎太郎元知事が日本テレビの取材に対し、「盛り土から、地下空間のある設計に変更したと都の事務方から報告を受けていた」と話した。

 石原元都知事(83)「設計事務所が変わったことで盛り土から ああいうの(地下空間がある設計)に変わったと聞いた。下から(報告が)上がってきて『そうなりました』と聞いただけで、私が決定したわけではない。(地下空間がある設計に)変わったという報告を受けただけですから、市場長から。私は不幸にしてモノを決める権限もないし、知識もないし。とにかく現場がいろんな酌量をして決めたことですから」

 石原元知事はこのように話し、知事在任中に都の当時の市場長から「地下空間のある設計になった」と報告を受けていたことを明らかにした。

 豊洲市場の設計は、2011年3月に大手設計会社が契約していて、都によると、同じ年の6月に完成した基本設計には「地下空間」が組み込まれていたという。

 石原元知事は報告を受けた時期については、「覚えていない」としている。(NNN16年9月16日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 また、昨日の記事で、石原知事が08年5月の定例会見で、コンクリートの箱を使う方法を提案していたことを書いたのだが。この場面の映像は、どのTV局にもしっかり残っていたようで。石原氏もさすがに「そんなことは言ってない」とは言い逃れできない感じが・・・。

 石原氏は、15日に午後、自宅前でぶら下がり会見を行ない、「都庁の役人から聞いたから取り次いだだけ」だと発言。あくまでも役人に言わされたわけで、自分の意見や指示ではなかったかのように強調した。

<そもそも、石原くんが、役人の意見をそのまま取り次ぐだけなんて、メ~ッタにないことだと思うのに。^^;・・・ちなみに、このぶら下がり会見では、相変わらず、都合悪いor面倒な話になると逆ギレ調になってけん制。でも、今回は妙に食い下がる女性記者がいて「あっぱれ」だった。(・・)>

『東京・豊洲市場の土壌汚染対策をめぐる問題で、2008年、当時の石原知事が、地下にコンクリートの箱を埋める案について発言していたことがわかった。
豊洲市場の主要施設の地下は、東京都の独断で、盛り土(もりど)がされず、空洞になっている。
2008年、東京都の「専門家会議」で、盛り土をするよう提言をまとめる中で、当時の石原知事が、会見で「コンクリート箱を埋め込むことで、ずっと安くて早く終わるのではないか」との意見があったと発言していたという。

 石原元知事は、「建築のイロハも知らない人間が、そんなこと思いつくわけがない。下(都庁の幹部)から、『こうなりました』となったので、記者会見の時に言った」と述べ、都庁の幹部から報告を受けて会見で話したと述べた。(FNN16年9月15日)]』

* * * * *

 もう少し詳しい記事を・・・。

『築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の建物下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題で、石原慎太郎元知事(83)が2008年5月30日の定例会見で、土壌汚染対策として地下にコンクリートの箱を埋める案に言及していたことが15日、分かった。都は専門家会議の提言に反して独断で地下の空洞を設けており、石原氏の意向が影響したのか都は経緯を調べている。石原氏は15日、報道陣に「都庁の役人から聞いたから取り次いだだけ」と述べた。

 石原氏は08年5月の会見で豊洲市場の土壌汚染対策について言及。海洋工学の専門家である日大名誉教授がインターネット上で発言した内容を念頭に「もっと違う発想でものを考えたらどうだと。1回、その土地の土をどこかに全部、持っていってね。それで、それを違う方法で焼くとか何かして汚染をとる」と述べ、当時の担当局長にこの案を検討するよう伝えたことを明らかにした。

 その上で、石原氏は、地下2階程度の深さで地下コンクリート箱を埋め込む方式について「(豊洲市場予定地の)土を全部さらっちゃった後、コンクリートの箱を埋め込むことで、その上に市場としてのインフラを支える。その方がずっと安くて早く終わるじゃないかということでした」とし、工期短縮と工費削減ができると説明。「もっと画期的な方法」「安心して、納得するような手だて」への期待感も示した。

 石原氏は15日、報道陣に「都庁の役人からそういう情報を聞いたから、そういう意見があると取り次いだだけ」と説明。また、「急に設計事務所を変えたことで、盛り土をやめて(建物の)下に訳の分からないものをつくった。恐らく盛り土をするより経費がかかり、ゼネコンがもうかる」と持論を展開した。「一番大事な(設計)事務所を変えること自体知らなかった。どういう理由で工法を変えたか分からない。調べるのはメディアの責任」と話した。
  
 しかし、都の中央卸売市場担当者は「途中で設計会社を変更した」との石原氏の発言について調査中とし、11年3月に2社による設計プロポーザル方式で日建設計と契約したと説明した。

 08年5月は、専門家会議が豊洲の敷地全体で地下2メートルまでの土壌を入れ替え、その上に2・5メートルの盛り土をするよう提言をまとめている最中だった。石原氏は13日の報道番組で「(知事時代の)僕はだまされたんですね」「都の役人は腐敗していると思った」などと発言していた。

 この日、自らの地下コンクリ案が都の判断に影響した可能性について「全部、下(都職員)や専門家に任せていた。建築のイロハも知らないのに、そんなこと思い付くわけがない」と全面否定。一連の問題について感想を求められると、「東京都は伏魔殿だ」と気色ばんだ。(スポーツ報知16年9月16日)]

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 石原氏はあくまでも都の幹部(市場長)から話をきいただけだと主張し続けているのだが。何と当時の市場長がカメラの前に出て、「石原氏からまの会見の内容の指示を受けた」と証言。盛り土案変更は、石原氏主導でコトが進められようとしていたと語ったのである。(・・)

『2008年当時、都知事だった石原慎太郎氏が豊洲新市場の「地下にコンクリートの箱を埋める」案について発言したことをめぐり、石原氏と当時の市場長の意見が真っ向から対立しています。

 「要するに箱ですね、コンクリートの。それを埋め込むことで、その上に市場としてインフラを支える、そのほうがずっと安くて早く終わるんじゃないかと」(東京都 石原慎太郎知事<当時> 東京都HPより 2008年5月30日)

 豊洲新市場の土壌汚染対策をめぐり、2008年5月、当時の都知事・石原慎太郎氏は会見で「建物の地下を盛り土ではなく、コンクリートの箱にする」という案を都の幹部に伝えていたと発言していました。

 これについて、15日、石原氏が取材に応じました。

 「私は下から聞いたことを皆さんに報告しただけ。(Q.下というのは?)市場長」(石原慎太郎 元都知事、15日)

 市場長から上がってきた意見を報告しただけと話す石原氏。しかし、当時の市場長は15日、反対に「石原氏から指示を受けた」と話しました。

 「あの会見の内容は私が指示を受けた」(当時の市場長 比留間英人氏、15日)

 最終的に地下にコンクリートの箱を埋める案は実行されませんでしたが、都は、当時の石原氏の意向が盛り土についての方針に影響を与えなかったかについても調べています。(TBS16年9
月16日)』

* * * * *

 当時の市場長は「石原氏から検討してみろと言われた。私の時は地下は使わないという考えできていた」とも述べている。^^;


 『豊洲市場の主要な建物の下に盛り土がされず空洞となっていた問題で、2008年に当時の東京都知事・石原慎太郎氏が「建物の地下を盛り土ではなく、コンクリートの箱にする」という案を都の幹部に伝えていたことがわかった。

 当時の市場長は「石原氏から検討してみろと言われた。私の時は地下は使わないという考えできていた」と述べている。
 しかし、石原氏は15日、記者の取材に対し、あくまで都の担当局長にあたる市場長から地下空間を利用する提案をされたとしていて、真っ向から対立する証言となっている。
 (ANN16年9月15日)』

* * * * *

 本当であれば、築地市場移転の話や豊洲の汚染土壌の話が出た時に、メディアが知らん顔せず、今の半分でいいから取材をしてくれれば、こんなことにならなかったのにと・・・ついつい、ぼやきたくなるところなのだけど。(-"-)

 もし各メディアもマジになって追及すれば、まさに(石原大王の下にあった)伏魔殿と呼ぶにふさわしい都政(都庁+都議会)の闇が暴かれる可能性が出て来たわけで。
 都民、国民の食の安全のためにも、税金の無駄遣いをこれ以上しないためにも、まずは、どんどんと隠蔽された真相を暴いて行って欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

 THANKS 
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2016-09-16 07:40 | 政治・社会一般

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7