日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

小泉首相の年頭会見での靖国発言について(4)  ~自国の憲法が理解できない首相はアブナイ~

<書き始めたら、特に憲法に関しては熱くなりやすい上、わかりやすく書きたいと思う
と、ついつい長くなってしまい、一回で終わりそうにないかも~です。^^;>

 小泉首相の年頭会見の靖国参拝に関する発言で、私が最も問題だと思ったのは、この
部分である。
「日本人から、おかしいとか、いけないとかいう批判が、私はいまだに理解できません」
「精神の自由、心の問題。この問題について、政治が関与することを嫌う言論人、知識人
が、私の靖国参拝を批判することも理解できません」「精神の自由、心の問題、これは
誰も侵すことのできない憲法に保障されたものであります」

 これを見て、真っ先に思ったのは、小泉首相が憲法の理念、人権や民主政の概念という
ものがほとんど全くわかっていないということであった。
 一国の首相が、しかも彼には憲法尊重擁護義務(99条)があるというのに、そもそも
その前提となる憲法の基本的なことも理解しておらず、それを堂々と記者会見で発言して
しまうのだから情けないとしか言いようがない。
<理解できていないのなら、憲法論めいたことなんて発言しなければいいのにと、マジ
で思う。一国の首相としての資質や能力に疑問が持たれるし、この発言で国民が誤った
認識を与えられてしまっても困る。>

 まず、言論人、知識人を含む日本人の批判が憲法上、最も重要視される人権<表現の
自由>に基づく行為であり、国家(首相)がそれを最大限に尊重しなければならないこと
ましてや公の場で関与、干渉をすべきではないということがわかっていない。
 そして、小泉氏の一個人、一国民として保障される自由権も、首相としての立場では
制限される可能性があることも十分理解できていないようである。
 また、民主政を採用する一国のリーダーが、国民からの批判を受容できないこと
は危険なことであることも提言したい。さらに一国の首相や政治家としては、公の場で
の発言に思慮や配慮が必要なことや、首相、政治家としての立場での発言と個人として
の立場での発言を区別すべきこともわかっていないように思う。

 言論人、知識人が政治からの関与を嫌うというが<この政治というのは、政府→国家
のことか?>、そもそも国家は言論人等はもとより日本国民全ての基本的人権に関与、
干渉してはいけないのである。そのために<国民が国家をコントロールし、国家から
自分たちの人権を守るために>憲法が存在するのである。
 その基本的人権の中でも最も重要なのが、精神的自由権、とりわけ表現(言論)の自由
であると考えられている。何故なら、これらは国民の人格形成や民主政の基盤となる自由
な思想市場の形成に必要不可欠なものであるからだ。

 靖国参拝の件に即して言えば、国民がこの件に関して知識や情報を得て、また言論人等
の評価や批判を見聞することによって、自分たちがこの件を考え判断する材料を得ること
ができる。そしてまた、国民同士でその考えを交換し合ったり議論をしたりすることに
よって考えを深め、それを参政権の行使など民主政の過程に活かすこともできる。
<もし表現の自由が規制されれば、必要な情報も得られず、批判を含む言論も見聞した
り、自分で発することもできず、国家が好き勝手に国民をコントロールするような某国
や戦中の日本のようになってしまうのである。>
 それゆえ、マスコミも含めて、言論人や知識人が様々なニュースや情報を国民に提供し
問題があるとおもえば国家を批判するということは、本当に大切な仕事であり、また民主
政の中で重要な役割を担っているのである。<残念なことに、今、多くのマスメディアは
批判精神を失い、その重要な役割を忘れてしまっているようだが。>

 そして小泉首相は、行政府の長であり、国家の一部なのである。つまり、小泉首相が
日本国民や言論人、知識人が自分の参拝を批判することに関して、公の場で疑問や反論を
示すことは、ある意味で、国家が国民の表現の自由に関与、干渉する行為なのである。
 小泉首相は(3)で書いた「おかしい人」発言でかなりの非難を受けたため、その後は
<この点は少し学んだようで>「理解に苦しむ」「理解できない」という表現を用いている
が、もしこれが「おかしい=異常だ」と同意で使われているなら、尚更に問題性が高い。
 また相手の精神的自由権に基づく批判行為をけなして、自分の精神的自由権を訴えるの
であるから、私から見ればまさに「理解に苦しむ」身勝手な主張であるように思われる。

  <つづきは ↓ More をクリック >




 確かに小泉氏にも、一国民としての精神の自由は保障されている。「心の問題」とは
「内心の自由」のことを意味するのであろうが<(3)にも書いたが、これは「心の自由
(の問題)」と表現すべきであろう>、それも保障されている。だが、それはあくまでも
一個人、一国民としての場合である。
 だが、一国の首相としては、全ての人権が国民と同じように保障されるわけではない。
何故なら、首相は憲法上に定められた国家機関の一部だからである。

 たとえば、憲法13条は個人の尊厳を定める。個人の名誉もその一つであり、それは
刑法の名誉毀損罪(230条)でも保護されている。だが、もし名誉を毀損する行為をして
も、専ら公益目的で公共の利害に関する事実を示した場合には、真実であることの証明が
あれば処罰されないのである。(230条の2) これは政治家などに対して、情報や批判が
自由に行なえるように考えた規定であるが、小泉首相の名誉は一般国民と同じようには
保護されないのである。

 靖国参拝に関しても、一般国民と同じように考えてはもらえない。憲法には政教分離
規定(20条3項)があり「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もして
はならない」と記されているからである。小泉氏が一人の国民として私的参拝をする限り、
憲法問題にはならない。<首相としての資質&道義や外交の問題にはなり得るが。>
だが、首相として行くということになれば、国家機関の一部なので、違憲な公的参拝に
当たる可能性が生じてしまう。
 どんなに崇高な思いがあるとしても、首相として公的参拝すると言う以上は、憲法が
それを認めてくれないのである。

 彼は、当初は「内閣総理大臣としての小泉純一郎が(参拝する)」と言っていたのが
誰かにアドバイスされたのか、近時では「一首相が一国民として」という表現に変えて
いる。靖国訴訟の際には、政府はこれは私的参拝だと主張し、また首相周辺の者たちは
「あれは私人としての参拝でしょう」とフォローしているが、小泉首相自身はなかなか
公の場で「私人としての参拝」であると認めようとしない。「一首相が一国民として」
なのである。彼がそう言い張る限りは、また靖国参拝に行けば、憲法訴訟が提起される
だろう。それは決して「おかしい」ことではない。憲法論から言えば、当然のことなのである。
 
                   <つづく>THANKS
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/2498480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from zaraの当方見聞録 at 2006-01-17 07:00
タイトル : 小泉首相 年頭会見
小泉首相:靖国参拝「外交問題にならない」 年頭会見で  小泉純一郎首相は4日午前、首相官邸で年頭の記者会見を行い、自らの靖国神社参拝について「外交問題にはならない」と正当性を強調、「外国政府が心の問題にまで介入して外交問題にしようとする姿勢は理解できない」と述べ、首脳会談を拒否している中国、韓国の対応を強く批判した。また、「ポスト小泉」人事については、9月の自民党総裁選が近づいた段階で自らの支持候補を表明する考えを示した。  首相は靖国神社参拝について「精神の自由、心の問題は誰も侵すことの...... more
Tracked from 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部 at 2006-01-17 12:12
タイトル : 有識者=ゴキブリ
また、ろくでもないことを目論んでいるのだろう。 このコンビ、日本を悪くするばかり... more
Tracked from 椅子の家具工房:雑記DA.. at 2006-01-17 12:19
タイトル : どちらの歴史認識?
「一国の首相が、一政治家として一国民として戦没者に感謝と敬意を捧げる。精神の自由、心の問題について、政治が関与することを嫌う言論人、知識人が批判することは理解できない。まして外国政府が介入して、外交問題にしようとする姿勢も理解できない」小泉さんの年頭の挨拶です。私はこの人の言っている事こそ全く理解できません。私は別に天皇制支持者ではありませんが、 04年10月28日、園遊会の席上で、米長邦雄が「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることが私の仕事でございます」と天皇に話したが、天皇は「やはり、...... more
Tracked from  風に吹かれて at 2006-01-17 19:54
タイトル : 自民党新憲法草案
            Web of Peace     さて今回は、昨年自民党が出した自民党新憲法草案なるものを、私なりの考えと現憲法との比較を書きます。 まず今日は、第一回として[前文]を書きます。 私自身まだ未熟なので参考までに書きますので、私たちの現憲法を読み、自民党草案と比べて見てください。そして自分なりの判断をして頂ければ幸いです。 原文は、→ keep9(現憲法と自民草案)で読んで下さい。  現憲法は、世界に対して膨大な被害を出した戦争を二度と繰り返さないという反省...... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-01-17 21:33
タイトル : 最高裁判事、真野毅氏
衆議院解散無効確認請求 判例 昭和27年: 日本国憲法の精神、行政権の肥大化と独走(暴走)の危険性とその抑止の為の三権分立と抑制均衡の考え方が明確に論じられています。 節度のない「7条解散」を繰り返したあげく、歯止めを失って、ついに独裁政権の誕生を許してしまった現在を真野判事はどの様に見ているでしょうか? 何度か、他ブログでも取り上げられている判例ですのでご存じの方も多いと思いますが、今敢えて取り上げさせて頂きます。 半世紀前の昭和27年の衆議院解散無効確認請求に対し最高裁判所 大法廷は「現行法制...... more
Tracked from 評論しているつもり。 at 2006-01-19 16:22
タイトル : [靖国]「高村元外相、首相の靖国参拝を批判」を批判する
高村元外相、首相の靖国参拝を批判 2006年01月18日23時22分 http://www.asahi.com/politics/update/0118/007.html >「戦争美化の気持ちがないことはわかるが、外国の誤解を解くことが大変。なぜ反対するかわからない、ではすまない話だ。日本の政治家として配慮して頂きたい」 靖国神社そのものへの反対の気持ちがないことはわかるが、外国の誤解を煽ることが大変。ただ反対するだけではすまない話だ。 合憲である参拝に対し批判をするならば、日本の政治家とし...... more
Tracked from 評論しているつもり。 at 2006-01-19 16:23
タイトル : [政治(゜-゜)]小泉首相、次期総裁候補などについて語る..
小泉首相:次期総裁候補、重ねて国民的人気求める 毎日新聞 2006年1月12日 1時21分 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20060112k0000m010176000c.html >「トップリーダーが国民から支持を得るのは極めて大事だ」と指摘しており、次期総裁候補に対して、重ねて国民的人気を求めた格好だ。 ごく当たり前のようなことを言っているように見える。 しかし、小泉の改革路線に賛成する意思で投票する者と、タレント的な側面を...... more
Tracked from 評論しているつもり。 at 2006-01-19 16:23
タイトル : [(゜o゜)日記]米政権:「靖国」に懸念=アメリカ帝国の..
米政権:「靖国」に懸念 アジア戦略「日本に見直し要求」毎日新聞 2006年1月1日 3時00分 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060101k0000m010081000c.html >「歴史問題について対話を促進してもらいたい」 ブッシュこそ、日本の歴史をどのように考えているのか。 靖国には、連合軍に殺された人々も多く祭られている。 連合軍が支配した東京裁判という不当な裁判の結果、A級戦犯と言われている人々も含まれる。 そしてその靖国...... more
Tracked from 評論しているつもり。 at 2006-01-19 16:24
タイトル : [靖国]小泉の参拝は信教の自由で保障され、国立追悼施設は..
靖国参拝「控えるべきだ」 元駐米大使が雑誌に論文 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=GIF&PG=STORY&NGID=poli&NWID=2005121001002401 >小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「首相はじめ政府の責任ある立場にある者が参拝することは、同神社の『大東亜戦争』肯定の歴史観を共有しているとの印象を与えかねない。控えるべきだ」 「元」を含め首相はじめ政府の責任ある立場にある者が憲法を無視することは、同憲法...... more
Tracked from 評論しているつもり。 at 2006-01-19 16:24
タイトル : [靖国]小泉の靖国参拝に対する世間の捉え方を批判する
日本には憲法があるので、憲法に沿い行動することが賢明である。 世間では政教分離原則に反するかどうかという論調ばかりだが、信教の自由が権利で、政教分離原則が義務であると考え、このどちらも必要なものであると考える。 なぜなら、小泉は総理であると同時に国民でもあり、総理という特別な立場だからという理由で、この権利義務からはずすのなら憲法の平等性が失われるからだ。 信教の自由(大辞泉) 宗教を信じる、または信じない自由。宗教的行為の自由、礼拝・集会の自由、宗教的結社の自由、宗教の選択・変更の自由...... more
Tracked from 反骨心ブログ at 2006-01-24 12:30
タイトル : 靖国参拝
中韓、靖国参拝反対で一致 外相会談 2005年11月15日 産経 【釜山=久保田るり子】アジア太平洋経済協力会議(APEC)閣僚会議出席のため当地を訪れている中国の李肇星外相と韓国の潘基文外交通商相は十五日朝、会談し、小泉純一郎首相の靖国神社参拝に反対する立場で一致した。双方は北朝鮮の核問題をめぐる六カ国協議をさらに進展させることでも合意した。 会談で、李外相は「(小泉首相の靖国参拝は)アジアの人たちの感情を傷つけている。繰り返してはならないことだ」と参拝を批判。潘外相は「町村(前)外相、麻生外相に...... more
Tracked from 斜46° at 2006-02-19 15:08
タイトル : 目から鱗の靖国神社(3) 神道って何?
多くの日本人にとって神社というものはたいへん身近な存在です。お正月には初詣に行きますし、毎年楽しみな「お祭り」も神社のイベントです。子どもが生まれたらお宮参り、成長したら七五三参り、受験前の神頼み、というふうに、当たり前のように神社にお参りします。結婚式を神前で挙げる人も多いでしょう。私が生まれ育った土地にも神社がたくさんあり、子どもの頃の恰好の遊び場でした。 あまりに当たり前すぎて「神社って何?」と改めて考えることはほとんどありません。そこで、靖国神社について考える前に、日本固有の宗教である「神社...... more
Tracked from S氏の時事問題 at 2006-03-29 21:44
タイトル : 近隣諸国を挑発する小泉首相
首相、「靖国」理由の首脳会談なしで中・韓を強く批判  小泉首相は27日夜、2006年度予算の成立を受けて首相官邸で記者会見し、9月までの任期中の靖国神社参拝について「適切に判断する」と述べ、否定しなかった。さらに、「私の靖国参拝を批判する中国、韓国政府を理解できない。(靖国参拝の)一事をもって首脳会談が行われない国はほかにない」と述べ、両国を強く批判した。さらに、「(戦没者に)哀悼の念をささげるために、日本の首相が日本の施設に行くことに、外国の政府が『行ってはいかん』と(言っている)。中国の言う通り...... more
Tracked from S氏の時事問題 at 2006-04-12 18:48
タイトル : 小沢氏の対中政策論と靖国問題
対中外交を主体的に 小沢・民主代表が小泉外交を批判  民主党の小沢代表は10日、日本の外交政策をめぐり、中国と米国について「覇権主義的なところがあり、似たようなものだ」と指摘したうえで、「米国だけでは(中国問題への対処を)やりきれない。日本がしっかりしないといけない」と語った。中国との首脳会談が途絶えている小泉政権の外交姿勢を批判し、対中外交を主体的に進める必要があるとの認識を示したものだ。朝日新聞のインタビューに答えた。  小沢氏は「中国の数千年の歴史は、漢民族の膨張の歴史だ。米国も覇権主義的な...... more
Commented by かぜ at 2006-01-17 19:52 x
TBありがとうございます。
Commented by mew-run7 at 2006-01-18 01:56
かぜさん、TB有難うございます。
自民党の憲法草案について書いた記事のTBを送りました。
Commented by WontBeLong at 2006-01-18 19:03 x
前にもコメントしたとおり,私は参拝賛成派なのですが,「小泉首相が憲法の理念などをわかっていない」という見方は大いに賛成です。
全く,mew-run7 さんのおっしゃるとおりだと思います。

賛成派の私としては,「公的か私的かなどという質問はくだらないが,あえて分けろと言われれば,プライベートな時間の中で行っているのだから私的としか言いようがない」などと,一貫して言い張って欲しいと思います。
そういう意味では,賛成派から見ても「アブナイ」首相であります。
根本的な考え方としてこの国を一部の人間の食い物にしたくない人たちから見れば,「靖国参拝」などのような様々な考え方の違いを越えて,小泉首相は「アブナイ」と思います。
Commented by mew-run7 at 2006-01-18 19:57
WontBeLong さん、コメント有難うございます。

私は総合的に見て、首相、閣僚の参拝には反対の立場なのですが。
<実際のところ、公的、私的の区別はつけにくいと思うので。>

彼はおそらく遺族会側から、首相として堂々と行ってほしいという要請を
受けているのではないかと、考えたりします。
靖国参拝をすごく重んじる人たちから見れば、「私的」だと言い張るのは
何か悪いことをしているように感じるのかも知れませんね。

いすれにせよ『アブナイ」首相であることは、事実のようです。
Commented by hiro at 2006-06-25 18:12 x
政教分離は「キリスト教の特定の宗派を優遇しない」という米国の憲法をもとに組み込まれた、ときいています。
大統領就任時に聖書に手をおいたり・・・など政府が宗教に深く関与していることから伺えるように、完全宗教分離に至っていない(むしろ不可能だと思いますが)ことがわかります。

ここでもし「アブナイ首相」がオ○ム等に多額の援助をしているとなれば違憲になると思いますが・・・。
自国に身をていして死んでいった者へ哀悼の念をもたない役人は殆どいないのではないでしょうか。
わざわざ「私的」と位置づけ参拝している姿は(一部反日3国家除く)他国に奇妙に思われているのでは・・・と感じてしまいます。

と参拝賛成派ですが「アブナイ首相」のどっちつかずな態度対応には呆れています。
Commented by mew-run7 at 2006-06-26 03:50
hiroさん、コメント有難うございます。

実際のところ、どの国の政府も全く宗教との関わりを
持たないということはムリだと思います。

ただ、政教分離には、大きく言えば二つの意図があると
思われます。
一つは、信仰の自由を守るために、各国の政府が、恣意
的に一部の宗教を弾圧しないようにすることです。
もう一つには、政治が宗教と結びついて、戦争をしない
ようにしたいという考えがあるように思います。

これらは過去の世界の歴史から、人類が学んだ知恵だと
思うのです。宗教は、いい面では信仰として心の救い
になりますが、悪い面としてある種の洗脳的作用があり、
それを戦争に利用する人たちがいるからです。
<かつては宗教戦争も少なかったですし、靖国で会おう
という特攻隊や、イスラム過激派の自爆テロなどは、
そのいい例だと思います。>

日本の政教分離規定に関する議論で、どうしても靖国
参拝が前面に取り上げられてしまうのは、靖国神社が
戦争と深く結びついているからではないでしょうか?

by mew-run7 | 2006-01-17 04:31 | 靖国参拝に関して | Trackback(14) | Comments(6)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7