「小池vs.菅長官、ドン内田」の千代田区長選~小池陣営勝てば、安倍政権の足元を揺らせるかも

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



 さてさて、ついに今日1月29日、東京の千代田区長選(2月6日)投開票が告示される。(**)

 千代田区は皇居も国会も官庁も、さらには大企業や学校も多く存在する東京の中心的な区であるのだが。その分、一般的な住宅は少ないため、有権者は4万7~8千人しかいない。(~_~;)

 しかし、その千代田区の区長選の戦況や結果が、もしかしたら東京都議選や東京都政の行方、さらには、今年行なわれるかも知れない衆院選や国政の行方にも影響を与えるかも知れず・・・。今、全国から注目されているのである。(@@)
 というのも、この区長選は「小池都知事vs.ドン内田&菅長官」の代理戦争だと見られているからだ。(@@)

 今回の区長選は、小池氏が支持する現区長で5選を目指す石川雅己氏(75)と自民党が推薦する元証券マン与謝野信氏(45)の一気打ちになると見られている。<元会社員の五十嵐朝青氏(41)も無所属で出馬。>
 与謝野信氏は、元自民党重鎮で、衆院議長や官房長官、その他多数の要職を歴任した与謝野馨氏の甥。千代田区(東京1区)は与謝野馨氏の地盤でもある。 (・・)

 しかも、千代田区はもともと都議会のドンと呼ばれる内田茂都議の地元ゆえ、同氏や自民党都連が全面的に支援することはわかっていたのだが。
 何と区長選だというのに、菅官房長官が自ら与謝野氏の決起集会に顔を出していたとのこと。また、自民都連の下村博文会長は安倍首相の盟友であることも手伝ってか、与謝野氏のポスターには、安倍首相と東京で人気のある丸川珠代五輪大臣(参院東京選挙区)と一緒に写っていたりして。まさに、官邸&党本部レベルでバック・アップ体制を敷いているのである。 (・o・)

<先週、用事があって四ツ谷方面(与謝野氏の地元)に行ったら、実際、安倍&丸川氏と映ったポスターがアチコチに貼られていたのを目撃したです。石川氏のポスターは1枚も見なかったけど、小池氏と2人で写ったものがあるらしい。(++)>

* * * * *

 実は人気絶頂の小池知事が石川氏を支援するということがわかって、自民党側は予定していた候補が辞退&人選が難航して(みんな尻込みして?)、なかなか対抗馬が決められず。
 しかし、ここは小池陣営に絶対に負けるわけには行かないということで、もともと衆参院選候補にと考えていた切り札の与謝野信氏を区長選に投入することにしたと言われている。<あくまでも一説によれば、菅官房長官orその周辺が与謝野氏擁立に動いたとの話も。(~_~;)>

 もしこの区長選で小池陣営が勝てば、今後の都議会運営や7月の都議選に向けて大きな弾みがつくことになるし。自民党or会派を離脱する都議が増えるおそれがある。^^;
 また、もし年内(早ければ2月?)に衆院選を行なうとなれば、その選挙結果にも影響が生じかねないし。都議会で自民党が弱い立場になった場合(&メディアが自民党に批判的な報道をすると?)、安倍自民党の国政・国会運営にも影響が出かねない。(ーー)

 そこで、自民党の菅官房長官や内田元都幹事長は、小池都知事の勢いを早めに潰すために、ここで切り札を投入して、大きな勝負をかけて来たと思うのだが。もし小池陣営に負けてしまった場合は(苦戦を強いられた場合でも)、かなり大きなダメージを受けるのではないかと察する。 (・・)

 しかも、このような少人数の選挙区で大きな力になる公明党は、今回の区長選は自主投票にすると決めたとのこと。
 公明党は、都議会では自民党との連立を既に解消して、小池知事を支持すると表明しているのであるが。一応、国政では連立を組んでいる自民党に(&この区長選に絡んでいる菅氏にも?)配慮して、自主投票にしたという。<ただし、あくまでも伝聞情報では、学会は小池派が多いので、石川氏に票が流れるのではないかと見られているようだ。^^;>

 でもって、アンチ安倍のmewとしては、ここは(高齢や多選に目を瞑り?)石川氏with小池氏の応援に回りたいと思っている。o(^-^)o

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 また、この辺りは、追々書いて行きたいのだが。何で千代田区長選がこんなにスゴイ戦いになってしまったかと言えば・・・。

 実は、石川氏(元都職員)は2001年、自公が支援する形で千代田区長選に出馬して初当選し、05年、09年と連続して当選していたのだけど。その後、内田茂氏らと意見が対立し、袂を分かつことに。
 自民党都連は、13年の区長選では、自分たちの言うことをきかない石川氏を見切りをつけ、別の候補を擁立したのであるが、何と石川氏も負けじと出馬。1264票という僅差で自民党が擁立した候補を破り、4選を果たしたのである。(@@)
<一部の情報によれば、この時は与謝野馨氏が石川氏を支援していたとのこと。これが事実であれば、今回は与謝野氏の甥っ子が、石川氏と戦うわけで。何だか複雑模様っぽい感じだ。^^;>

 内田茂氏&自民党都連にしてみれば、もし今回も石川氏に負けると2連敗することになるわけで。どうしても今回の千代田区長選は負けられないという気持ちが強いようなのである。(**)

<一部情報によれば、内田氏は今年の都議選に出馬せず、引退するという話も。ここでの勝ち負けは、今後の後継者や都議会への影響力をどれだけ残せるかにも関わって来る。^^;>

 また、こちらも一部情報によれば、菅官房長官は、都知事選の前に(小池氏が出馬を望んでいたのを知りながら、それを無視して?)最終的に増田寛也氏の擁立にGOサインを出したとのこと。<当時の都連会長・石原伸晃氏と菅氏と懇意の仲だったしね~。>

 しかし、小池氏が党の(&官邸の)許可を得ないまま勝手に出馬し、増田氏を破って当選したことから、菅氏としては面目ないような感じになってしまったと思われ・・・。超・負けず嫌いの菅氏としては、ともかく早くリベンジして、小池氏の勢いを止めたい、潰したいという気持ちが強く働いているのではないかと察する。 (・・)
 
* * * * *

 さらに、当初は小池知事とのパイプを重視していた自民党の二階幹事長も、昨秋、小池氏らと自民党区議の処分の件でもめて以降、アンチ小池に転じた様子。今回の千代田区長選も、力を入れるのではないかと思われる。(幹事長は金庫番だから、あの力をね。(@@))

『小池知事VSドン代理戦争 自民・二階俊博幹事長「選挙は勝たなければ意味がない」 与謝野信氏を激励

 自民党の二階俊博幹事長は24日午前、任期満了に伴う東京都千代田区長選(29日告示、2月5日投開票)への立候補を表明している与謝野馨元財務相のおいの与謝野信(まこと)氏(41)と面会し、「選挙は勝たなければ意味がない。多くの人と触れて、自分を知ってもらいなさい」と激励した。与謝野氏は自民党都連が推薦を決めている。

 千代田区は、小池百合子知事が「都議会のドン」と批判する自民党都連の内田茂前幹事長の地元。

 区長選には、5選を目指す現職の石川雅己区長(75)も出馬を表明している。22日の石川氏の決起大会には小池氏が駆けつけ、連携をアピールした。小池氏と内田氏の代理戦争の様相を呈しており、夏の都議選に向けた前哨戦としても注目される。(産経新聞17年1月24日)』

『公明、千代田区長選は自主投票 各方面に配慮

 公明党は26日、中央幹事会を開き、任期満了に伴う東京都千代田区長選(29日告示、2月5日投開票)について、いずれの候補者も推さず、自主投票とすることを決めた。(中略)
 
 公明は国政で自民と連立する一方、都政では自民と決裂し小池氏との関係を深めている。今夏に都議選を控える中、公明は同区長選を静観することで、各方面に配慮したかたちだ。(産経新聞17年1月26日)』

『公明党の斉藤鉄夫選対委員長は中央幹事会で自主投票の理由を「保守が分裂しているため」と説明した。同党は2013年の前回区長選では、自民党とともに石川氏の対立候補を推薦した。(毎日新聞17年1月26日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『「都議選占う」イメージ戦略火花…千代田区長選

 有権者わずか5万人の東京都千代田区の区長選への注目が、29日の告示を前に高まる一方だ。

 5選を目指す現職の石川雅己区長(75)は小池百合子都知事を後ろ盾にした「改革派」を前面に押し出し、自民党が推薦する新人で外資系証券会社員の与謝野信氏(41)は「若さ」を掲げながら与党との関係の深さを強調する。今夏の都議選を先取りするイメージ戦略のぶつかり合いの行方は――。

 「知事は情報公開をしっかりやっている。16年間進めてきた(私の)やり方と軌を一にしている」。22日に区内のホテルで開かれた決起集会で、小池知事のイメージカラーとして定着した「グリーン」のネクタイを締めた石川区長は、知事と政策が共通していることを強調した。

 会場の壁には、小池知事と両手で握手を交わすポスターが貼り巡らされた。キャッチフレーズは小池知事の「都民ファースト」にならった「区民ファースト!」。会場の最前列には豊島、練馬両区の区議ら、都知事選から小池知事を支援するメンバーが陣取った。

 「百合子」コールの中、登壇した小池知事が「この戦いを勝ち抜くことが、東京大改革を前に進める大きな一歩になる」と呼びかけると、グリーンのはちまきやジャンパー姿の支援者から大きな拍手がわいた。出席者の一人は「誰の選挙か分からない」と苦笑した。

 一方、与謝野氏は、東京1区(千代田区など)選出の衆院議員だった与謝野馨・元官房長官の「おい」というブランド力に加え、若さと国際感覚を前面に押し出す。ポスターには、知名度のある丸川五輪相の顔写真を、その横の安倍首相より大きく掲載した。

 21、22日には、千代田区内の祭りや餅つき大会に顔を出した。石川区長は区議会と対立し、高齢、多選批判があることから、与謝野氏に同行した自民区議らは「若い力で頑張ります」と訴えた。

 与謝野氏を擁立したのは、自民党千代田総支部長の内田茂都議(77)だが、小池知事から「都議会のドン」として抵抗勢力の象徴にされているため、陣営幹部によると、後方支援に徹している。13日の出馬記者会見には姿を見せず、代わって井上信治衆院議員(47)(東京25区選出)が同席。与謝野氏と同じ東大と英ケンブリッジ大で学んだ井上氏は、「若い力と情熱で、千代田に新しい風を呼んでくれる」とエールを送った。

 古い自民党色を打ち消しつつ、組織戦も展開。報道陣をシャットアウトした15日の決起集会には、菅官房長官や川口順子・元外相も出席し、菅氏は「4期やってできなかったことは5期やってもできない」と現職を批判したという。
 同区長選では、元人材開発会社員の五十嵐朝青あさお氏(41)も無所属での出馬を表明している。
      ◇

 千代田区は昼間人口約80万人に対し、実際の居住者は約6万人。昨年12月現在の選挙人名簿登録者数は東京23区で最も少ない4万8768人だった。今回の区長選はテレビの情報番組でも頻繁に取り上げられ、ある区職員は「かつてこんなに注目されたことはない」と話す。過去3回の投票率は42~43%台だが、区選管は投票率が上がる可能性もあるとみている。(読売新聞17年1月24日)』

* * * * *

 果たして、このブログを見ている方の中に、千代田の有権者が何人いるのか「???」なのだけど。<しかも、本当は千代田区の今後のことを一番に考えるべき選挙なんだけどね。mew的には、四ツ谷の土手や神田方面の街路樹はしっかり守って欲しいな~(~_~;)>

 幸か不幸か、この区長選には安倍首相や菅官房長官、閣僚たちも絡んで来ているようだし。安倍政権の足元を揺るがすための第一歩として、何とか石川氏を勝たせたいと心から願っているmewなのだった。(@@)
 
  THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/25252392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2017-01-29 10:15
タイトル : アベノミクスに連動すしている黒田日銀のマイナス金利政策、..
 アベノミクスに連動すしている黒田日銀のマイナス金利政策、目標の達成は永遠に不可能、日銀が異例のマイナス金利政策の導入を決めてから29日で1年。黒田東彦総裁が「近代の中央銀行の歴史上最強」と自賛した金融緩和の枠組みは誤算の連続だった。日銀が掲げる2%物価目標は依然として遠い、に関連する最新のWeb情報を引用すると、... more
Tracked from 51%の真実 at 2017-01-29 13:33
タイトル : 全ては憲法改正に繋がっている2 ~カジノ法案/テロ等準備..
 安倍首相が憲法改正に着手する上で、現状最も実現したいのは「緊急事態条項」を盛り込むことだと思う。そんな安倍首相の思いを見越してか、札幌弁護士会が以下のような会長声明を、1/24にホームページに掲載した。 (1)「緊急事態条項(国家緊急権)を憲法上創設することに反対する会長声明」(札幌弁護士会 2017/1/24) ----  現在、国会による憲法改正の発議が現実になろうとしている...... more
by mew-run7 | 2017-01-29 04:57 | 政治・社会一般 | Trackback(2)