日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

稲田の夫、籠池の交渉立会いで、また修正答弁+麻生がエラそ~に、共産党に暴言

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【テニスのマイアミOP・・・女子87位の尾崎里沙が16シード(21位)のベルデンスにフルセットで勝ち、3回戦に進出。(*^^)v 一方、49位の大阪なおみも第3シード(5位)のハレプ相手にフルセットに持ち込んだものの、残念ながら敗れてしまったです。

 男子は、伸び盛りの西岡良仁がソックに第1セット4-2とリードしていたものの、左膝を負傷したため棄権することに。 (ノ_-。)
 錦織圭は、そこそこ順調に3回戦に進出。同じブロックのチリッチなどのシード選手が次々と負けているので、おいしい展開になっているのだけど。今年は格下に負けるケースが多いので、そこが気になるところ。それでも、マイアミは錦織にとって自宅から近く、地元みたいなものなので、いい調子を維持して何とか優勝をと、ついつい期待してしまうmewなのだった。(・・)>

* * * * *

 つい1年前ぐらいのこと、知人にこんな質問をされたことがある。(・・)

「あの安倍さんのヨコでエラそ~に座って、妙にニヤけている人は誰?」

「麻生太郎よ。昔、総理大臣をやってた。今、副総理なの」

「え~? あれ、麻生さん? 何か似てる感じがしたけど。あんなに人相悪いおじ~ちゃまになっちゃうなんて。違う人なのかと思ったわ」

 で、最近、安倍首相の隣で、ますますエラそ~にふんぞり返ってニヤニヤしているように見える麻生副総理兼財務大臣が、国会で共産党の議員に対して「エラそうに」「指さして、ワンワンしゃべって」こんな暴言を吐いて、山本一太委員長に注意を受けるに至った。(@@)

『森友学園参院予算委 麻生財務相、共産党議員に「偉そうに人指さしてワンワンしゃべって。失礼だろ!」

 麻生太郎財務相が24日の参院予算委員会で、学校法人「森友学園」の問題に関して答弁した際、野党の質問に色をなして反応した。ふだんは野党の厳しい批判にも余裕の表情を浮かべていることが多い麻生氏だが、共産党議員に「偉そうに」と発言し、山本一太委員長から注意を受けた。

 共産党の辰巳孝太郎氏が森友学園への国有地払い下げをめぐり、自民党麻生派に所属する鴻池祥肇元防災担当相の事務所の面談記録について事実関係を麻生氏にただした。

 これに対し麻生氏は、共産党の小池晃書記局長が1日の参院予算委で鴻池氏の面談記録を明らかにしたことを念頭に、「訳の分からないところから『メモを取った』と偉そうにいっていた」と発言した。

 「偉そうに」発言に野党側が答弁をさえぎるように激しく反応すると、麻生氏も声を張り上げ、「俺は偉そうに聞こえたんだからしようがない」と応戦。さらに、人を指で指すしぐさを交えながら「いつも人をこうやって指さしてワンワンしゃべってる。偉そうに。失礼だろ、それは」とたたみかけた。

 最後には野党側から抗議を受けた山本委員長が「答弁のご表現はお気をつけください」と注意した。(産経新聞17年3月25日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 まあ、麻生氏は(安倍首相もそういうとこがあるけど)、左派系の議員、とりわけ共産党の議員をややバカにしたような&異質なもののような扱いをして、失礼な発言をすることが少なくないのだけど。
 また麻生氏は、窮地に陥った時ほどエラそ~にニヤニヤして、余裕を見せたがるような感じもあるのだけど。<安倍っちも真似をするけど、目が笑ってない&頬が引きつっちゃう時が多いのよね。(~_~;)>

 24日の国会での言い方を見ると、チョット余裕を失っているような感じも受けたりして。(**)

 そもそも今回の件で、一番問題視されているのは、財務省の近畿財務局森友学園に異常に安く(8割引で)国有地を払い下げたことなわけで。もしこれが不当な値引きだったと判断されれば、麻生財務大臣の責任を追及されることになりかねないのだし。

 しかも麻生氏の弟分である鴻池祥肇氏の事務所が、十数回も森友学園の籠池理事長の相談に乗っていて、財務局にも問い合わせをしていたことが発覚。この時の鴻池秘書のメモが、共産党に流れて、国会で追及するネタになったし。(関連記事・『籠池の要望、鴻池秘書が財務省に伝達&さらに大きな力で全てが実現。安倍も麻生も調査拒否』)

 さらに、鴻池氏が籠池氏に麻生大臣への口利きを頼まれていたとか、酒席で「おれは 麻生に報告してるんだよ」と言っていたとかという話も出ているようで、不快感&不安が増しているのかも知れない。(・・) <酒席の発言の話は、国会で松沢成文氏からも質問されたようだ。^^;>

 mewとしては、野党やメディアには、もっと財務局や麻生ラインの問題も色々と調べて、追及して欲しいと思っている。(++)

~ * ~ * ~  * ~ * ~ * ~ 

 話は変わって・・・。

 稲田防衛大臣は、かつて夫と共同で運営していた弁護士事務所が、森友学園の顧問を引き受けていたことが判明。
 しかも、自分は森友学園の訴訟には関わっていないと国会で断言したにもかかわらず、民事訴訟の第一回口頭弁論に森友学園の代理人として出席していたことがわかり、あわてて訂正したばかり。
(関連記事・『稲田、虚偽答弁がばれて撤回&謝罪。国民&野党&メディアで、早く辞任に追い込むべし』)

 本人は虚偽答弁ではなく、記憶違いだと言い張っていたものの、少し調べれば、すぐにわかることだし。何だかともかく森友学園や籠池理事長と接点があることを隠したいという感じが伝わって来る部分もあったりして・・・。(それで記憶も歪んじゃったとか?^^;)

 稲田氏はその後も、「籠池夫妻とは10年前から会っていない」、「夫の事務所は08年に森友学園の顧問を辞めているので、国有地取得には関与していない」などと話していたのだが。籠池氏は、今でも「稲田氏と2年前に会った」とか、「稲田夫妻に法律相談したことがある」と主張。
 23日の証人喚問でも、「土地の事柄で(稲田氏の事務所に)相談した」と証言していたため、果たしてどちらの主張が本当なのか、「???」の目が向けられていた。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

  
 そして、この籠池氏の証言を受けて、稲田氏が改めて調べたところ、夫の稲田隆二氏が何とつい最近の昨年1月に 籠池夫妻が近畿財務局と大阪航空局と小学校用地で協議した際に、同席していたことが判明したとのこと。
 しかも、この協議は、隆二氏の弁護士事務所で行なわれたというのである。(゚Д゚)

『籠池氏の証言を、ほぼ全否定した。
稲田防衛相は「昨日の証人喚問における、籠池氏の証言をお聞きをして、急きょ、稲田龍示弁護士に確認したが、今の説明に間違いはございませんでした」と述べた。

稲田防衛相は、23日に行われた証人喚問で、学校法人「森友学園」の籠池理事長が、「2016年1月に、稲田防衛相の夫の弁護士事務所を訪問して相談した」と、証言したことについて、「国有地売却に関する相談を受けたことはない」と関与を否定した。

夫の稲田龍示弁護士は、籠池氏の求めに応じて、財務局などとの話し合いに同席したことは認める一方、その席でも、「代理人でも顧問でもなく、同席だけすることになったと述べ、その後、発言はほとんどしていない」とのコメントを発表した。
稲田防衛相は、自身についても、「籠池氏から法律相談を受けたとの認識はない」とあらためて強調し、自身に関する籠池氏の証言を、ほぼ全面的に否定した。(FNN17年3月24日)』

* * * * *

『<森友問題>稲田氏「夫は同席だけ」 無関係発言を修正

 稲田朋美防衛相は24日、小学校用地に関して籠池夫妻が近畿財務局と大阪航空局を相手に昨年1月に土壌汚染対応を巡り行った協議に、夫の龍示弁護士が立ち会っていたことを明らかにした。稲田氏は国有地売却に関し、龍示氏も自身も「全く関係ない」と説明してきたが、学園の土壌汚染対応は一時的に知りうる立場にいたと認めた。稲田氏は自身と学園の関係性を完全に否定していたが、学園の民事訴訟に代理人弁護士として出廷したことが判明して陳謝した経緯がある。

 籠池氏が23日の証人喚問で龍示氏に「土地の事柄で相談した」と証言したのに対し、稲田氏は慎重に対応。事務所名で「現在、事実関係を確認中」とのコメントを出していた。その後、稲田氏は24日朝の閣議後記者会見で、龍示氏から聞いた内容を文書で配布し、「(龍示氏は)土地売却について相談を受けたことはない」と改めて語った。

 文書によると、籠池夫妻は昨年1月8日に龍示氏を訪ね、学園が負担した土壌汚染対応の費用について「国が返してくれない」と相談。同27日に龍示氏の事務所で行われた協議に立ち会った際には、冒頭で「籠池氏の代理人でも顧問でもない。同席だけする」と発言した。龍示氏は「この件で費用は受け取っておらず、先方からこれ以降なんの連絡もない」と説明したという。また2009年8月ごろまで龍示氏は学園の顧問弁護士を務めたが、稲田氏自身が顧問になったことはないと改めて強調した。(毎日新聞17年3月24日)』

* * * * *

 稲田夫妻の出したコメント全文を*1にアップしておくが・・・。

 何だか防衛省の「日報隠し」同様、稲田大臣はきちんと事務所の状況が把握できていないのかな~と。また、防衛省の役人や夫の言ったことを鵜呑みして、言いなりになってるのかもと思える部分もあったりして。<しかも、ちゃんと調べず、平気で虚の答弁をしちゃうし~。(~_~;)>

 いずれにせよ、こういう主体性のない人は、安倍ヨイショ&何でも言うことをきく議員や閣僚としては、便利な存在かも知れないのだけど。国や国民から見れば、こういう人が閣僚、とりわけ防衛大臣を務めていては、シビリアン・コントロールがきかず、アブナイ状況をもたらしかねないだけに、とっとと辞任して欲しいと思うmewなのだった。(@@)

  THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"





*1

「顧問ではないが、依頼あった…」 稲田氏コメント全文
2017年3月24日12時57分 朝日新聞

 稲田朋美防衛相は24日、学校法人「森友学園」への国有地売却問題で証人喚問された学園の籠池泰典氏が2016年1月に稲田氏の夫である弁護士の事務所で、弁護士立ち会いのもと近畿財務局と大阪航空局の職員と会ったと証言したことについて、コメントを発表した。コメントの全文は以下の通り。

    ◇

 私はこれまで、夫の稲田龍示弁護士からは、「自分(稲田龍示)は土地売却には一切関係していない、君(稲田大臣)は森友学園の顧問になったことはない」との説明を受けておりました。昨日(3月23日)の証人喚問における籠池氏の証言をおききして、急遽(きゅうきょ)、稲田龍示弁護士に確認しましたが、今の説明に間違いはございません。

 福山議員の質問に対して籠池氏は、平成28年1月に稲田龍示弁護士に相談に行き、今回の土地の事柄について相談したと証言しましたが、稲田龍示弁護士によれば、本件土地の売却について相談を受けたことはなく、以下のとおりとのことです。

 「籠池夫妻が平成28年の1月年明け早々に弁護士法人光明会に平成21年8月ごろの顧問契約終了以来いきなり連絡してきて、すぐに相談を聞いてほしいということでした。

 まず、1月8日に、籠池夫妻が光明会事務所に来られました。詳細は不明ですが、小学校を作るということ、そのために土地を借りているが土壌汚染対応の立て替え費用を国が返してくれないというような内容でした。

 この日はそのような話で終わり、その後、籠池氏から再度連絡があって、立て替え費用について財務局や航空局の方と話がしたいから、その場に立ち会ってほしいという依頼がありました。

 光明会としては、前提事実や経緯の詳細も知らないことから、代理人として話を聞くことはできないし、本件について発言することもないが、それでよければ構わないという話になり、27日に事務所の会議室で話をしてもらうことにしました。

 同月27日に、財務局や航空局のどなたが何名来られるかもわからなかったところ、大勢で来られたので、急遽椅子をたくさん入れて対応しました。光明会としては、稲田龍示弁護士他2名が立ち会いました。

 話の冒頭、私(稲田龍示弁護士)たちは、籠池氏の代理人でも顧問でもないが、立ち会ってほしいという要請があったので話し合いに同席だけすることとなったといった趣旨のことを述べ、その後はほとんど発言しておりません。

 その後の話の詳細については、記憶も曖昧(あいまい)であって詳細は不明ですが、小学校建設のために借りている土地の土壌汚染対応の立て替え費用をいつになったら返還してくれるのかという話の繰り返しだったように記憶しています。

 籠池夫人が立て替え費用が払われないことなどに激しい怒りをぶちまけていたことが印象に残っています。要は、同じ豊中の土地に関することですが、売却の話ではなく、借地の土壌汚染対応の立て替え費用の返還の話でした。

 なお、この件について費用は受け取っておらず、これ以降、先方からは何の連絡もありません。」

 とのことでした。

 また、枝野議員の質問に対して籠池氏は、私(稲田大臣)を顧問弁護士として認識している、かつて法律事務所において夫の稲田龍示弁護士と私に会ったことがある旨、証言するとともに、私が抵当権抹消訴訟以外の案件にも関わっていると示唆する証言もなされておりました。

 籠池氏との顧問契約については、「西梅田法律事務所 弁護士稲田龍示」個人が締結しており、森友学園の顧問弁護士であったのはあくまでも夫であって、私が顧問弁護士であったわけではありません。また、当該顧問契約は、平成21年8月ごろに終了しております。

 また、狭い事務所でもありますので、籠池氏が夫に会いに事務所に来た際に、私もお目にかかったことがあるかもしれませんが、いずれにしても、10年以上前、私は籠池氏と疎遠になる前の話であろうと思います。

 さらに、国会でも答弁したとおり、私が弁護士として関わった籠池氏に関する事案は、森友学園を原告とする抵当権抹消訴訟の一件のみです。この件については、私が訴訟の準備書面に途中まで名を連ねていたこと及び第一回口頭弁論に出廷していたことは事実ですが、本件訴訟の担当弁護士は夫であったこと、また、夫の代わりに出廷した第一回口頭弁論では実質的な議論が行われなかったこと、平成18年2月からは名前も除かれ、和解調書に名前も記載されていないことから、私には籠池氏から法律相談を受けたとの認識はありません。なお、枝野議員が言及されたポートタウン福祉会事件には、私も稲田龍示弁護士も関与しておりません。

 以上が、昨日(3月23日)の籠池氏の証人喚問における、私に関わる部分についてのコメントです。
[PR]
by mew-run7 | 2017-03-26 05:06 | (再び)安倍政権について

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7