人気ブログランキング |

昭恵のFAXお付き、海外に?+昭恵には、ふだん公務なし。選挙にお付きを13回も同行

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 しつこく追及する森友学園問題。政府との関係で言えば、昭恵夫人が「公人」か「私人」か、「公的」or「私的」な行為をしていたのか、総理大臣夫人付きの職員は「公務」としてor「私人」として活動していたのかが重要な要素になる。(**)

 『蓮舫が昭恵にアウト!選挙応援に夫人付き同行で+夫人付きは昭恵の私的ハワイ訪問にも同行』『昭恵夫人だけ政府が常勤秘書役をつける&選挙活動にも同行&政府のへ理屈的言い訳』の続報を・・・ 
<例のFAXを書いたお付きの谷さんが、左遷ではなく栄転という形ながら、やっぱ外国に飛ばされちゃうかも~~~という話もね。『昭恵秘書が国外左遷?~安倍&菅は昭恵擁護のため、秘書が勝手にFAXと責任押し付け』>

* * * * *

 先日の記事に書いたように、政府は、何故か第二次安倍政権から(12年~)、特別に安倍昭恵夫人に常勤の「総理大臣夫人付き」なる役職の(名刺もある)女性職員を2人設けることになった。(+害有用の非常勤の外務省職員3人)

 mewも、たとえば昭恵夫人が、首相と共にor首相の代行として外遊する時、来日外国要人を接受する時に、外務省からお付きがつけることは必要だと思うし。
 国内でも首相の公務に代わるor準じるような活動をする場合には、政府からお付きをつけることは容認してもいいと思うけど・・・。
 
 でも、政府や安倍首相の説明によれば、昭恵夫人は「公人」ではなく、あくまで「私人」だとのこと。
 お付きは「内閣との連絡調整役」として同行させていると説明するもののの、実際にやっていることは昭恵夫人が「私人」として行動する時の「秘書」役。
 例の森友系の塚本幼稚園の講演にも、昭恵夫人が関与している様々なイベントにも同行して、一緒にいるだけ&手伝うだけという感じなのである。(~_~;)

<昭恵さん個人の仕事なら、国で雇った秘書でなく、個人の秘書を連れて行くべき。安倍晋三氏の妻but私的な活動として行くなら、安倍事務所か個人の秘書を連れて行くべき。(安倍事務所の政治献金もこんなことに使っていいのかわからないけど。^^;>

 ちなみに、15年9~11月の3カ月間、昭恵夫人付の常勤国家公務員の2人がどこで、何をしていたのかという公務状況を調べたところ、昭恵夫人の公務は外交関係8件、総理同行が2件あっただけで、昭恵夫人単独の公務は一つもなかったとのこと。(・o・)

 結局は、昭恵夫人が私人として活動する時の(個人的な)秘書役として活動しているのである。(・・) <交通費は昭恵夫人側が払っている場合が多いようなのだけど。お給料は、国民が払っているんだからね。^^;>

 しかも、何と昭恵夫人は、(総理大臣夫人ではなく)自民党の安倍総裁夫人として訪れる国政選挙の応援演説にまで同行。候補者の後ろを昭恵夫人と練り歩いたりもしていたのである。(**)
 それも、政府に質問趣意書を出したところ、何と昨年の参院選だけで13回も同行していたことが判明したという。(・o・) 

 これは、国家公務員法違反に当たる可能性があるだけに、今後、問題が発展する可能性がある。(@@)

* * * * * ☆ 
 
『安倍晋三首相の妻・昭恵氏、公務員を召し使い扱いか 昭恵氏付職員が私的活動の手伝い

2017年04月13日 日刊ゲンダイDIGITAL

衆院決算行政監視委で、安倍晋三首相の妻・昭恵氏付の常勤国家公務員の公務状況を質問
「(常勤職員の補助が必要な夫人単独の公務は)外交以外で確認した限りない」と答弁した
職員は森友学園の籠池泰典氏にファクスを送るなど、昭恵氏の私的活動を手伝っていた

 国家公務員を使用人のようにハワイ旅行や選挙応援に連れ回し、“口利き”すれば、すべてが実現する。「首相夫人」の肩書に吸い寄せられてくる人は皆、自身をチヤホヤしてくれるうえ、「公人」としての責任は一切問われない――。こんな人間は世界中、見回してもこの人しかいない。安倍首相の妻・昭恵氏だ。

 10日の衆院決算行政監視委。民進党の宮崎岳志衆院議員が、森友学園の小学校設置認可をめぐって重要時期だった15年9~11月の3カ月間、昭恵氏付の常勤国家公務員の2人がどこで、何をしていたのかという公務状況を質問した。すると、昭恵氏の公務は外交関係8件、総理同行が2件あったものの、内閣官房の土生内閣審議官は「(常勤職員の補助が必要な夫人単独の公務は)外交以外で、確認した限りはない」と答弁した。

 昭恵氏付の2人の常勤職員の公務もほとんどなかった、ということを正式に認めたわけなのだが、この間、職員は幼稚園で行われた昭恵氏の講演会に同行したり、森友学園の籠池泰典前理事長にファクスを送ったりしている。つまり、昭恵氏の私的活動の手伝いをさせられていたのである。

「私に同行しているから、こき使っていいんだ」 昭恵氏がこう考えていたのかどうかは不明だが、少なくともファーストレディーとしての自覚はもちろん、一般的な常識も持ち合わせていないようだ。(中略)
 森友問題だって、本をただせば昭恵氏にたどり着く。やはり、何が何でも国会に呼ぶべきだ。』

* * * * *

『昭恵氏付の職員、選挙応援に13回同行 政府答弁書

 安倍晋三首相の妻昭恵氏が昨夏の参院選で自民、公明両党の候補者の応援に行った際、首相夫人付の政府職員が少なくとも13回同行していた。政府が14日、閣議決定した答弁書などでわかった。民進党の宮崎岳志衆院議員の質問主意書に答えた。

 これまでの国会審議などで、昭恵氏の候補者応援に政府職員が3回同行していたことを認めていたが、さらに10回増えた。同行理由については、昭恵氏と国の機関との連絡調整のためだったと説明。「夫人の私的な行為に対する支援が行われたものではない。国家公務員法の規定に定める政治的行為の制限に十分留意していた」とした。

 職員同行が明らかになった昭恵氏の選挙応援の日にち、場所、候補者は次の通り。

 6月24日・愛媛県 山本順三氏▽同月26日・福岡県 自見英子氏▽同月27日・千葉県 元栄太一郎氏▽同月28日・岡山県 小野田紀美氏▽7月3日・東京都 朝日健太郎氏▽同月3日・兵庫県 伊藤孝江氏▽同月4日・新潟県 中原八一氏▽同月5日・福島県 岩城光英氏▽同月6日・大分県 古庄玄知氏▽同月7日・青森県 山崎力氏▽同月8日・三重県 山本佐知子氏▽同月8日・山梨県 高野剛氏▽同月9日・沖縄県 島尻安伊子氏(朝日新聞17年4月14日)』

* * * * *

『安倍晋三首相の妻昭恵氏が昨年の参院選で自民党候補を応援した際、昭恵氏付の政府職員が3回にわたり同行した問題で、政府は14日の持ち回り閣議で他にも10回同行したとする答弁書を決定した。野党の追及を受けて判明分を追加した。昭恵氏に関するさらなる情報開示を求める声が強まりそうだ。

 それによると、公示2日後の6月24日に愛媛選挙区の山本順三氏(自民)を応援。7月3日には兵庫選挙区の伊藤孝江氏(公明)を応援するなど、同8日まで計10回、職員が同行していた。旅費はいずれも昭恵氏が負担したとしている。

 また、改めて選挙応援は昭恵氏の「私的な行為」と説明。同行した職員は「公務」と位置づけているが、「首相夫人の日程の情報を得た上で、その職務を遂行する必要性を踏まえて自ら判断」したとして、同行は官邸ではなく職員の単独の判断だったと強調した。民進党の宮崎岳志氏らの質問主意書に答えた。

 選挙応援への職員の同行が計13回に上ったことについて、民進党の柚木道義衆院議員は「衆院厚生労働委員会で『森友隠し』の強行採決が12日に行われたばかりで、森友隠しは『昭恵氏隠し』だ。昭恵氏の説明責任はさらに強まった」と批判した。【佐藤丈一】


* * * * * ☆

昭恵夫人付の谷査恵子氏 異例“海外栄転"に安倍政権の思惑
 日刊ゲンダイ  2017年4月14日

 財務省への“口利き”ファクスを「総理夫人付」という立場で籠池泰典前理事長サイドに送り、一躍「森友学園問題」のキーパーソンに浮上した谷査恵子氏。安倍官邸の怒りを買い、「アフリカへ左遷」なんて噂も飛び交った。ところが実際は、欧州への異例の“栄転”が決まったという。

 週刊新潮4月20日号によると、谷氏はイタリアの政府系機関へ異動する予定だという。谷氏の父親も事実を認めている。

「谷さんの異動先は、経済産業省が所管する独立行政法人『ジェトロ』のミラノ事務所か、ローマに事務所を開設したばかりの観光庁所管の『JNTO』でしょう。在イタリア日本大使館の可能性もあります」(霞が関関係者)

 東大文卒の谷氏は、1998年に経産省に「準キャリア」として入省。2013年から15年末までの3年間、「内閣総理大臣夫人付」として昭恵夫人の“秘書役”を務めた。16年から中小企業庁に移っている。

 ■普通ではあり得ない「異例の優遇」

 谷氏のイタリア異動について「キャリア並みの厚遇と言えます」と指摘するのは、公務員制度に詳しいジャーナリストの若林亜紀氏だ。

「役職からいって、谷氏の現在の給与は年800万円程度とみられます。仮に異動先がジェトロだとしたら、給与は年640万円ほどになるでしょう。ただ、別途、海外赴任手当が月50万円、住宅手当が月18万円程度プラスされる。現地での生活費は手当だけで十分に賄えるので、給与はほぼ全て貯金に回すことも可能です。準キャリアが海外に異動を命じられることは、普通ではあり得ません。それだけでも異例の優遇と言えます」

 谷氏の「栄転」は、口利きの責任を一人でかぶった「ご褒美」なのは明らかだ。安倍政権にとって、谷さんのイタリア赴任は、メディアの取材攻勢をかわすことと、優遇することで将来にわたって「造反」しないようにする2つの狙いがあるのだろう。

 経産省に問い合わせたが、「管理職以外の職員の情報はオープンにしていない」とのことだった。』

 谷さんには、被害者的な側面もあるので、身内や周辺からかなり同情の声も出ているとのこと。
 今回の異動に関しては、おそらくもう少ししたら、事実が明らかになると思うのだが・・・。 たとえ栄転の形をとろうと、安倍夫妻擁護のための「とかげの尻尾きり」であることは間違いないと思うmewなのだった。(@@)

 THANKS 


                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

by mew-run7 | 2017-04-15 12:54 | (再び)安倍政権について | Comments(0)