人気ブログランキング |

野党は森友問題で安倍政権を追い込めないのか~国会で頑張る若手&理財局出身の議員にきく

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 連休中、ネットで興味深そうな記事をいくつか読んだのだけど。その一つをここにアップしておきたいと思う。

 1ヶ月前のものになってしまうのだが。サンデー毎日の「倉重篤郎のサンデー時評」から。何とか野党に、8日からの終盤国会で、安倍政権を森友学園問題で追い込んで欲しいという思いも込めて、(チョット長いけど)この記事を・・・。(・・)

<民主党議員が2人出て来るんだけど。2人とも役人出身。しかも、ひとりは財務省理財局出身なので、役所のやり方というのを熟知しているです。(++)>

『なぜ、野党は森友解散に追い込めないのか 民進党若手議員から決起論

 2017年4月6日 Texts by サンデー毎日

衆院議員・福島伸亭、衆院議員・岸本周平が激白

 安倍首相初の本格的スキャンダル「森友疑惑」が、政権の根幹を揺さぶっている。ところが、この問題をテコに解散に追い込む気迫が野党に足りないのはなぜか? 民進党若手議員が「森友解散」を求める決起論を激白!「サンデー時評」倉重篤郎が迫る。

 ▼籠池氏を隔離、一件落着にしようとする政府

 ▼「森友問題」は第一級のスキャンダル、政局にせよ

 籠池泰典森友学園理事長の証人喚問から1週間。永田町では二つのベクトルがせめぎ合っている。

 一つは、安倍晋三政権を揺るがす政局になることを避け、事態を早期収拾しようという動きである。籠池氏を偽証罪で告発しようという自民党、大阪地検特捜部が捜査に乗り出したのが、その表れであろう。籠池氏を刑事被告人として隔離、会計検査院による調査で一件落着とし、安倍1強政治に何とか巻き戻ししようとする動きである。

 もう一つは、この問題を森友政局として、安倍政権に責任を問い、政権を弱体化させ、場合によっては解散総選挙まで追い込まんとするベクトルである。

 藪(やぶ)を突(つつ)いて大蛇が出てきた。というのが筆者の籠池喚問に対する前号の見立てであった。それだけの政局になりうる可能性を秘めているという直感を率直に語らせていただいた。だが、果たしてどちらのベクトルが勝るであろうか。国会も予算が成立し、後半戦に入った。ある意味では、どちらにでも転んでいく微妙な局面にある、ともいえる。今後の世論動向、メディアの調査能力がその趨勢(すうせい)を支配するが、第一義的に鍵を握るのが、国会という論戦、政争の場で、野党がどれだけの材料を持ち、追及し、何を追い、政局をどう組み立てるのか、その戦闘能力にあることだけは確かであろう。

 それを測るために、野党第1党である民進党の若手、中堅2人に登場願う。

官僚機構の「忖度」で戦争にもなる

 一人は、福島伸享(のぶゆき)氏(46)。経産省出身、当選2回の衆院議員。国会議員の中では森友問題を最も早くからリサーチし、その真相を調査、国会でも質問に立ってきた議員である。安倍首相から、「森友に関与していたら首相も国会議員も辞める」との答弁を引き出した。経産省時代には、官邸の実力者ともいわれる今井尚哉(たかや)首相秘書官とも仕事をしたことがある。その彼に単刀直入に問うた。「森友政局、民進党は一体どこまで政権を追い込める?」

「数年に一度の大政局。腰を据えてやらないとダメ。その勘が働くかどうか。玉木(雄一郎衆院議員=当選3回)、今井(雅人衆院議員=同)や僕ら若手が一線で追及してきたが、やるだけのことはやったと思っている。僕らを先兵とし、今後、国会や官邸をどう揺さぶるか。それは代表、幹事長、国対委員長の仕事だ」

「この手のことは中途半端な追及に終わると逆に傷を負う。背中を見せた途端に相手は追いかけてくる。前に進むしかない。(加計学園問題など)他のスキャンダルもあるが、森友でこれだけ材料がありながらそれを詰めきれず、次の問題に移るようでは国民から見捨てられる」

 森友問題が単なるスキャンダルの域を超えて政局化したのは、2月17日の安倍氏の福島氏に対する答弁だ。

「(学校の認可や国有地の払い下げに)私や妻が関係していたということになれば、これはまさに私は間違いなく総理大臣も国会議員も辞めるということは、はっきりと申し上げておきたい」

 というものだった。籠池氏への証人喚問で、籠池氏が国有地払い下げに関連して安倍首相の妻、昭恵氏側に行政上の便宜を図ってもらえるよう打診をし、それに対して昭恵氏側が秘書名義のファクスで財務省に照会した結果を回答したことが明らかになっている。

「そのファクスの存在を菅義偉官房長官が事実であると認め、そこで夫人秘書の手を通じた昭恵氏の関与が明確になったわけだから、これはもう国会でこれ以上ゴミの処理はどうだったか、100万円の授受があったのか、なかったのかという話ではなくなった。党として腹を固めて、何をするかの段階になったのではないか」

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 というと?

「森友解散に追い込むべし、だと思う。安倍さんに私を信じますか、籠池さんを信じますか、とやられても、それを堂々と受けて立てばいい。証人喚問に昭恵氏が応じないのであれば、解散して信を問えばよろしいのではないか。そう言うべきだと思う」

「もちろん、それは僕ら雑魚軍団が判断する話ではない。ただ、若手は選挙を恐れてはいない。どうせ選挙は2年以内にある。国会審議を全部止めるのもいいだろう」

 ただ、現実には人質にすべき予算は過去に例のない速さで成立し、予算委員会といった舞台での追及ができず、各委員会で散発的な質疑になっている。野党としての迫力が感じられない。

「残念ながら今は粛々と審議を進めてしまっている。いろんな委員会でバラバラに森友だの加計だのとやっている。結局、民進党は安全なところに身を置いてケタ繰りをやっているだけではないか、愉快犯ではないかと思われてしまう。だからここは本気になってやらなければならない」

 この問題の本質をどう考える? 安倍1強の驕(おご)りとも見えるし、官僚機構の腐敗とも受け取れる。

「一番深刻な点は、日本国家の中枢にある巨大官僚組織が、忖度(そんたく)とか首相のファミリーとか近しい人の意向で動き始めていることだ。しかも、それが一回動き始めると、首相が何の指示をしなくてもぐるぐると自動的に動く。学校建設のことで動くならまだいいが、別の話だったら怖い。極端に言えば戦争までいきかねない。周りの人が、首相は戦争も覚悟でやっておられると、じゃあ我々はそれを用意しなければならないと忖度したら、官僚機構がぐるぐるめぐりめぐって盧溝橋事件みたいなことが起こりうる」

 安倍1強のせいか?

「内閣人事局を中心にした霞が関官僚に対する官邸主導人事。小選挙区比例代表制の下での総裁への極度の権力集中。自民党内の人材不足。特に経世会、宏池会系の保守本流勢力が弱まった。それに野党第1党の民進党が悪いイメージを引きずったままきていること。ぽっかりとした権力の空白の中にできた構造であって、これは危険だと思う」

「外で何か大事が起きた際、こういうガバナンスの仕組みの中で意思決定が行われたら、後世、後悔するようなことが起きかねないと思う。繰り返すが、先の大戦もそうだった。誰が始めたのかわからないまま、天皇陛下の実際の思いかどうかは別にして、その忖度の中で物事が進んで誰も責任を取らないまま終わった。それと同じようなことが、安倍政権の中で起きている、と言わざるを得ない」

“1強忖度政治”といったようなものか。役所の中の役所と言われた財務省が一体どうなってしまったのか? 資料はない、問題はない、と強弁するだけだ。

「私が知っている財務省からすると考えられないことをやっている。経産省に外され悔しい気持ちと、これ以上官邸から疎んじられてはいけないとの思いで一生懸命やったんだと思う。中でも迫田英典前理財局長は真実を語るべきだ。最近の理財局長で首相に年2回以上レクチャーした人はいない。迫田氏だけ2015年7月から12月までの短期間に5回も会っている。普通は理財局長は主計局長と一緒に入る。政策的に予算と財政投融資とのセットで説明するわけだ。ところが迫田氏は主計局長を伴わず、財務相や事務次官、官房長と入っている。政治マターとしか思えない」

「もちろん、財務省のこと、手続きに瑕疵(かし)はない。法令にのっとっている。ただ、いずれの手続きも例外的なものばかりで、例外をつなぎ合わせている。そんな芸当を考えられるのは財務省しかない。悪知恵を出してコンサルティングをしたというのが財務省の最大の罪だ。資料もあるはずなのに『ない』と言っている」

☆ 中央官庁すべてが一心不乱に動いた

 ところで、自民党が籠池氏を偽証罪で告発する動きを見せている。昭恵氏からの寄付とされる100万円を郵便局で入金する際の筆跡が籠池証言と矛盾する、というのだ。

「100万円を問わずに筆跡を問題にするということは、100万円の寄付そのものは偽証ではないということを逆に認めることになる。間が抜けている。首相周辺と危機管理役の菅(官房長官)さんがしっくりきていないような気がする」

 確かに議院証言法8条は、偽証があった場合、委員会に「告発しなければならない」としている。「告発」がなければ偽証ではなく真実となる。

 まだ、あなたは新しい材料を持っている?

「それはノーコメント」

 そこだけはニベもなかったが、大政局にしようという意気込みは強く感じた。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 もう一人は、岸本周平氏(60)だ。当選3回の衆院議員。今回の問題では、前線に出て活躍しているわけではないが、政局動向を冷静にウオッチしている。

 彼は04年に理財局国庫課長で退任するまで24年間、財務官僚を務めた。彼の後輩たちの仕事ぶりを判定してもらうには格好の人物である。先輩としてどう見る?

「明らかに大きな力が働いた。状況証拠は二つ。一つは、土地の評価を役人が自らやったこと(16年6月、国交省大阪航空局がゴミ撤去費として約8億円値引き)。これはあり得ない。土地の鑑定をなぜ第三者にやらせるか、それは役人が責任を取りたくないからだ。間違っていたら鑑定人を選んだ私が悪かったが、間違ったのは鑑定人だ、と言える。それを霞が関史上初めて役所が自分で評価した」

「もう一つも関連する話だが、財務省も国交省も中央官庁がすべて籠池氏の要望に合わせ小学校の4月開校に間に合わせるよう一心不乱になって動いたことだ。役所と付き合えばわかるが、それもまたあり得ない不自然なことだ。僕らだったら1年延ばせと言う。官僚時代、実際にそういうことをやってきた」

 大きな力とは何か?

「わからない。総理夫人付の秘書から言われただけなのか、あるいは別途、首相周辺から電話があったのかは知らない。ただ、少なくとも首相夫人付の秘書からファクスが届いたという一点で、関与はあった、つまり黒だと思う。だって、考えてください。うちの秘書が同じようなことを頼んだら私が頼んでいるのと同じ。首相夫人付秘書が問い合わせしたら首相夫人そのもの。それが永田町、霞が関の世界だ」

 財務官僚も大きな力に抵抗できなかった?

「しかるべく上司から知恵を出せ、と言われる。これが殺し文句だ。学校秀才のなれの果てのつらいところ。事の善悪に関わらず自分が持っている最大の能力を使って知恵を出すことになる。私も財務省時代はそういうことばかりしていた。これでもかという悪知恵を出した。そのことが日本の財政を破綻させようと関係ない。その瞬間瞬間の悪知恵を出す。だから本人たちには良心の呵責(かしゃく)は全くない。今回のこともすべては違法ではない。ウルトラC、芸術的なことをきれいにやった。いい仕事をした。そういうメンタリティーだ」

☆ ここで政局にせず野党はどう戦う!?

 それにしても関連資料の廃棄には驚いた。

「個人としては取り置いているのではないか。官僚心理として大事な書類は全部自分で取り置くのが普通だ」

「ただ、今度わかったことは、書類の保存期間について、役所が勝手に内規を作って、捨てていたことだ。これは国民が納得しない。税務署だって3年前の書類を引っ繰り返す。何で財務省は1年以内で捨ててしまうのか。法律で5年間保存しろとか、会計検査が終わるまで保存しろ、という制度改正にまで結び付けるべきだ。そういう地道で意味ある作業が積み重なって支持率回復につながる」

 この政局どう展開する?

「1週間くらい国会を止めればいい。批判されるかもしれない。ただ、1週間たてば、やはり国民の5割はひどいと思ってくれる。5割に批判されても、5割がひどいと思ってくれればいい。そこでようやく盛り上がる」

 ここまででわかるようにお二方とも主戦論である。安倍氏本人が自らの進退の条件としたものに、今回出てきたファクスという物証が明らかに抵触している以上、ここで政局にせずして野党はどう戦うんだ、という立場である。

 森友はある意味第一級のスキャンダルである。国有財産の投げ売り、首相夫妻の関与、官僚の忖度、自民党内の沈黙……という安倍1強政治のひずみが揃(そろ)っている。

 今の安倍氏は解散権を封じられている、というのが拙論である。共産党が野党共闘に乗る以上自民議席は必ず30議席程度は減るからである。来年9月の総裁3選までにそんなリスクを負う必要はない。これに加えて、安倍氏側からしてもう一つ選挙しにくい事情が加わった。7月2日の都議選における小池百合子都知事の新党と公明党との相互推薦である。公明票の下駄(げた)をはがされた自民党と、共産票を上乗せできる野党はどっちが強いであろうか。折よろしく「7月同時(都議と衆院)選挙」のブラフも出始めた。福島、岸本両氏ではないが、ここは受けて立つべき局面ではないか。

 だが、今の野党にはこの政局を一気に解散に追い込んでいく気迫がない。何よりも森友問題が数年に一度の大政局である、との認識が共有されていない。この問題を突いても内閣支持率が急落しないこと(日経新聞調査では逆に微増)もまた彼らのやる気を削いでいる。偽メール事件の後遺症もあろう。このままでは、いつの間にか一件落着とされ、新しい問題に上書きされていく公算が大である。両氏の決起論に呼応した、野党の奮起を促したい。(サンデー毎日4月16日号から)』
<mew注・読みやすくするために、小見出しに☆をつけました。>

【くらしげ・あつろう・1953年、東京生まれ。78年東京大教育学部卒、毎日新聞入社、水戸、青森支局、整理、政治、経済部。2004年政治部長、11年論説委員長、13年専門編集委員/きしもと・しゅうへい 1956年生まれ。財務省を経て衆院議員/ふくしま・のぶゆき 1970年生まれ。経産省を経て衆院議員】

 今、解散させるのがベターかどうかは「???」だが。森友問題は安倍政権を追い込む最大の材料&チャンスであることは間違いないので、民進党はもちろん、野党全体の頑張りに大きな期待を寄せているmewなのだった。(@@)

  THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

by mew-run7 | 2017-05-07 04:59 | (再び)安倍政権について